TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

やっと逢えたね。

いままでずっと悩んでた。

自転車を組み付ける度に『最後のワンピース』がない。
これは別に自分だけのことではなく、
お客さまの自転車の組み付けにもあてはまることで、
これまで様々な物をつけてきたが、
「無いからしゃーない」で片付けてたけど、
2年ぐらい前に奴を本国のカタログで発見したとき、
これを使って組んでみたい自転車がパッパッと何通りも
頭に浮かびあがったのを今でも覚えてます。
実際に、奴の姿を見たこともないし、触ったこともない。
ただ本国のカタログに掲載されてた写真を見ただけ。
それじゃ日本の取り扱いもとにお願いして、
==その経過は長いから割愛==
まっ、ようやく逢えたわけですよ。
見た目は「Doubletap」と同じです。ただ中身が入ってません(笑)
写真だけですと何んでそんなに恋い焦がれていたのか
理解ができませんよね。
別にただ単に珍しいからという訳じゃないのです。
まず、ブレーキフッズ(ゴム部)をめくります。
めくりましたら、アーレンキーを差し込む穴がありまして、
3mmのアーレンキーを時計周りに回すと、
ブレーキレバーの調節が無段階にしかも
簡単にできる仕組みになっているんですね。
手の小さい方には是非試してもらいたいです。
いままで有りそうで無かった、
むしろ、中身の無いただのブレーキレバーは
いままであまりスポットライトが当らなかった
パーツであります。しかし、使い手次第で
どんどん使い方か膨らむのではないでしょうか。
このようにブレーキフッズを交換して
楽しむアクセサリーも販売しています。(Circles近日入荷予定)
あっ、そうそう。
日本では「SRAM」を「スラム」と言ってるけど、
外人さんから言わすと、
「SRAM」は「スラム」じゃなく「シュラム」何だってさ。
これからは「シュラム」でお願いします。
==SAL==
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント