Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

KEEP “NAGOYA” WEIRD!!

 
やっとこさ本当に春がやって来ましたね!
ウキウキが止まらないスタッフたちは意気揚々と走り回っているみたいですよ。
 
トモダさんとシガくんは多度山のトレランイベントに。
  

   
ジャスさんはSHIN・服部製作所のATBでトレイルライドに。
  

 
シゲさんは下ろしたてのクオックのシューズで、Bike To 山からの喫茶店。
  

  
そして、ウノちゃんはビアバイクを持ち出して、何やら面白いことを企んでいるみたいですよ。
  

  
みんながウキウキ走り出す春は、ここ名古屋だけでなくマコトさんがいるポートランドにもやってきているようです。
  

  
国際バラ試験庭園がありバラの街と呼ばれてもいるポートランドですが、実は桜も、並木通りがあるほど多く見ることが出来るみたいです。
  

  
また、桜だけでなく街の樹木には立派な古木も植わっており、「自分の家の前にある樹木でも勝手に切ってはいけない」といった少しおかしなポートランドルールがあるみたいです。 あのフクロウの形をした、ちょっとおかしなボトルケージを作っているPDWもポートランドのブランドでしたね。
  
言ってしまえば、歩かずとも移動できる自動車や電車が存在するのに、わざわざ自転車をライフスタイルに取り入れている我々も皆さんも少しおかしいかも…(褒め言葉!
 
そしていつも美味しいコッペパンや焼菓子、コーヒーを作り出しているPine Fields Market/パインフィールズマーケットのスタッフたちも時にはおかしくなり、自転車で京都に行っていたようです。
  

    
でも自転車で走っていなかったら気付かなかった、今ではお気に入りのショップや風景があったりしませんか? ローカルなことにピントを合わせて、自分から色んなコトをサーチしていく楽しさは格別ですよね。 そんなことを思わせてくれたのは、ポートランドのモットー「Keep Portland Weird(いつまでもポートランドは”おかしい”ままでいようぜ!)」という言葉。
 
やはり、おかしいは楽しいんです!
 
そしてちょうど、ポートランドにも負けない名古屋のおかしくて楽しい人たちが集まるイベントが開催されるみたいですよ。
   

  
ポートランドリビングとは、ポートランドで一年を通して開催されているファーマーズマーケットを、名古屋にローカライズしたイベント。 野菜やフルーツ、珈琲などを生産者の方が自ら販売しているため、こだわりや美味しい食べ方、もしかしたら秘密なお話まで聞けちゃうかもしれません。 もちろん、我らがパインフィールズマーケットも出店。 小耳に挟んだのですが、ポートランドリビング限定のコッペパンが食べられるそうですよ。  
 
となれば、黙っちゃいないのが僕ら。 せっかくなので、自転車でポートランド(リビング)に行っちゃいましょう!
  

Bike To Portland Living

 

【日程】 4/15(土)
【集合】 8:45 at Pine Fields Market前
【出発】 9:00
【現地到着予定】 10:00 現地解散

【持ち物】 ヘルメット、グローブ、マーケットで買ったものを持ち帰る手段(重要!!)

  
名古屋の隠れ名所に寄り道しつつ、約1時間のアーバンライドで丁度よくお腹を空かせましょう! 気張らない緩い格好でも大丈夫ですよ。 もちろんその後離脱して遠くへという方も大歓迎です。おかしな名古屋で、おかしいポートランドの春を楽しみませんか?