横山誠

1F General Manager

横山 誠

Yokoyama Makoto


Facebook
自転車はじめて、気付けば18年目。車輪が回れば世界も回る。
大好きなのは、MTB。でも家には、全車種20台くらいございます。
駐輪場に暮らすこと数年、走りも、生活もシンプル&スマートを目指します?

Bikes:

makoto_bike01

HunterCycles/ Gopher
【詳細】
DSC_1285

Cielo/ Sportif Classic
【詳細】
DSC_1285

Independent Fabrication / FACTORY lightweight
【詳細】

笑顔の力

どんなに笑顔で過ごしたいと思っても、そうじゃない日もある。

でもこんなハンドルとライドに出掛ければ、笑顔になる事間違いない。

そう、満を持してSimWorksから新商品のリリースです。
sw60_tosmile_520_slv_900
sw60_tosmile_front_900SimWorks ToSmile ¥7,400-(税抜き)52cm or 56cm

先代Smileより、大きくモデルチェンジを果たした今回のToSmile。
ドロップは、浅くなり。
リーチは、短くなった。
DSC_0155比べてみると一目瞭然。

ハンドルクランプも、Φ31.8からΦ26.0へと変更されている。
コレで、SimWorks Wendyステムとの相性ばっちり。

一足早くこのハンドルを手に入れた(職権乱用)僕は、最近お気に入りのバイクSalsa FARGOに早速インストール。
交換前は、Smile 56cmが付いていたので、迷う事無く56cmをチョイス。
tosmile_on_salsa_04_orgnl
tosmile_on_salsa_06_orgnl

実走2日、「いい」の感覚がびんびんする。
握りやすいトップ部分。
下ハンを握ったときのレバーとのシックリくる距離感。
はぁ、早く山に入りたい。
オフロードで使ってみたい。

52cmのほうは、シクロクロス車などに付けてみると良いと思う。
適度な幅がもたらす、抜群の安定感。
下ハンを握っても前傾になりすぎず、無理なくブレーキをかけられる。
なれないオフロードでの下りに恐怖感がある人は、一度使って頂ければ、虜になってもらえるはずだ。

更にこのハンドル。
Prcelein Rocket のMCAと相性が抜群だ、ハンドル操作を邪魔する事無くきっちり荷物をおさめる事が出来る。
DSC_0157

良いコト尽くめのTO Smile 、気になる点は狭いシングルトラックを抜けるときにハンドル幅が気になるくらいだろうか?
コチラは、また山に入ったときにお伝えしたいと思います。

最近、笑顔が足りないと感じる皆様、
愛車に是非、笑顔の素は、いかがでしょう。
店頭には、Smile , To Smile、どちらもおいてありますので是非比べて下さいませ。

そして、長らく欠品していました。
potluck_pr_900-01SimWorks POTLUCK ¥15,000-(税抜き)も再入荷して来ていますので、前回、品切れで涙をのんだ皆様、お待ちしています。

横山誠
Posted by

DeLa いいがや。

「でら」といえば、我らが名古屋と三河地方の方言で「すごく」などの強調する意味で使われるフレーズです。
個人的に、「DeLa」とか書くとなんかオシャレな気がします。
三河出身の僕としては、子供の頃から何万回も使って来た、馴染みあるフレーズな訳です。

そんな馴染みあるフレーズ、チャリ研ダテ氏の手によって雑誌になりました。
DSC_0080DELA BIKE vol.1 ¥500-(税込み)

内容はと言いますとある人物のハンドメイド自転車が、形になり、納車されるまでを追っかけたドキュメンタリーです。

自転車をオーダーすると言う事。
自転車を作ると言う事。
自転車を組み立てると言う事。
丁寧に作られた自転車に乗ると言う事。

これらの僕ら自転車屋が日常になってしまっている行為を自転車屋ではない1人の自転車好きの目から見た姿は、僕ら自転車屋にも新鮮に映り、尚かつ自転車に乗り始めようとする方にとっては、とても参考になる1冊になっています。

あえて本の中の主人公が誰であるか、中身はどんな感じなのかは書きません。
ぜひお店に来て、手に取って確かめて下さい。




「でら」つながりで、ちょいとご報告。
名古屋の巷を騒がせる「名古屋 でら得!プレミアム商品券」。
DSC_0082
我がCirclesでもお使い頂ける様になりましたので、ご利用くださいませ。
おつりは、出ませんのでご注意下さい!!!

でらでら。
いや、でわでわ。

横山誠
Posted by

旅へのいざない

RideAliveが終わり、平穏な日常が戻りつつあります。




嘘です(笑)
むしろ、終わってしまった事によりもっと何処かに行きたい熱が、最高潮です。

そこでまだ旅感にさいなまれる皆様に、僕が今回のRide Aliveに投入した、Porcelain Rocket MCAを改めてご紹介させて頂き、また旅に出て頂こうと思います。

Porcelain Rocket MCAは、簡単に言えばハンドルバッグの一種なのですが、
旅好きScottによって煮詰められた使い勝手の良さは、想像を超えていました。

DSC_0056Porcelain Rocket MCA ¥18,000-(税抜き)

まずはその構造、ポーチ部分と別売りのドライバッグ(5〜15L)をハンドルにストラップで巻き付ける構造は、前面からのアクセスが可能なためフラットハンドルだけでなくドロップハンドルでも容易に取り付ける事ができます。
DSC_0059

そして、ドライバックは完全に別体のため、ドライバックではなくテント、シュラフ、マットなどのキャンプ用品に意外に多い筒モノのをスマートに収納する事も出来ます。
今回僕は、MSRのテントCarbonReflex2をハンドルに積載して行きました。
揺れる、ズレる、とれるそんなトラブルとは一切無縁でライドを楽しむ事が出来ました。
DSC_0057

あと忘れてならないドライバック前面に取り付けるポーチ部分。
適度な大きさのそのポーチは、財布、携帯などの常に目の見える所においておきたいモノを収納することができ、コンデジなど旅の思い出を残す為のグッズを合わせて収納出来ます。
上面の止水ジップは、貴重品を入れたポーチを不意の雨から守ってくれます。
ただ、完全防水では無いのでご注意下さい。
DSC_0058

旅に出るには、使い勝手の良い道具が必要。
いや、使い勝手の良い道具を手に入れれば、使いに行きたくなる。
どちらが先か、解りませんが。
う〜ん次のお休みどこに行こうかな〜。

コレでいこうと思います

買いました。
二年ぶりに。
自転車。
コレです。
20150823-202015 Salsa Cycles FARGO 2

まだ、乗り始めて二日。
気持ちが通じ合うまでには、もう少し時間がかかると思いますが、気持ちが通じれば無限につづくトレイルを走って行けるバイクになると思われます。海外トレイルに向かう前に、まずは週末Ride Aliveに向かい、オフロードでの走りっぷりも確認してきたいと思っています。

「ADVENTURE BY BIKE」を標榜するSalsa Cyclesにおいて最もソレを具現化しているのがこのFAGOシリーズではないかと思っています。
MTBでありながらドロップハンドルを装着することを前提にしたジオメトリー。
数日にわたるキャンプライドに望むため、荷物を積む為にキャリアを付ける為のダボの数々。
DSC_2330
そして状況に合わせて変更可能な、エンド部分(135mmQR,142mmAXLE)多彩なハブに対応出来ます。
DSC_2332

このバイクこそがMTBではなく、世界基準のATB(All Terrain Bike)だと思います。

このバイクであれば、どんな道も選ばず入って行け、極上のトレイルヘッドを前にして思い悩む事なくチャレンジして行ける、自分次第で無限のチャレンジが可能なバイクです。

持ち上げ過ぎ?(笑)

でもコレ位惚れ込んでないと、世界には出て行けないな〜。

目の前にやつが居る

♫きたよきたよ〜〜。あいつが入って来たよ〜。♫

とクララが立ったときのハイジの心境に近い気分でした。
入荷情報がでていたのに来ないから諦めていたら、なんの前触れも無くしれっと届きました。
も〜、ハラハラさせるぜGiantさんは。

なにが入荷して来たかと言いますとコチラ。20150823-1Giant TCX SLR SS¥145,000-(税抜き)

20150823-720150823-820150823-10

このジャイアントらしからぬグラフィックを纏うこのバイク。
特別なオーラの通り日本限定10本の特別仕様。
全サイズ各10本なのか、全部で10本なのかソレすらよくわからないのですが、数がごく少量で在る事には間違いなく、そして今、それが僕の目の前にあるその事実、胸熱です。

さて、このフレームがどんなものかと申しますと。
その名の通りGiant TCXをベースに作られた、アルミのシングル専用シクロクロスバイクとなり、
米国で活躍するAdam Craig(アダム クレイグ)のレプリカモデルとなっています。
彼は、夏場はエンデューロレース、冬場はシクロクロス、異なるジャンルで活躍するマルチライダーにも関わらず。
SSCXWCと言う、シングルスピードCXの世界選手権で優勝してしまうと言うおチャラケから真面目までカバーする、スーパーマルチラーダーなのです。
SSCXWCは、世界戦とは言うもののかなりおちゃらけたレースであり、過去に参戦した身としては、とてつもない親近感を覚えます。
そんな彼の動画もどうぞ。

とはいえ、世界で戦うバイクであるだけ有って、作り込みは世界のGiant.
ヘッド規格は、ディスクブレーキに負けない剛性を提供するワンポントファイブ(1-1/2)→フィシャーサイズ(1-1/4)。
20150823-12ステムの選択肢が減りますが、ハンドルタッチは最高です。
シートポストは、路面からの衝撃を吸収するジャイアント独自のD-FUSEを採用し、軽くしなやか。
20150823-4
そして最も作り込まれた、エンド部分は、この部分を眺めるだけでもご飯一杯いけるくらいの存在感。
シンプルでいて調整もしやすいと思われます。
20150823-3

シングルスピードに特化させた作りにする事で軽さと丈夫さを手に入れています。
ギアの無いシクロクロス、長年楽しんでいますがレース中は何も考えなくても良いですし、レース外では、ギア比やコースレイアウトなどなど作戦を練る事がいっぱい在るので、楽しみも一杯です。

シングルだと戦えない?
いえいえ、二年前の野辺山でオースティンは、シングルでカテ2ぶっちぎってましたよ。

さあ、皆さん!!
当店には、Sサイズ1本しかございません。
早い者勝ちです。
お急ぎを!!

横山誠
Posted by

駐車場ご利用に関するお知らせ

突然ですが、明日8月23日(日)より
店舗前に在りました、駐車場が利用できなくなります。

ご迷惑をおかしますが、ご来店の際はお近くのコインパーキングなどをご利用頂くか、自転車もしくは公共交通機関でのご来店をお願い致します。
新しい駐車場の手配も進めていますが、今しばらくかかりますので、なにとぞご容赦頂きますようよろしくお願い致します。

Circles 一同

横山誠
Posted by

RIDEALIVEアクティビティー情報 第2弾

眩しい日差し、蝉の声、ムシムシの外気温。
全てが夏。
ああ、もう。

夏全開、日々いかがお過ごしでしょうか?
IMG_0003
大人の夏休みRideAliveは、もう目前です。
自転車の準備も気になるところですが、今日はアクティビティー「SEAKAYAC,SUP」に参加予定の皆様に向けて、ご連絡かねがねの投稿です。
持ち物、などなどは、既に公開されている通りです。
もっとという方は、ISLAND SURFさんのHPでも、ご覧頂けます。

実際にやって来た感想としましては、とても気持ちがよいです。
が、転覆は免れないかと思います。
11873951_600100953425765_1380609408_n
そして、真夏の海の上。
日焼けは確実です。
自転車で走っている時もそうですが、日焼けはお肌の天敵、色が黒くなる以外にもすごく体力を奪います。
ですので日焼けに対する対策を走っているときから、しっかりしておくと良いですね。

カメラや眼鏡は、水没しても大丈夫なモノを。心配な場合は持って行かない様にしましょう。
11872909_600100916759102_1348418327_n

更衣室は、ISLAND SURFさんにあります。
ここには、シャワーもありますので海でベトベトした身体もすっきりして、パーティーに望めます。
タオルや正装(笑)のご用意も重要です。

SUPは、サーフボードに似ていますが、サーフィンと違い真正面を向いて乗るので自転車のスタンディングに似た感覚です。
水面を音も無く進む感覚は、何とも言えず最高です。
11874107_600100896759104_724175052_n

カヤックの方も、ワイワイしながら二人一組で海の上を進むのは面白く。
バディーと息が合わず、上手く進まないのもイライラして最高です。
11846274_600100956759098_1377337879_n (1)

本当に何度も言いますが、日焼けヤバイので注意して下さいね。
IMG_0012

IMG_0024

あ〜もう、待ちきれませんな!

