雨の日が楽しくなります。

今夜の名古屋の降水確率は50%。
降るかも、降らないかも。微妙だなぁ。

今日はそんなときに活躍する商品を紹介します。

前後泥よけの付いていない自転車で、そのまま水たまりを通過しようものなら、背中に綺麗な一本線ができてしまいます。そんな時、簡易式フェンダーを準備しておけば、水たまりが出来ていても、背中の泥はねや靴の濡れを心配することなく自転車に乗ることができます。昨日のような急な雨の日でも簡易式フェンダーがあれば先ずは一安心。

IMG_9941zefal/ゼファール
RC50
¥1,200(税抜)

上の写真は愛用してらっしゃる方も多い、Zefal/ゼファールの定番簡易式リアフェンダー、RC50です。
このリアフェンダーの特徴は、簡易式とは思えない程、しっかり自転車に固定でき脱着も容易なところです。また後方視認性抜群のリフレクターが付いていたり、値段もお手頃なのが定番と言われて来た理由ではないでしょうか。ちなみにゼファールは古い歴史をもつ自転車用パーツの老舗メーカー。ポンプメーカーと手を組み今のフレンチバルブを考案したことでも有名ですね。(恥ずかしながら始めて知りました…)

実際、僕もzefal/ゼファールRC50を愛用しています。 僕は今日のような天気が不安定の時は家を出る前に、予め取り付けて出掛けています。見た目の形もスマートなので、雨の日以外でも取り付けている事が多いです。

IMG_0117

IMG_0115

IMG_0114

 

同ブランドから簡易式フロントフェンダーも出ているので、合わせて紹介します。固定方法はゴムバンドでワンタッチ。これで大切な靴が濡れにくくなりますね。

IMG_9940zefal/ゼファール
FC50
¥900(税抜)

IMG_9945

今回ご紹介した2つの簡易フェンダーは比較的多くの車種に装着する事が可能です。いざという時に必ず見方になってくれるはずです。その他、今回ご紹介できなかった簡易フェンダーもございますので、是非ご相談お待ちしております。