削るという作業は、おしなべて辛いと思う。

身を削る。
心を削る。
体重を削る。
鰹節を削る。
鉛筆を削る。
シノギを削る。
タイムを削る。
うん、もういいね(笑)
どれをとっても、辛い気がする。
でも、その先に生み出される物は、美しい物である事が多いと思う。
故に、このアイテムも美しいと言って間違いない。
Made in Whistler
そう聞くだけで、知ってる人々は、ピクリと反応できるはず。
世界で最高ランクのトレイルが広がる山々のあいだにある小さな町。
そんな町でこのステムは、コリコリ削りだされる。
落ち着いたアルマイトの質感と質実剛健な作りに好感を覚える。
いざ取り付けてみると、工具越しにしっかりとした作りが伝わってくる。
意外に聞こえるかも知れませんが、
こういう感覚が伝わってくる物は、あまりないのです。
この感覚は、最高の品質と最高のライドに繋がっていく物であり、作り手達の真摯な姿勢の賜物です。
ぜひ、みんなのバイクの一部分にでもこんな想いをのせてみたら如何でしょう?
少しだけ世界が変わるかもしれませんよ。