TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

Paul ComponentsとIndustry Nineの最強タッグ!!

機能性、精度、デザイン全てにおいて良質なパーツを生み出す
カリフォルニアのパーツメーカーPaul Components。
ブレーキ、ブレーキレバーなどはサークルズでも定番ですが、
ハブもまた良く、好んで使っているコアなライダーも多いです。
特に今回ご紹介する”R HUB”は、マウンテンハブでお馴染み
Industry Nineのフリーボディを採用したスペシャルなハブです。

重厚感のある作りですが、軽量に仕上がっており、
強度、回転性、精度ともにバランスのとれたハブです。
玉当たりの調整もしやすいシンプルな構造で、
きっちりメンテナンスしながら長く使っていけるタフなもの。
フリーボディは歯数60個のラチェットと、
3つで1対の爪が2セット組み合わさり、実に120ノッチを誇ります。
(角度的に言うと、3°毎に掛かる構造です)
故に掛かりが良く、ロスなくトラクションが掛けられます。
また、3つで1対の爪は1セット外して使うこともできるので、
ラチェットの抵抗やノイズが気になる方には、
60ノッチで使う事もできます。(この場合は6°毎に掛かります)
通常130mmエンドに対応ですが、付属の135mm Spacer Plugを使い、
135mmエンドのフレームにも対応します。
つまり、ロード、ツーリング、シクロクロスはもちろん、
マウンテンフレームにも幅広く使えるのです!
Industry Nine Classic Hub ¥78750 (F/R set)
ちなみに本家ディスクハブもあります。
Industry Nineはハブ単体で出しているのが、
このディスクハブだけなので、(完組もやっていますが)
ロードハブでIndustry NineのClickyな感じを味わいたい方は、
迷わずPaul”R HUB”で決まりですね。
※おまけ 今日届いた荷物です。
ちなみに僕の身長は163cmです。
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント