自分はMじゃない、けど好き。

DSC_6857

僕の人生初めてとなる”ピュアロードバイク”であるGIANT TCR SLR1。
その名に恥じず、踏んだだけよく走るアルミバイクです。むしろ、ゆっくり流す走り方なんてさせてくれないのがこいつ。
登坂で、手抜きをすると途端に進まなくなるのです。もっと足を回せと言うかの如く。

GIANTの万能コンパクトロードであるTCRをベースに、極薄のアルミであるSLRグレードのチュービングを用いて成型されたフレームは、高剛性の名に恥じずカッチカチです。鉄のバイクしか乗ったことのない僕には衝撃的でした。
6月の Rapha Prestige Niseko もこのバイクで走ったわけですが、グラベルに突っ込んでいくことはあまりお勧めしません。意外と走れましたけどね(笑)

お値段の話をしてしまうと、この価格でこのアッセンブルの完成車なら買うわ!といってしまうほどにはお得なバイクです。

2016年モデルはカラーリングがややポップになり少し値上がりしてしましましたが、それでも十二分に魅力的なバイクであることは間違いありません。どうしてもULTEGRA、というわけでなければ105組の完成車も選択肢に入ります。
速く走ってみたい、けどカーボンのバイクを買うまででもない、という方。是非一度乗ってみてください。お勧めですよ。店頭にはGIANT2016年モデルのカタログが届いています。是非、ご相談お待ちしております。乗ってみたいという方は事前にご連絡ください!

速く走ってみたい、という思いに対し先輩スタッフの皆さんから勧められたこのバイク。乗りたい一心でほぼ完成車のまま乗っていますが、時間が経ったら塗り替えてやりたいと思っています。

それまでにこのドSっぷりに真っ向から立ち向かっていこうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です