SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

For All Dreamers…

 

 
 

ロサンゼルスから、とっておきが届いた!

 
 
カラッと乾燥したロサンゼルスの空気の中を、砂埃を巻き上げるようにダートを駆け抜ける。
 
 
朝、仕事の前に、もしくは日が落ちる前にさっさと仕事を切り上げて、市街地を一望できる峠のピークまでペダルを進める。 ハリウッドサインで有名なマウントリーもライドで気軽にアクセスできるし、オンロードライディングも楽しめれば、調子の良いダートはそこかしこにあり、少し足を伸ばせばトレイルだってある。 自由な発想で自転車と共に人生という名のライドを楽しんでいるサイクリストが沢山いる街。
 
 
そんなロサンゼルスに拠点を置くTeam Dream Bicycling Team / チームドリームバイシクリングチーム。その仕掛け人であるSean Talkington/ショーン・トーキントン(写真右)は若かりし頃にはLAの銘店 ORANGE20 (10年前LAの自転車乗りはナイスなバイクショップはここしかないと言っていたことを思い出す。 そして知る人ぞ知るユーロアジアともつながりが非常に深いお店だとしておきましょう。)で働いていた。
 
ちなみにロサンゼルスの現銘店Golden Saddle Cycley / ゴールデンサドルサイクリーのオーナーKyle Kelly / カイル・ケリー(写真左)とは元同僚の間柄。 ショーンは大の猫好き(facetimeをするといつも猫を抱きながら話するんだなー)、カイルはパーティー大好き野郎としっかり覚えておこうね。

そして何を隠そうこの二人がRingtail / リングテイルの張本人であり必殺仕掛人だということも。
 
 
シルバーレイク地区にお店を構えるゴールデンサドルサイクリーは、昨年SimWokrs USAのポップアップショップを開催したのも記憶に新しい。 そのセレクションや素晴らしいアッセンブルバイクの数々からはいつも学ぶこと多し。 独自の視点でシムワークス製品を上手に使ってくれているロサンゼルスを代表するバイクショップといっても過言ありません。
 


   
そのゴールデンサドルサイクリーから10kmほど離れたパサデナという街にあるのが、The Cub House / カブハウスという、チームドリームとリングテイルのヘッドクォーター兼フラッグシップショップ。 もちろんここではチームドリームやリングテイルのアイテムが所狭しとディスプレイされているのだが、それ以外にも7meshやThe Athletic、そしてSwrveやStrawfootなどショーンが世界中から良いと思ったアイテムを引っ張ってきているのも面白いお店。
 
 

そしてインスタをちょっと探ってみるとそのアカウント名は #itsnotabikeshop
 

 

彼は自分たちのことをそう言ってしまう。

 
 
もちろんロサンゼルスといえば忘れてはいけないThe Radavist / ラダビスト でお馴染みJohn Watson / ジョン・ワトソンもいて、もっと話すと彼はゴールデンサドルの裏の家に住んでいて、毎日クールな自転車とヒトを撮りまくっているわけで、とにかく彼らは自転車同様チェーンで繋がっているんじゃないかっていうくらいの強い絆を感じる。 彼らやロサンゼルスのバイシクルコミュニティにはとても刺激をもらっているんだけども、だけども名古屋も絶対に負けてないって思ってるんですよ。ぼくたちは。
 

 
だからこれが実現したんだなって思っている。

 

 

【Team Dream Bicyling Team】 Dreamer Jersey ¥20,000(税抜)

 
 
ご購入はこちら

 
サークルズ10周年という節目に、我々のコーポレートカラーである赤と緑を使ってチームドリーム的解釈をデザインに落とし込んだ、#TeamDreamSunsetChasingTeamの日出ずる国バージョンなドリーマー・ジャージ。
 
ショーンと親交の深いロサンゼルスのENDO CUSTOMS/エンドカスタムにより製作される良質なボディは、優れたフィット感と快適な着心地を約束。 完全数量限定のジャージは、既に国内のみならずアメリカからのお問合せも多いのでお早めに!

 
 

 For Another Dreamers…

 
自転車に乗っていると自らの世界が広がると同時に、様々な人と繋がる事で国境を越え世界はより身近に感じる事ができることは、自転車に乗っていて個人的に面白いなと思えるポイント。 誰かと繋がると、また誰かと繋がり、そうやって少しずつ輪を広げていったのがサークルズ。 去年末に10周年を迎えたのですが、私たちの記念すべき節目に様々な仲間がたくさんの協力してくれました。
 

 
【Circles Original】 10th Anniv Bandanna ¥2,000(税抜)

 
ご購入はこちら

 
かつてはシシップのもとでデザインの仕事をし、現在もクリスキングのデザインや、PBSのTシャツのスクリーニング、はたまたこれから展開が始まるであろうシムワークスのあれこれなども手掛けるなど、多彩な才能を持つポートランドのシルクスクリーン職人 マイク・オーハン。 西海岸のフレームビルダーらとの親交が深まって行く中で、また同じくサイクリストである彼と出会い、デザインからシルクスクリーンにいたるまで完全監修してくれてできたのがこれ。
 
1つ1つハンドプリントで刷られたバンダナは、同じくポートランドのmachineapparelというアトリエにて縫製。
日々の生活で使うものだからこそ、誰がどこでどうやって作っているかっていうのが想像できるものはやっぱり長く使っていきたい。
  
 
その思いは決して日常品のみならず、日常を豊かにするための道具であり、またファンツールでもある自転車という乗り物においても同じくして、賢く、健全に、そして正しく、何より無駄のないように楽しんでほしい。
 

その目的を果たすために、必要であれば自分達で作れるものは作る、また自分達の身の回りでものづくりを完結させるという考え方は、アメリカのクリスキング社から本当に多くの事を教わりました。
 

【Chris King】NoThreadSet Head Set Circles 10thAnniv Edition 1-1/8″ ¥19,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
  
自転車部品製造の最先端を常にリードするメーカーであり、良いものをより長く使い切って行く事を前提に、部品の性能はもちろん、実際に製品が使用される自転車コミュニティーの構築協力や、社会と従業員への環境保護に至るまであらゆる分野で常に意思を持ち、創造を続けている。 40年という彼らの長い歴史の歩みには、我々はまだ遠く及ばないのですが、我々の記念すべき10周年にあわせて特別なヘッドセットを製作してくれました。
 
人はその熱量によって他の人達を巻き込むことができるのです。サークルズという不思議な共同体は、そうやって人が人と繋がってどんどんと大きな輪をかけていくことを想像して生まれたのですからね!
 
長くなりましたが引き続きみなさまのサポートに心より感謝して、これからも邁進していくことをチームを代表しここに綴っておきます。