2komat
TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

みんなそれぞれ違うから

寒いっ!
先週までTシャツで過ごせたのに・・・
町を行く人々も、秋を通り越して、
冬の装いです。
はやく箪笥からアウターを用意しないといけませんね。
さて、
完成車メーカーからも2011年モデルがチラホラ出てきてます。、
購入を考えている方は、
カタログや、ネットで色々調べて、
購入を考えている方もいると思ひます。
最近お客様とお話してますと、
『何を買ったらいいかわからない』という声を聞きます。
確かに、昔に比べ、メーカー、車種がほんとうに増えました。
価格帯も幅広く、4,5万円代から、100万円の物もカタログに載ってます。
昔から乗っている人は、いい時代だなーと思ふ半面、
これから乗ろうとする人には、逆に、迷わすひとつになっているのだと思ひます。
シンプルに考えましょう。

いきなり自分の理想のかたちにはなりません。
人間も年齢を重ねると、味覚が変わるように、
自転車も乗り続けると、
乗り方、使用目的やハンドルの形状なんかも変わると思ふのです。
例えば、使用目的でいいますと、

このKonaのMTB Bikeも、

このように、前にチャイルドシート、後ろにキャリアとセンタースタンド
といった具合に見事にママチャリ風に変身し、
可愛らしさ+実用的になります。
次に、色はどうでしょうか?
完成車ですと、残念ながら、ユニクロのT-シャツみたいに、
1モデルで、何十色もありませんし、
欲しい車種に必ずしも希望の色があるとは限りません。
ですが、『楽しく乗る』を考えた場合、
色もとても重要な位置づけだと考えます。
しかし、ハンドメイドの自転車でない限り、
車種、色を指定するのは難しいですし、
価格も高額になります。
では、車体の塗り替えというのはどうでしょう。
例えば、Circles的にはいつもお世話になりっぱなしの
Surly Cross-Checkを例に、

まず、色を塗り替えてみましょう。

厳密には、まったく同じ仕様ではありませんが、(イメージとしてみてください)
こんな感じにもなりますし、

タイヤも替えると、完成車のCross-Checkと同じ物?
ってな感じに変わります。

ハンドルを変えてみましょう。
Cross-CheckがCross Bikeに変わりました。


こちらに、こちらは、前カゴ+ドロヨケを取り付け、
さらには、解りにくいですが、ドロヨケも、
フレームと同色にしまして、統一感をだしました。
このように、何通りかの例をご紹介しましたが、
何も最初から全てやる必要はないんです。
自転車は自由な乗り物ですから、あんなこと、こんなこと、
が容易にできてしまう乗り物なんです。
焦る必要は全くありません。
せっかく乗るんですから、
『楽しく乗る』事を考え、
ただ何気なく乗るのもいいのですが、
『何をしたいか?』(ツーリング、レース、通勤など)
『何がほしいか?』(ドロヨケ、スタンド、キャリア、チャイルドシートなど)
を頭の中でイメージしてもらうと(これがなかなか難しいですが)
自分だけの1台に出来上がるんじゃないでしょうか。
こちらからの提案もできますし、
おぼろげながらでもいいんです、
何か少しでも、こうしたい、ああしたい、がありましたら、
相談してください。
そのための私たちですから。
自転車の色や、かたちなどのイメージは、
Circles Brog内のFlickerをご活用ください。
==Sal==

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント