The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

Parktool Frame Pump & CO2 Tire Inflator

おかげさまでクリアランスセールは大盛況のうちに終了しました。
みなさまありがとうございました!
期間中のご依頼は順次取りかかりますので、今しばらくお待ち下さい。
今日はポンプを紹介します。
Parktool PMP-5(Dial Adjust Frame Pump):¥2620
フレームにはめ込む事ができるポンプです。
大容量の携帯ポンプは楽に入れられるが、かさばる物です。
では、フレームにはめちゃいましょう。

フレーム取り付けイメージ
ダイヤルを調整して様々なサイズのフレームに対応します。
(43cm~56cmまで調整可能で、フレームサイズ47~62cmに対応)
折りたたみ式のハンドルはポンピング時には大活躍します。
160PSI・11barまで入れることができます。
バルブも仏式、米式両方に対応。
以外と敬遠されがち(?)なものですが、
大容量が故に使いやすいですし、フレームにピシッと収まると
以外とかっこいいです。
週末のショートツーリングなんかのお供におすすめですし、
CX練や、オンロード・オフロードをつないでルートをとる時には、
これがあると、オフで空気圧を落として、目一杯遊んで、
オンで帰る時には空気圧を上げて快適に走るということも容易ですね。
Genuine Innovations “Air Chuck Elite” ¥1890
そしてこちらは、逆にコンパクトでシンプルなCO2インフレーター。
やり方さえ覚えてしまえば、
炎天下のもとで汗だくになる必要なし。
なるべく最低限の荷物で済ませたい方やロード練のお供にオススメ。
写真は僕のロードのサドルバックに入っている一式です。
ジャージのポケットにも十分収まります。
カートリッジは使い切りになっていますので、
ロングに行く時はチューブとCO2カートリッジのストックを
もう1セット追加しています。
もちろん替えのCO2カートリッジも在庫しています。
今日ご紹介した2つのポンプは両極端の携帯ポンプですが、
用途に応じて様々なものがありますので、
是非ご相談下さい!
★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント