Circles x SURLY

「1から自転車を組む。」と言うと一見難しそうに思えるかもしれない。

しかし、しかしだよ。
ある一定のルールさえクリアしたならば、そこには自由がある。
そう、自転車は自由だ。
そんな1台を組みました。

dsc_6069-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

SURLY STRAGGLER/サーリー ストラグラー  ¥193,000(税抜)
dsc_6091-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
まず目を引く水牛の角のようなこのワイルドなハンドルにシフターは、バーエンドコントロール。
ハンドルを握る位置によってポジションが大きく変えられるのもこのハンドルの面白い所。
ハンドルのカーブ付近を握って前傾姿勢で攻めるもよし。
後ろの方を握ってらくちんポジションで流すもよし。

dsc_6086-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
タイヤは今話題のSimWorks by panaracer のTHE HOMAGE
「ホマゲじゃないよ、オマージュだよ。」
と言うフレーズをここ半年で何回聞いた事か。
オンもオフもこれ1本。
スタッフバイク着用率ナンバー1のタイヤをインストール。
ハブはSHIMANOでリムはWTB。

間違い無し。問題無し。

dsc_6067-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
ちなみにストラグラーの完成車は¥235,000(税抜)

冒頭でも言った「1から自転車を組む。」は実は完成車よりもお値打ちに組む提案も出来る。
使い方、用途にあったパーツを足し算、引き算して行き、そこに僕らなりのスパイスを足してやると、あら不思議。
高級食材が旨いのか?
そうじゃない、自分が旨いと思った物が旨いんだ。
飯もチャリも。

dsc_6062-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
フロント、リアにキャリアを付けてキャンプツーリングにも。
サドルバッグやフレームバックでバイクパッキングスタイルも。
WALDのカゴなんて付けてアーバンスタイルもいいかも!
妄想が止まりません。

是非1度お店に見に来てください。
お待ちしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です