古都奈良 輪行の旅

 
先日の木曜、絶好の自転車日和。日中の気温は14度まで上がり、空は快晴。
こんな日は遊ばなくては損だ。
 
 
この日は奈良の古道を巡るツアー。 アテンドは僕らのマスターヨーダのような存在ジンさん。 もうかれこれ5、6年は一緒にライドに行きたいと切望していたけど、タイミングが合わずで機会を逃していた。 三重の松坂をベースに様々な土地を遊び尽くしてきた自転車歴45年の大先輩。
 
奈良に行くのも僕自身10年ぶり?くらい。 自転車では初めてだ。
 
 
今回は輪行での旅。車で行くよりもずっと楽で、ワンマン電車で田舎風景を見ながら行くのも悪くない。 ちゃんと輪行する際のマナーを守れば誰でもできるし、オススメだ。 みんな基本はマウンテンバイク。 かといってずっとトレイルの中に入っているわけではなく、オンロードとオフロードの繰り返し。 気持ちの良いシングルトラックもあれば、民家を抜けたり、神社の脇を通ったり、東大寺を通ったりなど、奈良の古道を繋いでいく遊び。 まさにオールテラインという言葉がピッタリだった。
 

 
とにかく行く道を急ぐこともなければ、競うこともない。 疲れたら休むし、美味しいご飯はマストだ。 ちょっとしたバイクトラブルが起きても休憩といってみんなで助け合う。 道中数々出てくる無人売店ではお土産に野菜を買ったりなど、なんとものんびりとしたライド。
 

 
民家を抜けた先に突如出てくるトレイルの中に入っては気持ち良くすり抜けていく。 竹林を抜ける時は、光も綺麗に差し本当に綺麗だった。
 
 
古道を進むと、道中ではいくつもの石仏を見ることができた。
 

 
日本最古の神社と言われる「石上神社」にも寄りお参り。 あの聖徳太子もお墨付きのパワースポット。 鶏が30羽ほど放たれていて、アーリーバーズ店主としてはなんとも縁起の良い場所だ。 しっかりご利益をゲットしてきたつもり。
 

 
お昼はジンさんのオススメのお店で「にしんそば」を頂く。 値段も安いし、近くの山で採れた山菜も格別だった。 田舎のこういうお店に行けるのも、数々のライドを通して美味そうなお店を見分ける嗅覚が大事だと思う。
 

 
古都奈良だからこそできる日本の歴史や文化を感じれるとても面白いルートだった今回のライド。 何年もかけて通い、何度もルートを引き直し、自分たちだけのライドルートを作るっていう楽しみを、たった1日のライドではあったが強く感じ取ることができた。
 

 
また今度はジンさんにホームの松坂を案内してもらいたい。 今から待ち遠しい。
 
この日は、ブレーキ破損、パンク、ボトル忘れ、輪行袋破損など各自トラブルがあったが、それでもみんなで助け合い、笑いながらまた進んだ。 そんな仲間と行くライドの醍醐味を感じた1日。
 

 
さぁ、次の休みはどこ行く?
 
EarlyBirds ケイタ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です