横山誠

1F General Manager

横山 誠

Yokoyama Makoto


Facebook
自転車はじめて、気付けば18年目。車輪が回れば世界も回る。
大好きなのは、MTB。でも家には、全車種20台くらいございます。
駐輪場に暮らすこと数年、走りも、生活もシンプル&スマートを目指します?

Bikes:

makoto_bike01

HunterCycles/ Gopher
【詳細】
DSC_1285

Cielo/ Sportif Classic
【詳細】
DSC_1285

Independent Fabrication / FACTORY lightweight
【詳細】

結果、コッチでもCX

ゆっくりした時間が流れるHunterCyclesの基地に居ますと、どうものんびりしてしまいます。
そんな訳でピリリとした空気を感じにCX レースに行ってまいりました。

20141030-234814.jpg日本の関西CXも先週より開幕して、シクロシーズン真っ盛りになっているでしょうか?
こちらは結構前からシーズン開幕してまして、今回参戦して来たレースは、このシリーズの4戦目。
おや、よく見ると何やら可笑しな格好の人達もちらほら。
ハロウィンも近い事もあり、仮装ライドも有りました。

20141030-235424.jpg

20141030-235439.jpgまあ、仮装のクオリティはあまり変わりませんね(笑)

今回、僕は仮装しませんでしたがチャンと走ってまいりました。
コイツで。

20141031-004156.jpgなかなかゴッツイBikeです。
よく走ってくれました。
おかげできっちり順位もつきまして、

20141031-004457.jpg日本で言う所のカテ2に当たる?OpenBクラスで31/51位とMTBで走った割には大健闘と讃えたい所ですが、寸前の所で周回遅れを回避したぐらいの成績、ただ凄く楽しかったので万事OKだと思っております。
レースの楽しさは日本とあまり変わらないと思うのですが、1番違うのはコレですね。

20141031-005355.jpg
コレ、シングルスピードクラスのスタート直後です。
この人数。
いや〜、日本じゃ物好き扱いのクラスも、こっちの国ではしっかり市民権をゲットして居ます。
しかもみんなグイグイ踏んで行くので速いのなんの、レベルの違いにびっくりです。
だってカテ1クラスと30秒遅れでスタートでしたのに、速い人はあっちゅう間にカテ1クラスに追いついてましたから、もうビックリです。

とは言えカテ1クラスは、やはりハイスピード。
結構メリハリの効いたコースなんですが、ものともしません。
砂の坂もグイグイ行きますし、

20141031-010632.jpg
激下りの坂も、全開です。

20141031-011049.jpg
皆さん大きなガタイしてますので迫力有ります。
大きな体と言えば、我らがHunterCyclesのビルダーRICKも、カテ1クラスを激走。
やはり走るバイクを作るひとは、本人も走れます。
あと会場では、こんな面白い撮影部隊も。

20141031-011724.jpg
ラジコンヘリ?に搭載されたカメラで、上空からビデオ撮影です。
この映像、どこで公開されるか謎ですが、是非見たいものです。

Rickみたいに大きいとこんな映像でも、直ぐ見つけれるんでしょうね(笑)

そんな、コッチでもかなり大きい我らがRick Hunter。

20141031-012509.jpg
なんと、今月末の野辺山CXに参戦が決定しております。(久々に来日します!)
是非、アレやコレや聞きたい、走る姿を見てみたい、そんな方々は野辺山までお越し下さい。
また、我々サークルズからのツアーもお陰さまで多数の参加希望を頂き、締切とさせて頂きました。

それではみなさん、野辺山でお会いしましょ〜!!!

2014 Gourmet Century in SONOMA

どもアメリカ満喫中のマコトです。

学校も無事卒業し、あちこち移動しましたが、ただいまHunterCyclesの基地に居候させていただいております。
その話は、また書かせていただくとして今日は、先週末に参加させていただいたバイクイベントをご紹介。

その名も2014 Gourmet Century in SONOMA COUNTY

情報通の皆様はご存知かとも思いますが、かのChriskingが主催するライドイベントでございます。
イベント内容は、すごく単純でして、お美味しいモノを食べて、楽しく自転車乗って、アメージングな一日を過ごしましょうと言う最高なイベントでございます。

大人気のこのイベント、日本からも10人近い参加者を迎え最高の天気の下、約100kmの道程を楽しみました。
それでは、その写真などを、

20141025-190230.jpg
まずは、朝食から始まり。
そうそうたるメンバーで、ライドSTARTです。

20141025-180439.jpgかなり大物揃いのこのグループ、何人わかりますか?
ここは割と大きな集団でしたが、参加者はそれぞれが、好きなペースで走れるためこの集団も1時間もしない内にそれぞれのペースで楽しむ事になりました。
走り始めると、当然火がつく皆様おり一時並走した、この集団。

20141025-181506.jpgビルダー軍団と名付けましたが、フレームビルダー2人とピザ職人1人。時速40弱でぶん回します。
は〜、しんどい。
色々な人達と並走を繰り返し、程なくお昼です。

20141025-181826.jpg野菜多めの、カレー。
グルメの名に恥じぬ美味しさです。
と思っていたらこの先もっと凄かったんです。
何と移動式の窯が登場し、ピザ屋さんが開店です。

20141025-182320.jpg
なんか食べてばっかりですが、本当にそんな感じで食べるために走る、まさにグルメセンチュリー。
走ってる画像もいれときましょ。

20141025-182831.jpg

20141025-182923.jpg
開催地であるソノマは、カリフォルニアワインの名産地ですので、終始ワイナリーを見ながら走ります。
コースは、とても優しく老若男女楽しめるようになっております。
走っている自転車もロード、クロスを筆頭にグラベルロードにマウンテン、シングルスピードと車種も色とりどりです。
そんな中、大好きなクロスチェックも発見。

20141025-183500.jpgバンクーバーからいらっしゃったと言うこの方、ハブはChriskingと解ってらっしゃる。

20141025-183629.jpg
そんな食事とバイクチェックを繰り返し、程なくゴールです。
が、ここからがグルメセンチュリーの凄い所。
会場に集まり、2グループに分けてフルコースが振舞われます。

20141025-183902.jpg

20141025-183917.jpg
あー本当美味しかったです。
このシーズンになるとシクロレースが、目立ちますが世界にはこんなイベントもありまして、みんなで楽しめるイベントでございます。
日本でも負けないRideAliveやFlyingPassがありますので、アンテナ張り巡らしてぜひぜひ参加して見て下さいませ。

最高の一日に乾杯。

20141025-190545.jpg
Thank you ChrisKing

そしてこの日一日僕らのアテンドをしてくれた 、

20141025-190815.jpg
Jeremy Sycipに最大の感謝を、
ありがとうございました。

閑話休題、たまにはバイクチェックを

ども。無事マイバイクが完成し、少し浮かれぎみのマコトです。
学校卒業後、移動が相次ぎ中々お伝えしきれない事ばかり。
週半ばを過ぎればひと段落かと思いますので、今日はHunter Cycles基地にて発見したバイクチェックなど。

20141020-124145.jpg
グッとくる佇まい。
さらりとこんなバイクが置いて有る、この基地は鳥肌たってばかりです。

このバイクは、ビルダーであるRick自身のバイク。

まずは、デカさにビビります。
どれぐらいかって?

20141020-124604.jpg
我らが海外特派員リエ坊、身長158cmの彼女が持つと軽く胸を越します。
因みに172cmの僕は跨ぐ事も出来ません、それは僕の足が短いからだけでは無いはず(笑)

それでは、各部にもクローズUP。

20141020-125052.jpg
スチールパイプとカーボンのハイブリッドのこのバイク、つなぎめも美しい。
使われているパーツも、必要充分なモノばかり。

20141020-125423.jpg

20141020-130855.jpg

20141020-125451.jpg
自転車を良く知るからコソただ高級にならない、道具としての使いやすさがココにあると思います。
リムテープをチェーンステーガードに使ったり、ニクい使い方がイイです。

20141020-130454.jpg
そこに僕らのSimWorks製品もキッチリ使われているとビルダー達から信頼されているモノ作りに胸が熱くなります。

ビルダーの学校を卒業し、ビルダー人生のSTART地点に立った身としては、ロゴの貼り方一つも勉強です。

20141020-131310.jpg

は〜、それにしてもカッコいいバイクです。
その制作の秘密は、この中にあります。

20141020-131602.jpg

期待させてアレですが、この中のお話はまた今度。
ではでは、またよろしくお願いします。

けして山にばかり言ってる訳では、ありません。

学生生活真っ盛りのマコトです。
日々、勉強ですが、たまには放課後の事でも書きましょう。

UBIのあるASHLANDは山がちな地形ですので、当然トレイルには、困りません。家からMTBにのって片道30分の登りをこなせば、ご機嫌な下りトレイルが待っています。

20141015-220114.jpg
こんな感じで。
学校が、終わるのが5時、家までダッシュで帰って用意すると何とか5時半には、出撃できます。
毎日、これを繰り返しているのですが、如何せん下るためには、登らなかん訳で、毎日こんな坂を登ります。

20141015-220349.jpg
普通の市街地にこの勾配は、たまりません。

20141015-220539.jpg
写真だと、対してキツくなさそうなのが悔しいです。

で、そこから10分も行くと早くもグラベルです。

20141015-220734.jpg
最近よく聞く、グラベルグラインダー。
生まれた訳を痛感します。
だって、こんなフラットでご機嫌なグラベルが、50キロも60キロも続いてるんですよ、車はこないしのんびりライドにもトレーニングにも最適ですよね。
ただ、このフラットダートを行くには、ロードだとちと辛い。
クロスやマウンテンでは、やり過ぎている。
そこでグラベルグラインダー、最高ですね。
やはり生まれて来るには、必然がある、そう心から感じます。

さて、こんなフラットダートを走り、山頂も近づくと、トレイルの入り口が出てきます。

20141015-221732.jpg
ほとんどのトレイルの入り口には、看板が有るので迷うこともありません。
ちゃんと使用者も書いて有るので、ハイカー専用にうっかり突入ということもあり得ません。

20141015-221944.jpg
ここは、バイク禁止。
違う場所に向かいましょう。

自転車専用のトレイルでは、こんな感じの人口セクションもあったりします。
20141015-222325.jpg
ちょっと壊れていますが、ラダーってやつです。丸太に乗って、反対側にジャンピングです。
こんな素敵なトレイルが、幾つも有るので今日でこちらに来て約二週間ですが飽きもせず毎日走れるわけです。

やはりマウンテンは楽しいですが、素敵に走れる場所があってこそ。
日本でも他の使用者の皆さんと仲良くしながら使いたいモノです。

さてさて、ピュイっと走ったあとは、やはりこれ。

20141015-223131.jpg
アメリカンなご飯とビール。
これですべては、うまく行きます。
は〜今日も良い一日でした。

はい?やっぱり気になりますか?
学校の成果の方も、
はいっ、じゃじゃじゃじゃ〜ん。

20141015-223343.jpg
何とか自転車らしくなってきました。
早く乗ってみたい。
今はもうそれだけです。

学校楽しいです。

どうも。逃亡中のマコトです。
何とか退学にならず、最初の一週間を乗り切りました。
アメリカとは思えぬほど、ハードな時間割。
開始午前8時〜終了午後5時(延長あり)
この間、なんと休みは昼休みのみ。
僕らも必死ですが、先生方もコレは大変でしょうきっと。
たまに英語の出来ない日本人も来るし(笑)
さて今回は、そんな学校を紹介してみましょう。
まずは、教室?

20141010-232650.jpg
教室というよりは、工場ですね。
ココで朝から晩まで、黙々とやってます。
初日、学校が始まって2時間で初溶接です。
展開早すぎて、びびりました。
まずは、軽くボトルゲージのアイレット付け。

20141010-233001.jpg

いきなりでしたので、片側燃やしました。

次から次へと流れていくのですが、ここからは、しばし練習が続きます。

で、三日目。
いよいよ設計が、始まります。

20141010-233323.jpg
色々乗っかってますし、薄くて見にくいかもしれませんが、僕の作っているフレームの設計図です。

フレームの製作って言うと溶接の派手なところ?が、浮かびますが、ほとんどは、図面引いて、パイプ削って、磨いて、整えてと地味な作業のオンパレードです。
大雑把に見られがちな私ですが(?)、割とこういった作業は嫌いでは無いので黙々とこなします。
で、図面が終わると、いよいよ本番の始まりです。
まずは自分のフレームに使う、パイプやエンド小物などを決めて行きます。
ここの作業、ちょー楽しいです。

20141010-234028.jpg
んで、決まったらまたセコセコ、削って磨いてを繰り返し、溶接タイムです。
まあ、ほとんどいきなりなんですが、一応見本が見せてもらえます。
「おらっ、ひよっこどもチャンと見とけよ」ってな感じです。

20141010-234258.jpg
で、この後はやっとけお前、な感じでおっかなビックリ自分のを始めます。
放任万歳です。
たまに見つけて、「そこ違う」って言われます。
「もう、くっ付いてるので遅いんですけど・・・」(笑)
ちょっと盛ってますがボチボチこんな感じです。
でも、なんとか形になるモノで、ちょうど講義日程のちょうど半分の今日、フロントフォークが出来ました。

20141010-235132.jpg
焦げてますし、まだ掃除前ですので色々アレですが、かなり嬉しいです。
(注:ブレーキはまだよ。)

そんな毎日を過ごしていますが、来週は、いよいよ本体へ着手します。
さてはてどんなフレームになるのやら不安と期待でいっぱいです。

20141011-000145.jpg

そして明日から週末。
天気も良さそうですので、繰り出すとしましょうトレイルって奴にね。

20141011-000551.jpg
「毎日行ってんだろっ」てな突っ込みは、お気になさらず〜。

幾つかの夜をこえて

ご存知の方もご存じない方も、よってちょうだい、見てちょうだい。

てな感じで、私マコト、アメリカNOWでゴザいます。
こんな町におります。

20141007-013154.jpg

ええ、ほぼ何も無い町です。
ただ、僕のような変わり者?には、最高の所だったりするのです。
なに?

20141007-013344.jpg
それは、コレ。
UBIと呼ばれる、フレームビルディングを教えくれる学校です。
そんな学校に通うために、アメリカを訪れたしだいです。
ですので今、「学生」です。
38才、学生、住所安宿。
胡散臭くささ満点です。
ですが、ココで学んだことを活かせるようになれば、もっと面白いこと楽しい事が出来るようになると思います。
自転車を始めて20年目にして、未知のジャンルに飛び込むのは、不安いっぱい楽しさめいっぱいな感じです。
頑張って行きますので、みなさんも少しだけ楽しみにしていて下さい。

楽しいと言えば、こんな田舎にも当然のようにMTBのトレイルがありまして、自転車を持ってきた身としては、毎日繰り出すのです。

20141007-021448.jpg
最近は、熊さんが目撃されたらしく、こんな感じで注意を促されます。

20141007-014801.jpg
簡単な事のようで、このような随時更新されて行く情報を伝え切るのは、大変な事だと思います。
いくつも問題はあると思いますが、自然と人間、ライダー、ハイカー、ジョガー。みんなが自然に共有するトレイルが、日本もたくさんできるといいなと、こちらで走ると何時も思います。
そんなコチらのトレイル事情についても伝えていけたらと思っていますので、乞うご期待という事で



おいっ、学校の話は、どこ言った?

まだ、始まったばがりですのでもう少しまとまったらご報告します。
でも、ちょっとだけ。

20141007-015741.jpg

ボトルゲージのアイレットを溶接しました。
が、片方まるこげ。
まだまだ、これからです。
でも、最高に楽しいですから〜。

最高の季節到来。

秋が来ました、最高です。
涼しいだけで外に来たくなります、ねぇ。

そんな時に完璧なタイミングで御納車させて頂いた1台をご紹介。

DSC_3108Niner RLT9

昨年のインターバイクで目撃した時から、かなりお気に入りだったのですが、
このたびお客様の目に留まり組み上げとなった一台です。

このNiner Bike、Circles店頭では滅多に目にしないブランドなんですが、実は取り扱っていたんですよ。
こんな感じで取り扱いはあるけれど実物がおけていないブランドは他に幾つもありますので、気になるブランドがあったらまずスタッフにこえかけてくださいね。

そんなCirclesではレアなブランド、Niner bikeが送り出して来た、まさにオールラウンダーなこのバイク。
アスファルトよし、グラベルよし。
走れない所などないこの一台まずは御覧ください。
DSC_3106
DSC_3111
DSC_3117

ディスクブレーキを採用し安定した制動力。
長めのチェーンステーとタイヤクリアランスは、フェンダーの装着も可能。
シフトケーブルは、フレームの中を通るので泥によるトラブルが出にくくなるのに加え、電動式の変速システムもスムーズに取り込めます。
プレスフィットのBBを採用し、足回りの剛性もバッチリです。

こんなバイクであれば、朝夕の通勤ライドから、休日お散歩ライド、はたまた探査ライドならぬアドベンチャーライドもどんとこいです。
よい天気に誘われてあちらこちらに出かけたくなる事間違いなしです。

さあ、そんな良い季節。
皆様の愛車の調子はいかがですか?
新車はもちろん、修理・オーバーホールなんでも、いつでもご相談下さいね。

Smooth the way

暑い。
この単語を一日に千回いったら、涼しくなるとか裏技があったら良いのに・・・。
こんな妄想が、頭を駆け巡る時点で暑さにやられていると思います。
どうも、夏バテ真最中なマコトです。

さてさてこんな時期、いかに快適に街中を走ることができるかを、考えました。
そして、こんな一台を形にしてみました。

CSC_4433Circles Special Tourer(size:50cm) ¥163,000(税抜)

