池山 豊繁
Posted by

八ヶ岳CC、Speedvagen CX Team、Hunter/SimWorks CX Team御用達! Sport Crafters!

連休が終わり、ロードレースシーズンも本格化。やはり僕含めCRCメンバーは夏に向けて走り込んでいきながらも、見据える先は冬のCXなのでしょうか?6月は梅雨時期でなかなかライドに行けなかったり、普段なかなか外へ走りにいく時間ない場合にあると便利なのが、トレーナー(ローラー台)です。僕自身は、なるべく実走をするようにしていますが、どうしても時間が取れなかったり天気に恵まれない時にはローラーに乗ることもあります。また、CXシーズンが始まれば毎レース前にアップをするには欠かせません。

omnium_top9601

そんな中、これまでのバイクローラーの概念を変え、より高いレベルでのトレーニングを可能にする”Sport Crafters”のプロダクトが入荷してきました!

インディアナ洲でMade in the USAを貫いて20年間ローラーを作り続けているSport Crafters。もともとはCycleOpsなどへのOEM生産に始まったのですが、独自の技術であるARC Power Modulation Technologyの開発からそのシステムを活かした製品の開発に取り組み、サプライヤー、ディーラーそしてカスタマーとの密なコミュニケーションにより、高い品質の維持とクイックな生産体制との両立を実現しています。

ここでARC Power Modulation Technologyについて。。。

Sport Craftersのバイクローラーが他のどれとも違うのはこの特許技術によるものです。ローラードラム内部に配置された強力マグネットは高入力(スピードが速くなればなるほど)により外縁に近づいていきます。これが抵抗を生み出します。しかもこの抵抗は入力に対し非線形的に増減するのです。すなわち、低速時にも高速時にもその入力に合わせた抵抗が得られる、実際の路上走行に近い感覚のトレーニングができるシステムです。

CadenceSport Crafters “Cadence Rollers” ¥31,000(税抜)

この”Cadence Rollers”は上述のARCパワーモジュレーションを取り入れていない最もベーシックな3本ローラーです。強度の高いスチール製のフレームはもちろん折りたたみ可能。これさえあれば雨の日でもトレーニングに打ち込めます。もしさらにトレーニングレベルを上げたくなったら、オプションのOverDrive Drum(※お取り寄せ商品)に交換することで、このあと紹介する“OverDrive Pro Rollers”と同じ性能になります。

OverDriveSport Crafters “OverDrive Pro Rollers” ¥41,000(税抜)

こちらの”OverDrive Pro Rollers”は強固な設計とイノベーションという基本姿勢に基づいて作られた高いパフォーマンスを誇るフラッグシップモデルです。高い実走感に加え、ARCパワーモジュレーションによってより高いレベルでのトレーニングが可能となります。

74979190Spotr Crafters “OverDrive Handcycle Trainer” ¥34,000(税抜)

74979392Sport Crafters “OverDrive Trike Trainer” ¥26,000(税抜)

Sport Craftersはパラサイクリストやリカンベントトライクの為のトレーナーも積極的に開発しています。軽くて持ち運びがしやすいだけでなく、ARCパワーモジュレーションにより、実際のライディングポジションでしっかりと負荷をかけることが可能。Handcycle Trainerはフットレストの幅に合わせて、簡単に調整が可能で、Trike Trainerは組み立てや整備が不要な点に加え、トレーナーの方向を変えることで正方向で使用するよりも緩やかな負荷にする事が出来るという特徴があります。

そして、Sport Craftersのプロダクトの中でも特におすすめしたいのがこちらです。

sc_omnium_04_450-450x450Sport Crafters “Omnium Trainer” ¥47,000(税抜)

“Omnium Trainer”はレース会場でのウォーミングアップからホームトレーニングまでこなせる画期的なトレーナーです。一見、3本ローラーのようですが、前輪を取り外し、フォークで本体を固定することで安定するので、不安感無くトレーニングに集中できます。また、一般的なタイヤドライブ式の固定ローラーのようにタイヤを傷めること無く、しっかりと負荷をかけることができ、キャリーバックで持ち運べるほどコンパクトに収めることもできます。(折り畳んだ状態で55.9cm x 17.8cm x 15.2cm)

IMG_9472※Omniumと私を折り畳んだ状態での大きさ比較。

実は昨シーズンのCXレースでもHunter/SimWorks CX Teamや八ヶ岳CC、Speedvagen CX Team(サプライヤー)も使用しています!

遠征時にもかさばらないですし、もちろんARCパワーモジュレーションによりしっかりと負荷をかけてトレーニングができます。個人的には3本ローラーはあまり上手く乗れないという方にもオススメです。シクロクロッサーには是非ともオススメです。この“Omnium Trainer”は店頭にて試乗もできますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

池山 豊繁
Posted by