池山 豊繁
Shop Manager / Racer

池山豊繁

Ikeyama Toyoshige


Facebook
twitter
Instagram
strava
学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。
サークルズスタッフ最年少、身長も最小です(163cm)。ちゃっかりCielo/SimWorks CX Teamとして、シクロクロスのC1で走っています。
速く走ることも大事ですが、強く走りきることのできるサイクリストでありたいと思います。お酒は苦手ですが、無類のカルピス好き。

Bikes:

DSC_5977

Hunter Round Top Road【詳細】
Hunter CX

Hunter CX 【詳細】
DSC_5543

Cielo MTB【詳細】
PARLEE Z5i

PARLEE Z5i 【詳細】
DSC_2403

Cielo CX Racer 【詳細】
Hunter Round Top Road(Repaint)

Hunter Round Top Road(Repaint) 【詳細】

Salsa "Colossal 2" Disc Road.

“Adventure by bike”でお馴染みのSalsaの2013ニューモデル。
中でもかなり注目されていたDisc Roadの”Colossal 2″が入荷しました。

Salsa “Colossal 2” size:53cm ¥264600
Salsaが放つスチール製ディスクロードです。
去年あたりから少しずつ盛り上がりをみせていた
ディスクロードがついに発表されました。
メインコンポはSRAM Apexで、しかもホワイト仕様。
ブルーとオレンジという全体のカラーリングに合わせて、
綺麗に整っております。
フォークはEnveのロード用ディスクフォークを標準装備。
これだけでもとても魅力的な組み合わせですが、
さすがはSalsa。カラーもフレームと同色に仕上げてあります。
ブレーキはAvid BB7(140mmローター)。フォークはテーパードで、
ブレーキにも負けないしっかりとしたフロント回り。
BBはPF30(プレスフィット30)を採用。
この完成車がSramコンポで組まれている理由はここにあります。
このPF30は、Sramが提案する規格なのですが、
ベアリングの大口径化により、剛性アップや、
軽量化・ベアリングの耐久性アップといったメリットがあります。
シマノの24mmアクスルのクランクを使う場合、
アダプターを取り付ける必要があり、
結果ノーマルのネジ切りBBより重くなってしまいます。
要するに、Sramで組んでねっていう話です。
ちなみにSramのレバーはAvidのメカディスクとの相性も良く、
パシッとしたブレーキタッチになるので、おすすめです。
(まぁAvidはSramグループですしね。)
とても良くできた完成車のアッセンブルだと思います。
エンドは135mm。やはり135mmがスタンダードになりそうです。
130mm対応のハブは今のところWhite Industryくらいですしね。
タイヤはClementのStrada LLG 700-28cを装備。
クリアランス的にも28cが限度といった感じです。
(リアはもう少しいけます。)
なにも23cだけがロードバイクじゃないのです。
このようなバイクには28cがピッタリだと思います。
ディスクブレーキの制動力を武器として、
様々な天候や路面の状況に対応するとなると、
23cではちょっと不安。是非とも28cあたりを使ってください。
空気圧をあまり上げすぎないで走ると、
これがもうすこぶる気持ち良いです!
他にもChallenge “Paris-Roubaix”(700-27c)や、
Panaracer “Tourer Plus”(700-28c)もおすすめです。
店頭にて展示しております。
是非一度ご覧下さい。よろしくお願い致します。

Bruce Gordon "Rock'n Road Tire"再入荷!!

前回の初入荷以来、大好評で長らく欠品しておりました
Bruce Gordonの”Rock’n Road Tire”が再入荷しました。

29erというものがなかった1980年台初頭に、アメリカでは既に
700c Fat Tireでオフロードを走るという動きがありました。
その当時、フィンランド製のスノータイヤ(NokianのHakkapeliitta)に
目をつけ、1988年にプロトタイプが作られたのが、
この”Rock’n Road Tire”です。
余談ですが、僕が生まれたのは1987年なので、
その頃にはもうこんなアイデアがあったのです。
そんなタイヤが四半世紀の時を越えて、形になりました。
タイヤデザインはMTB界のレジェンド「Joe Murray」
(Konaの創設者でもあります。)
低めのノブが全体に配置され、舗装路ではスムースに転がり
ダートやちょっとしたシングルトラックで威力を発揮します。
700-43cというボリュームで路面からの突き上げも抑えられます。
Surly “Cross-Check”はもちろん、
“Karate Monkey”のような29erにもおすすめです。
クリアランスに余裕のあるクロスに履かせれば、
たちまちモンスタークロスの出来上がりです。
ちなみに、Kona “Major One”にも入ります。
製造は日本が誇るPanaracer。
ケブラービートで533gと軽量に仕上がっています。
オンロード、オフロード用途を問わず、
家の玄関から始まり、街を抜けて、ダートを走ったり、
お気に入りのシングルトラックを駆け抜けたりと、
オールマイティに使ってください!

