TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

限界ってなに?
人には、越えらない壁があるの?
出来ないことは、何やっても出来ないの?
才能とか年齢とか、どうにもなんないの?
忙しいし、時間ないし、お金ないし、なんかイライラ?
世界と世界を支える日常なんてつまんない?



けっ、知るかよ、どうでもいい。
毎日毎日、理不尽があふれてて、そんなんがそこらじゅうから垂れ流し。
駄目なもんは、駄目?
だからって別に関係ない。
僕がやりたい、だからやる、それが全て。
それでいい。
それで、いいよね?
前を向くのは、以外に大変だ。
でも、前を向く力をくれるものは、ある。

Life Cycles   4,200yen
(今年一番の注目作、MTB界のビッグネーム勢ぞろい、映像の綺麗さは最高。)

Red Bull Rampage 2010    3,990yen
(レッドブルは、翼を与える。 こんなことできるんですよMTB。)

Speed Kings
  3,780yen
(Down Hillレースシーン0.1秒の世界にかける人々の背中がここ。)

Brighter 
3,990yen
(トレイル+ブリッジ+ジャンプ=自由 何でもできるんだ、MTB。)
たとえばDVD。
映像っていう形は、分かりやすく伝わる。
でも、見れば見るほど気づかされる。
出演するライダーたちも突然上手くなってるわけじゃない。
毎年発売される作品、前年の自分たちを確実に越えて、洗練されていく。
シーンごとに擦り傷やら泥汚れが増えていき、ニュースや映像で伝えられる、大怪我。
でも、確実に乗り越えてまた僕らに元気な姿を見せてくれる。
映像に表れる、ライディングやトリックの数々は、彼を宇宙人の様に見せる。
でも、実際に話す彼らは、とても気さくで温かい人々、ナイスガイだ。
そう、彼らは、人間。
だからいつか限界が来るのかもしれない。
「もうこれ以上は、ない。」と思われるトリックが、いつの日か出るのかもしれない。
でもそんなこと、きっと彼らが、信じてない。
積み重ねの先に、新たな世界があることを知っているから。
今日より高く。
今日より速く。
今日より上手く。
今より一歩先に、そう、信じてるライダーたちの今を見てほしい。
きっと力がもらえる。
だから、よろしくお願いします。
*各タイトルをクリックで、トレーラーにジャンプします。*
makoto

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント