池山 豊繁
Posted by

Winter Ride with 7mesh

  
11月も終わりに差し掛かり、気温もぐっと冷えてきましたね。
いよいよ冬本番といったところですが、寒い冬こそアクティブにライドに出かければ、澄んだ空気に素晴らしい景色が寒さを忘れさせてくれます。
 
7mesh Corsa Softshell Jersey 
そこで今日は、冬のライドを快適に過ごすためのウェアのご提案。 7mesh/セブンメッシュより、カナダの厳しい冬のライドにも耐え得る機能をしっかりと備えた最高のウェアたちをご紹介します。
 
7mesh Corsa Softshell Jersey【7mesh】 Corsa Softshell Jersey ¥35,000(税抜)
 
Corse Softshell Jerseyは、秋口から冬場にかけての気温が低い時期や、冬の雨の中での高強度なライドなどにおいて最高のパフォーマンスを発揮するソフトシェルジャージ。
  
WINDSTOPPER®のソフトシェル生地を全面に用いることで、耐候性と防風性、そして熱発散の機能を兼ね備えています。 本来であればアウターシェルに用いられる素材を、7meshが考える独自のパターンに落とし込むことでサイクリングジャージのように仕上げている一着は、いわばウインド・ジャケットと長袖ジャージが合体したようなアイテムです。
 
7mesh Corsa Softshell Jersey 
さらにこのソフトシェル生地には4方向へのストレッチ性があり、ライディング中の動きを妨げることはありません。 裏地にシーム処理が施されていたり、背面ポケットには排水用の穴と雨を防ぐポケットガードが配置されているなど、カナダの過酷な冬を乗り越えるために一切の妥協もせず作られたウェア。 泥水がかかるシクロクロスレースや雨上がりのトレイルライド、冬場のロードライディングに欠かせない一着です。
 
7mesh Corsa Softshell Jersey 
Tops : 7mesh / Corsa Softshell Jersey
Bottoms : Assos / TK.tiburuKnickers_s7
Shoes : Fizik / M6B UOMO
 
7mesh Callaghan Hoody【7mesh】 Callaghan Hoody ¥28,000(税抜)
 
こちらは打って変わって、少しゆったりとしたシルエットのCallaghan Hoody。 内側の生地にメリノウールとポリエステルの混紡によるストレッチ性の高いハイブリット素材を用いることで、保温性と防臭性を高めながらも、汗をかいた際の発散・速乾性に優れたフーディーに仕上がっています。
 
7mesh Callaghan Hoody 
また、すべての縫い目は従来の方法と異なったマイクロ・ストレッチ・シームを用いることで、縫い目の凹凸を最小限にすることで快適な着心地を得られるだけでなく、ストレッチ素材の生地の良さを最大限に引き出すことができるのです。
 
フードを被った状態でもヘルメットが被れるようにコンパクトに設計されたフードや、バイクから降りた時に手を暖かくしておくためのハンドポケット、またその右ポケットには携帯電話を収めることができるスリーブも確保。 トレイルライドやツーリングだけでなく、バイクから降りた時にも間違いなく活躍する一着です。
 
7mesh Callaghan Hoody 
Tops : 7mesh Callaghan Hoody
Bottoms : Deeper’s Wear / FastPass Baker
Shoes : Altra / LonePeak3.0
 
7mesh Callaghan Hoody 
使う素材やパターンニングなど、ウェアをつくるために必要な要素において一切の妥協をせずにものづくりをしている7mesh。 実際に袖を通してフィールドへと繰り出せば、彼らの哲学を身をもって感じる事ができます。 アークテリクス創設期のメンバーであったタイラー・ジョーダンを初めとする、山というフィールドを熟知している人間が創設したブランドだからこそのアイデアや独創性は、間違い無く既存のサイクリングウェアとは全く違った感覚を使い手にもたらしてくれます。
 
今回ご紹介した2アイテム、それぞれ狙っているところは違いますが、山遊びの達人たちが生み出す7meshのウェアの中には、あなたのライドスタイルにフィットするアイテムが見つかるはずです。
 
やはり、自分たちの作るサイクリングウェアがどういうものであるべきかというビジョンがはっきりしているウェアほど、着ていて楽しいと思えるのです。 僕自身も彼らが作るウェアにすっかり心を奪われています。 この冬のライドスタイルのワードローブとして、7meshを是非試してみてはいかがでしょうか?

池山 豊繁
Posted by