池山 豊繁
Shop Manager / Racer

池山豊繁

Ikeyama Toyoshige


Facebook
twitter
Instagram
strava
学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。 サークルズスタッフ最年少を公言していたが、今ではニュージェネレーションも加わり、古参の存在。 でも身長も最小です(163cm)。

昨シーズンまでシクロクロスC1ライダーでしたが、今期からC2へ降格。 速く走ることも大事ですが、強く走りきることのできるサイクリストでありたいと思います。お酒は苦手ですが、無類のカルピス好き。 現在SimWorksUSA特派員としてアメリカ駐在中。

Bikes:

DSC_5977

Hunter Round Top Road【詳細】
Hunter CX

Hunter CX 【詳細】
DSC_5543

Cielo MTB【詳細】
PARLEE Z5i

PARLEE Z5i 【詳細】
DSC_2403

Cielo CX Racer 【詳細】
Hunter Round Top Road(Repaint)

Hunter Round Top Road(Repaint) 【詳細】

Cielo 2013 Information.

NAHBSも終わり、

既にチェックして頂いている方もいらっしゃると思いますが、
Cieloのサイトでは2013年のラインナップがお目見えしています。
まずは、新モデルのご紹介。
¥249,900(フレーム&フォーク、Inset8ヘッドセット付属)
オフロード、バックカントリー、バイクパッキングやロングツーリング、
そして街でのコミューティングなどを想定したバイクは、
29″タイヤが奢られ、都心から人里離れた場所まで、
あなたをどこへでも連れて行ってくれます。
¥367,500(フレーム&フォーク、バッグ一式、フェンダーのセット)
ポートランドで乗りに乗っているハンドメイドの皮職人集団
“Tanner Goods”とCieloというポートランドのコミュニティによる
スペシャルエディション。ベースとなるフレームは、
Sportif ClassicもしくはCross Classicのどちらかから選んで頂き、
バッグと、スペシャルペイントが施されたHonjo製フェンダーが付属します。
¥312,900(フレーム,ENVE CXフォーク、Inset7ヘッドセット付属)
¥312,900(フレーム,ENVE CX Discフォーク、Inset7ヘッドセット付属)
Cross Racerに加え、
今期は135mmリアエンドのディスクブレーキ仕様も仲間入りです。
また、BBはPressfit30にアップデートしています。
カラーはCross Racer,Cross Racer Diskともに
Green/YellowとSilver/Orangeの2パターンのスペシャルカラーと、
通常のカラーラインナップからお好みのカラーをお選び頂けます。
Limited! Purple Edition(※写真はSportif Classic)
¥249,900(フレーム&フォーク、Purpleヘッドセット付属)
美しいシャンパンにパープルロゴのスペシャルカラーに加え、
パープルのヘッドセットが標準装備の今期限定フレームセットです。
フレームは、Sportif Classic、Sportif Racer、Cross Classic、
Mountain Bike(MTBのみ¥210,000。フレーム、ヘッドセット付属)
の中から選んで頂けます。
Chris King限定カラーのパープルのパーツについては、完全限定生産で、
数に限りがありますが、このPurple Editionをオーダー頂くと、
パープルBBやHubがオプションとして同時にオーダー頂けます。
そして、既存のモデルにつきましては、
お値段に関しましては、4月1日より価格改定をさせて頂きます。
それに伴い、既存のモデルは若干の値上がりとなります。
写真を見て気づかれた方もいらっしゃるでしょう。
Mountain Bike用に、リジッドフォークがオプションで追加される予定です。
リリース時期が決まり次第改めてお伝えしますのでお楽しみに。
また、Sportif ClassicとCross Classicについては、
フレームと同色にペイントしたフェンダーもオーダー可能です。
Fender Option for Sportif Classic&Cross Classic(¥37,590)
価格改定は4月1日からですので、今月中にオーダー頂ければ、
既存4モデルに関しては旧価格の適応となります。
また、納期についてはかなり安定してきており、約2か月となっています。
Cieloをご検討されていた方は、是非この機会をお見逃しなく。
店頭にもいくつか展示車をご用意しておりますので、
是非一度その目でお確かめ下さい。お待ちしております!

CLIF BAR

どうも。花粉にやられ気味のシゲです。

みなさんは花粉症、大丈夫ですか?
山に走りに行くと、これでもかと花粉を蓄えた杉が鎮座しています。
負けてたまるかと、特攻を試みます。
(といっても通り過ぎるだけですが)
走っている時は鼻も通って調子いいんですけどね。
ライドから帰ってくると、、、ズピズピです。
お店でもズピズピしていますが、気にしないで下さいね。
さて、今日は補給食の紹介をします。
「CLIF BAR」
1990年、あるパン職人の男性が、
サイクリング中に手に入れたエナジーバーは
どれも甘ったるく、ベトベトなものが多いことに嫌気がさし、
自らエナジーバーを作りました。
オート麦、フルーツ、ナッツなどできる限り有機にこだわった素材を
独自のレシピで組み合わせたエナジーバーは、
いまや米国のエナジーバーのシェアNo.1を誇ります。
味は全部で6種類。
程よくしっとりした食感で、口の中がパサパサになることもなく、
さっぱりとした飽きの来ない味です。
一個で約240カロリーという腹持ちの良さも特徴です。
僕はWhite Chocolate Macadamia Nutがお勧め!
皆さんもライドのお供に是非どうぞ!

平田にHunterがやってきた!

昨日は平田クリテリウムが行われる
岐阜県の平田リバーサイドプラザに行ってきました。
久々にクリテに出るの?といえば、今回はそうではなく、
シクロクロスを持って行きました。

何やら、平田シクロクロスが開催されるらしい。
来期本格的に始まるのに先駆けてのプレ大会。
エントリー費も無料で開催するとのことだったので、
1週間前のwebエントリーで迷わずエントリー。
ちなみにクリテの方もエントリーしようと思いましたが、
あっという間に定員になってしまったようで、断念。
コースはクリテリウムで使われる周回コースの内側の芝生を使い、
テクニカルなゾーンとパワーでグイグイ行くゾーンとが
バランスよく配置された印象の、タフなコースでした。
僕は車で行きましたが、自走や輪行で来るCRCの面々も。
北区から自走&軽装でいらっしゃったH氏。
来期C2デビューと言うことで、今回はあえてC1にエントリーして
自分の限界に挑戦するあたりはさすが意識が高い!
輪行で来たK氏は、道中の爆風のような向かい風に力尽くも、
レースを楽しんでいましたよ!
お馴染み(?)P氏は自走で応援に駆けつけてくれました。
サポートありがとうございました!
僕のエントリーしたC1は、14人程の出走でしたが、
中には辻 善光選手や、筧 五郎選手といった強豪の名も。
結果としては4位。関西CXで実力が拮抗している人には勝てず、、
関西CX千秋楽以降、抜け殻気味な自分の気持ちを引き締めるには
良いレースになりました。
関西CXならミスを恐れて降りる連続ステップも、
今回は多少低くかったというのもあり、乗車でクリア。
もっと上手く、速くクリアできる様に練習します。
何はともあれ、今まで関西に遠征していた僕らとしては、
うれしい地元開催。(名古屋から車で1時間もかかりません)
AJOCC統一カテゴリーが適用されるようなので、
※ごめんなさい。来期は独自のカテゴリーで運営予定だそうです。
来期はみなさんで参加しましょう!
自身のレース前ながら、カメラ片手に激走するK氏。お疲れさまでした!

Paul ComponentsとIndustry Nineの最強タッグ!!

機能性、精度、デザイン全てにおいて良質なパーツを生み出す
カリフォルニアのパーツメーカーPaul Components。
ブレーキ、ブレーキレバーなどはサークルズでも定番ですが、
ハブもまた良く、好んで使っているコアなライダーも多いです。
特に今回ご紹介する”R HUB”は、マウンテンハブでお馴染み
Industry Nineのフリーボディを採用したスペシャルなハブです。

重厚感のある作りですが、軽量に仕上がっており、
強度、回転性、精度ともにバランスのとれたハブです。
玉当たりの調整もしやすいシンプルな構造で、
きっちりメンテナンスしながら長く使っていけるタフなもの。
フリーボディは歯数60個のラチェットと、
3つで1対の爪が2セット組み合わさり、実に120ノッチを誇ります。
(角度的に言うと、3°毎に掛かる構造です)
故に掛かりが良く、ロスなくトラクションが掛けられます。
また、3つで1対の爪は1セット外して使うこともできるので、
ラチェットの抵抗やノイズが気になる方には、
60ノッチで使う事もできます。(この場合は6°毎に掛かります)
通常130mmエンドに対応ですが、付属の135mm Spacer Plugを使い、
135mmエンドのフレームにも対応します。
つまり、ロード、ツーリング、シクロクロスはもちろん、
マウンテンフレームにも幅広く使えるのです!
Industry Nine Classic Hub ¥78750 (F/R set)
ちなみに本家ディスクハブもあります。
Industry Nineはハブ単体で出しているのが、
このディスクハブだけなので、(完組もやっていますが)
ロードハブでIndustry NineのClickyな感じを味わいたい方は、
迷わずPaul”R HUB”で決まりですね。
※おまけ 今日届いた荷物です。
ちなみに僕の身長は163cmです。

千秋楽。

関西CX千秋楽、桂川に行ってきました。好アクセスな立地で、
毎シーズン大盛況なコースです。今年も700名を越えるエントリー。
河川敷を利用したコースはいつもならフラットで単調なコースですが、
今年は主幹チームのみなさんの策略で、泥区間が出現。
これぞシクロクロスといった感じですね。
転んで泥だらけになる人もいたりで、かなり盛り上がっていました。

今回は我々ツアー組に加え、名古屋から応援に来てくれた方も。
何を隠そう僕は小中高とバスケ部だったんですけど、
(別に隠すようなことでもないですが)
意中の子が試合を見に来てくれたときは張り切ったもんです。
知っている人が応援してくれると頑張っちゃいますよね。
昨日も張り切っちゃいました。
チームメイトのギシ君と終始パックでレースを展開。
かなり目立ったのではないでしょうか?
ずっと遠征を共にする仲で、シケイン後の飛び乗りも息ピッタリです!
そして昨日のヒーローはこの方!
Cielo Classic CXを操る林さん。
北神戸、希望ヶ丘、堺とあと少しの所で昇格できませんでしたが、
今回は堂々2位で昇格。おめでとうございます!
来シーズンはマコトさんとの争いが楽しみですね!
そして、うれしいことに、関西シクロクロスに協賛されている
大阪のイタリアン&スパニッシュ食堂タベルナエスキーナさんの特別賞
(関西シクロクロスMVP的な賞です)
というものがありまして、Circles Racing Club&Hunter SimWorks CX Teamのいわゆる”サークルズ界隈”がノミネートさせて頂きました!ありがとうございました!いつも大所帯で色々とご迷惑おかけしておりますが、
来シーズンもみなさまよろしくお願いします!
ということで、また来年!

軽さ? 回転? 耐久性? あなたにとって大事なファクターとは?

今日はハブをご紹介します。
はじめに、今日ご紹介するハブはお世辞にも「軽い」とはいえません。
むしろ、重いです。その重さはお店に来て頂ければ、
持って確かめて頂けますので、お気軽にお声がけ下さい(笑)
丈夫さで右に出るものはいないPhil Wood。
ガタりにくく、とにかく頑丈なハブで、Phil Woodの
トラックハブは、海外のメッセンジャー等に幅広く愛用されています。
今回ご紹介するロードハブもトラックハブと同様に、
丈夫で、ベアリングはルーズになりにくく、よく回ります。
万一、シールドベアリングにガタがきたとしても、
打ち替えて長く使っていくことを前提に、ハブシェルには
打ち替え時のストレスにも耐え得るアルミを使用しています。
これが、このハブの重さの所以です。
このあたりの考え方は、さすが世界で初めてシールドベアリングを
使った自転車用ハブを作ったメーカーらしいですね。
リアハブのフリーボディはスチール製で、
「軽さ」とは無縁なハブですが、ツーリング、シクロクロスなど、
「長く使って行きたい」「タフなホイールを組みたい」
そんな方にお勧めなハブです。
今回はPolish,Blackに加え、アナダイズドカラーも仲間入りです。
それに合わせてSeat Post Collarsも入荷しました。

削り出しで作られたシートクランプは、
Phil Woodらしい重厚感のある佇まいで、しっかりとクランプできます。
サイズは28.6mm,31.8mm,34.9mmの3サイズ。
カラーも8色展開されており、あなた好みの一色が見つかるはずです!
ハブとお揃いでいかがですか?

純正って聞くと、なんだろうこの安心感。

GarminのGPSサイクルコンピューターEdge500,Edge800シリーズ。
店舗、Webshopどちらも定番の商品となっています。
そんなガーミンの純正マウントが入荷しました。

 

今まではBarflyの独壇場だったガーミンマウントですが、
沈黙を破ってついに純正品が登場したわけです。
樹脂製の本体はクランプ部分がヒンジ式になっており、
脱着のしやすいものになっています。Barflyに比べて、
低めの位置にくるのでステムとほぼツライチになるのも高ポイント。
重厚感のある作りで重量は約32gと、約19gのBarflyに比べ若干重いです。
そして画期的なのは、マウント部分が90°回転させることができ、
GarminのForeAthlete910XTをバイクにマウントすることができる点。
(但し、別途クイックリリースキットが必要になります)
これはトライアスリートたちには朗報ですね。
値段はそこそこですが、やっぱり純正が良いという人にはおすすめです。
また、BarflyはBlackが完売になってしまいましたが、
Whiteなら在庫があります。シンプルな方がお好みの場合や、
どうせなら違う色が良いっていう方にはこちらがおすすめです。

関西CX第9戦 堺レースレポート。

昨日は関西CX第9戦に行ってきました。

くろんど、希望ヶ丘と参戦したマコトさんに代わって、

僕自身、年が明けて最初のクロスレース参戦でした。
残り2戦を残して、残留切符が一枚足りていないので、
実は、プレッシャーで夜も眠れない日々が続いていました(笑)
大阪は堺市の、みなと堺グリーン広場を使ったコースは、
どフラットなパワーコースですが、
木々の間を抜ける所では、根っ子が張り出していたり、
砂セクションがあったり、不規則に配置されたステップなど、
ちょっとひねりのある部分もあり、1度のミスが命取りになります。
Hunter Simworks CX TeamがC1のスターティンググリットに一列に。
写真は今回のコースの一部ですが、平面図にすると、こんな感じ。
見てる方も走っている方も、目が回りますね。
この仕組みを考えた人は天才だと思います。
木の根が心配でしたが、あまり高圧だと跳ねるので、空気圧は1.9barに。
チューブラーならそんなに心配ありませんでした。
肝心のレースですが、序盤20位前後でレースを展開し、
後半徐々にタレていきましたが、前走者が結構ミスでこぼれてきたりで、
順位は上がる事も無く落ちる事も無くといった感じで、
自分もミスが無い様に、毎度のごとく我慢のレースとなりました。
このまま行けば50%以内でゴールできるというところでしたが、
砂セクションの出口で派手に転んで大きく後退。
まさにワンミスビッグロスな展開でしたが、前半の貯金もあり、
なんとか耐えて29位(54%)でフィニッシュ。
3枚目の残留切符をゲットして、来シーズンの残留が決まりました。
応援して頂いたみなさん、ありがとうございました。
あと、いつも日曜日にレースに行かせてもらって、
お店の方で色々迷惑かけていますが、スタッフのみんなには
この場を借りてありがとうございますと言いたいです。
次回桂川は、チームメイトの残留の為にアシストに徹しますが、
応援宜しくお願い致します!
みなさんお疲れさまでした!次回桂川もよろしくお願いします!
その他の写真はこちらからどうぞ。

Holiday Ride & Hunter CX Frame In Stock.

昨日は休みだったのでCX練に行ってきました。
いつもの峠を登って山の向こう側へ下ると、
ところどころに雪が残っていたり、凍っている所が。
今週は結構冷え込んだので、これはもしやと思って
以前偵察したシングルトラックに。

すると予想通りの雪。思いがけず楽しめました。
全神経を使ってバランスを取ってバイクを進ませます。
雪上ライドはバイクコントロールや体重移動など色々と勉強になります。
何より楽しい!雪を見ると童心に帰ってしまいますよね。
ついつい楽しんでしまいましたが、
昨日の本題は今週末の関西CX堺を想定した練習でした(笑)
去年走った印象から、木の根っ子対策。
なるべくスピードを殺さずにタイトにターンしたり、
2本の木を使って8の字練習をしたり。
公園で一人黙々とやっている姿は子ども達や犬の散歩をしている方に
どんな風に映ったのでしょうか?
話は飛びますが、
久々にHunterよりストックのCXフレームが入荷しております。
Rick Hunterが作るフレームは一度乗ってしまうと、虜になります。
僕もそうですし、他のHunter SimWorksのライダーも然り。
もちろんレースだけが全てではありません。
Utility & Fun Toolを基本に作られたフレームは、
多くのカリフォルニアの自転車乗りに愛されています。
有り難いことにストックフレームもコンスタントに動いており、
久々の入荷となりました。気になっている方は是非一度ご相談下さい。
あさって日曜日は久々の関西CXみなと堺にお邪魔します。
希望ヶ丘でオッチーさんが昇格を果たし、僕とギシ君と合わせて
Hunter SimWorks CX Teamから3人がC1にエントリーしています。
こんなこと想像していませんでしたが、C1でHunterが3台走る光景を
是非とも皆様に見て頂ければと思います。応援よろしくお願いします。

お年玉企画、大抽選会の結果発表!

ご報告が遅くなりましたが、NEW YEAR SALEの目玉である、

電動アルテグラ&DT R1700の完組ホイールスペシャルセット大抽選会。
短期間ではありますが、30名を越える多数の応募を頂いた中から、
厳正な抽選のうえ、当選者が決定しました!!
おめでとうございます!
スタッフ含め、「絶対に俺に当たる」と思っていた方々、残念でした。
(※注)僕自身、自分が絶対当たると思っていたのは言うまでもありません。
NEW YEAR SALEも1/9をもちまして、大好評の幕を閉じました。
今週末は3連休ということもあり、一部特価品に関しましては、
1/14(祝)まで継続してご奉仕しておりますので、
是非ともよろしくお願いします!
お休みの昨日は、たまたま休みの合ったカスタマーF氏とライド。
ルート途中にある祝峰寺(通称だるま寺)。
必勝祈願で有名なところだそうで、
CRCの仲間の昇格や残留を祈願してきました。
帰りに気になっていたシングルトラックを開拓。
24cのロードではちょっとつらかったですが、
F氏はCielo CX Racerに28cのスリックで楽しんでいましたよー。