SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

POINT6の靴下がなぜ良いのか?
その真相に迫ります。

 
DSC_9582 
先日の人力リコメンド1 Buy Get 1キャンペーンでご紹介しました POINT6(ポイントシックス)。 この靴下を履き始めてようやく一年が経とうとしています。 実際に履いていて気に入っているポイントは、 丈夫さに加えて 快適さが長続きしている事 です。 そこで今回は、 素材から紡績まで徹底的にこだわる POINT6(ポイントシックス) がなぜ良いのか!?さらにその真相に迫ってみようと思います。
 
Merino-sheep 
POINT6(ポイントシックス) の主な原料となるのはもちろんウール(羊)。 世界には約3000種とも言われる羊がいる中で、 アウトドアスポーツでよく用いられる品種は メリノ種 ですよね。 メリノ種の中でも品種や産地、 育つ環境やサプライヤー(牧場や仕入れ先)などでも品質がとても左右されます。 POINT6(ポイントシックス) に使われるメリノウールには、 高品質と認知されているニュージーランド産を採用しています。 羊毛の奇麗さ、 細さ、 丈夫さに特徴があり、 育つ環境や放牧の仕方が整っているので高品質なウールを生産出来るからです。 お肉同様、 毛(ウール)も環境が作ります。 ニュージーランドでは毛が太く育ちすぎるのを防ぐ為、 夏は山岳地帯、 冬場は低地で放牧し、 過度の食事をしないようにしています。 また、 夏冬がしっかりあるニュージーランドの山岳地帯で育つ羊毛は、 過酷な環境でに耐える事が出来る証拠なのです。
 

スクリーンショット 2015-11-07 13.00.22
 
POINT6(ポイントシックス) のこだわりは原料だけではとどまりません。 毛の太さは他メーカー同様に細番手のファインメリノウールを使用していますが、 ここにも徹底したこだわりがあるのです。 アウトドア業界では ファイン度 を競い合っています。 しかしその多くは、 繊維の太さにばらつきがあることも少なくありません。 POINT6は、 細すぎる糸(弱くて切れる可能性がある)や太すぎる糸(肌触りが悪い)を使用しない均質な太さの繊維を使用する事で、 品質を落とす原因を省いています。 そしてコンパクトスパン製法(繊維の端が糸の中心に収まり表面に出ない為、 引っかかり非常に少ない。)を採用する事で、 撚りに強く糸自体に強度があるので、 繊維が抜けにくく破れ難いメリットがあります。 さらにコンパクトスパン糸を採用することでクッション性が長続きし、 繊維が潰れたままの時間が少ないので、 抗菌防臭性などの機能を発揮しやすい環境となるのです。 (これでもこだわりの一部。さらに詳しくは店頭でどうぞ。)
 
POINT6は、 ウールの機能を最大限に引き出す事が出来るソックス と言えるでしょう!
 
DSC_4790 
とは言っても、 試してみない事には良さが分からないのも事実。 好評頂いていますキャンペーン中にぜひお試し下さい!

>>>キャンペーン中のPOINT6のアイテムはこちらから!<<<