見た目も涼やかなバニラシェイク色。
コンポーネントも最近その完成度の高さでボクの心をわしづかみするShimano TIAGRA。
煮詰められたデザインは、レーシングではないコンポの最高峰。
レースが全てですか?
僕は、違うと思います。
レース以外の世界では、快適性や耐久性、コストパフォーマンスなど、レースの世界より多くのモノを求められ最高のバランス感を要求されます。
その多岐にわたるジャンルをバランスよくカバーするTiagra。
「たるを知る」まさにそんなコンポーネントでは、ないでしょうか。

そして今回は、最近流行のゲリラ豪雨対策もバッチリです。
CSC_4437

CSC_4435

日常での、不意な天候の変化にも対応すべく取り付けられた、Honjo Fender。
細身でクラシックなフレームにもピッタリです。
跳ね上がってくる泥汚れをシャットアウトし綺麗な雨に打たれながら走るのは、この時期きっと気持ちいいです。(まあ、人それぞれだと思いますが、僕は好きです(笑))

勝つためではなく、自分の時間を大切に使うために快適に移動する道具としての一台には、
こんなバイクが似合うと思うんです。

横山誠
Posted by

夏の旅、それは・・・

「RIDE ALIVE」が告知され、バンバン参加者が集まっております。
噂では、半分以上埋まったとか、まだの方は慌ててご参加申し込みお待ちしています。

キャンプツーリングか・・・遠い過去が蘇ります。
自転車に荷物を満載して暑い夏から北に向けて逃亡し続けた、若かりし頃。
もう、20年も前ですね〜 ああ、懐かしい。
そして今新たに向うキャンプに胸が高鳴ります。
こうみえても自転車屋のはしくれ、どんな自転車で行くのか考えるだけで、ドキドキ。

はっと頭に浮かんだのはやはりコイツ。
我が家でも屈指のオールラウンドMTB。
DSC_9285ON-ONE MonsterCross TouringSpecial

にキャリアをポン。
パニアバッグをポン。
で、こんな感じ。

20140718-195826.jpgPDW NORTHst ¥13,000-(税抜き)
PDW the loading dock ¥9,000-
あっという間に旅仕様。
良いじゃないですか〜(自画自賛)
これなら、まだ暑い夏でも荷物を背負わず快適に旅を進められます。
キャンプの道具や快適装備を満載してもへっちゃらです。
しかも、装着するタイヤによってはオンもオフもそつなくこなす事が可能です。
なんと言うオールラウンダーぶり。

こんな自転車良いね〜という方には、
完成車のベースバイクとしてコレはいかがですか?
DSC_1743Salsa FARGO2 ¥25,1000-(税抜き)
Salsaの理念を具現化したこのバイク。
アドベンチャーの為に存在するこの一台。
都会という日常を離れ、ひとときのアドベンチャーを体感する「RIDE ALIVE」。
まさにうってつけです。

そんなこんなで、妄想バイク第1弾はこれにて。
旅に向う僕の妄想を、少しずつ公開しますのでお楽しみに。

「あ〜、私の妄想も聞いて欲しい。」という方、いつでもお店でお待ちしています。

横山誠
Posted by
横山誠
Posted by

What’s do you like Staday

蝉の声が聞こえ始めたとなれば、それは夏。
夏と言えばツールドフランス。 なんで今年もやりましょう。

20130705-141902「ツールドフランスをみんなで見る会」
日時:7月19日 pm8:30ごろ〜
場所:Early Birds
料金:1000円(1DRINKを含む)

この日は、グルノーブル~リズール 177km の山岳ステージです。
超級を含む3つの峠が用意され、2つ目の峠は有名なイゾアール峠。
過去、幾多の名勝負が繰り広げられた最高の峠の1つではないでしょうか。
何時か自分の足で登ってみたい峠の1つです。
まあ、自分ではきっと足付かんと登れんでしょうが(笑)
もしかしたらここで総合が決まるかもしれない重要なステージとなっています。

そんなステージをみんなでワイワイ、ガヤガヤ。 ビールでも飲みながら観戦しましょう。
pm8:30~ごろよりぼちぼち始めてますがこの日の見せ場、
超級山岳への到着予想時間は、23時前後。
この日パルルにて開催されている「大名古屋自転車風俗展示会2014夏」で行われる、
「名古屋の自転車文化の発展について考えるシンポジウム」
などご参加頂いた後でも十分間に合います。
ぜひぜひ自転車まみれの1日にして下さい。

食事もマッツン特製ピザなどご用意してお待ちしています。

20140716-195202.jpg

横山誠
Posted by