池山 豊繁
Shop Manager / Racer

池山豊繁

Ikeyama Toyoshige


Facebook
twitter
Instagram
strava
学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり、古参の存在。 でも身長も最小です(163cm)。

昨シーズンまでシクロクロスC1ライダーでしたが、今期からC2へ降格。 速く走ることも大事ですが、強く走りきることのできるサイクリストでありたいと思います。お酒は苦手ですが、無類のカルピス好き。 現在SimWorksUSA特派員としてアメリカ駐在中。

Bikes:

DSC_5977

Hunter Round Top Road【詳細】
Hunter CX

Hunter CX 【詳細】
DSC_5543

Cielo MTB【詳細】
PARLEE Z5i

PARLEE Z5i 【詳細】
DSC_2403

Cielo CX Racer 【詳細】
Hunter Round Top Road(Repaint)

Hunter Round Top Road(Repaint) 【詳細】

Just one pair of socks – The Athletic –

 
 
そう、初めはワンペアーのソックスから始まったのです。
 
きっとポートランド空港のカーペットが落とし込まれたソックスを目にしたことがある方も多いはず。
 
お洒落は足元からとは言いますが、毎日履くものだからこそ、足を通した時の快適さにもこだわりたいし、今日は何を履こうかなと考えることが楽しい。
 
 

 
自転車に乗る時、ハイキングに行く時、もしくはバスケットボールや、日々の生活に中でも、お気に入りのソックスに足を通して出かけたい。 日々の暮らしの中に遊びを取り込んで、人生を楽しみたいという気持ちのこもった彼らの生み出すものが僕は好きなのです。
 
 
この時期に嬉しいウール混のものも含む新しいソックスが入荷しておりますのでぜひのぞいてみてくださいね。
 

 

欲張りさんへ捧ぐ。
– SimWorks / Volummy 700x38c –

 
 
去年のリリース以来、好評をいただいているシムワークスのオリジナルタイヤ、ヴォリューミーに新しいサイズラインナップが加わりました!
 

【SimWorks By Panaracer】Volummy / ヴォリューミー 700x38c ¥5,800(税抜)

 
チューブレスコンパーチブル
ピーナッツバターウォール
アラミドビード(700cはザイロンを使用)
ZSGナチュラルコンパウンド
重量:574g
最大空気圧(チューブレス使用時):4.0bar / 60P.S.I.
最大空気圧(チューブド使用時):5.3bar / 75P.S.I.
最低空気圧:2.5bar / 36P.S.I.

 

 
様々なサイクリストからの要望に耳を傾け生まれたこのタイヤは、チューブレス化が可能なこと、そしてサイドカットなどのアクシデントのリスクを軽減することを実現するべく、700cのタイヤにはザイロンという強靭な素材をビードに採用、そしてオリジナルのピーナッツサイドウォールはバイクのルックスを整えるだけでなく、安心感のあるサイドウォールに仕上がっているので、グラベルライドやロングツーリングでも安心なのです。
 
 
センターにヤスリ目、その外側に杉目のパターンを配置し、スリックタイヤながらも雨上がりのぬかるんだ路面や、苔むした林道、不意に見つけたグラベルを走ってもしっかりとグリップしてくれます。
 
ロングツーリングからグラベルライド、そしてアーバンライドにもおすすめできるこのモデル。 そうなるとやはりその名のようなヴォリュームをもっと欲するライダーも多いわけで、シムワークスUSAとしてアメリカに行った時にも多くのサイクリストに「700cでもっと太いの作ってよ!」という声をもらいましたし、自分自身もこれくらいのサイズが欲しいなと思っていたので、完成が待ち遠しかったタイヤです。
 
 
という訳で、早速 #mycielo に装着してグラベルへとライドに行ってきました。 CXバイクにはこれくらいのボリュームが丁度バランス良いですし、正直今までブロックタイヤで走っていたので、38cの太さがあっても舗装路ではとても気持ちよく進むという印象でした。
 
 
少しガレた路面や、ドロップオフも空気圧を落として走ったりしましたが、リム打ちやサイドカットの心配も全くなく、そのポテンシャルは、僕に愛知牧場のレースはこれで走っちゃおうかなと思わせるほど(迷ったけど結局ちゃんとチューブラーのホイールを履きましたw)。 ちなみに空気圧について、チューブレスとチューブドで対応する最大空気圧が異なりますが、個人的にチューブドで使った感触としては2.5〜3.0bar辺りがおいしい加減でした。 もちろん乗り手の体重やの乗り方によって一概には言えませんが、参考までに。
 
先日紹介したWTB Nano 700x40cもおすすめですが、フレームクリアランスの問題があったりブロックパターンは必要ないけれど太いタイヤが履きたいなという方や、シクロクロスシーズンが終わったら履き替えるタイヤとしても強くおすすめできるタイヤです。
 
 
もちろん、通勤や日々の暮らしを支えるバイクにもとても相性良し。 特に街乗りではこれくらいの太さがあったほうが多少の段差も気にせず気持ちよく乗ることができます。 27.5×1.5″ / 27.5×1.75″ / 700x32c もラインナップしていますので、あなたのバイクに合うサイズをぜひ試してみてはいかがでしょうか?
 
 

 

照らす【te-rä-sū】 : to illuminate

 
寒さに負けずに外へと出かけていくのも良いですが、たまにはゆっくりと心身のリフレッシュをはかるのも悪くないですよね。
 
前作TERASU Vol.1 EARLY HUESより一年半、待望の新作が到着しました。
 

TERASU Vol.2 CONNECTIVE TISSUE ¥6,000(税抜)

 

 
TERASUの持つフィールド(サーフィン、スノーボード、自転車、食)を網羅した前作から一転、今作CONNECTIVE TISSUEはテーマを水と人との関係に絞った、4人のフォトグラファーと1人の微生物学者による写真集。
 
 

今作でフィーチャーするのはこちらの5人
 
– ミュージック/コマーシャルムービーメーカー、アマド・スタシェンフェルドのヴァション島
– フードフォト/コマーシャルフォトの分野で活躍するエリック・ウォルフィンガーの礼文島
– 微生物学者、フランセス・トランの顕微鏡写真
– TERASU主宰、マックス・ハウゼガのウニやクラゲ、そのハンティングや調理の様子
– 日本の伝説的なスノーボーダー、玉井太郎の北海道
 
また、付録として同梱される日英2ヶ国語によるエッセイは同じ水と人がテーマとなっています。
 
– 西麻布レフェルヴェソンスのシェフ生江史伸
– 微生物博士フランセス・トラン
– カルフォルニアのシングルスレッドのファームディレクター、カティナ・コノートンと料理長のアーロン・コセバ
– TERASU主宰のマックス・ハウゼガ
– ライターのダン・クロケット
 
 
  「体だけが真実。 体の疲れ、要望、怒り、酔い、混乱、疲労 ー このことだけが真実。
  それで私たちは初めて生きていることに気づく」
田村 泰次郎『春婦伝』1947年
 
  水は絶望を招き、物事を消し去り、一方で畏敬の念、喜びと恍惚を我々にもたらす。
  我々はこれを相反するものとして区別しがちだが、絶望も恍惚も生きている実感を与える。
  人間であることの証とも言えるだろう。
 
  水は、他には不可能な、肉体の意識をも引き起こす。
 
 
サーフィン、スノーボード、自転車、食といった遊びや暮らしの中で、我々はいつも水と身近なところで共存しています。 そしてこの写真集は、彼らTERASUが目指す多様な生を照らし出します。
 
Vol.1 / EARLY HUESも少しだけですがストックしておりますので、この冬が明けていくのを待ちながら、彼らの作品から得られる多くのインスピレーションをもとに、自らの生活を照らしてみてはいかがでしょうか?
 

My Sklar turned out to be Monster…

 

僕はどうやらとんでもない相棒を手に入れてしまったようだ。

 
 
去年の年末に密かに仕込んでいたこと。 それは自身のSklarbikes / CX ALL ROAD Bikeに少し手を加えることだった。 もともとは700x43cのThe Homageを履かせていたが、モンスタークロス化するためにこっそりもう一つホイールセットを組んだのである。
 
そもそも、日本でもモンスタークロスというバイクは以前から存在していたが、その定義として、

①:ドロップハンドル
②:フルリジッド
③:40c以上のブロックタイヤ
④:700cホイール

とされているが、ここ数年でディスクブレーキ化も進み、車輪径を変更することがフレキシブルになっていく中で、グラベルライドも様々な楽しみ方が広がり、インチダウンしてより太いタイヤを必要とする乗り手も増えてきたという流れもあった。
 
 
こうしてこのバイクは27.5″ホイールを奢ったモンスタークロスへと化けたのでした。 これこそが思い描いていた理想の形。 もはやドロップハンドルであることを除けば、その出で立ちはマウンテンバイクのような存在感をもつ。
 

 
リムにはVelocityからリリースされている最もモダンなクロスカントリー用リム、Blunt SSに設定されている28Hをチョイス。 そこにChrisKing R45 Disc HubのMatte jetを組み付け。 これでようやくヘッドセットとBBにカラーをマッチさせることができた(CKのマット系カラーもだいぶ生産が落ち着いてきているので是非揃えてオーダー検討してみては?)。
 
タイヤはフロントフォークのクリアランスが心配だったものの、チューブレス化も可能なオールラウンダーパターンのMaxxis / Ardent Skinwall 27.5×2.25″を履かせた。 つまりENVE DISC CX(スルーアクスル)フォークには27.5×2.25″が履けるということを、ここにリークしておこう。 モンスタークロスとはいえども、オンロードも走ること、そして小径化によりホイールは必然的に強度が上がることを考えて、28Hをチョイスしたのが個人的にこだわったポイント。
 
 
そして、はやる気持ちを抑えきれずに早速グラベルへとライドに出かけた。 まず、そこへたどり着くまでのオンロードでの走りについては、今までの700cホイールのようには進まないが、それでも十分に楽しめるし、ビックライドをしたいときはホイールを履き替えれば良いというのが私の結論。 割り切ることがとても大切だ。 とにかく、自分が知りうるグラベルというグラベルをたらふく走ってみた。
 

今までもThe Homage(700x43c)を履いていたので、よほどの段差を気にせずに走っていたが、27.5×2.25″のタイヤはグラベルにおいて異次元の走りを可能にした。 まず何よりボリュームが増したことで、より大きな段差も気にせず走ることができるようになったのはもちろんのこと、ロッキーな路面では安心して突っ込むことができるし、その安心感ゆえ気持ちの余裕もでき、めまぐるしく変化するトレイルの路面状況にも今まで以上に的確に対応できるようになったのだ。
 
また、若干ホイールの外径が小さくなったことでBBハイトが下がり、特にジープロードの下りなど、スピード域の上がる悪路においてとても快適に、そしてアグレッシブに下っていくことができるようになった。 もちろん雪の積もったグラベルだって大好物な仕様ときたものだから、これでまたさらにライドの幅が広がり、またこれからも踏み入れたことのない道へとペダルを進めるのが楽しみでならない。 とはいえ、無理して怪我をするのは禁物。 危ないところは降りて担ぎましょう。
 
現在頂いているスカラーのオーダーも、同様にモンスタークロスとしても使える仕様なので個人的には完成が楽しみな一台。 さすがに今持っているバイクに27.5×2.2″前後を履けないという方も、WTBに代表される650Bの太めのタイヤを用いたROAD PLUS化によっていろんなライドを楽しむことができるので、世界を広げたいと思った方は、是非お気軽にご相談ください。
 
 

 

 

 

 

 

 

2017年を振り返って。

 
 
