Circles
CIRCLES INFO
Circles
Posted by

Cielo by Chris King

過去の日記よりですが、

Cielo by ChrisKingの価格の設定見直しをいたしましたので、

今一度の再投稿です。

Chris King Precision Components

アメリカ屈指の高品質を誇るバイクコンポーネント会社。

誰しもが憧れる高精度密封ベアリングを搭載するヘッドパーツ、ハブを主に製造する。

彼がカリフォルニア、サンタバーバラに小さな工房を持ち、
自転車のフレームを作っていた過去が有る事を知る人間は少ない。

近年の自転車という道具の広がり方、
理解のされ方(アメリカやヨーロッパにおける)を理解した彼は、
自分自身への新しいチャレンジであり、
自信へのオマージュを一つの方法に見いだした。

それは新しくかつ過去に遡るとっておきの方法。

自信の原点であるフレーム製作を再度開始することとなった。
(近親の人たちのみに製造していた事実はもちろん有る。)






Cielo by Chris King
MTB frame with Inset HeadSet
29 x 2.3 Tire Clearance and Paragon Machine Works sliding dropouts
that riding this frame geared or singlespeed.

¥199500








Cielo by Chris King
Sportif Frame & Fork with HeadSet
Classically Modern Road Bike
medium reach (57mm) caliper brakes and
can accommodate comfortable width tires and fenders

¥231000

Also CycloCross Frame coming soon.


Cielo Colors

現在Cieloの納期は8週間を刻んでおります。(Sportif & 29er)

CXのみ現在遅れております。 およそ12週間の見込みです。

なるべく多くの人にKingクオリティーを届ける為に生産の効率性を高め仕事しています。

現在店頭にて試乗車もご用意しておりますのでお気軽に

スタッフまでお尋ねください
★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで
Circles
Posted by
Circles
Posted by

BS ANCHOR

BRIDGESTONE(BS)
皆さんご存知の日本が誇る世界のブランドです。
車のタイヤや、ママチャリなどは、おそらく誰もが一度は、
御覧になったり、乗ったことがあるとおもいます。
そんなBRIDGESTONEが、スポーツバイクを本格的に
開発に取り掛かったのが90年代半ば頃。
『BRIDGRTONE ANCHOR』の歴史の始まりです。
ANCHORブランドが発表された当時、
日本では、海外メーカーの自転車に夢中でした。
当時勤めていた自転車屋でも舶来物中心とした
自転車が幅をきかせていたと記憶してます。
そんな中Team ANCHORが発足し、
Road. MTB Cross Country. DH. Cyclo Cross.
全てのカテゴリーでTeamを所有し、
国内最強といわれ、知名度も上がりました。
ANCHOR不変のテーマ『人(選手)を知ること』
バイクを走らせているのは、人であります。
どんな高性能なバイクも、乗り手にマッチングしてないと
性能は発揮されません。
ANCHORは、ライダーからの要望や、
ライダーの感覚などの曖昧な解釈を数値にして、分析し、
乗り手の力を最大限に引き出すことを目指し、
いまなお、開発は続いてます。
それは、フレームサイズはもとより、
パーツアッセンブルの選択(ステム長、ハンドル幅、差額にてホイールなど)
そして、カラーチョイスまでできる(全てではありませんが)
に反映されているとおもいます。
それができるのも国内メーカーならではないでしょうか。
近年は、自転車のニーズの多様化から、
今まで、Race色が強いANCHORからも、
『Sports Utility』というカテゴリーが生まれ、
気楽に、楽しく乗る自転車もリリースされるようになりました。

BS ANCHOR C5 (Green/49cm) ¥69800

BS ANCHOR C5 (White/46cm) ¥69800


泥ヨケも取り付け十分なクリアランスを確保し、
もっと太いタイヤが取り付けれそうです。(700x32c)が付いてます。
細身のクロモリフレームで32cの少し太めのタイヤで、
Looksも素敵です。
季節は冬です。
こんな時期に自転車なんて・・・・
と思っている方も多いことでしょう。
夏は諦めてください(笑)
そして、おもいっきり汗をかいて走ってください。
どうにもなりません。
冬はというと・・・・
それは、こんどのウエアの紹介でわかります。
きっと、冬でも乗りたくなるはずですから。
==SAL==

Circles
Posted by
Circles
Posted by

HED. Belgium Series C2

今日は、カーボンリム・バトンホイールでお馴染みHED.の、

クールなアルミリムをご紹介。
 

HED.  Belgium series C2 (700C 32H black) ¥14590
width:23mm
depth:24mm

リム幅23mmと一般的なロードリムに比べて太めになっており、

シクロにお勧めなリムです。

DT RR465と比べると、、、

こんな感じです。(ちなみにDT RR465のリム幅は19.5mm)

アイレットはありませんが、リム幅が太いので、

剛性、重量のバランスがとれたリムです。

何よりかっこいいですしね。

そして、それにピッタリなタイヤも重ねてご紹介。


challenge GRIFO 700-32C WHT/BK ¥7800

以前のブログでご紹介した色違いになります。

先日の野辺山CXでは、我らがマコト氏がchallenge GRIFOを

使用して、シングルクラスで2位になりましたが、

国内で、challengeのtireでのポディウム登壇はお初だったそう。

この白タイヤを泥まみれに汚して走りましょう。

webshopにも、paulのカンチブレーキ等アップしております。

webshopはこちらからどうぞ。

shige

★この商品についてのお問合せはshop@circles-jp.comまで

Circles
Posted by
Circles
Posted by

Don't miss it!

 
皆さん。
今週末ですよ!
自転車好きの人々が、自転車の楽しみを伝える
名古屋で唯一のチャリ(名古屋的にいうとケッタ)イヴェント
『名古屋チャリフェス』
今回も矢場町交差点若宮広場で開催されます。
我々Circlesも今回もお手伝いをさせていただきます!
会場周りでは、フリーマーケット、飲食の出店などありますので、
お時間のある方、ぜひご来場ください。
なお、自転車で来場されると、何かもらえるみたいですよ。
晴れるといいなー。

Circles
Posted by
Circles
Posted by

CRC練習会

 

というわけで、CRC(circles racing club)練習会を定期的に開催します。
circles1Fラウンジの黒板にてアナウンスしておりますので、
ご来店の際にご確認下さい。
朝はちと早いですが、みなさまのご参加お待ちしております。
一人でトレーニングするより、大勢いた方が色んな刺激がありますしね。
shige
Circles
Posted by
Circles
Posted by

日曜日の午後は


明日もオープンします。CharRie’s
先週末は野辺山シクロクロスに出店。
おかげさまで、たくさんの人に飲んでもらえました。

明日も、こんな感じで、皆様のお越しをお待ちしてますワ。

Circles
Posted by
Circles
Posted by

お世話になったあの方へ

いよいよ明日です!
最終戦まで持込めるか、
我が、中日ドラゴンズ。
もうひとつのPRO Team 名古屋グランパスも、
初優勝に向け、着々と勝ち点を積み重ね、
中日、グランパスのダブル優勝で、
両チーム揃ってパレードをしてもらいたい!
名古屋生まれ、名古屋育ちの私は切におもいます。
さて、今年も残すところあと僅か、
デパートやスーパーなどお歳暮商戦真っ只中。
いままで、チャリ屋には関係ないかなと思ってたんですが、
以前に比べ自転車乗る方も増えましたし、
自転車屋としても何かできないか。
「自転車乗りが貰ってうれしい物」
ビールやサラダ油の代わりに、
お世話になった自転車好きのあの方へ、
ケミカル用品などいかがでしょうか?
「今年の汚れは、今年中に落とす。」
というメッセージをこめて、お渡しすると、
受け取った方も喜ばれるのではないでしょうか。
Circlesも負けじと、お歳暮商戦参戦です(笑)

「そういえば、あの方、最近自転車始めたんだよなー」な、あの方には、
このCirclesスターターKitなどどうでしょうか?
やはり、チカラを伝達するChainに油が注さないと、きしみ音がでて、
ペダルの漕ぎが重いです。
まず、写真左の缶のパーツクリーナーで、Chainの汚れを落とし、
写真真ん中のどっかで見たことあるような(特に女性の方)
No 5 Chain-LをChainに注して、汚れた手を、
写真上のハンドクリーナーで、きれいにします。
(家庭用の洗剤よりきれいに汚れを落とせます。)
写真右のタイヤレバーはチャリ乗りに欠かせないものなので、
付けました。(色もきれいですし)

そして、「そういえば、あの方は、知り合う前から自転車好きで、
自転車いじくってたなー」
な、あの方には、上記のものに付け加え、写真真ん中の
Quick Wax(フレームの水アカを取り、撥水効果があり、
新車時の光沢がよみがえります)
と、写真右上のPhil Water Proof Grease(ハブ、BB,
シートチューブの中に付着するもの)
駆動系、金属が摩擦する箇所(ボルト類)に最適な、
RESPO Ti Spray(粘度があり流れにくく、ゴム、樹脂を劣化させない)
の組み合わせはどうでしょうか?

最後に、「あの方は、レースなどにも積極的で、自転車も基本自分で直す人だったなー」
な、あの方には、
PEDORO’S Pro Brush KitとGreen Fizzを加えたパーフェクトな
組み合わせなど、おそらく泣いて喜ぶことでしょう!
こちらの、Green Fizzは汚れた自転車に直接吹きつけ、
水を少し足してあわ立て、Brush Kitで汚れをおとし、
最後に水で流してください。
暮れーの元気なご挨拶♪
どうですか、Circles ケミカルお歳暮。
どこに、どういったケミカルを使えば解らない方、
ぜひご相談を!
丁寧に、的確にお答えいたします。
なお、Circlesでは、地方発送はいたしておりません(笑) 

Circles
Posted by
Circles
Posted by

 たとえばこんな話。
世界中の道から、アスファルトが剥がされてみんな畔道になる。
主要幹線道路も高速も全部土。
晴れた日には、砂埃が舞い。
雨の日は、田んぼの様に泥まみれ。

会社に向かう人々は、革靴じゃなくゴム長靴。
女性のハイヒールは、オシャレでなく実用的なスパイクとなる。
そんな世界。
アスファルトが無いから、ヒートアイランド現象も起きなくて。
資源の節約もできて、温暖化も防げる。
ドロドロで、車なんか進まないから、みんな徒歩か自転車。
石油燃料も節約できて、二酸化炭素も減る。
オゾン層も復活して、万々歳。
そんな毎日が、cyclocross。
そんな世界。
僕は、大歓迎。
でも、みんなは、嫌がるのかな?
干した布団が、砂まみれ。
洗濯ものは、まっちゃっちゃ。
雨が降ろうものなら、そこらじゅうで泥まみれ。



喜ぶのは、子どもとごく一部の変わり者(僕を含む)だけか?
ホントに?


ホントにホントに?



ホントにホントにホントに?
嫌なの?
みんなこんな笑顔なのに。
全員、泥まみれで、チャリ担いで足で走ってるのに笑顔だよ。
それでも嫌?
まあ、嫌か。
泥まみれで仕事するのも、疲れた帰り道でなお自転車を担ぐのも。
でもさ、ちょっと憧れる?
毎日は、無理だから非日常の1日にレッツゴー。
車に乗って4時間弱。
信州野辺山。
シクロクロスのシリーズ戦&日本初のシングルスピード選手権。
燃えた。
久しぶりに燃えた。
二年ぶりのレースだし、ドロドロ寒寒だし。
いや~~楽しかった。
まあ、先の笑顔を見れば説明は、不要だね?
みんなレースって言うと、かまえちゃうでしょ?
「自分なんか遅いし。」とか「レースなんか出たことないし。」とかさ。
でも、最初はみんな遅いし、最初は始めてなんですよ。
だけど、一歩踏み出しちゃえば、後は、極楽が待ってます。
レース中は、地獄だけどね。
それに日本最高の選手たちの走りが間近で見れるのもいいところ。
真剣勝負のトッププロの走りは、異次元ですよ。

僕らが担ぐところも踏んじゃうし。

走ってるスピードも段違い。

バシッと決まるジャージもカッコいい。
いま、こんなレベルの高いところで走れないって思った?
無問題。
レースは、レベルによって走る距離も時間もクラス分けされるので、いつでも始められます。
こんな、仮装部門?もあるしね、お笑いに走ってもOK!

アラサー三児の父

本物のカボチャが頭上に乗ってます。
で、それぞれのクラスで力を出し切れば、ほら、

おめでとうございます、表彰台。
ここからの見晴らしは、最高だよきっと。
そろそろ、みんなウズウズしてきた?
それともまだ、「レースは、ちょっと。」とかって思ってる?
大丈夫、そんなみんなの為に、世界最高の草レースやりますよ。
期待して待ってってね。
いや~でも、最初にした「たとえばの話」何とかなんないかな~。
はっ、「もしもボックス」(ドラえもんより)があれば・・・・
だれか電話して。
makoto

special thanks
photo by INOUE&KATOSHIN

Circles
Posted by
Circles
Posted by

より...

 より速く、より遠く、より快適に..よりよりより…
と、いろいろ突き詰めていくと、けっきょく行き着くところはジャージやレーパンなのかもしれません。


でも、自転車の乗り方は人それぞれで、そこまで突き詰めず、そういったものなんかよりも、気軽に、ちょっとそこまで行って、お茶でもして、またフラっとしてご飯でも食べて、なんてこともできてなおかつ自転車に乗りやすい、そんなwearもいろんなものがあります。
もちろんcirclesには盛りだくさんなんですが…
最近そういったものを着いる人の中でも、より走りやすいものを、でもジャージはちょっと、とか、逆に自転車乗るときは基本的にジャージしか着てなかったけど少しだけカジュアルよりなもの、でも機能性は抜群なものを、って声がちらほら聞こえたり聞こえなかったり。
で、意外にそういったものを探すと、なかなかこれって物が見つからなかったりするんですよね。
なので、そんなのなにかないかな~と悩んでいる人に、もちろんそうじゃない人にもお勧めのアイテムをご紹介!

LT-V012  ¥21000
color:blk
ライクラタフタ、nylon90%polyurethane10%の2wayストレッチ、伸縮性抜群の生地でできていてストレスのない軽~い着心地です。
シルエットも、風の影響を受けにくいようにかなり細身の仕上がりになってます。
普段ccpのアイテムはSサイズできる僕がMサイズ着てもなんの問題なく着れてしまうほど。
もちろんSサイズを着てもタイトできれいなかんじに収まります。
なので、一概にそうとは言えないんですが、サイズ選びで悩んでしまう人も多いかも。
カジュアルよりで着たいのであれば普段よりワンサイズ上を、逆にサイクリングジャージに近いかたちで着たいのであれば普段通りにサイズを選ぶといいかも。

後ろから見るとこんなかんじ。
はじめの写真だとパッとみ、フードの無いスタンドカラーのように見えちゃうかもしれませんが、実はこっそりフードがついています。

この状態だと首もともすっきり、暑くなってZIPを開けたときにも風が入ってきやすく気持ちいい!
で、実はこのフードが曲者で、いや、優れ者で…
かぶってみると…

ccpの超人気アイテム忍者パーカーに似たかんじになるんですが、あっちは完璧に一体型。


口元の部分はマスクのように生地がきりかえしてあります。

見づらいんですが、ちゃんと鼻の部分には穴が開いていて息がしやすくなってます。



横からの図


そしてフードを別な脱ぎ方をしてみると


ネックウォーマーをしているようなかんじになります。

フードかぶるまではいかないけれど、ちょっと寒いなぁと思う時はこんな風にしておくのもいいですよ!





リブの指貫きも小振りにしてあるのでこの上からグローブをするのも容易です。
よく考えてくれてます!
実際、通勤とかちょっと距離走るときとか、最近よく着てるんですがホント使い勝手抜群です!
着ないときでも、かなりコンパクトになるのでカバンの中にいれておいても邪魔になんないですよね。
ゆるめのサイズだとかるいアウター代わりにもなるのでこれからの季節でもガンガン着れちゃいますよ!
こういったアイテムは最近2階に移動していっているので今まで2階に上がったことない人もこれを機にのぞいてみてください。
                         yanakku


Circles
Posted by
Circles
Posted by

FSCX開催決定!


野辺山シクロクロスも終了し、
参加された方は、ドロにまみれながら楽しまれたことでしょう。
我がTeam CRC(Circles Racing Club)のマコトも
シングルシクロの部で2位と頑張りました!!(後日レポートします)
さて、まだか、まだかと開催を心待ちにされている、
あの、『FSCX』が、シクロクロスシーズン到来と共に
開催が決定しました。
ところでみなさん、『FSCX』ってご存知?
FSCXとは、(Free Style Cyclo Cross)の略で、
FreeStyleな訳ですので自転車の車種は問わない
オープンなCyclo Cross Raceです。
今回で4回目の『FSCX』
そこで、過去3回の様子を御覧ください。
FSCX Vol.1

FSCX Vol.2

FSCX Vol.3

どうです?盛り上がってきたでしょ?
さあ、どんなコースレイアウトにしようかなー。
また、ドロまみれにしちゃおうかなー。
おたのしみに。
==Sal==

Circles
Posted by