SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

第2回フルユウカップを走って思ったこと。

 

ヘッドライトにトレランシューズを履いた面々。先週末に市内のトレイルで行われた5時間耐久トレイルラン、第2回フルユウカップのスタート前の光景です。
 
転勤により名古屋を離れる事になったランニング仲間の名を冠したこのレースは、1周約5kmのトレイルを5時間耐久で走った距離を競う草レース。

なぜ皆がヘッドライトをしているのかと言いますと、スタートが深夜0時だから。何もそんな時間に走らなくてもと思われる方もいらっしゃるでしょうが、その時間にスタートということが非日常感を演出しこれだけのランナーが集まったのだと思います。
 
8の字を描くコースの交差をする所にエイド兼計測地点が設置してあり、エイドを出た時点のタイムが計測されるルール。第2回だけあってエントリーシートのクオリティーが上がってる。。。
 
 
最初の1周はコースのおさらいを兼ねて皆でパレードラン、2周目からが勝負とあいなった今回のレース。
 
第1回では2位という結果だった僕も、2周目に入った途端に上がったペースについていけず4周目あたりから4位でのひとり旅。
 
 
トレイルに入ると真っ暗なので、写真はロード区間のものです。明るいロード区間に入ったら直ぐさまヘッドライトを消して、後続ランナーに距離を計られないよう画策していたのはここだけの話。写真はカメラを向けられたからヘッドライト付けたところです。。。
 
エイドには各々の補給食と皆でシェアする物を持ち寄るスタイル。半周ごとに休憩する者、ドリンクを口に含んだだけでリスタートする者。写真は前者と、差し入れのおでんを頬張っているところですね。
 

 
今回9周半の約45kmを走った勝者の足元に注目!ワラーチ(サンダル)です。しかも自作なのだとか。
 
走るスタンスは人それぞれで、僕の足元にはいつものALTRA SUPERIOR(アルトラ/スペリオール)。軽さとグリップを兼ね備えたこのシューズが、疲労が溜まって来たレース後半の下りを安心して走らせてくれました。ありがとう!ALTRA SUPERIOR!
 
残り2時間ともなると皆の顔に疲れの色が。でも皆楽しそう。
 

  
結果はというと前回の7周半の2位に対し、半周多い8周走ったのに4位でした。今回の参加者が前回より多い17人だったとはいえレベルが上がったレースになりました。されど草レース、終始雰囲気の良い5時間だったと思います。
 
第3回があったら、また必ず参加します。正直しんどいし、足は痛くなるし、攣るし、腕も疲れてくる。って書くと、辛いだけやん!て思われるかもしれません。でも、エイドに帰って来た時に応援の言葉をもらう時、エイドからアウトする時の再び気が引き締まった瞬間、ヘッドライトの光だけで足の痛みに耐えながら一歩一歩前に進んでいる時。いまオレカッコいいんじゃね、って思うわけですよ。
 
いや、みんなかっこよかった。真っ暗なトレイルを前にも後ろにも辛さに耐えながら走ってる仲間がいるって思うと、順位を競うレースなんだけど、フルユウカップというイベントをそこにいた全員で作ってたんだなって、このブログを書きながら思った次第です。
 
 
楽しかった!参加者の皆さん、計測してくれた2人、差し入れを持って応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました。また気持ちの良い朝を皆で迎えたい!
 

Photo by カントクmonja ありがとう!