今年最後の営業だった本日、ありがたいことに以前からカスタムオーダーのご相談させていただいていた方にセブンのオーダーを頂きました。
 
人と自転車を適切に結びつけるのが我々自転車屋の仕事だと思いますが、それは時にマスプロダクションを通してだったり、もしくは作り手の顔が見えるような1点もののハンドメイドと呼ばれるものを通してだったります。 それ自体が大きなポイントではなく、何よりも大切なのは、ヒトとモノをいかに適切に繋げることができるかです。
 
もちろんそれは人それぞれによって様々な形となるのですが、今年一年を振り返る意味を込めて、サークルズテーラードでオーナー様と繋げさせていただいたバイクの中からいくつかご紹介させてください。
 

BREAD WINNER CYCLES / B-ROAD

 

 
新しいショップの立ち上げ、併設のカフェスペースがつい最近オープンしたばかりと、間違いなく飛躍の年だったオレゴンはポートランドのビルダーコミュニティーの大黒柱、BreadWinnerCycles / ブレッドウィナーサイクルズ。 リアルサイクリストであるトニーとアイラの二人を中心としたチームワークで日々生み出される素晴らしいバイクの数々に、海を超えてもそのチーム力の強さがよく伝わってきます。
 
ラインナップの中でも万能型のグラベルロードであるB-ROADには、そのタイヤクリアランスを活かし、オマージュ700x43cを履かせて、バーサタイルな一台に。 グラベルでの安定感の高さはさることながら、オンロードでも素直に進んでいく仕上がりは、アイラがオレゴンアウトバック(約580kmの道のりの8割がダートというオレゴン横断レース)を想定して作ったというのが納得できるもの。 その道を問わず、どこまでも!そんな一台です。
 

BLACK CAT BICYCLES / CUSTOM ROAD RACER

 

  
バックグラウンドに、世界チャンピオンを何人も排出し続けるサンタクルズ バイシクルで培った自転車製造の基礎と最新のマテリアルまでの知識と知恵を活かしながらも、極めてシンプルかつ丁寧にフレームビルディングを行う、Black Cat Bicycles / ブラックキャットバイシクルズ。 ビルダー・トッドが小物の制作から、フレームの溶接、そして仕上げのペイントに至るまでを全て自分自身の手で行うという生粋のサイクリスト的解釈で、自転車とヒトが一つになっていくことをしっかりと理解し生み出されるフレームの数々。
 
採寸をし、乗り方について話し合い、トッドにそれらの情報をまとめてオーダーを流したのが2年前。 ベースの色のイメージだけを伝え、あとはお任せと言って出来上がったフレームは、既成と自由を信じ、自転車というファンツールへの深い愛をもつ男が生み出す、待つという最大の辛抱ができる人のみが知り得ることのできるものです。 そして2年待っていただいたオーナーさんが、フレームとご対面した時の嬉しそうな顔を私はずっと忘れません。
 

SEVEN CYCLES / AXIOM SL

 

 
レースをするのか? ツーリングをするのか? または通勤をするためなのか? ライダーがもつ体型を通し、どのように自転車が年をとっていくのか? 順応性はあるのか? どのようにして一生乗ることのできる自転車を作ることができるのか? 素材と同じくらいデザインにも恒久性を持たせること、そしてライダーの願望を形にすることこそが、SEVEN CYCLES / セブンサイクルズにオーダーをするということなのです。
 
どうやって楽しむかということに真剣に向き合った先に出した答えは AXIOM SL。 自社でチタンチューブのバテッド加工ができる唯一のフレームメーカーだから作ることのできるバイクは、推進力や乗り心地といった要素を高次元で満たしてくれます。
 
一般的なカスタムという言葉以上をの要素を含めたフレームを、乗り手の欲する目線で正しく作り上げるという行為を、呼吸をするように当たり前にやり続けることこそが、年間約1700本のフレームを作る世界最大のカスタムフレームメーカーとして存在し続ける理由。
 
 
それぞれオーナーさんの想いが詰まった、どれ一つ同じものはなく、色んな自転車と、そして色んな人達と関わりながら毎日仕事ができる事に感謝! そして、軽さや走りの速さといったものは問わずに、とにかくありとあらゆる人が自転車に跨がって、みんなが笑顔になってくれたら良いと思います。 そのために、できる限りのお手伝いをさせていただきます!
 
新年の営業は5日から。 どうぞ皆様お身体にはお気を付けて、素敵な新年をお迎え下さい。
 

時代が変わっても、変わらない良さがある。

 
初めてこのシューズを見たのは、2011年、リック・ハンターが日本に遊びにきてくれた時でした。 とても大きい彼のシューズサイズに驚いたのはもちろんなのですが、ハイビズカラーのシューズがトレンドセッターになりだした当時において、ブラックのボディにガムソールという時代の流れなどはお構いなし!と言わんばかりの無骨なデザインに僕らは虜になったのです。
 
 
アメリカはカリフォルニアにてヘルメットやシューズやウェアと、高品質なアイテムを幅広く手がけるGiro / ジロ。 数多くのフレームビルダーが存在するカリフォルニアにその拠点を置き、広大な大地の元で土遊びをベースにライドと向き合い、様々なサイクリストにとってのスタンダードを生み出しています。 今ではEmpire/エンパイアと呼ばれるシューレースタイプのシューズの代名詞とも言えるシューズを生み出したのもこのブランドです。
 
周りを見渡せば、多くのブランドでカーボンソールを採用したシューズが積極的にリリースされていますね。 カーボンソールが持つ、軽くて、踏んだ力を余すことなくペダルの推進力へと伝えていくことは、もちろん走りの質の向上へと直結するわけですが、誰もがそれを求めているのでしょうか? 僕はそうではないと考えています。
 
シクロクロスのC1でのレースをしていた頃、一時期はカーボンソールでレースをしていましたが、そのソールの硬さに対して自分自身が対応できなかったこともあり、また普段もバイクを担いで山道を分け入ったりもする性分もあって、好んでナイロンソールを履いていました。 そしてそこで感じたのは、日本のマーケットにはコンペティティブでなく、よりマスに対してアプローチしている調子の良いSPDシューズがなかなかないものだということ。
 
そんな中で見つけたこのPrivateer R HV / プライベティア R HVは、まさに僕らが探していたものなのです。
 

【Giro】 Privateer R HV ¥18,500(税抜)

 

 
シューレースやBOAダイアルでの調整など高いフィット性を持ったシューズや、カーボンソールの硬さや軽さを活かしたコンペティションモデルまで様々なシューズがリリースされている昨今でも、ベーシックとは何か?を考え、ベルクロ+バックルに、ナイロンソールという選択をしています。
 
 
硬過ぎず、柔らか過ぎず、ほどよくペダルにトラクションをかけれるナイロンソールは、カーボンソールと比べれば柔らかいという事もあり、輪行ツーリングや担ぎが多い里山トレイルライド、はたまたシクロクロスのレースにもおすすめです。 また、アウトソールは耐久性に優れ、足場の悪いところでもグリップする成形ナイロン・ラバーにアップデートされています。
 
 
シンプルなブラックボディにどこか懐かしさを感じるガムソールのデザインは、どの時代にも変わらず使い続けたいと思えるスタンダード。 ハイスペックなものが多く出回っている時代だからこそ、誰にとっても使いやすいバランスのとれたシューズです。 HV / ハイボリュームのアッパーを採用し、甲高・幅広という日本人に多く見られる足型にフィットしやすいサイジングで、選びやすいのもポイントです。
 
以前もお取り扱いがありましたが、デザインと仕様がリニューアルされてから初めてとなる待望の入荷です。 もちろん国内ではラインナップされていない、サークルズだけのスタンダードとなります。
 
僕らにとって最良の、これでいいであり、これがいいでもあるシューズ。 是非足を通してみてください。 ハーフサイズ刻みでしっかりとサイズをご用意してお待ちしております。
 

冬のライドの大黒柱
CafeDuCycliste / Heidi Winter Jacket

 
今朝は雪がちらついていましたね。 冬の寒さもいよいよ本番。 そんな冬を乗り越えるのに最適なウェアが、Cafe Du Cyclist / カフェドゥシクリステより様々入荷しておりますが、その中でも特に冬の定番と言えるHeidi Winter Jacket / ハイディウインタージャケットに改めてフォーカスを当ててみましょう。
 

【Cafe Du Cycliste】Heidi Winter Jacket ¥29,500(税抜)

 

 

  
一見、セーターの様に見える杢調のカジュアルなルックスのメイン生地は軽く暖かいフリース素材。 真冬のライドでの着用を想定しており前面には防風生地を装備しています。 表面はキルティングのような格子状のステッチングを施し、袖部分にはあえて裏面にその生地を装備することにより、ボディ生地の質感を活かしながらも、ライド中に前方から受ける風をしっかりと防ぎます。
 
 
肩部分に設けられたベンチレーションは小ぶりながらも計算された配置で、フロントジップと合わせて使用すれば効率の良い体温調整が可能です。 程よい伸縮性を持った生地は、ライド中の動きを妨げることもありません。
 
 
今年のカラーはブラック・ネイビー・クミンの3色展開。 もちろんレディースモデルもラインナップされています。
 
 
防寒性に優れ、暖かいベースレイヤーとのシンプルなレイヤードによる組み合わせで冬を快適に過ごすことができるジャケットは、スポーツウェアとカジュアルウェアが上手くミックスされた、最もカフェドゥシクリステらしさを表現されているアイテム。
 
 
写真のように保温性と吸湿速乾性に優れたメリノウールのベースレイヤーの上に羽織り、サーマルタイプのビブタイツそして首元はネックウォーマーでしっかりと守れば、今の時期のでも快適にライドを楽しむことができます。
 
 
ビブタイツはもちろん、カジュアルなパンツとの相性も良いので、ライド中にカフェへ立ち寄ったり、また輪行でのライドやゆったりとツーリングをするようなシチュエーションでも重宝する、コーディネートのバリエーションを楽しめるのもこのウェアの魅力です。
 
 
冬用のジャケットは今まで色んなものを使って来ましたが、防寒性とウェアとしての機能、そしてそれを良い意味で微塵も感じさせないルックスのバランス感がとても良くて、ここ何年かはずっとこれに落ち着いています。
 
よく行く街のカフェから、険しい峠を走り抜けた先の山頂まで目的地を限定する事なく、様々なシチュエーションに対応できる表情を持ち合わせたカフェドゥシクリステのウェアを身にまとって冬のライドをお楽しみください!
 

MAAP Exibition

 
今年の春夏より取り扱いを始めたMAAP / マープ。 オーストラリアのメルボルンにてデザインし、イタリアで生産をしています。 厳選した良質な素材を用い、ライドに最適化したパターンに落とし込んで作られるウェアは、時代に左右されない独自のスタイルを表現しています。
 
サークルズとしては特にレディースモデルにフォーカスをし、女性がライドを楽しめるようなアイテムのセレクションをしていますが、今回、まだMAAPというブランドを知らない方々や、実際にアイテムを手に取ったことのない方へ向けてMAAPの展示販売会を開催致します。
 
 

 
MAAP Exhibition
 
期間:12/18(月)〜12/25(月)まで

場所:サークルズ2Fテーラードにて

 
秋冬のアイテムを中心に、期間中は普段ラインナップしているレディースモデル以外にも、メンズのラインナップも展示販売致します。 各サイズを取り揃えておりますので、実際に手に取り、しっかりとフィッティングをしたうえで、その場でお買い求め頂いたり、プレオーダーという形でご予約を承ることも可能です。
 

 
 
これからの時期ウインドブレーカーやジャケットの下にミッドレイヤーとして使えるウインタージャージや、サーマルロングビブなど、真冬のライドでもすぐに活躍するアイテムを中心に、レディースの秋冬アイテムはほぼ全ラインナップをご用意しております。
 
 
そしてメンズのアイテムは、冬の名古屋で大いに活躍する、オールウェザーレーシングジャケットや、ベースサーマルビブショーツ& タイツなどを中心にラインナップ。 メンズのアイテムは普段お店に並んでいないので、この機会をお見逃しないようお願い致します。
 
1週間開催しておりますので、平日の仕事帰りにも是非お立ち寄りください。 独特のデザインが目を惹きますが、厳選した良質な素材を用い、イタリアでの生産にこだわり作られているからこその着心地の良さに、彼らの本質が伺えます。 是非お気軽にご試着をしに来てください!
 
 
  

「被る」という意思表示。

 
昨日は用事があり、レンタカーで街の中を走っていました。 師走らしく忙しい街では車での移動に時間がかかってしまうもので、改めて自転車の良さというのを感じます。 特に名古屋のように平らな土地では車種問わず日々の足として自転車が活躍してくれます。
 
最近自転車で街を走っていて思うのですが、今の自動車というのは本当に走りが静かですよね。 通勤中なんかでも後ろから気配を全く感じていなかったのに急に車に抜かれてヒヤッととすることもしばしば。 週末にライドに出かけるときはもちろんですが、日々の生活の中でこそ、安全に対する意識がとても大切だと思います。
 

みなさん、ヘルメット被っていますか?

 
 
ヘルメットを被ることは、車や歩行者に対しての意思表示。 カリフォルニア生まれのバイクヘルメットメーカーの雄、Giro / ジロ よりみなさんの日々のライドから週末のライドまで安全をもたらすヘルメットが入荷しています。
 
【Giro】Aspect ¥22,800(税抜)

 
いわゆるベーシックなヘルメットと大きく違うのはそのシルエット。 その他のモデルよりもサイドの広がりが少なく、スッキリとしているASPECT/アスペクトは、デザインもシンプルで、カジュアルなスタイルから、それこそサイクルジャージとレーサーパンツ、というスタイルにもしっくりきます。
 
それでいて、シティライド、アーバンライド向けといわれるヘルメットとは違い、ジロのフラッグシップ同様に、内部に補強網を使用したROLL CAGE REINFORCEMENTを採用し、また、ROC LOC AIR FIT SYSTEMを採用することで、高い通気性と冷却効果を持ち、ストレスのない最適なフィットを実現しているなど、見た目は日常使いしやすい印象ながら、実はGIROラインナップの中でも高いパフォーマンスを実現しているという実力者。
 
 
新色のMatte Black Dazzleは落ち着いた色味ですが、一部にリフレクターも搭載しているので、夜道も安心。 通勤+週末のライドにとてもおすすめなサークルズの永遠のスタンダードです。
 

【Giro】 Savant AF ¥14,200(税抜)

 
ASPECTとはうって変わって、このSavant AF/サバント アジアフィットは、ライドやレースでも使えるスタンダードなヘルメット。 ハチまわりが張っている方にとって、ヘルメットのサイズ選びは重要な問題。せっかくお気に入りのモデルが見つかっても、試しに被ってみるとちょっと痛いなんていう事は店頭でご紹介していても少なくありません。
 
メーカーによっては、僕らの頭の形に根本的に合わないというケースもありますが、そんな悩みを解消してくれるのが、このAF/アジアフィットモデル。 上のASPECTではLサイズを被っているモデルのヤナックも、このアジアフィットモデルであればMサイズを被れます。 シェル自体のサイズもダウンサイジングされるので、頭でっかちな印象を払拭できるのです。
 

【Giro】 Aeon AF ¥26,000(税抜)

 
フラッグシップモデルであるAEON/イーオンにも、SAVANT同様にアジアフィットを採用しています。
  
多くの場合、ハチが張る=横幅のサイズが合わないのですが、横幅がタイトだからといって、ワンサイズアップさせると、今度は前後にゆとりができてしまいます。 このアジアフィットなら、横幅をクリアしつつ、前後方向のフィット感も損ないません。 そして何よりラインナップの中でも最も軽量なモデルなので、ロングライドでも快適に、そして夏場も熱気を効率よく逃がしてくれます。
 
軽さと安全性を高い次元で形にしたモデル。今までヘルメットのサイズ選びに悩んでいた方におすすめしたいアイテム、是非一度お試しください。
 

【Giro】Seasonal Wool Cap ¥6,000(税抜)

 
そして冬場のライドでは、防寒対策もしっかりと抜かりなく。 薄手のメリノウールを用いたキャップはストレスのない被り心地で、もちろんヘルメットの下に被っておくこともできます。 耳元までカバーするので、早朝や、夜遅くのライドで心強いアイテムです。 少し汗ばんでも速乾性に優れており蒸れにくく、また耳の部分は捲り上げてかぶることもできます。
 
 
今回ご紹介した3モデルは、サイズやカラーバリエーションも取り揃えています。 毎日自転車を活用している方にこそ、被ってほしいです。 備えあれば憂いなし。 お気軽にお試しに来てくださいね。
 

 

Essential for the Winter…

 
透き通った空、肌にツンと冷たい空気、落ち葉をタイヤで踏みしめる音、冷え切った体に沁みるライド後のコーヒー。
 
 
家を出る時は寒くても、一度走り出せば、身体は温まってきて、血の巡りを強く感じることができ、走り出した先には冬ならではの風景が広がっています。 それこそが私が冬のライドを好きな理由。 そして冬を楽しむには、何よりもウェア選びが重要です。
 

【ASSOS/アソス】 Mille Jacket / ミレジャケット 35,640円

厳しい寒さを乗り切った先にこそ、得られる体験がある。
ウェアをエキップメントと捉え、常に最良を生み出し続けるアソスのラインナップの中では少し珍しいコンフォートなフィット感のジャケットは、2レイヤーを直接縫い合わせずに空気の層を作ることで、抜群の保温性を持っています。
 

 
もちろん細部にも抜かりなし。 風を受ける前身頃と腕の前面には防風素材を、そして背中や袖の内側には、アソスのジャージにも用いられる発汗性能に優れたファブリックを効果的に配置。 裏地に伸縮自在のフリース地を用い、ライド中にストレスを感じない着心地は、一度袖を通すと感じ取ることができます。
 
しっかりとしたベースレイヤーとのレイヤードで組み合わせれば、十分に暖かい。 まさにこの冬これさえあればという一着です。
 

【ASSOS/アソス】 Fugu Helm / フグヘルム 16,630円

魂は細部に宿るというけれど、アソスはアクセサリーについてもやはり突き詰めています。 ビブタイツにも用いられる防風・防寒素材をヘッドギアに落とし込んだこのフグヘルムは、真冬の峠、雪上ライド、厳しい状況になればなるほど持っていてよかったと思えるアイテム。
 

【ASSOS/アソス】 Bonka Glove Evo7 / ボンカグローブ Evo7 15,980円

暖かさをとるか、操作のしやすさをとるか。 グローブ選びはどこに重きを置くかで決まるといっても過言ではありません。 指先の感覚が無くなるような寒さを経験したことがある方には、このボンカグローブをおすすめします。
 
ただ暖かいだけではなく、その防寒性を感じさせないほどしなやかな仕上げは、レバーの操作性を損なわずに快適にライドに打ち込める。 甲の面には防水性の高い素材を使っているので、多少の雨や雪にも耐えうる、個人的には冬用としては最強のグローブです。
 
もちろん、アソスの十八番である、ビブも取り揃えています。 まずは是非お店でご試着ください。 
 
なぜ、アソスなのか?
 
その理由が必ずわかるはずです。