The Radavist
SUNDAY SPICE
喫茶hiraya
Yoshi47
チャリ研
WellDone
覚王山ラーダー
デイジーメッセンジャー
ADs by Circles

ニューモデルのディティールの真相!
SMITH POPUPは明日が最終日です!

 
 

ご好評いただいているSMITH OPTICS / POPUP SHOPも明日が最終日となりました。

 
 
 
皆さん注目されていたのもあってか、ご予約も多くいただいており、特に落ち着いたカラーで合わせやすい Matte Gravy、そして独特なカラーリングの Matte Dust Rose や Matte Acid Burst というカラーが特に好評です。
  
今日は、告知の際には言及しなかった、アイウェアブランドならではのサングラスの格納方法についてご紹介。
 
上の写真は、OVERTAKEにSMITHのPIVLOCK ARENAを格納。

 
フラッグシップモデルである OVERTAKE / オーバーテイク・FOREFRONT / フォアフロントでは、テンプルがちょうどはまるような形に収まっており、それはとても秀逸なディテールで、私自身もライド中に格納することがありますが、例えば悪路を走ったりして頭の位置が上下に動いたりすると、何かの拍子に外れてしまうかもという心配も正直なところあり、長い峠をジワジワとシッティングで登るときや、休憩でサドルから降りたりするような場合に格納して使っていました。
 
NETWORKにSMITHのATTACKを格納。

 
しかし、今回のモデルではヘルメットのアールに沿って収まり、テンプルがちょうどはまるような形になる隙間があるので、今まで同様にヘルメットとの一体感を持ちながらも、より確実に固定され、ライド中にサングラスを外したいシチュエーションでも安心して収めておけます。 アイウェアとヘルメットの融合という点にも強いこだわるが見えるスミスらしいディテールです。
 
 
基本的には自社のサングラスがフィットするように作られているのですが、ひょっとしたらお使いのアイウェアがうまく収まる場合もありますので、気になる方は是非サングラスをご持参の上ご試着に来てみてはいかがでしょうか? もちろんSMITHのアイウェアもいくつか取り揃えています。 明日で最終日となりますが、是非お立ち寄りくださいね!
 

Share

記事シェアする

at Random

関連する話題

TAG
COMMENT

コメント