僕は、天の邪鬼です

DSC_2283

今日は、Speed Playをお使いの方限定のお話。
Speed Playといえば、トッププロから僕ら趣味ライダーまで性能と信頼で人気のビンディングペダルです。
小さなペダルに反し、固定時の安定した使用感はとても使い易いモノになっています。

ただ一つ、普通の靴で踏むとき以外は・・・

トップグレードのペダルを普通の靴で踏むんじゃない!!
ええ、そうですよね。
でもね、どうしても普通の靴で出掛けたいそんなときもあるじゃないですか。
でも、ペダルを付け替えるのは、めんどくさい。
そんな天の邪鬼な僕に似た方に送るこのアイテム。

DSC_2285Speed Play PLATFORMER2.0 ¥3,000-(税抜き)

このクッキーの様な外観の物体をペダルの上に被せU字型のピンを差し込んでもらうと、
なんと!!あっという間に、フラットペダルに変身です。

DSC_2289

DSC_2287

DSC_2286

所要時間、1分もかかりません。
目的地でのサンダルはいた移動時や、ちょっとそこまで行くときに、とても便利に使って頂けます。
ぜひライド時、背中のポケットに忍ばせて下さい。

あと忘れてならない、再入荷です。
クリートに歩きやすさと空力性能を付加したNEWクリート。
DSC_2290SpeedPlay AERO WALKABLE CLEATS ¥7,800-(税抜き)

お買い忘れの方は、この機会に是非どうぞ。

横山誠
Posted by

軽いばかりが良いとは、限りませんが・・・

真夏ですね。
暑い季節になりまして、自転車を乗る上で最重要なポイントは、やはり水分補給だと思います。

そんなボトルをホールドする為のボトルゲージがいくつか再入荷です。
初めて見たときもビビりましたが今回もビビりました。
その軽さに。
DSC_7254BOTTLE CAGE by ENVE ¥11,000-(税抜き)
重量わずか21g。
「ボトルゲージの重さなんてたかがしれてるでしょ?」
わかります、そのご意見。
財布すら軽くするこのボトルゲージを必要とする人など多くは居ないと思います。
でも、実物が纏う存在感。
心がぐいぐい引っ張られます。
これが、僕のバイクに付いたら・・・・そんな誘惑に駆られに、実物を見に来て下さい。

続いての再入荷はコチラ。

44579783KingCage STAINLESS ¥2,500-(税抜き)

44581520KingCage IRIS ¥2,500-(税抜き)

安定のキングケージ。
どんなバイクにもそっと寄り添うように、似合う姿は他にはございません。
毎回、入荷とともに姿を消して行きますので、ご入用の方はお早めにお願いします。

さて、もう一点の再入荷は、これ!!!

DSC_7256ENVE Mountain FORK ¥79,000-(税抜き)

コチラも前回瞬殺の一品。
最近その勢力を拡大している、マウンテンバイク用リジットカーボンフォーク。
その中でも、ルックス、性能、芸の細かさなどで一歩先を行っています。

専用のフェンダーが付属したり。
アクスルシャフトのはめ込み部分を前後逆転させる事で、
ハンドリングに大きく影響すするRAKEの数値を44mmと52mmに変更する事が出来ます。
元のバイクの設定値に合わせるもよし、あらたなハンドリングの感覚を求めるもよし、乗り方使い方に合わせてアジャスト出来る素晴らしい作りになっています。

この時期、新製品も気になるところですが、再入荷と言う事は良く売れているモノ。
人気があると言う事ですから、要チェックですよ!!

横山誠
Posted by

夏の夜に

梅雨も開け、夏が始まりました。
そんな中、海の向こう側では、自転車界の夏最大のお祭り「ツールドフランス」が、開催されています。
毎年の事ながら、寝不足になりながらも見ている方もいらっしゃると思います。
DSC_2263
そのツールドフランスも残すところあと5ステージとなり、総合争いも佳境を迎えようとしています。
クリス・フルームが、二度目のツール総合制覇に向けて駒を進めているもののシャンゼリゼに辿り着くまでに残されたステージは、全て山岳。
ほんの些細なミスですべてを失う可能性も捨てきれません。
そう、ワクワクします。

そこで、そんなワクワクを共有するべく、
7月24,25日の二日間、HedgehogDinnerにてツール観戦会を行ないたいと思います。

題して
「二夜連続 ツールドフランスを皆で見る会」
場所:Hedgehog Dinner
日時:7/24(金)18:00~ *放送は、20:00頃から行ないます。 
   7/25(土)18:00~ *放送は、22:00頃から行ないます。
料金:レジにてワンドリンクをお願いします。

しかも、7/25(土)には、SimWorksプレゼンツ

「Being with CK. / 2015 ChrisKing Japan Tour プレミア上映会」

が、21:00より同じくHedgehog Dinnerにて上映されます。

日本を訪れ日本で話してくれたクリスキングの想いが、この動画に溢れています。

是非コチラも、ご参加頂ければと思います。

始まった夏、一緒に楽しみましょう!!!