The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

やつらの足音のバラード

生まれた 生まれた 何が生まれた
 

 
歌詞はこちら
http://www.kasi-time.com/item-21743.html
 
 
先日、また大学生の女の子が自転車を買ってくれて、一緒に納車ライドしてきました。別名ドキドキ同伴ライド2!→(ドキドキ同伴ライド1
 
もともとアリバのイベントを手伝ってくれてたりしたのだけど、やっぱり「あたしも自転車欲しい」と言い出した彼女。もちろん、かわいい自転車が欲しい〜♥なんてミーハー欲求も叶えつつ、ちゃんと生活と遊びにフル活用できる実用の道具を、かっこよく仕上げますよ。そして、選んだのはKONAのTONK。ベース車として間違い無い選択です。
 
そして彼女は目を輝かせて言います。「あたし自転車の色を塗り替えたい!」
もちろん新車であっても、というか、新車だからこそ、球体ペイントで色を塗り替えて、世界に一台の自分モデルが手に入るのです。
 
もちろん、ちょっと時間はかかるのですが、それもまた楽しい時間。
納車の時には前の道で試し乗りをしてもらい、操作の説明や取扱注意事項、簡単なメンテナンスまで、基本的な事をしっかりきっちり伝授します。

これは孫の自転車デビューを見守るお爺ちゃん、ではなく、ともやんに空気の入れ方を教わっているところ。

  
 
そしてやっぱり「組み上がったら乗って帰りたい!」と。
気持ちは分かるけど、家まで40kmぐらいはあるよね。
という事で、一緒に走る事に。
 

 
特にスポーツやってましたとかいうタイプではない彼女だけど、最初はちょっととまどったドロップハンドルにもすぐに慣れてしまって、普通に乗れてました。やだーこわーい♥なんてのは都市伝説なのかな。
長時間乗ってるとお尻はいたくなるけど、体重のかけかたを覚えればかなりましになるよ。
 

 
 
ものごころつく前か大学時代か定年後か、お気に入りの自転車と出会うまでの時間は人それぞれ。どんなタイミングでそれがやってくるか分からないけど、138億年前にビッグバンで宇宙が誕生するあたりから、やつらがやって来るまでの137.999…億年を一気になぞり、同時に、そのエンカウンターインパクト後の世界を強烈に想起させるこの壮大なバラードのように、自転車と出会う前後で、その世界(人や物や歴史や経験)がドラスティックに広がる事を願っています。かつて自分がそうだったように。
ちなみに、作曲はムッシュ(かまやつ)です。女子大生にとってはなんのこっちゃって話しかもしれませんが、兎にも角にも新しい世界へようこそ。 Ride safe & have fun !
 
SimWorks/Circles
もんじゃ

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント