最初の1台にいかがですか。

自転車を趣味にしているお父さんお母さんは、

子供にも良い自転車に乗せてあげたいと思うのが親心ですよね。

でも、子供の成長は早い。

 

成長にあわせて、その都度サイズがあった自転車に買い替えるのが1番ですが、
1台に長く乗って欲しいって気持ちも良く解ります。

 

そんな問題を解決してくれるのが、ドイツ生まれのRennrad/レンラッド

このブランドは、「まだ自転車に乗った事のない子供にとっての人生最初の1台を」という思いの元に産まれました。

 

レンラッドの大きな特徴は、ペダルシステムを後から取り付ける事が出来るという事。

ペダルシステムなしのランニングバイクとして乗り初め、そこでバランス感覚を養います。
後はペダルシステムを搭載してペダルを漕ぐ事を覚えれば、補助輪なしで乗れちゃうんです。

 

ちょうど今日、ペダルシステムを取り付けて欲しいと言うご依頼が。

 

ランニングバイクの状態

 

まず後輪を外し

 

クランクを取り付け

 

チェーンとチェーンカバーを取り付けたら、後輪を取り付け、これで完了。

リアブレーキは付いてないように見えますが、コースターブレーキが付いています。

コースターブレーキとはペダルを逆に回転させることでブレーキがけられる、握力の弱い小さな子供でも制動力が得られるブレーキ機構で、レンラッドでは全モデルに採用されています。

ペダルシステムの取り付けは、日本語の取り付け説明書が付属してるのでそれほど難しくはありませんが、心配ならサークルズにお持ち下さい。その日のうちに取り付けお渡し致します。

 

サイズ展開は12、14、16、18インチの4サイズで、
乗り始められる年齢は、2歳半から5歳すぎまでをカバー。

RENNRAD 12″ ¥31,000(税別):適応年齢2歳半から

RENNRAD 14″ ¥32,000(税別):適応年齢3歳半から

RENNRAD 16″ ¥33,000(税別):適応年齢4歳半から

RENNRAD 18″ ¥34000(税別):適応年齢5歳すぎから

※適応年齢は目安ですので、サイズはサークルズでご相談下さい。

 

珍しいのは他のメーカーにはなかなか無い、14インチのラインナップがあるところ。

12インチだと小さい、16インチだと大きいってお子さんは多いから僕らも嬉しい。

サイズが合った自転車を選んでもらうのが、子供の自転車でも大前提です。

サイズの合ってない自転車で乗りにくさを感じてしまうと、もう乗りたくないってなっちゃう可能性もあります。

 

そして車体が軽量なことも特筆すべき所。

フレームはもちろん、後付けのペダルシステムもアルミ製で、女の子でも楽に取り回しが出来る様に考えられています。

あ、男の子でも女の子でもよく似合うデザインという事も付け加えておきたい所ですね。

 

春めいて来た今日この頃、このレンラッドを生涯最初のお供に、お子さんと公園に出掛けてみませんか。