Electra SALE!!

ビーチクルーザーでお馴染みのElectra。
お得意のクルーザーベースに、街乗りを意識した、
Amsterdam(アムステルダム)、Ticino(ティシーノ)の2モデル。

安定感があり、とにかく乗りやすいバイクで、
安心のアーバンクルージングをお約束します。
お買い物仕様としてバスケットを取り付けるのも良いですね。
そんな両シリーズですが、なかなかご縁に恵まれず・・・
今回はご紹介するモデルを、なんと!30%オフにてご提供します!
Electra “Amsterdam Girard 3i -Madonna-“
¥58800(30%プライスです)
アレキサンダー・ジラルドのグラフィックデザインを落とし込んだ
アムステルダムジラルドシリーズ。
内装3段でリアコースターブレーキ仕様、レディースモデルなので、
女性の方でも跨ぎやすい設計になっています。
Electra “Amsterdam Girard 3i -Circles-“
¥57330(30%プライスです)
こちらも同じくジラルドシリーズの、サークルズというカラー。
カラー名が店名と一緒というなんとも縁起の良いモデルです。
こちらも内装3段リアコースターブレーキのレディースモデルです。
Electra “Amsterdam Original 3i -Espresso Satin-“
¥43360(30%プライスです)
こちらは打って変わってどシンプルなモデル。
今回ご紹介しているアムステルダムシリーズは、
自転車大国オランダの通勤バイクをイメージしたモデルですが、
その中でも、一番それらしいモデルです。
Electra “Ticino 7D -Olive Metallic-” ¥51450(30%プライスです)
ティシーノシリーズは、よりアーバナイズドされたモデルです。
フルフェンダー、クランクなどなど、細部までこだわった
パーツアッセンブルとなっています。
もちろんクルーザー譲りの安定感で漕ぎやすいバイクになっています。
こちらは7speed仕様です。
Electra “Ticino 8D -Denim-” ¥76440(30%プライスです)
こちらは8speedのモデル。
亀甲のフェンダー、リバースブレーキといったパーツで
とても上品に仕上がっている一台です。
というわけで、すべて店頭にて展示しております。
どのモデルも1台限りのスペシャルプライスですのでお早めに!

world standard.

Dugastは1972年にAndre Dugastによって創設された
ハンドメイドタイヤのブランドです。
現在、社名と技術を継承したRichard Nieuwhuisにより、
オランダで生産されています。
Richardが世界各地のレース会場に足を運び、
ライダー達の生の声を聞き、製品開発に取り組んでいます。
素材選定から、自然素材特有のしなやかな乗り心地を活かした製法など、
世界中のトップライダーが選ぶ理由がDugastにあります。

先日、国内某自転車情報サイトにおもしろい特集がありました。
国内のトップライダーの中でもスタンダードなのです。
彼らもヨーロッパに行った際には1シーズン分買い占めてくるほど。
(この特集、その他セッティングの面でもとても参考になると思います。)
明日には関クロプロローグが開催され、
我々の回りも怒濤のCXシーズンの幕開けといった感じですが、
「まだ間に合うよ!」と背中を押すように、
各種CXタイヤを取り揃えてお待ちしております。
size:700c-30mm,32mm
weight:ave.380g(32mm)
ウェット・ドライあらゆるコンディションに対応する
オールラウンドモデル。
適正空気圧は1.8~3.5barとなっています。
size:700c-30mm,32mm
weight:ave.380g(32mm)
Typhoonのパターンで、
通常より硬いケーシングを使ったFlying Doctor。
より低い空気圧で乗ることができ、コーナーで威力を発揮します。
適正空気圧は1.6~3.0barです。
size:700c-30mm,32mm
weight:ave.395g(32mm)
スリッピーなコースやマッドコンディションで威力を発揮するモデル。
独自のドレッドパターンは泥はけが良く、
転がり抵抗も抑えられています。適正空気圧は1.8~3.5barです。
絶賛受付中ですのでいつでもご相談下さい。
DugastはもちろんCXタイヤ以外にもラインナップしています。
size:700-22mm,25mm,27mm
weight:avg.245g(22mm)
ドライ・ウェットどちらにも対応したドレッドパターンで、
レースからトレーニングまで幅広く使えるStradaや、
size:700c-25mm,27mm
weight:avg.330g(25mm)
ネーミング通り、過酷なクラシックレースの
石畳や未舗装路にも耐えうるParis Roubaixなどなど。

野辺山CXだョ!全員集合。

今週末はいよいよ関西CXのプロローグ。
世間は一気にCXシーズンインですね。
11月には、もうシクロクロスの祭典と言っても過言じゃない、
野辺山CXが開催されます。
というわけで、今年も大所帯で乗り込むぞ!

Circlesプレゼンツ 「野辺山CXツアー」
日時:11/17(土)~18(日)
(※17日早朝、サークルズ出発予定)
宿泊:貸別荘に宿泊予定
各自エントリーはお早めにお願いします!
※ツアーの受付は終了致しました。ありがとうございました。
今年は土曜日にキッズクラスとシングルスピード選手権があるので、
皆さんご自身のカテゴリーを気にせず、
シングルもエントリーしましょう!
試走含め、多く走った方がコース攻略の近道!ってことで、
ぜひぜひ両日エントリーお願いします。
もちろん、仮装もお願いしますね!
今年のヤナセ氏はきっとSEXY加減に磨きがかかるでしょう!
そして一日目夜はどんちゃんどんちゃん!
翌日に備えてゆっくりしてもらうこともできます。
まぁ、そうはさせませんが。
そして日曜日のC1はUCIレース!
日程的に最後まで残ってもらうことになりますが、
もう帰るーなんて寂しいこと言わずに、
僕やギシ君が頑張りますので是非とも応援よろしくお願いします!
というわけで、ツアー参加希望の方は、
店頭にてスタッフにお伝え下さい。
もちろん、メールもしくは、
FacebookTwitterなどでメッセージ頂いても構いません。
お待ちしております!

カワシマ&LOOK展示会

FizikやChallenge、DT Swissでお世話になっております、
カワシマサイクルサプライさんの展示会にお邪魔しました。

Selle Royalのコンフォートサドルがズラリと並んでおりました。
まだ、どのモデルが定番としてストックされるか未定ですが、
かなり期待できます。弊店もしっかり押さえていきたいところ。
Fizikのバーテープには、グリップ力のあるTacky Typeと
クッション性アップのPerformance Typeが新しく仲間入り。
そしてFizikシューズには新しくナイロンソールのR5が仲間入り。
気になるお値段は¥19800で、この冬には入荷の予定。
そして、ついにMTBシューズもリリースされます。
来春デリバリーということで、今年のCXシーズンには間に合わない
可能性が濃厚ですが、とても気になる一足です。
Challengeからはトレーニング向けタイヤEliteが新しくリリース。
BK/GREYは新しいカラーリングで良さそうですね。
そして、目玉とも言うべき、700-30cダートロードタイヤEROICA。
27cのPARIS-ROUBAIXを凌ぐボリュームです。
ちなみに、32cのCXタイヤGRIFO SETA EXTRAと比較すると、、、
30cとは言っても実質もっと太い!!
もちろん、TU,WOどちらもラインナップされます。
このタイヤ、ネーミングはFrom Italyですが、
言い出しっぺはアメリカ人で、動画にあるようなAlmanzoという
ダートを100マイル走るようなレースの為に作ったそうです。
先日のRapha Gentlemen’s Raceにもぴったりですね。
そして、所変わってLOOKの展示会に。
ニューモデルの675を見てきました。
トップチューブからステムまで一直線のラインが特徴的な675。
「LOOKやってきたなー!」といった感じですね。
LOOKでは初のプレスフィットBB採用で、
もちろん、電動コンポ対応のケーブルルーティンになっています。
専用のステムを採用し、ハンドル高さのポジションが限られますが、
10mm刻みで、最大30mmの高さ調整はできるようです。
ステム込みのフレームセット価格が¥283500。
いかがでしょうか?

ロード完成車セール!!

先日ご紹介しました、特別価格のCX完成車に加えて、
(Felt F65Xは完売致しました。ありがとうございました。)
今回はロード完成車も特別価格にてご提供します!

Giant “TCR1(2012)” size:XS(430mm)
メインコンポにシマノ105を搭載し、
POWERCOREという独自規格のドライブ回りに、
テーパードコラムときたら、剛性感ばっちりで、何より軽いバイクです。
つまりはよぉー走りますってことです。
サイズ的には小柄な方向けでありますが、
定価¥136500のところ、¥95550でいかがでしょう!


Kona “Zing Deluxe(2012)” size:490mm
KonaのRace Light 7005 Aluminiumを使用したアルミバイク。
特製のバテッド(チューブ内部で肉厚を変えること)チューブを使用し、
フロントにはデダチャイ製フォークを擁した、
Kona Factory Teamの声が詰まった一台。
こちらもメインコンポはシマノの105を搭載しております。
定価¥155400のところ、¥108780でいかがでしょう!


Fuji “Barracuda R(2012)” size:S(490mm)
Fujiの放つバラクーダの中核モデル。
百式を思わせる容姿だけでなく、
リアルレーシングにも対応するレスポンスを備えたバイクです。
定価¥194250のところ、¥135970でいかがでしょう!

三台ともすべて、メインコンポがシマノ105で、
エントリーライダーだけでなく、
勝ちにいきたいあなたにもおすすめなバイクです。
どれも一台限りの限定プライスですので、お早めに!

キャットアイ新製品!!

昨日はお休みでしたが、日本が誇るキャットアイさんの
新商品発表会があるということで行ってきました。
ありがたいことに東別院で行われていたので、
練習後にちょろっとお邪魔させて頂きましたー。

HL-EL625RC  “Nano Shot +” ¥12600
こちらは既に発売中のモデルです。
既存のHL-EL610RCの進化版!
USB充電タイプで約600ルーメン(5000カンデラ)のハイパワーライト。
このモデルにはハイパーコンスタントというモードがあり、
常時ローパワーで光っている状態で、ハイパワーで点滅するという、
明るさをキープしつつ、存在感もあるという優れもの。
これで、トンネルも心配無しですし、深夜徘徊の頼れる相棒です!
OH-2400 ¥735(11月末発売予定)
真鍮製の綺麗な音色のベルです。
コンパクトで良さげですが、ただコンパクトなだけじゃない。
キャットアイお馴染みのフレックスタイトブラケットに
ピッタリ収まるベルなのです。
写真のように、
ライトやサイコンのブラケットに一緒に取り付けられるので、
ベルは付けたいがハンドル回りはすっきりさせたいというあなたに!
そして、この日の本命はこちら。
CC-GL50 “STEALTH 50” ¥15750
CC-GL10 “STEALTH 10” ¥12600(ともに来春発売予定)
キャットアイに待望のGPSサイクルコンピュータが登場。
CC-GL10はシンプルなGPSサイコン(GPSによるセンサーレスの計測)、
CC-GL50はANT+対応の4信号ワイヤレスタイプ。
(心拍、ケイデンス、パワーは別途ANT+対応のセンサーが必要です)
専用サイトで走行ルートやデータの確認もできます。
ここだけの話、将来的には某S○R○VAにも対応をするそうです。
とにかくお求めやすく、GPSサイコンがより身近なものになりますね!
発売は来春。これは期待できます!
今回お世話になったキャットアイの皆様。
遅い時間にお邪魔してしまいましたが、色々と親切に教えて頂きました。
着ていらっしゃるポロシャツ、なんか気になるなーと思ってたら、、、
narifuriでした!!さすが、キャットアイさん。抜け目なし!

Crankbrothers Candy.

本日はライトウェイの展示会に行って参りました。

FeltはCXモデルのラインナップが増え、合計6モデルに。
GT “EDGE Ti”(Frame/Folk) ¥294000
GTは、往年のEDGEが復刻です。ロウチタンということで、
オリジナルの1994年のポリッシュ仕上げに比べて渋い印象ですね。
ちなみに展示会場では、
「キーワードを記入してGT シャイザン Tiフレームが当たる!」
という、ホントかウソかわからぬプレゼンがあり、
ついつい真剣に聞き入ってしまったワタシです。
ちゃんとキーワードも書いたし、当たるといいなぁ。。。
とまぁそんなことは置いといて、
Crankbrothersは携帯ポンプが一新されました。
アルミの質感も良く、作りもしっかりしていました。
そして、Crankbrothersの新製品の中で、
こちらは一足早く入荷しております。
color:Black,Blue,Red,Green
定番のCandy1にBlue,Red,Greenの3色が加わりました。
トレイルライドや、シクロクロス、ツーリングに加え、
デイリーユースにももってこいなCandy。
クリートのマウント/ディスマウントもしやすく、
これからビンディングデビューを果たす方にもおすすめです。
デイリーユースであれば、
シューズはDZRCHROMEで決まりですね!