The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

World Standard.

 

シーズンは終わったと思いきや、終わりは始まりの序章。
出来るうる限りのオンタイムを刻む為に早めの準備。
そんな期待に満ちた最速準備人達を応援したいのがCircles。
そしてそれらは素直にWorld Standardが好ましいと思います。 
DSC_2382.jpg
DSC_2383.jpg
DSC_2392.jpg

Pressure: 1.8 ~3.5 bar

Weight: (32mm): 380g

Old Fashionと言われるかもしれないが、それが一番良い製法であるなら
それを選択するのがこのDUGAST Tire。
低めの空気圧に対応できるケーシングデザイン。
望み通りのライン対応を可能にするトレッドパターン。
世界のトップCXレーサーが選択する理由がDugastにあります。
DSC_2460.jpg
DSC_2463.jpg
DSC_2465.jpg

Pressure: 1.6 ~ 3 bar

Weight (32mm): 380g


高速コースを得意とするパターンにこのFryingDoctorシリーズ特有の、
通常のケーシングよりやや低圧にて乗車が可能なタイプです。
黒のトレッドもあるのですが、今回は白で作ってもらいました。
DSC_2448.jpg
DSC_2444.jpg
DSC_2455.jpg

Pressure: 1.8 ~ 3.5 bar

Weight (32mm): 395g


Typhoonよりアグレッシブに攻めたいライダーや雨天時は、
このRhinoを選択ください。 
当然、転がり抵抗もかなり押さえて設計していますので、
よりタイヤにグリップ力を求める片にも最適です。
ヨーロッパを転戦するライダーはRhinoTireに1.8bar近辺で
セッティングしています。
(がんばって目指していきましょう!)
その他にはなかなか面白い製品も今回入荷しました。
それがこちら。
DSC_2394.jpg
DSC_2395.jpg
DSC_2396.jpg
Pressure : 1,5 ~ 3 bar
Weight (47 mm) : 495 g

Thomas Frischknechtと共にデザインしたMTB Tubular Tireです。
当然レース主体ではあるのだが、デイリーユースもどうぞとある。
これは使ってみるべきだと個人的に判断。
使えるか使えないかは使ってみなけりゃ分からない。
そんな家訓を胸に抱いてのオーダーしました。
Vittoriaオンリーの戦場にちょいとお邪魔してみたくなったのも事実。
Vittoria SAGUARO 
MTB Tubular Tire
26 x 2.0
¥12600
Vittoria Tubular Rim
26″ / 24.5mm / 32H
¥11550
モノは試しと入荷するのがCirclesの基本です。
どなたかの人柱もあるとなお嬉しいのですが。
そして一応29erのTubular的に使えそうなRimが二種。
700c Tubular Rim for Fat Tire
¥7350
これはわたしが試してみます。
そして近日新入荷予定のこれ。
HED BELGIUM Tubular
700 x 28H & 32H / 23mm
¥14590
やや細いか? これもやってみますよ、みんなの為に。 
今後に期待する意味でみなさんも気長に結果をお待ちください。
そして徐々に暑くなってくるとみんなの希望が膨らむBangKing対策品
DSC_2402.jpg
DSC_2409.jpg
DSC_2413.jpg

Pressure : 8 ~13 bar

Weight (18mm): 155g

TimeAttack専用品。 
とにかく薄い赤のLatexトレッドが極限に抵抗を減らします。
運搬時にはWheelBagを必ず使用して下さい。
(笑、でも本当です。)
DSC_2425.jpg
DSC_2422.jpg
DSC_2427.jpg

Pressure : 9 ~12 bar

Weight (18mm) : 190g

DSC_2428.jpg
バンクにおける練習走行から、レースまで幅広く使えるオールラウンダー。
一般ライダーにはこちらをお勧めします。
(でもこちらも運搬時はWheelBagを使って下さいね。)

World Standardを出来るだけ色んな形でみんなに提供していきたい。
そんな意気込みを商品に注入して皆様のレスポンスお待ちしております。
kyutai
Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント