友田 寛昭
Posted by

All-City 2017年モデル第一弾

 
年々秋が短くなっていると思いませんか? 日に日に寒くなって来ている今日この頃ですが、新たに自転車をお探しの方には絶好のシーズンなのです。 なぜなら今、サークルズには各メーカーの2017年モデルが続々と入荷しているからです。
 
その中でも今回ご紹介するのは、こちらのモデル。
 
dsc_7605-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

【All-City】 Pony Express 完成車 ¥145,000(税抜)

 
オールシティーサイクルのポニーエクスプレスです。 フェンダーダボとキャリアダボを装備しており、通勤通学に持ってこい。 初めてのスポーツバイクに相応しい乗りやすさも持ち合わせています。 先日の店頭試乗会で1番乗りやすいとの評価を受けていたのもこのモデルです。
 
スペースホースのフラットハンドルバージョンという位置づけでジオメトリーはスペースホースを踏襲しており、ハンドルをドロップ化すればツーリングバイクとして乗る事が出来ます。 オールシティーのラインナップの中では最も汎用性の高いモデルです。
 
その汎用性の高さに一役買っているのがこの逆爪エンド。
 
dsc_7631-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
変速を取り払ってシングルにする事も容易です。 写真では分かりにくいですが車輪脱落防止用のツメが装備されています。 このツメですが、フロントフォークには付いている事は多くてもリアエンドに付いてるのは珍しいのです。
 
これは万が一クイックリリースが緩んだ時の安全策のためのもの。 現在のスポーツ車に多く採用されているストレートドロップエンドに比べ車輪がずれやすい逆爪エンドですが、このツメとエンド後方に見えるドロップアウトスクリューにより車輪をしっかりと固定してくれます。 この事によって汎用性の高い逆爪エンドのデメリットを払拭し、この自転車にのる方の日常のライドに安心感を与えてくれます。
 
最大42mmまでの十分なタイヤクリアランスを確保。 フェンダーを付ける場合は38mmまでです。タイヤ幅は狭い方が接地面が減って速く進みはしますが、地面からのショックを吸収してくれるこれくらいのタイヤ幅があった方が街乗りするには快適です。 車道ばかり走れるわけじゃ無いですからね。
 
dsc_7617-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
変速はフロントシングルのリア10速で、フロントチェーンリングにはチェーンガード付き。 これで裾の巻き込みやチェーンリング外側へのチェーン落ちのリスクが減ります。
 
dsc_7620-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 
フロントシングルはロングツーリングには心もとないかも知れませんが通勤や通学、それに休日の買い物や自転車デートには十分でしょう。 1番最後は想像ですが。。。
 
このモデルの他にも2017年モデルのバイクは入荷しています。今後入荷するモデルもまだあるので、そちらもブログにて紹介していくので乞うご期待!
 
寒い季節に自転車に乗り始めた方は、1年通して自転車に乗られる方が多いと思っているのは僕だけでしょうか? いや、サークルズ調べによると確かにその傾向がありそうです。 少しずつ寒くなってきておりますが、ぜひお店にも足を運んで実車を見に来て下さい。そして1年中自転車に乗る僕らの仲間になってもらえると嬉しいです。

友田 寛昭
Posted by