大切なのは皮下脂肪の薄いところを暖めるって事!!

 
ジャスティーッス!!
 
ジャスですよ。
 
寒い、寒い、言ってたってノージンジャー。どんどん外へ出て遊びましょう!
今回は自転車に乗っているときも、そうでないときも身につけておくと暖かい、Aclima/アクリマ のアイテムをご紹介します。
 
アクリマはノルウェーで1922年に発足。
繊維業界をリードし、現在はエスト二アに自社工場を所有していますが、品質管理はノルウェー本社にて厳重に管理をしています。 また、その品質はNATO加盟国軍で着用されるなど、ウールウェアのもつ保温性や清潔感、機能性がヨーロッパで評価されています。
 
 
そんなアクリマのリストゲーター、ネックゲーターを身につけたアーリーバーズの新しいスタッフ「あっちゃん」に注目。
 
どんなに着込んでも寒い!! そんな時は「手首と首を暖めるべし。」
 
皮下脂肪が少なく血管が透けて見える手首は、血液を通じて熱が逃げやすい箇所にあたります。 同じ特徴を持つ首周り同様、ここを保温してあげるだけで体感、特に手先の感覚は大きく変わるのです!
 
【Aclima】 DesignWool Marius Pulse Heater ¥4,000(税抜)
 

自転車に乗っている時はもちろん、秋冬のハイキング、キャンプ。手が冷えやすいので薄手のグローブだと少し不安。 でも分厚いグローブだと大げさだし、歩いている時は暑い。 そもそも分厚いグローブだとジップの上げ下ろし、靴ひもの結び直しやテントの設営など作業がやりづらいいですよね。 毎回グローブを外して結局素手で作業をしている、なんて事も。
 
そんな時に薄手グローブとリストゲーターを併用すれば、作業のしやすさと手先の保温がある程度のレベルで両立できるのです。
 
【Aclima】 DesignWool Marius Headover ¥4,000(税抜)
 
ネックゲーターも同様に体の保温には欠かせないアイテムです。 自転車に乗っている時にマフラーは実は大変危険な事も。 知らないあいだにマフラーがほどけて裾が車輪に絡まって…なんて事も実際にあった事故です。
 
 
ネックゲーターは鼻、耳までしっかり隠せるので、自転車に乗っている時の風の冷たさもガードできます。
 
今回はアクリマをフォーカスしましたが、その他にもパワーフーディーでおなじみの フーディニ のフリース生地を使ったリストゲーターや、ネックゲーターとしても使えるパワーハットなどのラインナップもストックしています。 こちらもラン&ハイクはもちろん、自転車や日常使いにもとても使いやすいので是非店頭にてチェックしてみて下さいね!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です