TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

今回のブログ、長いです。

でも、飽きずに読んでね。

 
シクロクロスシーズン真っ盛りですね。
みんな成績の方はどうなんでしょう?
いい人も悪い人も居るでしょうけど、
いい人はそのまま、悪い人も腐らず行きましょう。
さて、シクロクロスのレースシーンでは、

圧倒的な優位性があるチューブラシクロタイヤ。
Circlesでは、その存在が希薄でしたが、
ここ最近、バカ売れです。

何故かって?

みんなチューブラの良さが解ってきたからだと思います。


まずは、知らなくても困らないけど知ってると「えっへん!」な、

チューブラタイヤの利点。
1、軽い

2、リム打ちしにくいので、低圧に出来る
3、タイヤがしなやかなので、ようグリップする

4、見た目、玄人ぽくなるのでカッコいい

5、たいていのカッコいいリムはチューブラ用、コレが使える



まあ、重要な利点からどうでもいい様なモノまでございます。



しかし、利点があれば欠点もある訳で、書かなくてもいい気もするんですが、僕は、全てを知って頂きたいので、書いてしまいます。

チューブラタイヤの欠点。

1、高い

2、パンクしたら終わり

3、接着剤で貼付けるので、面倒くさい上に時間がかかる。

4、貼付けを失敗するとリムが汚くなる



などなど、欠点も多々あります。

ただレースの現場では、問題にならない様なことですので、今もレースでは、チューブラタイヤの方が多い訳です。



この愛すべきチューブタイヤ、ロードで使う分にはあまりそんなこと無いのですが、シクロクロスのレースでは、よく見る代表的なトラブルもございます。

それは、リムからタイヤが外れるというトラブルです。

接着剤でリムにタイヤを貼付けている以上、100%防ぐのは、不可能なのですが、レース中にベロンベロン剥がれていたのでは、話になりません。



そこで、我がCirclesでは、必殺のチューブラタイヤ貼りをご用意して見ました。



まずは、何故シクロシーンでは、タイヤが外れるのか?

コレは、シクロと言えば最も重要で楽しい要素な、泥が原因だと言われています。

泥が、水と混ざり、チューブラタイヤにあるオムツとかタスキとか呼ばれる、縫い目を隠している部分に染み込み、接着力を弱め、結果、タイヤが外れる。

というのが、原因だと言われています。



「水がダメなら、ロードで雨の日どうすんの?」

はい、もっともな質問です。

ただロードとシクロでは、大きな違いがございます。

それは、空気圧です。

前述したように、シクロクロスでは、空気圧をすごく落とします、

まあ数字的に言うならば2気圧付近です。

コレに対してロードの場合、10気圧付近での使用です。



つまり、水の染み込む部分が空気圧によりキツく閉ざされるので、水がしみ込みにくい。

さらに10気圧と言う高圧がかかっているため、接着力も強い。



しかも更なる悪条件は、シクロクロス用タイヤの方が幅が広い。

コレにより、コーナリング時にかかる横Gが、すごく強くなる。



結果、べろんと剥がれる訳です。



これら、数々の難敵からチューブラタイヤを守るべく、行われる作業が、Circlesスペシャルチューンです。

その過程を御紹介。(いやー、本題に入るまで長かった、(笑))



1、リム接着面をヤスリでならします。

s-DSC_1808.jpg

入念にキレイに行います。



2、リムに第1層目の接着剤を塗ります、まずは薄くです。

s-DSC_1812.jpg



3、そして24時間乾かします。

s-DSC_1824.jpg



4、リムに第2層目の接着剤を塗ります。

s-DSC_1816.jpg

今度は、しっかりと。入念にです。



5、タイヤに少し空気を入れ、リムと同じようにタイヤにも接着剤を塗ります。

s-DSC_1844.jpg

これも、最初は、薄くです。



6、また、リムとタイヤ両方、24時間乾かします。

s-DSC_1818.jpg



7、リムに第三層目、タイヤに第二層目の接着剤を塗ります。

この回も、しっかり丁寧にです。



8、24時間乾かします。

s-DSC_1829.jpg

この時点で、4日目、笑えてきました?



9、まだ塗ります(笑)、リムに第四層目、タイヤに第三層の接着剤を塗ります。

これで、下地のヌリヌリは、終了です。



10、24時間乾かします。

s-DSC_1820.jpg



いよいよ貼付け本番です。



11、またしてもリムに接着剤を塗ります。薄くで構いません。



12、タイヤの空気を抜き、バルブをリムに差し込みます。

s-DSC_1831.jpg



13、タイヤを少しずつ引っ張りながらリムの上に乗せていきます。

s-DSC_1833.jpg



14、タイヤをひっくり返し、最後の部分をリムにはめ込みます。

s-DSC_1835.jpg

結構、力がいるのですが、無理矢理引っ張らないように注意します。



15、タイヤがリムの真ん中に来るように、左右を調整します。

s-DSC_1841.jpg



16、空気を少し入れ、さらに左右をチェックします。

s-DSC_1839.jpg



17、最後にまた空気を入れて、24時間置いておきます。

s-DSC_1847.jpg



お疲れさまでした、コレで完成です。

17工程、6日間、あきれる程時間かかるでしょ?



ここまでやっても、100%外れないとは、言い切れないです。

切ない程の儚さでしょ?



コレをしてもなお、チューブ式よりアドバンテージがあるんです。

だからみんな使うんですよ。

レースって、こわいですね(笑)



ここまでやってる、Circlesスペシャル貼り。

片側2.500円。

前後やると、5.000円。



高いか、安いかの判断は、お任せします。



さらにここからの、ハイパーチューンもございます。

それは、こちらをご覧下さい。



長々、お付き合い頂きありがとうございました。









う~ん、これで貼り仕事増えるとうれしいような、怖いような・・・・
何時でもお越しください。

 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント