池山 豊繁
Shop Manager / Racer

池山豊繁

Ikeyama Toyoshige


Facebook
twitter
Instagram
strava
学生の頃のメッセンジャー・サークルズでのアルバイトを経て、今に至る。
サークルズスタッフ最年少、身長も最小です(163cm)。ちゃっかりCielo/SimWorks CX Teamとして、シクロクロスのC1で走っています。
速く走ることも大事ですが、強く走りきることのできるサイクリストでありたいと思います。お酒は苦手ですが、無類のカルピス好き。

Bikes:

DSC_5977

Hunter Round Top Road【詳細】
Hunter CX

Hunter CX 【詳細】
DSC_5543

Cielo MTB【詳細】
PARLEE Z5i

PARLEE Z5i 【詳細】
DSC_2403

Cielo CX Racer 【詳細】
Hunter Round Top Road(Repaint)

Hunter Round Top Road(Repaint) 【詳細】

T.A.F.U.2 & 明日はSILCA Day!!

 
非常に落ち着きのない(良い意味でですよ!)アーティストであり、シムワーカーとして翻訳の仕事もしているYoshi47。 彼が描き出す”人の中に潜むモンスター”は毒をもちながらもポップでどこか愛嬌のある姿、しかし、そのサイクルキャップのツバを持ち上げると現れるものは、、、
  

T.A.F.U.2
【SimWorks Art Collective】 T.A.F.U.2 Bottle ¥1,800(税抜)

 
好評でした、Yoshi47によるT.A.F.U. (Totally All F●cked Up) シリーズの第2弾が強烈なデザインで着弾。
 
もちろん、ベースのボトルはポリ臭が少なくて人気のPuristボトルを採用してます。 魔で魔を征する類の製品ですが、その衝動はあくまで内側に秘めてライドを楽しみましょう。
 
T.A.F.U.2 
Stay Cool Please!!

  
ボトルとともに、Tシャツもリリースしています。 こちらはデイジーメッセンジャーのもう1つの顔デイジープリントによるハンドプリントです。
 
T.A.F.U.2
【SimWorks Art Collective】 T.A.F.U.2 T-shirts ¥3,800(税抜)
 
また、もう一人のビッグネーム、Washio TomoyukiによるLazyParadeシリーズのTシャツも同じくデイジープリントにて刷り上がったものが入荷しました。
 
LazyParade
【SimWorks Art Collective】 LazyParade T-shirts ¥3,800(税抜)

 
LazyParade 
カラーはボトル同様に爽やかなライトブルーと、ホワイトの2色展開。 ボトルとあわせて是非どうぞ!
 
silca 
そして、明日11月9日(水)は、先日ご案内したように、SILCA Pre-Order & Presentationが開催されます。 未発売の商品を実際に手に取ってご覧頂けるだけでなく、ご予約して頂けるまたとない機会です。
 
breadwinner_b-road_special-66-1280x851 
耐久性に優れた金属の部品で構成され、万一消耗してもその部分を取り替える事で長きに渡って使い続ける事ができるポンプを作るだけでなく、名だたるハンドメイドビルダーと一緒にカスタムペイントのポンプを作るなど、もはやポンプメーカーという枠組みに収まらずに、良いもの、そして長く使い続けられるものを生み出しています。 もちろん明日はカスタムペイントを施したポンプ等もご覧頂けます!
 

 
来日する代表のJoshua氏も皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。彼によるブランドヒストリー・タイヤの空気圧に関する研究についてのプレゼンテーションも19:00より開催。 少しでもシリカというポンプメーカーについて知って頂けたらと思います。 皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい!

変化を恐れずに。

 
Silca SuperPista 
変化を恐れずに、長きにわたって築き上げてきたものを一度壊し、また新しいものを生み出すというのは並大抵のことではありません。
 
イタリアの老舗ポンプメーカーであったSILCA/シリカは、1989年のジロ・デ・イタリアが開催されている時に、Super Pista/スーパーピスタというフロアポンプを世に発表しました。
 
アイコン的な木製のハンドル、そして耐久性に優れた金属パーツを使うことで、消耗してもその部分を取り替えることでずっと使い続けることができるフロアポンプの定番品として愛されている製品。私自身も8年以上使っていますが、パッキン交換はあるものの、本体はいっこうに壊れる気配がありません。
 
そして、シリカは現在アメリカに拠点を移し、Super Pista Ultimate/スーパーピスタ アルティメイトという、耐久性の高さ・消耗しても再生可能なものであること・空気を入れるという行為をよりシンプルにそして快適に行うための工夫が施された、その名の通り究極のフロアポンプを生み出しました。
 
そして今回、そのスーパーピスタ アルティメイトで用いられている特徴や機能をホームメカニックにとってより手に取りやすい価格での提案をするために、古くから名品と言われていたスーパーピスタの名を冠した全く新しいフロアポンプが生まれたのです。
 
Silca SuperPista【シリカ】スーパーピスタ ¥27,000(税抜)
 
空気入れが道具としてどうあるべきかを実直に考えた結果、全ての部品において樹脂製のパーツではなく金属のパーツを使うことで、万一消耗してしまってもその部分のスペアパーツを取り替えるだけで確実に再利用でき、なおかつ耐久性の高いものを作るという姿勢を一貫し、レザーのパッキンも創業当初から変わらないベンダーによって作られるものを使用しています。
 
ポンピングしてみれば、その作りがいかにしっかりしているか、そしてストレスなくエアを送り込む事ができるのが体感できます。
 
これを高いと思うかは、あなた次第。 店頭にて是非お試し下さい。
 
Silca Impero【シリカ】 インペロ アルティメイト フレームポンプ ¥19,000(税抜)
 
グラベルを探検するライダーの必携品となりつつあるフレームポンプも各サイズ揃って再入荷しています。
 
そして、来週の水曜日、平日のど真ん中ですが、ゲストをお迎えして催しを開催します。
 

silca

 

SILCA Pre-Order & Presentation

 
日時:11月9日(水)
場所:サークルズ(プレゼンテーションは19:00〜)

 
シリカの代表、Joshua Poertner氏をお招きして、シリカのラインナップをご覧頂けるだけでなく、未発売の新商品を実際に手に取って頂き、プレオーダー(ご予約)をして頂けるような機会を設けました。

プレオーダーは9日の終日、サークルズ2Fテーラードにて行います。
 
Seat Roll Premio
T-Handle Folio
T-Ratchet + Ti-Torque Kit
Italian Army Knife
Tattico mini-pump
 
当日は上記のアイテムをご用意。
個人的にBOAシステムを用いたスマートなサドルバッグのSeat Roll Premioは気になるところ!
 

dsc_2081_grande

 
また、19:00からは、Joshua氏による製品やブランドについての解説タイヤの空気圧に関して独自に行っている研究についてのプレゼンテーションも行います。平日の夜の開催ではありますが、どうぞ皆様お仕事帰りにお気軽にお立ち寄り下さい!

冬を快適に過ごすために。

 
気温が低くなった今日この頃。今朝も肌寒さを感じ、天気予報の気温を見れば、最高気温は20℃を下回り、いよいよ寒い時期がやってくるなと思いながら通勤してきました。
 
もし私が、夏か冬どちらが好きかと問われると、迷わず冬と答えます。
 
それは私自身が根っからの暑がりだというのもあるのですが、澄んだ空気が素晴らしい景色を見せてくれたり、なにより寒い中で自転車を走らせると次第に身体が温まり、血の巡りを感じると同時に、生きていることを強く実感できることができるから。
 
冬こそ自転車乗りにとって素晴らしい季節。 だから冬のライドが好きなのです。
 
そんな冬を過ごす上で大切なのもの。 それは温かいジャケットだったり、グローブだったり様々ですが、実は一番大事だなと思うのが、肌の上に着るベースレイヤー
 
DSC_2521 
最初の10分は寒くても、走り出すと身体は温まってくる。 加えて気候条件の変化や、登っているか下っているかでもライド中の体温は変化が大きいです。 そんな中で快適に過ごすためのベースレイヤーを、人力リコメンドにてまとめています。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-22-43-26 
メリノウールや、特殊な化学繊維を用いたものなど、用途や対応気温によって様々ですが、
 
・汗をかいてもすぐ乾いてくれる
・肌にピタッとまとわりつくようなストレスがない
・保温性を備えている
・汗冷えしにくい
・着心地が良い
・匂いが気にならない
 
など、それぞれに特徴があるベースレイヤーを厳選しました。 サイクリングジャージのベースとして機能的に作られたものから、普段着のベースとしても気軽に使えるものまで、あなたの使い方に合う一着が見つかるはずです。 サイクリングジャージなどその他のウェアと比べて気軽にお試し頂けるものが多いので、冬支度で迷っている方は、快適な冬を過ごすためにまずベースレイヤーから試してみませんか?

Think about Daily…

 
 
毎日使う道具だからこそ、良いものをできる限り長く使いたいと思うのは、自転車だって、身にまとう衣服だって、みんな一緒。 そしてそれを誰がどんな環境で作っているのかを知っていれば、その気持ちはより強いものとなるって信じています。
 
 
Strawfootベルトは、僕にとってまさにそんなアイテム。 かれこれ何年くらい使っているだろうか、正直思い出せませんが、こうして比べてみると、その変化がよくわかる。たかがベルトかもしれませんが、色んな思い出が詰まっています。
 
strawfoot dailybelt【Strawfoot】 Daily Belt/Heart and Arrow ¥12,000(税抜)
 

strawfoot_dailybelt_natural strawfoot_dailybelt_brown strawfoot_dailybelt_black

 
そんなストローフットシムワークスの共同傑作、デイリーベルトがこのたびリニューアル。 シンプルな真鍮のバックルと、程よい厚みのレザーを用いたベルトに、お馴染みのハート&アローのロゴが刻印され、新たな装いでのリリースとなりました。 その名の通り、とにかく毎日使い込んでその変化をお楽しみ下さい。
 
strawfoot yenwallet【Strawfoot】 Yen Wallet ¥6,800(税抜)
  
strawfoot_yenwallet_all 
そしてこちらは、ストローフットの十八番であるワックスドキャンバスを用いたイェン・ウォレット。 このワックスドキャンバスもレザー同様に使い込む中での素材の表情の変化を楽しむ事ができるアイテムです。
  
シムワークスチームとギャレットがディスカッションを続けて、日本のお札に最適化したサイズを実現しています。お札や小銭、そしてカードといった必要最低限のものを収めることができる小振りなサイズ感で、パンツやバッグのポケットにすっきりと収まるだけでなく、ジャージのポケットにも忍ばせやすいのでライド時の財布としても使いやすくなっています。
 
 
サンタクルズに拠点を置くギャレット・カウツ。 もともと自転車屋でのアルバイトも経験していた彼は、本物と言われる自転車乗りでもあります。 自らの手を動かすことで、より自分の好きな事や自分ができる事を形にしていこうと探求したいった結果、現在のストローフットでのカバン作りというキャリアに巡り着いたのです。
 
とても豊かで繊細な感性と製品を作り上げるということに対し高い意識を持った彼。 ”上質な生地、素材を用いた機能的で丈夫なモノ造り”をモットーにして、彼の小さな工房では、可能な限りアメリカ国内の材料を用いて伝統的な製法でコンパクトに生産する事の意味を大切にしながら、日々モノ造りが行われています。
 
日々、身近にあるものだからこそ、丈夫く、そして長く愛せるものを使いたいですね。
 

ライド=ジャージという概念を取っ払おう!

 
Patagonia Thermal Speedwork Zipneck 
秋も深まり、自転車に乗るにはベストなシーズンがやってきましたね。
先週末は名古屋のアウトドアショップ/ムースさんが主催する東海地方では初めてとなる体験型のアウトドア展示会HANGOUT/ハングアウトにサークルズとして出展してきました。
 
自転車に乗る事も、山にハイキングに行く事も、トレイルランニングも外で身体を動かして遊ぶという意味では同じアクティビティであり、自転車はその遊びへアプローチするための移動手段としても活用できるのが良い所。会場では様々な自転車の試乗ができる機会を設けさせて頂き、皆さん童心に返ったように楽しくに試乗されていたのが印象的だったのと同時に様々なアクティビティの境界線をなくしてみんなで楽しめることができると感じた現場でした。
 
今日ご紹介するアイテムも、まさにそんな境界線をなくすことができるものだと思います。本来はトレイルランニング等の山でのアクティビティを想定したアイテムであるパタゴニアのトレイルラインのアイテム、実はこんなふうに自転車に乗る時にも活用できるんですよ!ということをサークルズ的解釈でご紹介します。
 
Patagonia Thermal Speedwork Zipneck【Patagonia/パタゴニア】 サーマル・スピードワーク・ジップネック ¥15,000円(税抜)
 
Patagonia Thermal Speedwork Zipneck
Patagonia Thermal Speedwork Zipneck 
1つ目のサーマル・スピードワーク・ジップネックは、寒い時期のトレイルランニングやノルディックスポーツに向けて作られたトップス。伸縮性に富み、温かさも備えた裏起毛素材は素肌で着ても快適な肌触りを得られる一着で、吸湿発散性にも優れています。もちろんベースレイヤーの上から重ねることもでき、寒い冬のライドではミッドレイヤーとして着回す事も可能です。袖口には親指を通すことが出来るサムホールを設けられ、袖口からの風の侵入を防ぎます。
 
Patagonia Thermal Speedwork Zipneck 
ジャストなサイズをお選び頂けば、サイクリングジャージとしての使い方も十分に可能なサーマル・スピードワーク・シップネック。ただしバックポケットは設けられていないので、ファニーパックのようなウエストポーチと組み合わせてライドに出掛けるのがおすすめです。もちろん、自転車で山までアクセスして、そこからランニングで山の中へというクロスオーバーな遊び方においても力を発揮します。
 
Patagonia Thermal Speedwork Zipneck 
・Top:PATAGONIA サーマル・スピードワーク・ジップネック
・Bottom:IBEX 3/4 ビブニッカー
・Helmet:GIRO サバントWF
・Shoes:GIRO テラデューロ
 
Patagonia Wind Shield Hybrid Softshell Wind Jacket【Patagonia/パタゴニア】 ウインド・シールド・ジャケット ¥18,000(税抜)
 
Patagonia Wind Shield Hybrid Softshell Wind Jacket
Patagonia Wind Shield Hybrid Softshell Wind Jacket 
2つ目に紹介するウインド・シールド・ジャケットは、前面にウインドシールド、脇下と背面には通気性に優れたキャプリーンサーマルウエイトパネルを配置し、秋冬のトレイルランニングで活躍する一着。伸縮性に優れたフロントパネルは撥水性も備え持つので、多少の雨風であれば凌ぐ力を持っています。
 
Patagonia Wind Shield Hybrid Softshell Wind Jacket 
機能的なベースレイヤーの上から羽織れば、この時期のライドでとても重宝するだけでなく、背面に通気性の高いキャプリーンパネルを使う事で、身体が温まってきても、走りながらジップを開ける事で体温調整ができ、またトレイルライドではバックパックを背負っても、背中が汗でびっしょりなんていうことを防ぐ事もできます。
 
Patagonia Wind Shield Hybrid Softshell Wind Jacket 
・Top:PATAGONIA ウインド・シールド・ハイブリッド・ソフトシェル・ジャケット
・Bottom:SWRVE デュラブルコットンスキニーフィットニッカー
・Helmet:GIRO レヴェルAF
・Shoes:ALTRA ローンピーク
 
これから寒くなっていく時期にかけて、サイクリングにおいてのウェア選びはとても重要になると同時に、その選択次第でライドはより快適で楽しいものになります。でもだからといって、サイクリングジャージという1つの価値観に縛られずに、自由な発想でウェア選びを楽しみたいですよね。
 
実はサイクリングジャージを買うよりお求めやすいというのも隠れた魅力だったりします。それでいて、自転車以外にも様々なアクティビティで役に立ち、高いクオリティのウェアを生み出しているパタゴニアのトレイルライン。是非実際に手に取ってご覧頂きたいウェアです。
 
この秋冬、自転車に乗る=ジャージを着るという概念を取っ払って遊びませんか?

備えあれば憂い無し。

  
街中での通勤途中や、頑張って登った峠道、そしてダートを気持ち良く下っていく時にだって、自分自身の身体で季節を感じながら走れる事が自転車の良いところだと思います。しかし、それ故に常に危険と隣り合わせ。街では急に車が飛び出してくるかもしれないし、山ではちょっとした路面の変化に気付かずに転んでしまうなんていうこともあるかもしれません。
 
自転車は自分自身がエンジン。漕がなければ進まないシンプルな乗り物。だからこそ、備えあれば憂い無し。
 

Giro Sutton【Giro/ジロ】 Sutton/サットン ¥12,600(税抜) 
 
普段の通勤スタイルにも取り入れやすく、取り外し可能なソフトバイザーを備えたサットンは、シンプルなデザインに加え、自転車をパーキングに停める際にヘルメットも一緒にU字ロックに通せるよう補強されたポートを備えるなど、まさにアーバンライダーの強い味方です。
 
このサットンを被り、スワーブリーバイスコミューターのジーンズにシャツのスタイルで街の中を駆け回りましょう。
 

Giro Aspect【Giro/ジロ】 Aspect/アスペクト ¥22,800(税抜)
 
日々の通勤でも被るけど、たまには日常を飛び出して、週末のライドを楽しみたいなんていうあなたには、アスペクトをおすすめします。カジュアルな服装にも合わせやすいという点ではサットンと同じですが、ジャージを着てライドに出掛けようというスタイルにもピッタリのヘルメット。
 
ジロのその他のレーシングモデルでも採用される技術を駆使し、カジュアルなルックスながらレーシングモデルに引けをとらない軽さと、しっかりとデザインされたベンチレーションシステムにより、ライドやレースでも活躍できる力を持っています。
 
Photo By Kikuzo
 
実際私もクロスレースで被っていました。個人的にはヘルメットの新常識を作ったモデルといっても過言ではありません。
 
Giro Savant WF【Giro/ジロ】 Savant WF/サヴァント ¥14,200(税抜)
 
日本人にありがちなハチまわりが張っている方にとって、サイズ選びは重要な問題。せっかくお気に入りのモデルが見つかっても、試しに被ってみるとちょっと痛いなんていう事は店頭でご紹介していても少なくありません。
 
アメリカ・カリフォルニアに拠点を置くジロなので、やはり僕らの頭の形に根本的に合わないというケースもありますが、そんな悩みを解消してくれるのが、このサヴァントにも採用されているWF/ワイドフィットモデル
 
参考までに、普段ジロのスタンダードフィットでLサイズを被る私が、このワイドフィットモデルであればMサイズを被れます。そうする事でシェル自体のサイズもダウンサイジングされるので、頭でっかちな印象を払拭できるのです。ロードライドからシクロクロスレース、そしてツーリングや日常のライドだってクールに被ってほしい、もはや定番のヘルメット。
 
どのモデルもサイズ・カラーを取り揃えております。とにかくヘルメットは被ってみるのが大切です。毎日乗るからこそ、納得できるものを被りたいですよね。サイクリングキャップもそうですが、最初は見慣れなくても、不思議と自然に慣れていくもの。どうぞお気軽にお試しにきて下さいね。
 
 
モデルは、Bike To 仏教遺跡のトリップを楽しんだもんじゃ氏にご協力頂きました。
 

週末はHANGOUT会場で!

 

 
先週はトヨロックそしてディーパーズウェアのライフスペックミーティングとイベントが続きましたが、今週もまだまだイベントが続きます。この週末は新城市の愛知県民の森にて開かれるHANGOUT/ハングアウトにブースを出展します。
 
 
HANGOUT/ハングアウトは、東海地方では初めてとなるトレイルランニングやバックパッキングを初めとした国内外の名だたるブランドが集結する展示体験型のイベント。また、日曜日には同じ会場にてダモンデトレイルというトレイルランニングイベントも開催され、様々なジャンルの垣根を越えて楽しめる2日間となっております。サークルズでは、アウトドアライフに自転車をプラスする事で広がる楽しさをお伝えします。
 
会場では試乗車を用意し、皆さんに様々なジャンルの自転車を乗り比べて頂こうと思っています。 

・砂利道を実際にバイクで走ってみると、どんな挙動をするのか?

・ディスクブレーキの効きはどんなものか?

・タイヤの太さで走り心地がどのように変化するのか?
 
といったポイントを実際に様々な試乗車に乗って頂き身体で感じてほしいなと思います。
 
今回、アキコーポレーション様とモトクロスインターナショナル様のご協力で下記の試乗車をご用意させて頂く事となりました。
 
Kona Unitコナ/ユニット

コナ/スートラリミテッド

サーリー/ストラグラー

サーリー/ディスクトラッカー

サルサ/ファーゴ

オールシティ/ログレディー
 
自転車に興味があるけど、乗った事がないという方や、バイクパッキングやツーリングに興味があるという方へ向けて、上記の試乗車による会場内のショートライドツアーを開催します。その他にも私自身がOMM BIKEを実際に走ったバイクや、ツーリングで使っているバイクなどもご用意。
 
山までのアプローチは自転車で、そして山に着いたらバイクを停めて靴を履き替えてトレイルに繰り出したりと、トレイルランニングや、ハイキング、キャンプやフィッシングなど、様々なアウトドアアクティビティを楽しむ上で、自転車があると今まで以上に色んな遊び方が広がっていきます。
 

14689196_1129227893796956_1836301381_o 14724154_1129227900463622_1334975787_o 14699694_1129227890463623_529889419_o

 
自転車に乗って少しお腹がすいてもご安心を。ブースではパインフィールズマーケットのお菓子もご用意しておりますので、是非ご賞味下さい。
 
他にも、Welldoneイノッチや、モトノブ氏のEDIT、そしてOMM BIKEに一緒に出場したキョヲヘイ君によるADAPT、そしてRawLowMountainWorksなど、出展者を見て頂くと分かるようにとにかく多彩な顔ぶれが揃う2日間。
 
メイン会場となる大芝生広場の手前の運動広場の赤いテントが目印です。
天気も良い週末、皆様のお越しをお待ちしております!

 

Sage Green…

 
ディーパーズウェアのライフスペックミーティング、怒濤の4日間が無事に終わりました。そして昨日の朝はCRCライドに彼らを交えてのライド。
 
 
ついつい皆さんとのサドルトークに花が咲き、温度計を確認していませんでしたが、朝の戸越峠は少しひんやりとし、秋の深まりを感じた朝でした。
 
 
昨日のウェアチョイスはSearch And State/サーチアンドステイトライディングジャージ(半袖)にライディングジャケットの組み合わせ。私が着ているジャケットは惜しまれつつも終了カラーとなったサンドストーン(レディースモデルはまだあります)ですが、実は新しいカラーが加わっています。
 
Searchandstate【Search And State/サーチアンドステート】 S1-J Riding Jacket Sage ¥34,800(税抜)
 
Searchandstate 
朝晩冷える時間帯、ライダーの身体に受ける風をしっかりと遮りながらも、日が昇り、気温が上がって行く中でも快適に着れる一着です。その秘密は使用している特殊なメンブレンにあります。Scholler社のC-Changeというメンブレンは、身体から発せられる蒸気に応じて生地の透湿性が変化するという優れた機能を持っています。
 
Searchandstate 
冷え込んだときや、長い下りで体温が低下する状況においては、生地が収縮してしっかりと風をシャットアウトし、春先や秋口の気温が比較的安定している時期や、ライド中身体が温まってきた時には熱の放出性が高まるので、快適にライドをすることができるのです。
 
実際に、昨日のライドではずっとジャケットを羽織っていましたが、登りで身体が温まっても、ジップを空けて風を取り入れるだけで快適に登れただけでなく、内側に蒸気が籠って結露したり、ジャケットの中が蒸れるというストレスもありませんでした。
 
また、内側にシーム処理こそ無いものの、非常に高い防水性を備えており、長時間雨に打たれ続ける事が無ければレインジャケットと同様な効果を得られるというのもこの生地の特徴といえます。
 
Searchandstate【search And State/サーチアンドステイト】S1-V Riding Vest ¥29,500(税抜)
 
同じ生地を用いたベストも、まさに今の時期に活躍する一着。ジャケット・ベストともに背中にはジップ付きのバックポケットがマークされ、補給食や財布などを収めることも容易です。サイクリングウェアでは珍しいダブルジップを用いる事で、着たままでもジャージのポケットへのアクセスがしやすいということもポイントです。
 
とてもシンプルなつくりの中にも用いる素材にこだわり、ライドを快適に過ごすための工夫がなされたジャケット。これを羽織ってライドに行くのがとても楽しみに思えてしまう、個人的にはこれほどに洗練されたジャケットは他にはなかなか見つからないと思っている一着です。そして、この新しいセージカラーも直感的に着たいと思ってしまう良い色味ときたものだから、さぁ困った困った。

気になる方は是非袖を通しにサークルズテーラードまで。
皆さんのお越しをお待ちしております。

ライフスペックミーティング、本日より開催しております!

 
  
本日より始まりましたディーパーズウェアライフスペックミーティング。
 
サークルズ2Fテーラードの特設会場にて、全ラインナップに加え、秋冬の新作が実際にお買い求めいただけます。さらに!来年の春夏の新作の展示もされるまたとない4日間となっております。
 
自転車に乗るときももちろんですが、皆さんの日常にきっとