TUMBLEWEED
The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

まいど。
前回の長いブログ読んでいただき、ありがとうございます。
今日は、貼り付ける方のタイヤをご紹介。
短めに短めにね。

山ほどあるタイヤ、
人の顔に個性があるように、
s-DSC_6223.jpg
タイヤにもそれぞれ個性があります。
s-DSC_6221.jpg
ほら、こんな感じで。

人の顔見ただけでは、性格までは見抜けませんが、
タイヤの方は、パターンを見ればなんとなく見抜けます。

たとえば、タイヤの表面についているノブと呼ばれるボコボコ。
これが、キツキツにつまっていると食いつく部分が多いので、
ドライの時などは、ブリブリ行けます。

逆に目が、詰まってると泥の時は、つまってつまっても~~つるつる。
なので、泥には、ノブがスカスカのものが向いています。

後は、ノブの高さやゴム自体の硬さであったり、タイヤサイドの柔らかさであったり、
重さであったりと言ったような部分で、種類や値段が変わってまいります。

Circlesにも、山ほどタイヤがある訳ですが、
上で書いたようなことに気を留めながらタイヤを見ていただくと
また変わった印象が生まれるんでは、ないでしょうか?

そんなホイホイ店まで行けないよと言う方の為に、
いくつかご紹介させて頂きます。
まず、Circlesの一押し。

オランダの雄Dugast。
s-20111123_1663883-Edit.jpg
A Dugast Rhino Cotton  14.700yen

s-20111123_16638833-Edit.jpg
A Dugast Typhoon Cotton 13.650yen

s-20111123_16638832-Edit.jpg
A Dugast Flying Doctor 15.750yen

こちらのDugastは、シクロやトラックのワールドカップでは、
姿を見掛けないことなどないと言うほどの有名ブランド。
そのタイヤのしなやかさ、軽さは、他メーカーを圧倒します。

お次は、イタリアからの刺客Challenge。
s-DSC_6219.jpg
Challenge Fango32  9.900yen

こちらもイタリア製のハンドメイド。
グリップ、泥はけ、しなやかさ、何処をとっても高性能。
超優等生です。
迷ったら、これ履いとけって感じです。

チューブラタイヤは、こんな感じで、
いっよ~しついでにクリンチャーも行くぞ~~。

まず同じChallengeから、
s-grifo.jpg
Challenge Grifo32  7.800yen

こちらも手作りです。
さきほどのFango32とは、パターンちがい。
グリップ力の差は、自分で確かめてみてください。
違いの分かる男女になりたくないですか?

つづいて、
s-conti.jpg
Continental  Cyclocross Race  4.830yen

こちらは、ドイツタイヤ界の巨人Continental。
このクオリティーで、この値段。ドイツは、すげ~~。
予算はないが、良いものをと言うあなた、
こちらで決まりです!!

どんどん行きますよ。
s-clement.jpg
Clement  Crusade PDX  5.040yen

このClementが、あったからこそ今のChallenngeが、あるんです。

100年以上続く歴史の重み、感じてください。

あ~~、もう!
結局、長くなってきたので、これで最後です。
s-cg.jpg
Panaracer CG-CX  4.260yen

パナレーサーからラインナップされているCGシリーズ。
CGは、Cedric Graciaの略。
これ、人名なんですけど彼は、どんな人物かと言いますと。
僕世代のMTB乗りには、もう、たまらんスーパーライダーで、
DH/4Xで、見せれて、速い超カッコええ人でした。
YouTubeでも引いてください、山ほど映像が出てきますよきっと。

まあ、怒涛の様に紹介してしまいましたが、
詳しいことがもっとお聞きになりたければ、
Circlesでブラブラしてるmakotoを捕まえてください。
使用歴や想像で、いろいろお伝えできると思います。

あとTUFOやらなんやら、ご紹介出来てないのもございますので、
気になるものが御座いましたら、一度ご相談くださいな。

makoto

・・・結局長くて、ごめんなさい (ぺこり)。

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント