TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

– まごころ from Elkton Oregon –
Randi Jo Fabrications / Pocket Tender Bag

 

真心こもったアイテムがオレゴンはエルクトンからやってきました。

 
 
毎度入荷するとすぐになくなってしまうRandi Jo Fabrications / ランディージョー・ファブリケーションズPocket Tender Bag / ポケットテンダーバッグ。 今でこそこういった形のアイテムを見かけることは多くなりましたが、9年ほど前、まだバイクパッキングなどという言葉すらなかった頃から、ランディーやご主人のエリックたち自身がツーリングをしてきた経験の中で生まれた使い勝手の良いシンプルなマルチバッグです。
 
【Randi Jo Fabrications】 Pocket Tender Bag ¥8,800(税抜)

 

 

3つのベルトで様々なバイクのステム付近にぴったり納まりライディング中も手元で活躍する便利なバッグ。 間口を締めるストラップは片手で操作ができるように工夫されており、アクセスもしやすく、750mlのウォーターボトルがスッポリと収まる大きさで、工具やチューブ、デジカメなどなどあれこれ入れられます。 マチ付きの外側ポケットはコインケースや鍵、ちょっとしたおやつを忍ばせておくのにも便利。 生地に挟まれたフォームは中身を守ってくれたり、保温性にも一役買ってます。
 
 
そうそう、別にボトルケージだけがライドに必要なものを収めておく場所ではないですからね。 寒い時期はお気に入りのマグにコーヒースタンドで淹れてもらったコーヒーとともに出かけるなんてのも良いのです。 こうやって紹介している間にもお嫁に行ってしまっており、残りはわずかですのでお早めに!
 

【Randi Jo Fabrications】 Wool Flip Up Caps ¥5,800(税抜)

 

 
そして今の時期にまだまだ活躍するウールフリップアップキャップも少しだけですが入荷しております。
 
風の強い日や、雪の日も、耳まですっぽりと覆うタイプのサイクリングキャップはとても心強いアイテムです。 他にも耳当てのないベーシックなウールキャップや、サドルカバーなど、ランディが真心込めて作るアイテムは、彼女の生まれ故郷である、オレゴンのエルクトンという人口200人にも満たない小さな街で作られています。 是非リンクの記事 / うつくしいとおもうこと。も読んでほしいです。
 
写真はランディのご主人エリックが営む自転車屋 / エルクトンバイクステーション。 多くのビッグツアラーたちが彼女たちに会いに行くためにルートを組み、そこでバイクのメンテナンスを受け、ついでにバッグやジャージ、エプロンのオーダーを入れて行くのです。
 

その他にもランディージョー・ファブリケーションズのアイテムはこちらからご覧いただけます。

 

 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント