また来年の夏の終わりに会いましょう。

ケイタです。

夏の終わりに最高に楽しい遊びをしようって決めてスタートしたRIDEALIVE

今年も無事に終わることが出来ました。一緒に遊びきった仲間は総勢100人以上。

あまり決まり事はなく、それぞれの遊び方で遊べば良い。

決めたのは「現地にて18時に乾杯」、「2日目の朝食は自分で作ろう」。それだけをみんなに伝えぼくたちスタッフも全力で遊びました。

たくさん遊んだらお腹は空きます。今回も「食」はとても重要なポイントでした。みんなが笑顔になれる食事の空間をずっと想像していたことをたくさんの方の力を借りてカタチにすることができました。

ridealive2015

事前に参加者の方々に送った「FOOD&DRINK TICKET」。これを握りしめ厳しい山道を自転車で登って行き着いた先にある三河高原キャンプ場。それぞれ現地入りしたら自分たちのテントを張り、シャワーを浴び夜のパーティーの準備です。

ridealive2015

ridealive2015

岐阜県可児市から「創作居酒屋えんぎや」さんに参加して頂きました。今回のイベントに最も気合いが入っていたといっても過言ではない方の一人。もう数ヶ月も前からこの日のためにたくさんの準備して頂き、ジビエ料理を提供してくれました。イノシシ肉を2頭丸ごと炭火焼で提供。計画的にイノシシを猟師の方に狩猟して頂きました。僕自身、参加者のみんなの驚く顔がもう当日楽しみで楽しみで仕方なかったです。

この日のために作成した炭火焼用のドラム缶を改造した器具。スタートしてから終始イノシシ肉を焼き続けてくれたえんぎや林さんと愉快な仲間達に拍手です。凄まじい量だった肉も100人の胃袋にほとんど入っちゃいました。
塩こしょうで焼いた肉に特性のタレをかけて食べた肉は絶品でした。
野生のお肉を食べるとなんだか不思議とエネルギーが沸き上がってきました。

ridealive2015

ridealive2015

ridealive2015
キャンプの夜はやっぱりカレーってことで去年に続いてお願いしたのはいつもお世話になっている蒲郡のカレー屋「SUNDAY SPICE」さん。「今年もだいぶ気合い入れていくからよろしく」という言葉通りのカレーでした。

今回のカレーは定番のものを含めワンプレートに5種類のカレーが盛られました。実際僕自身も長い付き合いになりますし、お手伝いのスタッフの方も含め「こんなカレーやったの見たことねーぞ」って言っていました。笑

たくさんの人が喜んでもらえるようにってこんなにもたくさんの準備してくれたことに嬉しかったです。イノシシ肉と一杯のカレーでお腹いっぱいでしたがこんなカレー食べれないぞってことで無理矢理2杯食べました。一口一口が新鮮で最後まで本当に美味しかったです。

ridealive2015

夜は肌寒くなるので食後にはみんな温かいドリンクをもとめて「喫茶hiraya」のコーヒーを。自家焙煎して自ら一杯づつ丁寧に入れてくれるあきよし君のコーヒーは格別でした。カフェラテも自家製のサングリアも美味しかったです。みんな寝るまでオールナイト営業だっていってやり続けてくれました。

ridealive2015

そして2日目の朝。去年よりも変化があった点と言えば、朝ご飯はみんなそれぞれで作ろうってこと。
「ALL NEED IS BREAKFAST」
2日目も全力で遊びきるためには朝はしっかりエネルギーをとらなければなりません。EARLYBIRDS的に提案する朝ご飯のカタチはこんなスタイルでした。

ridealive2015
ridealive2015
ridealive2015

それぞれができるキャンプでの朝ご飯を作ってもらう。自転車で運べる範囲でのキッチン道具と食材は限られています。みんな工夫を凝らし100人100通りの朝ご飯がそこにはありました。

パスタを茹でてレトルトのソースをかける人、土鍋をもってきてこだわりのお米を炊いておにぎりを作る人、トーストを焼く人、味噌玉でみそ汁を作る人、ソーセージを焼く人、大きなステーキを焼く人、インスタントラーメンを煮る人、フレンチトーストを事前に仕込んできた人。フルーツをカットする人。

当日までに今回の朝ご飯のコンセプトはブログ等でお伝えしてきましたが、当日になるまでに上手く伝わっているか不安でした。しかし蓋を開けてみればみんながコンセプトを理解してくれて、理想的な朝ご飯の風景がそこにはありました。感無量でした。

すでに来年はこんなことしようって思ってるんですよって言う声が聞こえてきています。来年も楽しみな時間です。

ちょっとハードルの高いことではあったれけど、工夫を凝らし自分たちの力で何かをやり遂げることに満足を得れるというのはRIDEALIVEのコンセプトでもあります。それがこの朝ご飯の時間にも反映されていたように思います。

ridealive2015

朝のコーヒーは前夜に引き続き「喫茶hiraya」。キャンプ場での朝食の時間にhirayaのコーヒーが飲めるなんてとても贅沢でした。朝早くから準備してくれたhirayaスタッフに感謝です。

朝食の時間が終われば、みんなそれぞれ出発。2日目もそれぞれの挑戦がスタートです。雨は少し強くなり状況的には大変な場面もありましたが、それでもみんなが笑顔でしんどい状況さえも楽しんでいる様子を見てとても嬉しく思いました。

ridealive2015

次の集合はまた夕方18時に海沿いにある素敵なお店「CAFE OCEAN」へ。降り続いた雨も夕方には止み、雲の切れ間からは光が射しこんでいました。それだけでもなんだかドラマチックな展開だなってテンションがあがりました。

ridealive2015

ridealive2015
ridealive2015

ridealive2015

ridealive2015

三河湾が一望できる素晴らしいロケーションに素敵なドーム型の建物。石釜で焼いたこだわりのピザと美味しいデリの数々。この日のためにシェフが考えてくれたメニューをみんなで食べながら、2日間の最後を締めくくりました。

ridealive2015

下宿を営む実家だったことから、小さい時からたくさんの人と食事を食べることがいつも当たり前のようでした。たくさんの人が笑い合いながら食べる食卓が本当に好きで、自分のお店もそういう風な空間でありたいと常日頃思っています。
6月に開催したグルメセンチュリーをはじめ、今回のRIDEALIVEでもそんな最高な食事の空間を創るきっかけに携われたことに感謝です。過酷な天候な中でも一生懸命に全力で遊び切ってくれた全ての参加者、この日のためにと準備を続けて来てくれた飲食関係スタッフのみなさん今年も本当にありがとうございました。みなさんがなくては成立しないイベントです。みんなの全力の遊び心がすべてを笑顔にしてくれ、素敵な空間を作ることができました。

このブログをきっかけに「SUNDAY SPICE」「喫茶hiraya」「創作居酒屋えんぎや」「cafe OCEAN」のことを知ってくれた方はぜひ通常営業のお店にも足を運んでみてください。どのお店も本当に素敵な場所とスタッフの方達ばかりです。

ridealive2015

来年はどんな冒険が待っているでしょうか。僕たちスタッフはすでに来年はこんな遊びがしたいっていろいろ想像が膨らんでいます。ここからまた一年でそれぞれがたくさん経験を積めば来年はもっと素晴らしい空間になると思います。

すでに「#RIDEALIVE2016」はスタートしています。

また来年の夏の終わりに会いましょう。

Photo By:Eri Tanaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です