The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

青と秋と君と僕。

 

秋が深まると僕らの時間がやってきたと感じます。
つまり僕は夏が嫌い。 
でももし君が好きだと言ったら、多分好きになるけど。
そんな妄想力が深まる秋だから好き。
秋刀魚が生で食べれるのも好き。
栗はちょっと嫌い。
梨は最高のおやつ。
秋の夕焼けの染まりかかる途中の青が好き。
そんなタイミングでみんなの嫌いな某米国からの荷物。
ちょっと嫌味っぽいけどゴメン。 
だけどそんなつまんないステレオタイプなイメージをぶっ飛ばしてよ。
ねぇ、Chris、 Mike、 Rick、ねぇ。
一生懸命に作ってるよね。 僕らの想像以上にね。 
Cielo by Chris King
Cyclo Cross Frame with King Head Set (Silver)
Cielo Blue / 52cm
¥262500
本当に繊細できっちりとしっかりと造り込んでいます。
本国アメリカでもCXが一番の人気モデル。
少し納期は遅れ気味ですが、見れば納得したくなります。
そりゃあのChris Kingが作ってんですもんねって。
Desalvo Bicycle from Ashland, Oregon
10th Anniversary Road model with Steel Fork
ST : 50cm / TT : 52cm
¥220500
彼の生真面目すぎる性格は時に諸刃の剣になる。
彼の造るバイクは見た目いたって普通。
普通がどれほどまでに大事なのか乗って初めて分かる。
ふつうじゃねぇって、ぱねぇって。
だから一人で3台も頼んでしまう人が現れる。
Desalvo Bicycle for a.k.a Makoto (Team CRC)
SingleSpeed CX frame as 10th Anv model
MikeはUBIという米国随一のフレームビルディングスクールの
先生でもあり、某Sacha 率いるVanille WorksのRacing Line、
SpeedVagenの溶接も引き受ける。要はオレゴンでいや、
米国で誰もが認める素晴らしいフレームビルダー。
単純に自分を売り込んだり苦手な事はしたくないだけ。
自分ができる事をきっちりやろうって思っているだけ。
そんな人もきちんといるんだ。全部が全部NYCじゃないし、
LAでもSFでもない。ましてやDCでもない。彼らの生き方なんだ。
Hunter Cycle from SantaCruz, Cal
Cyclo Cross Frame ( Sorry Without Alpha Q Fork)
ST : 52cm / TT : 54cm
¥199500
SF, SantaCruz界隈のCX Raceに行ってみてください。
びっくりするほどのHunter CX Ridersがそこにいます。
本当にびっくりするよ。しかもみんなしっかり早いしね。
本当に自転車という乗り物やRick Hunterという人間を
理解した人は必ず虜になってしまう麻薬のような感じ。
決して理屈だけを追い求めない、
ユーモアがあってセンスが良くて、そして気が良いって感じ。
分かりにくいかな? でも分かってほしいんだ。
そんな感覚がもっともっと某日本にも必要かなって思う。
特にレース会場とか行くとね。 思いません?
好きで良いじゃんね?
そして、そんな理屈抜きに好きだって思える事が、
本当に大事だって事もあるって事をね、
きっと忘れてしまっているってことを思い出せると良いね。
青かったでしょう。
全部今日青で来た。
不思議と気分が乗った。 青も悪くない。
僕は赤が好きだけど。
kyutai
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント