SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

伊豆を巡る2日間 / Ridin’ Birds “Flyinghill”

 
私が初めて伊豆に訪れたのは、2015年の年末、伊豆合宿の時のこと。
 
名古屋で狂乱の忘年会を終えてから夜通し新東名を走らせ、翌朝から早速伊豆深くの山中を散策、丸1日ひたすら走って疲れも眠気もピークになって来た時にちょうど西伊豆で目の当たりにしたサンセットに完全にノックアウトを食らったことは今でも忘れません。
 
高速道路や、鉄道といった交通の幹線から離れており容易にアクセスできないだけに、日常から少し離れて楽しむことのできる土地である伊豆、海と山に囲まれ、走るところはたらふくあり、海の幸や温泉、どれをとってもパーフェクトなこの地に、すっかり虜になってしまいました。
 
そのキッカケを作ってくれたのは、シムワークスのもんじゃ氏、東京に住んでいた頃に週末になれば伊豆へ自転車を持っていき走り回っていた彼が、伊豆で遊ぶということの延長として、みんなとライドを楽しみたいと企画したRidin’Birds Passhunting “FLYING HILL”
  

FLYING HILL from Ryota Kemmochi on Vimeo.

 
先人たちが楽しんでいたパスハンティングという行為は、まさに自転車を使った冒険であり、
ライディンバーズはそんな先人たちの遊び方に学び、私たちが住む日本の土地を知るために、私たちの手法をもって走ってみようと始めた僕らが考える遊びを形にしたもの。
 
 
3年前に開催したライディンバーズの伊豆特別編が今年再び実現します。
 
前回開催したフライングヒルに参加された方々が、それぞれの自転車の楽しみ方というものと向き合って、より力強い自転力を身につけていらっしゃったり、特に前回は女性ライダーの参加も多く、ここでの出会いをキッカケに彼女たちで率先してライドを企てたり、体験を共有するという広がりが見られました。
 
自転車に乗り始めたけど、ハードなライドはしたことないし、ロングライドはしたことがないと言う方にとって、良い体験ができるライドだと思いますし、レースやハードなツーリングをバリバリ走って来た人にとっては、今までとは少し違ったツーリングという走り方の面白さを再発見する機会になると思います。
 
サークルズからは私が参加し、みなさんと一緒に伊豆という土地を満喫したいと思います。 名古屋から伊豆までは車でも4時間はかかり、電車で乗り継いで行くのも骨が折れるのですが、今回名古屋から相乗りでのツアーも計画しておりますので、是非ご検討ください。 フライングヒルにつきましてもまだ若干名のエントリー枠をご用意しております。
 
もちろんライドだけでなく、アフターライドの温泉やレンビレッジでのキャンプ、アーリーバーズ & パインフィールズ チームや地元の名店の協力による充実の食事も全てひっくるめて楽しむのが楽シムワークス流の伊豆での遊び方。
 
一緒に伊豆を走りましょう!
 

サークルズ発 ライディンバーズバスツアー

9月23日(土) AM5:00サークルズ出発

ツアー代:相乗りにつき割勘にて。

定員:先着9名とさせていただきます。

お申し込みはこちらから。


 

RidinBirdsのイベントページはこちら

http://sim-works.com/rbph17
 
ライド詳細については下記をご覧ください。
 


 

ライドルートについて

グループライドではなく、決められた時間内にルートを走りきっていただくフリーライド形式です。もちろんサポートもありますので、道や走力で不安な方はスタッフと一緒に走りましょう。1人での参加も結構ありましたが、楽しく走れますよ。

DAY1は舗装路のルートとなります。(DAY1のダートルートは危険なため無くなりました。)また、DAY1はYAMABUSHI TRAIL TOURのMTBライドツアーを選択する事も可能です。
DAY2はダートコースを選択可能です。当日の出発時にグループで分かれます。申し込み等は不要です。
 
 

DAY 1 

ロードルート – 70km/1500mUP
火山島として日本ジオパークにも登録されている伊豆のダイナミックな地形を巡るルートです。全て舗装路となります。
 
MTBトレイルツアー(別料金/別集合)
西伊豆の古い山道を復興整備しつつMTBツアーを開催しているYAMABUSHI TRAIL TOURに参加します。DAY1はMTB(KONAのレンタルMTB有ります)、DAY2はロードというプランも可能です。(ツアーは最少催行人数5名)
 
ツアーの詳細はこちら。
http://www.yamabushi-trail-tour.com/
 
シムワークスも2度ほど参加しているツアーですが、古道を過剰にまで整備し尽くす感じではなく、いつもの裏山的に程よく走りやすいトレイル感がとても良いのです。
 
このツアーに参加する場合は、下田集合ではなく松崎町集合となります。移動などのプランについては、個別に対応いたしますので、ぜひご相談下さいませ。
 

 

DAY 2 

ロードルート 75km/1600mUP
西伊豆をスタートし沼津へ向かう山岳ステージ。絶景ですがちょっと大変なヒルクライムです。沼津の美味しい海の幸とビールを目指して。
 
ダートルート 80km/2000mUP
ロードルートの一部を10km以上続くダートの林道に置換えたルートです。普通の道ではもの足りない人の為に。スリックのタイヤでもクリアできますが、落石とパンクに注意が必要です。
 
*ルートは変更になる可能性があります。
 
 

 

伊豆へのアクセスと前泊

 
交通の幹線から遠く、アクセスの悪い南伊豆。 簡単には行けないからこそのその魅力なのですが、スタートとゴールの場所が違うこのイベントは、アクセスもひと工夫が必要です。
 

電車でのアクセス

最もベーシックな方法です。海岸線を走る伊豆急鉄道の景色は素晴らしいですが、東京からの場合、朝5時台の始発に乗る必要があります。
 

車でのアクセス

ゴール地点の沼津港付近に駐車し、輪行で下田までアクセスする事をオススメします。(下田に停めてライド後の当日に戻るのは難しいです。)
 

自転車のアクセス

修善寺方面から南下して2-3時間かけて天城峠を越える必要があり、かなり大変です。
 

前泊

可能であれば前泊or後泊する事をオススメします。熱海のゲストハウスなどに前泊して、朝イチで伊豆急で輪行というのが最もオススメです。前日に下田まで来られる場合は、私達が伊豆で遊ぶ時によく利用しているゲストハウスを1泊1500円〜(ドミトリー)でご案内できます。美味しいゴハンや素晴らしい温泉なんかもありますよ。 ご希望の方はこちらもお問合せ下さい。
 
 

 

キャンプ/食事について

 
宿泊予定のREN VILLAGEは1日1組限定のプライベートキャンプ場です。リピーターが多く、年間を通して予約が難しいほど人気の場所です。 伊豆は9月でも充分に暑く、海に入って泳いだり魚を獲ったりできるでしょう。
 

キャンプ道具について

テントや食器などの基本的な装備はこちらで用意しています。寝袋や着替え,遊び道具など個人的な道具のみご持参下さい。荷物は集合時にお預かりし、車でキャンプ場に運びますので、いわゆるバイクパッキング的な装備は不要です。詳しい持ち物は参加者向けに別途ご案内いたします。
 

食事について

シムワークスの美味しい食事に対する情熱はこのイベントでも変わりません。EARLY BIRDS BREAKFASTの大平恵太とPFMチーム、また地元西伊豆のお店の協力を得て、スペシャルフードを提供します。
 
・DAY 1 補給食
・DAY 1 ランチ
・DAY 1 ディナー
・DAY 2 朝食
・DAY 2 補給食
 
以上の内容がエントリー料金に含まれます。
 
*DAY 2ゴール後の食事は沼津の名店をご案内しますが、参加は自費/任意となります。

 

エントリーチケット購入はこちら

http://ticket.circles-jp.com/products/detail.php?product_id=11
※銀行振込/サークルズ店頭お支払も承りますので、フォームからご連絡下さい。
 

RidinBirdsのイベントページはこちら

http://sim-works.com/rbph17