The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

 乾燥警報で、空気からから喉いがいがの昨今、
みなさんいかがお過ごしですか?
風邪などひかぬよう、ご注意ください!!
さて、冬も終わりに近づき、冬の象徴?
シクロクロスも終わりの季節が参りました。
関西シクロクロスシリーズ戦も、昨日が最終戦。
これを逃すと一年ほどシクロの公式戦とおさらばになりますので、
無理言って、店から二人、計12名で参戦です。
天気は、薄曇りでしたけど、寒過ぎず暑過ぎず適度な気温での開催でした。
ただ、砂埃がスゴイ。
走り始めると、モウモウです。
煙のただ中にいると、なんも見えません。
それでも、過去何年も天候による中止がない、関西シクロ。
淡々とレースは、進みます。
最終戦ということもあり、600人を超えるエントリーにも関わらず、
混乱もなく、素晴らしい運営です。
スムーズな進行に答えるように、レースの興奮は、ウナギ登り。
我ら、名古屋勢も、頑張ります。


コーナーは、そよ風のようにスムーズに。



直線は、疾風の様に駆け抜けます。
当然、シクロ名物





シケインだって階段だって、竜巻の様に持ち上げます。
そんななか、気合十分な二人。
初のC2参戦にも、おくすることなくぶつかっていく小さな巨人。

目が血走り殺気すら漂うカテゴリー2で、
徐々に順位を上げて行きます。

カテゴリーが上がれば、実力が拮抗する分、レースは、密集します。
大渋滞です。
そんな中、順位を上げて行くのは、至難の業。
良く頑張りました。
そしてもう一人。
こっちは、ホントに巨人?
関西シクロ初参戦にもかかわらず、1位。
淡々と走ってますが、首位です。
しかも、スタートから、常に首位を譲ることなく、きっちりゴール。
カッコいいです。

おめでとう!!!!
でも、ヒーローインタビューは、緊張しすぎ?
こんな、活躍ができるのも、きついレースが走りきれるのも、暖かい応援のおかげです。


レース後で疲れてたり、休みの日に応援の為に京都まで来て応援してもらえる。
感謝で頭が下がります。
最後は、みんなで記念撮影。
今シーズン、めでたく終了です。
いま、「あ~~、終わっちゃったのかシクロ。」って思ったあなた。
大・丈・夫!!!
関西シクロは、終わりですが、シクロは、まだまだやります。
FSCX vol.5が、3月21日です。
まだ走れます。
詳細は、もう少しお待ちください。
special thanks
   photo by  Manami  (calendar girl of JUNE 2011)
makoto

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント