伊藤幸祐
1F Mechanic&Shipper

伊藤幸祐

Ito Kosuke


Facebook
浜松出身で、餃子があれば白米がなくても大丈夫なくらい、餃子好きです。
小学校3年生からバレーボールをやり始め、気づいたら背が大きくなっていました。
高くて届かない商品がありましたら僕にお任せ下さい。 
休日はのんびりチャリに乗って適当に出かけるのが好きです。

Bikes:

DSC_5998

Surly / Pacer
【詳細】
DSC_7090-1024x680

Surly / KARATE MONKEY

早く子どもと一緒に自転車で遊びに行きたいなー。

 
自分の娘が1歳2ヶ月になりました。最近では良くしゃべる様になり嫁の事をママ、自分の事を父ちゃん、と呼び始めて予想を越える可愛いさです。成長するのがはっきり分かるので、自分も負けずに成長したいと思います。
 
どーもhappyです。
早いもので12月も中旬になりました。 この時期になると子ども達はあれが欲しいこれが欲しいと、1年間の物欲をこれでもかとぶつけてきます。 お父さん、お母さんは、プレゼント選びに頭を悩ませているのではないでしょうか?
 
サークルズでは、お店にご来店頂いたその日にお持ち帰りできるキッズバイクをご用意しています。
 



 
EARLY RIDER/アーリーライダーSPHEROVERO/スフェロヴェロは約10ヶ月から乗れます。お子様へのプレゼントにも最適ですよ。
 

 
キックバイクで慣れたら、クランクを取り付け可能という一石二鳥なバイクとしてお馴染みのRENNRAD/レンラッド。 ファーストバイクとしてキックバイクに乗ってバランス感覚を身につけたら、そのままペダルを取り付けて乗る事ができるのでより長く乗って頂くことができます。
フロントブレーキのレバーは手の小さなお子さんにも使いやすいようにレバー位置が調整できます。また、リアブレーキはコースターブレーキになっているので握力のないお子さんでもしっかり減速することができるので安心です。
店頭には全(12,14,16,)サイズの用意がありますので実際にまたがる事も可能です。お気軽にスタッフまでお尋ね下さいね。
 
12インチは2歳半頃から(身長95cm以上、股下38cm以上)
14インチは3歳半頃から(身長95cm以上、股下38cm以上)
16インチは4歳は頃から(身長105cm以上、股下45cm以上)
 
 

 
そして、BMXブランドというバックグラウンドもあり、とにかく壊れにくくご兄弟のお子さんは上の子から下の子まで、もしくは近所のお子さんにお下がりとしても末永く使い続けて頂けるHARO/ハロSHREDDER/シュレッダーシリーズ、こちらも全サイズ入荷しており、即日お渡し可能となっております。
 


 
まずはお気軽にご来店頂き、お子様にまたがってもらいましょう!
サークルズのサンタ達は皆様のお越しをお待ちしております!
※乗り方説明等がございますので約30分程お時間を頂きます。ご了承下さい。

Portland Living

どーもHappyです。

IMG_3444
日曜日はPortland Living/ポートランドリビングにCirclesとして出店しました。

CirclesはBeer BikeでY.Market Brewingのクラフトビールの販売と、前回ご好評だったオレゴン州ユージーンでハンドメイドされているBike Fridayの試乗車をご用意いたしました。

IMG_3459
生憎の天気でしたので、実際に試乗される方は少なかったのですが、主催者側の方々にも人気でした。

Circlesブースの横では前回同様、姉妹店のPine Fields Marketが出店しました。定番メニューのコッペパンサンドはなんと早々に完売。ありがとうございました。
自分も食べたかったので、次回は早めに確保しておきたいと思います。。。(テへペロ)

IMG_3443

地元愛知で採れた新鮮な野菜や、地元の職人の手によって作られたプロダクト、それらの作り手の皆さんが自ら店頭に立ちお客さんと直接会う事でコミュニケーションをとることができます。物を作る人・物を売る人・物を買う人・全ての人に出会えるのもポートランドリビングの魅力の中の1つではないでしょうか?

IMG_3456

話を聞くと、トマト1つにも作っていくプロセスの上での物語があり、その話を聞くだけでも食べたいって思い、そして実際に食べると、驚く程に甘くて美味しいんです。

IMG_3452IMG_3453

魅力のたくさん詰まった“Portland Living”
知れば知る程、虜になります、すでに次回の開催が待ち遠しいです。次回は8月初旬の夜開催とのこと。楽しみですね!

Bike to 森、道、市場

 
どーもhappyです。
 
 
先週末は、夏か!と思うぐらいの暑い日になりましたね。
そんな中、僕たちが「自転車でフェスに行こう!」というシンプルな思いで開催したBike to 森、道、市場。Circlesから、会場のラグーナ蒲郡まで自走でグループライドをしました。
 
IMG_5603
IMG_5622 
参加者は、普段から乗り慣れている方がいるのはもちろんのこと、納車して間もなく初めてロングライドに挑戦する方、その他にも小さいお子様をバーリーに乗せてご家族で走る方、そして中には、自転車で20kmの道程に挑戦する小学一年生の姿もありました。
 
そんなみなさまから楽しかった!というお声をたくさん頂くと、コース試走を重ね、準備してきた甲斐があったとしみじみ思います。
 
初開催のライドイベントでありながら、ボランティアを引き受けてくれた仲間の協力もあり、ありがたいことに42人もの方々に参加して頂き、全員無事故ノートラブル、1人も欠けることなく走りきることが出来ました。
 
色々ご迷惑をおかけし、個人的に反省点もございますので、来年にまた活かしていこうと思います。本当にありがとうございました!
 
必ずや、また来年も!自転車で!
 
IMG_5597

Bike to 森、道、市場
説明会&ワークショップ開催のお知らせ!

 
どうも、ハッピーです。

最近暖かくなってきて自転車に乗るにはぴったりの気候になってきました。

Bike to 森、道、市場、たくさんの方のエントリーありがとうございます!
開催まであと1ヶ月ほどになってきましたね。

ということで先日、Bike to 森、道、市場のライドコースの下見をするために走ってきました。

IMG_4683

 
初めて長い距離を走る方でも走りやすく、なるべく車の交通量の少ない道をルートに加えましたので、当日楽しみにしていてくださいね。

ちなみにキャンプツアー券は売り切れてしまっていますが、ライドツアーのみはまだ募集中です。

ロングコースとショートコースどちらにしようか悩んでいる方や、エントリーしたけど何を準備したらいいかまだ不安だったり、いろいろ聞きたいことがある!という方も多いと思います。そこで、

4月23日(土)18:00から、アーリーバーズで
Bike to 森、道、市場 説明会&ワークショップを開催します!

 
Bike to 森、道、市場の参加者でなくても参加できます。
それぞれの説明会、ワークショップは当日受付となり、部ごとに途中参加、途中退出できますので気軽に遊びに来てくださいね!

※参加費¥500(1ドリンク付き)

 

第1部 18:00〜 Bike to 森、道、市場説明会

biketo-morimichi-2

 

内容

・ルートの詳細を発表

・ライドの持ち物についての案内

・グループライドの注意点についての説明

・質問タイム

を1時間ほどで行います。メモがあると便利ですよ。
参加者同士の交流の場にもなると思いますのでぜひご参加ください!

 

第2部 19:00〜 輪行ワークショップ

画像2

  

内容

・輪行のルール、マナーのお話

・輪行バッグの種類ごとの説明

・実際に袋詰めしてみる

自転車を電車に積んで移動する輪行。

大きいものを電車の中に持ち込むため、ちょっと敷居が高そうだな、と思う方も多いと思いますが、

これを覚えると自転車での行動範囲がグーンと広がりますよ!

輪行袋がない、という方でも輪行袋をその場で購入して頂くことができます。
 

第3部 20:00〜 グループライド

画像3
 
Bike to 森、道、市場の参加者の方で、グループライドをするのが初めてという方も多いと思いますので、

1時間弱、名古屋市内をみんなで走って慣れておきましょう!

サークルズからスタートして、サークルズに戻ってきて解散、という流れになります。

みんなでワイワイ走りたいですね!

※当日はアーリーバーズの営業を17:00まで行っており、一度会場準備のためにCLOSEとさせて頂き、17:45から受付開始となります。
※定員はありませんが、スペースの関係上満席とさせていただくことがありますのでお早めにお越しください。

 

興味のある方、迷っている方、大冒険に行く準備は出来ていますか?

今年は自転車で、森、道、市場に行こう!

*チケットはこちらからどうぞ。

雨の日が楽しくなります。

今夜の名古屋の降水確率は50%。
降るかも、降らないかも。微妙だなぁ。

今日はそんなときに活躍する商品を紹介します。

前後泥よけの付いていない自転車で、そのまま水たまりを通過しようものなら、背中に綺麗な一本線ができてしまいます。そんな時、簡易式フェンダーを準備しておけば、水たまりが出来ていても、背中の泥はねや靴の濡れを心配することなく自転車に乗ることができます。昨日のような急な雨の日でも簡易式フェンダーがあれば先ずは一安心。

IMG_9941zefal/ゼファール
RC50
¥1,200(税抜)

上の写真は愛用してらっしゃる方も多い、Zefal/ゼファールの定番簡易式リアフェンダー、RC50です。
このリアフェンダーの特徴は、簡易式とは思えない程、しっかり自転車に固定でき脱着も容易なところです。また後方視認性抜群のリフレクターが付いていたり、値段もお手頃なのが定番と言われて来た理由ではないでしょうか。ちなみにゼファールは古い歴史をもつ自転車用パーツの老舗メーカー。ポンプメーカーと手を組み今のフレンチバルブを考案したことでも有名ですね。(恥ずかしながら始めて知りました…)

実際、僕もzefal/ゼファールRC50を愛用しています。 僕は今日のような天気が不安定の時は家を出る前に、予め取り付けて出掛けています。見た目の形もスマートなので、雨の日以外でも取り付けている事が多いです。

IMG_0117

IMG_0115

IMG_0114

 

同ブランドから簡易式フロントフェンダーも出ているので、合わせて紹介します。固定方法はゴムバンドでワンタッチ。これで大切な靴が濡れにくくなりますね。

IMG_9940zefal/ゼファール
FC50
¥900(税抜)

IMG_9945

今回ご紹介した2つの簡易フェンダーは比較的多くの車種に装着する事が可能です。いざという時に必ず見方になってくれるはずです。その他、今回ご紹介できなかった簡易フェンダーもございますので、是非ご相談お待ちしております。

5月はBIKE to 森、道、市場で決まり!!

どーも、happyです!
みなさんは、森、道、市場というイベントを知っていますか?

「どこにでもあるようだけれども、その場所にしかない地域の物や事、個性や魅力の再発見」のきっかけになればと始まった森、道、市場。2011年から始まり、今年で7回目の開催を迎えます。東海地方にお住まいの方々の中には足を運んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

開催日には全国各地から、素敵なモノや美味しいご飯を携えたお店が300店以上集まった空間と、ジャンルを問わない音楽が青空の下で演奏される、モノとごはんと音楽の市場のような野外イベント。自らが体験できる、”コト”もあるので、音楽に詳しくなくても、十分に楽しめると思います。

今年は、5月13〜15日の開催。愛知県のラグーナ蒲郡特設会場に、全国各地から大勢の方達が集まってくるのです。

そして昨日、森、道、市場公式ホームページの新着情報が解禁されました。ご存知の方もいるかと思いますが、今年の森、道、市場の会場では、サイクルクロークが設置されます。

サイクルクロークとは、イベントやレース会場で来場者の自転車+αを安全にお預かりするサービスです。自転車でご来場頂いた方は、当日愛車の心配をすることなくイベントを楽しめます。ご近所の方はもちろん、一般の方の三輪車、ママチャリ、マウンテンバイク、ロードバイクetcと車種を問わずどなたでも自転車を預けられますので、安心して森、道、市場を堪能して頂けます!

飲食ブースでは去年同様、アーリーバーズが出店いたします。今年はさらにパワーアップするみたいなので、個人的にはとても楽しみです!

そして、森、道、市場の開催にあたりCirclesでは「BIKE To 森道」と題し、グループライドを行います。

今年は、自転車で森、道、市場に行きませんか?

「初めて走るから、走り切れるかな」という不安なお声にお答えするべく、今回はロングライドからショートライドまで、初めての方でも安心して走りきれる2つのコースをご用意致します。グループで走るからこその醍醐味や、走り切るという達成感を味わいましょう。会場に到着したら全員で乾杯をしたいですね。当日は、自転車でご来場の方向けの特設キャンプサイトもご用意させていただきます。

ライドの詳細については後日追ってご案内致しますが、まずは皆様カレンダーの予定を空けておいて下さいね!続報、乞うご期待下さい!

What’s the difference?

 

さて問題です。
  
下の写真のChrisKing BBの違いは何でしょうか?

IMG_9883

IMG_9882

サークルズのブログの購読者のほとんどの人が分かっているかと思いますが、正解は、左がThread Fit24 BBで、右がThread BB MTBですね。

Thread BB MTBはChrisKing社が2014年6月までに販売していた旧モデルであり、Thread Fit24 BBは現在販売している最新のモデルなのですが、実は上記の2つのモデルにはカタチが少し違えども、なんと互換性があるのです!

つまり、Thread BB MTBは、多くのみなさまが所有している、イングリッシュ規格のボトムブラケットを持つROADフレームにも装着可能だということなのです!

IMG_9865

ただし、Thread BB MTBをROADクランクに取り付ける際に以下の注意点があります。

1:ROADクランクに取り付ける場合には、クリスキング社が発売している、BBコンバージョンキット#8#9を取り付ける必要があります。 そしてシマノクランクの場合は#8を、スラムGXPタイプのクランクの場合は#9をお選び下さい。
 
2:ThreadFit 24 BBに比べ、スレッド部分が長く設計されているためBBシェル内部の形状によっては、新たにネジ山を立てるなどの加工が必要になる場合があります。
 
*もちろんマウンテンバイク用なので、現在お持ちのマウンテンバイク・フレームにも当然使用出来るということになります。
  
  
ポートランドの好景気につられて、今年に入って若干の値上がりとなってしまったクリスキング製品なのですが、今回ご紹介いたしましたThread BB MTBに関して、限定数ではありますが年末より店頭ではスペシャルオファーをさせていただいております。 BBという部位は、自転車の心臓部分と言っても過言ではないと思うのですが、その大事な部分にクリスキング社の「より良い状態で、より長く使える。」ものづくりの哲学が詰まったBBをまだ未体験のみなさまにお試し頂くまたとないチャンスかと思います。

IMG_9875

Threaded BB MTB ステンレスベアリング ¥14,000(税抜)

Threaded BB MTB Ceramic セラミックベアリング ¥19,000(税抜)

両モデルともに数に限りがございますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

パウダーペイントのお話。

 

「自転車を塗装するなら、何色にしたいですか?」

自転車の購入を考えたとき、色は重要な要素になってきます。

気になる自転車の色が好みではなかったり、色が好みでも自分の背丈に合っていなかったりということはよくあります。

実際、完成車の色には限りがあります。

(自転車メーカーの中には、PanasonicのPOSの様に、色、車種を選択できる場合もあります)

気に入って、自分の用途にあった自転車が見つかっても色がね。。。好きな色にかえれれば良いのになぁ。。。。

 

Circlesではそんな要望に答えられます!!

Circlesの塗装部門である球体ペイントでは、新車はもちろん、長年乗り続けられていた自転車からママチャリ、自転車に関するパーツまで、夏は灼熱、冬は暖かい塗装ブースで一本一本丁寧に塗装されています。(フレームを乾燥させる為の、高温ヒーターが年中稼働しています。)
  
そして現在、球体ペイントでは2種類の塗装方法からお選びいただけます。

まず1つ目の塗装方法は、以前より稼働しているウレタンペイントです。膨大なカラーチャートから選択でき、好みの色に調色もできるので、好きな色に限りなく近づけることができます。また2色以上の塗り分けや細かなデザイン、光沢感がある仕上がりもウレタンペイントの特徴です。
  
2つ目の塗装方法は、最近新たに始動したパウダーペイントです。ウレタンペイントのように色の選択肢は多くはないですが、納期が早く、コストが安い、さらにパウダー塗装の最大の特徴として、非常に強く剥がれにくい塗装膜に仕上げることができます。

 

今回は新しく加わった塗装方法のパウダーペイントについてご案内させていただきます。

パウダーペイントとは、エポキシ・ポリエステル樹脂系の粉体塗料を表面に焼付けて、塗膜を形成する塗装方法です。別名、粉体塗装とも言います。

と言われてもピンくる方は正直少ないと思います。

 

パウダーペイントをさらに簡単にご説明すると、

①:まず自転車フレームを剥離し、錆止め処理を行い前処理を完成させます。

②:次にフレームが持つプラスの電荷に対して、マイナスの電荷与えた粉体塗料を用意します。

③:その粉体塗料をフレームに吹きかけます。するとそれぞれが持つ電荷の性質により、プラス(フレーム)とマイナス(塗料)が結びつきます。 その後、高温熱で焼き付け、均一な塗膜が形成されると完成です。

 

まるで何かの料理レシピのようですね。

皆さんも少なからず親近感が湧いて来たでしょうか?

 

先にもお伝えしたように、パウダーペイントの特徴は、お求めやすい価格設定(単色で25色の中からお選び頂けます)と短納期、現状では約10日~14日ほどでお渡しできる事です。
  
ガードレールや道路標識、電化製品では冷蔵庫、洗濯機などがパウダーペイントでコーティングされ、優れた塗膜強度や、耐食性、耐候性が特徴です。そう、実は我々の生活の中でも多く見かける物ばかりなのです。
  
とにかく頑丈で、乗り手の日常生活に寄り添ってくれる最高の相棒だと僕らが信じてやまないSurlyの純正カラーも、実はパウダーペイントが施されているという事からも、この塗装方法が丈夫で永く乗り続けられる物だといえますね。

 

新たに加わったパウダーペイントをよろしくお願いいたします。

 

20160110-1-800x534

20160110-4-800x534

21617284105_d6e41782e8_o-800x534

21617277485_567a513cb3_o-800x534

 

・パウダーペイント単色:¥18,000〜(税抜)

・ウレタンペイント単色:¥24,000〜(税抜)

その他、塗装に関して疑問・質問等ごさいましたらお気軽にお問い合わせください。

 

kyutaipaint

皆様に球体ペイントのことがより分かって頂けるように、新たにホームページを開設いたしました。是非こちらもご覧ください。

ホームページ:http://kyutaipaint.com

Instagram:kyutai_paint

facebook:Kyutai Paint

運ぶ。

どーもhappyです。

なべたくのブログでも紹介していたように、名古屋は朝から、雪が積もっていました。

当然、自分も急いで支度をして、通勤途中にある裏山へ急行しました。

年に1,2回積もるのが、あるかないかの雪で、大変満足できる、通勤でした。

また雪が積もるといいですね。

IMG_9441

 

 

さて、皆様は鍵をどのように持ち運んでいますか?

修理で持ち込まれる自転車を見ると、ハンドルに鍵を巻き付けている自転車は少なくはありません。

道路に出れば、危険と隣合わせです。

ハンドルに巻き付けていると、何かあった場合、服や障害物、予測ができない物に引っ掛かる可能性があり大変危険です。そしてなにより自転車フレームや、ハンドルに傷がつき良い事はありません。

IMG_9390

IMG_9381

 

 

 

その問題を解決するべく、circlesは様々な種類の鍵をご用意させていただいております。

IMG_9472

 

 

 

IMG_9486Kryptonite:kryptoflex¥1,600(抜)

その中でも、軽くて、丈夫。でおなじみ、斜め掛けにできたり、腰に巻いたりできます。

 

 

IMG_9489TRELOCK: SK211 ¥3,900(抜)

上の写真の鍵は、自転車フレームに直接取り付け可能です。鍵にゴムバンドが付いているのでしっかり固定できます。

 

 

他にもこんな便利な物もあります。

IMG_9474TWO FISH:  PUMP&INFLATOR HOLDER   ¥1,200(抜)

IMG_9491

IMG_9492

これならお手持ちの鍵を車体に取り付け可能です。これならストレスなく、かつ安全に自転車に乗る事ができますね。

 

 

その他、様々な場面で使える鍵をご用意しております。ぜひご相談お待ちしております!

追いつけ追い越せ。

シクロクロス楽しかったなー!!

どーもhappyです。
今日は東海シクロクロスのレースに参加してきました。
会場は一宮の138タワーパークという公園の土手で開催しており、名古屋からだと大変アクセスしやすいです。(circlesからは車で約40分くらい)

またレース会場には飲食ブースがあったり、我らがSimWorksや近郊の自転車のメーカーディーラーさんたちが出店しており、レース以外にも、東海シクロクロスは充実の環境が整っています!

IMG_9322

IMG_9325

IMG_9329

138パークタワーが会場ということもあってか、通りすがりのご近所の方々やご家族連れの方々もなにやら賑わってるなと、足を止めていました。こんなに寒い中よくやるなぁと冷ややかな目で見ているのでしょうか?

いや、そんなことはないはずだ!と寒さに負けず、一心不乱にペダルを漕ぎましたよ。

レースを走り出せば身体はすぐに温まり、レース後には汗だくになるほど。自分がエントリーしたカテゴリーはC4、このカテゴリーであれば初めてレースを走る人でも存分に楽しめます!

今回のコースはスピードコースで、所々にアスファルトがむきだしな箇所があってリム打ちパンクが続出しておりました。こういうときこそ、チューブレスタイヤやチューブラータイヤの力が発揮出来ます。今回悔しい思いをした方、ぜひご相談お待ちしてます。

さて、ここで気付いた人もいると思いますが、、、、肝心のレースの写真がないじゃないか!!

そうです。。。

実は今回C4のレースにはサークルズスタッフの参加者3人がエントリーしており、全て同じレースに出走したため写真がないのです!m(_ _)m

今回、昇格うんぬんより、友田さんに勝つ!!というのが僕自身に課した任務だったのですが、その任務は果たせず残念な結果に終わりました。次こそはリベンジします。いやー友田さんコーナーは速かった!!
IMG_9345

どうやら友田さんは、SportCraftersのローラーを使って家でこっそりトレーニングしていたらしいです。。。。