横山誠

1F General Manager

横山 誠

Yokoyama Makoto


Facebook
自転車はじめて、気付けば18年目。車輪が回れば世界も回る。
大好きなのは、MTB。でも家には、全車種20台くらいございます。
駐輪場に暮らすこと数年、走りも、生活もシンプル&スマートを目指します?

Bikes:

makoto_bike01

HunterCycles/ Gopher
【詳細】
DSC_1285

Cielo/ Sportif Classic
【詳細】
DSC_1285

Independent Fabrication / FACTORY lightweight
【詳細】

横山誠
Posted by

備えあれば憂い無し

どたばた過ぎて来た今年、早くも5ヶ月が終了しようとしています。
そしてグルメセンチュリーまでもちょうど1週間です。
いかがお過ごしですか?

さてグルメセンチュリーにご参加の皆様、準備は万全ですか?
どんな準備が必要なのか?何が要るのか?ご不安の方々も多いかとも思います。
とはいえ、休憩ポイントの多いライドイベントですので何時もの100km程度のライドに出られるときと変わらない装備で十分だとは思いますが、僕ならコレを持って行きます。
適なものをご紹介しようかと思います。

まずは、修理キット一式。
チューブ、ポンプ、パッチ、ブーストパッチ、ミッシングリンク、タイヤレバー、携帯工具。

DSC_5961どこまで自分で賄えるかによって工具類は変わってきますが、何か起きても20~30kmおきに設定されている休憩ポイントまでは最低でも辿り着ける様にして下さい。

つづいては、これも走る際には当たり前のボトル。

DSC_5933当日の天候にもよりますが、暑くなれば登りの多い地形ですので、水分補給は必須になります。
各休憩ポイントに給水の用意はありますが、喉が渇いてからでは遅いので、多め多めで準備して下さい。
水分不足は、熱中症やパフォーマンスの著しい低下を招きますのでご注意下さい。

天候によるといえばアウター類ですね。

DSC_5949最近とても暑いので、アウターなど要らないような気もしますが、山がちな場所の天気は変わりやすく、町中よりは当然気温も低いです。
加えて、人によってはスタート時間も早く、コース上には長い下り坂もございますので、ウインドブレーカーや薄手のレインウェアーを持って行くと良いかと思います。特に女性の方は必須だと思います。

あとは、あったら良いな適なモノとしていくつか。
タオル。名水地点などで顔を洗ったり、濡らして首筋を拭いたりすると気持ちが良いです。
補給食。グルメセンチュリーですので、食において不満を抱かせる事は無いですが、極端に燃費が悪いと自負する方、コース上には案内板がございますが、それでも道を見失う恐れのある方は、こっそり忍ばせておくと良いと思います。
大きめのサドルバック。当日コースの地図がもらえますが、ウエアーに入れるスペースの無い方は、必要ですね。
メーター。コースマップには、地図と一緒におおよその距離と目標物が書かれたQシートも配布されますので、メーターで距離を把握しておくとより解りやすくなると思います。

などなど、量的に多くはないですがこれらのものがあると、不安無くライドと食を楽しんでいただけると思いますので、ご検討下さい。
Circlesもお待ちしていますので、無いものがあった方は、是非お立ち寄り下さい。

お〜〜っと、ここでご注意です。
われらCirclesは、グルメセンチュリー準備のため、

6/4(木):定休日
6/5(金)〜6/7(日)まで臨時休業

になります。
木曜日も定休日となる為、実質的にモノを調達出来るのは、水曜日までとなりますのでご注意下さい!!!

横山誠
Posted by

夏の始まりに

いや〜、暑いですね。
さわやかな初夏、清々しい日々です。
来月6日に迫ったGourmet Centuryも過去10年雨の降っていない6月6日は、きっと最高の天気になるはずです。

さて、走るのはむろん楽しいのですが、
みなさんの走り終わった後の楽しみは何ですか?

僕は、間違いなくビールです。
汗をかき、シャワーを浴び、ビールを飲む。
これが無くなるなら、自転車も辞めてしまうかもしれない程(笑)

そんな僕と思いを共有している皆様、そしてちゃんとグラスに飲み物を注ぐ皆様に最高の1品が入荷したのでご紹介です。
Chris King Pint GlassChris King “Pint Glass” ¥2,500(税抜)

Cielo By Chris King Classic Pint GlassChris King “Cielo Classic Pint Glass” ¥2,500(税抜)

Cielo By Chris King Racer Pint GlassChris King “Cielo Racer Pint Glass” ¥2,500(税抜)

我らがChriskingより届けられたニューアイテムは、これからの時季に必要不可欠なパイントグラスの数々であります。
Chriskingのロゴが描かれた、全9色のラインナップ。
自分の自転車とお揃いの色を選ぶもよし、自分のヘッドパーツと同じ色を選ぶもよし。
飲み物を注ぐとロゴと色がより際立ち、あなたのBeerTimeを一歩上のステージへ導きます。

ロゴがより際立つと言えば、Cieloヘッドバッチの絵が美しいCielo Classic Pint Glass。
そうまるで、月の光がグラスに反射して世界を満たしているかのようです。

さいごは、CieloRacer Logoがプリントされたグラス。
コチラは、キリリとした辛口のビールを注いでいただければロゴと相まってスッキリとした味わいを堪能出来るはず。

全てサイズは同じパイントグラスですので、350mlのビールを美しく一缶分注げます。
シャワー上がり、身体を拭くのもソコソコにプシュっと行きたいところですが、
そこをグッとこらえて、グラスに注いでいただければ、より極上な時間が訪れる事をお約束します。

グラスに注ぐと味もアップですのでどこでもグラスに注ぎたい!!
お気持ちは解ります。
でも、これから訪れるBBQの季節、お外にガラスのコップは危険です。
割ってしまえば、危険なだけでなくパンクの材料をまき散らす事に、ああ怖い。
そこで、忘れてならないコチラ。

Chris King Stainless Steel Pint GlassChris King “Stainless Steel Pint Glass” ¥2,800(税抜)

ステンレス製のパイントカップなら割ってしまう事も無いですし、複数重ねておけば場所も取りません。
それでいて軽量ですので、BBQだけでなくツーリングにも持参したいアイテムです。

自転車シーズンはビールシーズンでもあります。(年中のんでますが(笑))
より質の高いBeerTimeの為に一つと言わず乾杯用にいくつかご用意下さいませ!!

タイヤのお話

春が来てどこまでも走りに行きたい季節になりました。
どこまでもどこまでも続く道を走って行く為に、とても重要なアイテムと言えば、
「タイヤ」
ですね。

我らがCirclesでは、多くのブランドのタイヤを取り扱わせていただいていますが、その中でも今日はChallenge Tireについてご紹介したいと思います。
イタリアンハンドメイドのこのタイヤ。
シクロクロスのレースシーンでは、泣く子も黙る程有名ですね。
クロスのレースと言えばチューブラですが、今回はチューブラではなくクリンチャータイヤにフォーカスしてみたいと思います。

同社のクリンチャータイヤは、「オープンチューブラ」と呼ばれます。
違うのは名前だけ?
いえいえ、そんな事はありません。
まずは、この写真をご覧ください。

20150418-212044.jpg
デロ〜ンと広がるタイヤサイド。
他のメーカーさんの同サイズと比べてみても、そのへなへな感は圧倒的です。
このへなへな感が、どんな効果をもたらすかと言いますと、まさにタイヤの「しなやかさ」に直結します。
この「しなやかさ」がなんで良いかと言いますと、
コーナリングの際タイヤは常に変形しています、低圧にしたシクロクロスのタイヤなどは特に顕著ですが、これは高圧にしたロードタイヤでも同じ事がいえます。
DSC_5258

そうタイヤが路面に合わせ適切に変形する事で、タイヤは地面をとらえ進む事と曲がる事が出来るのです。
つまり、タイヤサイドがへなへなであるが故に、タイヤがスムーズに変形しより効率よく地面をとらえる事が出来るのです。
そして、これがしなやかと言われる「オープンチューブラ」の乗り味に繋がります。

しなやかなタイヤと言えば、チューブラタイヤが当然秀でているのですが、チューブラタイヤには扱いの面倒さやパンク修理の面などデメリットも多くあります。
そこでこの「オープンチューブラ」なのですが、扱いは普通のクリンチャータイヤと変わりませんので、予備のチューブさえ持っていればパンクに対しても安心です。
軽い転がり抵抗、軽快なコーナーリング、そして柔らかな乗り心地、これらを高いレベルでバランスさせたタイヤがChallengeTireのオープンチューブラタイヤなのです。
これからの時季、シクロクロスの終了とともによりオンロードでのライドが増えてまいります。
ですので今回は、スリックタイヤを店頭にご用意してみました。
25c、27c、30cとロードバイクから夏場のクロスバイクにもぴったりなサイズをご用意しましたので、ひと味違うオープンチューブラタイヤの乗り味をご賞味下さい。
88989296のコピーChallenge Tire
左上 STRADA 700x25c ¥6,420-(税抜き)
右上 PARIS-ROUBAIX 700x27c ¥7,040-(税抜き)
下 STRADA BIANCA 700x30c ¥7,040-(税抜き)

ながなが書いてきましたが、ざっくりまとめますと。
「Challengeのタイヤ、すごく良いので是非使ってみたください。お願いします。」って事でした、よろしくお願いします。

家宝は、寝て待て

いや〜〜、待ちましたね。
ラーメン店の行列は、一切待つ気がないですが。
これは、待ちましたね。

最初に見たのは、2013年のインターバイクです。
だからもう、かれこれ一年半。
じっと耐えて待ちました。
その甲斐は100%ありました。
その質感は、カラフルでありながらも落ち着いた雰囲気をだし。
その触感は、スムーズな動きとすっと締まる感覚が美しく伝わってきます。

ひと言。
「良いね。」

さてそれが何かと言いますと、

DSC_4874-EditPhil Wood & Co. QUICK RELEASE SKEWERS ¥16.800-(税抜き)

アメリカ製の6061アルミのレバーとステンレスのシャフトで作られたスタンダードなクイックもPhil Woodが作ると素晴らしい安心感と雰囲気を醸し出します。
Phil Woodのロードハブと組み合わせればそのマッチングは、まさにパーフェクト。

DSC_4929-EditDSC_4906-Edit

コレを付ける自転車をアレやコレやと探してしまいそうです。
僕は、1年半待ちましたが。
今ならみなさまは、お待たせせずにすぐお渡しできます。
店頭もしくはWeb Storeでお待ちしています。

Double Ride

春爛漫。

そんな今週末に、名東区牧ノ原にあるチーズケーキ専門店「Sweet of Oregon」さんの駐車場にてあるイベントが開催されます。
その名も「PORTLAND LIVING」。

Portland Living

二回目となるこのイベント、僕も何度も訪れアメリカでも最高のバイクタウン「Portland」。
その街の雰囲気、カルチャー、フードなどにフューチャーし、それを名古屋の街に再現させてしまうHappyなイベントです。

Portland Living

今週末11日(土)、12日(日)の二日間で開催さるこのイベントには
僕等Circlesはもちろん、SimWorkswelldoneチャリ研も名を連ねアメリカ自転車カルチャーの発信だけに留まらず、より良い自転車社会の構築にむけて、色々な物を発信していきたいと思っています。

そんな二日間なんですが、会場での出店だけにとどまらず。ライドも企画してみました。
しかもツーデイズ。

Day1(4/11) Oregon Bike Ride
集合場所:Sweet of Oregon
時間:am 9:00
内容:多くのフレームビルダー達がいるオレゴン州。そこで生まれたバイク達に乗る皆様に集まって頂き、三国山でも登りに行きましょう。Cielo、Breadwinner、DeSalvoなどにお乗りの方は、ぜひ集合して下さい。

Day2(4/12) Sunday Mornig Ride @ Portland living
集合場所:Circles
時間:am 7:30
内容:多くのファーマーズマーケットが立つPortland Living。是非みんなで朝市に向いましょう。「でも、自転車で行くと買い物した荷物を名東区から運んで来るのは大変。」そんな方も心配ご無用。我らCirclesが誇るカーゴバイクで当日、会場からCirclesまでお運びします。いっぱい買い物して下さい。

一日目はしっかり、二日目はのんびり、そんな雰囲気でいこうかと思っていますので宜しくお願いします。

What are you doing Sunday Night ?

ロードシーズン開幕してましたね(笑)
そして、クラシックシーズン真っ盛り。
この週末は「ツールドフランドル」来週は、「パリルーベ」。
怒濤の二連発です。

僕の中ではもう、この2レースがシーズンのピークです。

そんな訳なんで今年もやりましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Hedgehog Diner にて、
まずは今週末 4/5 日曜日 PM8:00〜レース終了まで「ツールドフランドル観戦会」
続けて翌週に 4/12 日曜日 PM8:00〜レース終了まで「パリルーベ観戦会」
両方とも料金:1000円(ワンドリンク付き)
軽くおつまみも出す予定です。

2週つづけての観戦会を行いたいと思います。
のんびりビール飲みながら最も熱いクラッシクレースでも見ましょうか。

Let’s Potluck Party !!!!

待ちに待った。
いや、恋い焦がれたと言うべきですな。
最初にサンプルを見たときから、一目惚れしていた一品の入荷となりました。
potluck_pr_900-01
DSC_4686
Simworks by NITTO Potluck Front Carrier ¥15,000-(税抜き)

・9mm径クロモリスチール中空パイプフレーム
  ・26″ ~ 700c用
  ・カラー:クロムシルバー&ブラック
  ・耐荷重:7kg
  ・テーブルのサイズ:210 x 210mm
  ・重量:700g
  ・信頼の日東製

充実のスペックながら、細かい所もさすがのSimworks by NITTO。

フロントに設けられた、2つのM6のネジ山。
ライトホルダーや自作アイテムの取り付けに使えます。DSC_4689

ラック裏側に取り付けられた、M5のアイレット。
フェンダーを美しく止めるのに役立ちます。DSC_4688

バンジーコード用のサイドレールには、むろんパニアバック(小さめに限りますが、笑)も装着可能です。DSC_4677

カンチ台座に取り付けるためのラック用アダプターボルトも付属します。DSC_4680

大きすぎず小さすぎず、それでいて想像力をかき立てるフロントラックは、今まで記憶にない。

DSC_4673

このラックにピンとくる方には、蛇足となるかもしれませんが、
Simworks by NITTOのOn The Roadと組み合わせて頂くと更なる雰囲気を醸し出します。

ラックの上に直接荷物を置いてバンドで縛っても良い。
小さめの木の箱を取り付けて、その中に荷物を入れるのも良い。
お気に入りの鞄屋さんにぴったり合うバッグをオーダーしても良い。

あぁ、色々やりたい。

その名は、あお

「あお」が好きだ。
 
空の青、海の青、森の碧、蒼井優、青のり、etc。

そんな「あお」を名前に持つ製品がシクロの聖地ベルギーより入荷中。
その名は「Morgan Blue」
Morganblue-2011-600x228自転車が超盛んで多くの有名選手を輩出する国ベルギー。
そこの自転車乗り達に鍛えられた、最高のオイル類です。
 
以前より取り扱っていたのですが在庫も少なくなって来た所でしたので、店頭ラインナップもボリュームを増やしつつ再入荷となりました。
 
その数、オイル7種類&グリス3種類、その他諸々。
どどっと一気にいきます。


DSC_4027-EditRolls Pro ¥1600-
潤滑性能を求めた高性能オイルです。MorganBlueの店頭ラインナップの最高峰です。


86892360RaceOil ¥1400-
オールウェザーに対応するレース向けのオイルで、低フリクションと優れた変速性能を実現しています。


86892310SynLube ¥1400-
雨天時に求められる潤滑と変速性能に主眼においた、荒天向けのチェーンオイルです。


DSC_4026-EditDry Wax ¥1500-
皮膜を作るドライタイプのオイルで、MTBやシクロクロス等で泥や汚れがつきにくいタイプです。
注油後、乾燥時間が必要ですが強い皮膜が作れます。


86892292ExtraDryLube ¥1400-
MTBやシクロクロスなど汚れが付きにくく、かつ潤滑性能を求める用途に最適です。


86892272BioBikeOil ¥1400-
環境に優しい、ロード・クロスバイク用オイルです。


86892002CalciumGrease ¥1500-
カルシウムを配合した一般用途向けです。


86892045CompetitionCampaGrease ¥1800-
ローフリクション性能にこだわったグリースで、ベアリング等に使用することによりより効果を発揮します。


86892022AquaproofPaste ¥2600-
防水性能が極めて高いため、回転部への水分侵入防止や、パーツ組み付け時等に最適です。


86891977CarbonAssemblyPaste ¥1800-
カーボンの滑り止めとしてパーツ等の取付時お使い下さい。


86891936ChainCleaner (小)¥1000- ,(大)¥2000-
チェーンやギヤ等の洗浄用クリーナーです。


86891917BikeWash ¥1800-
バイク本体用の洗浄クリーナーです。


86891851ChainBrush ¥800-
ブラシです、優しく洗って下さい。


DSC_4030-Edit
Quick&Clean Brush ¥1800-
ブラシです、サクサク洗って下さい。


86891870CassetteBrush ¥1400-
ブラシです、ゴシゴシ洗って下さい。


86891890WheelBrush ¥1400-
ブラシです、ガシガシ洗って下さい。


86891832ChainKeeper 900-
ホイールを外した後、チェーンの保持にお使い下さい。


一気に行きましたが、車種を問わずレースから普段までカバーする頼りになるメーカーです。
皆様の工具箱にお一ついかがでしょう。

王様

春の訪れを、日々感じますね。
朝の寒さも和らぎ、夕暮れの時間も遅くなる。
そして、CXシーズンもほぼ終了。
何処までも、走っていけそうな季節がそこまで来ています。
楽しみです。

そんな訳で、今日ご紹介するのは、
夏場のCXバイクやグラベルロードなどにピッタリのタイヤPanaracer GRAVELKINGです。
87504177のコピー
Panaracer GRAVELKING ¥4400-(23c~28c)¥4600−(32c)*共に税抜き

豊富な幅のラインナップ(23c,26c,28c,32c)をもち、
32cだけは異なるタイヤパターンを採用、
色もBlack/BlackとBlack/Brownの二種類をラインナップするなどPanaracerさんの気合いを感じるタイヤでございます。

このタイヤはラインナップだけでなくその性能も気合いが入っています。
この分野では大人気の同社TOURER Plusと同じ耐久性の高いコンパウンドとケーシングを採用していますし、
さらに同社RACE Dなどに採用されている、柔軟性の高い超軽量コードを織り込む事により転がり抵抗の軽減と軽量化を果たしています。
重量もサイズ26cで、TOURER Plusより40gも軽量になっています。
まさにONもOFFも迷う事なく踏み込んでいけるタイヤとなっています。

14018104789_1e16bd98d6_o

訪れる新しい季節に新しいタイヤで新しい道を走る。
考えるだけでワクワクしますな。
あ〜、どっか走りに行きたい(笑)

日本から世界へ

雨ですな。
しとしと降ってますね。みなさまいかがお過ごしですか?

こんな出かけるのもすこしおっくうなこんな日は、家でノンビリ読書でもいかがですか?
デジタル書籍が普及しタッチパネルですっすとページをめくるよりも、
やはりペラペラと紙のページをめくるのが好きなんです。

そんな中、先日入荷してきた、本屋さんでは買えない本でございます。

20150225-124000.jpgSLM vol.7 ¥954-(税抜)
日本のMTBレースシーンと世界のレースシーンをライダー達にフォーカスして作り上げられた1冊。
迫力ある写真の裏側を想像するだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。

お次は、
ae9db425-5bd5-4dfb-ad09-4126c8621e38Rouleur Magazine Issue52 ¥2,500(税抜)
間もなく幕を開けるクラッシクロードレース。
石畳の写真は、見ているだけでゾクゾクしてきます。

雨の日の午後、飲み物片手にノンビリ過ごすのも平和ですよね。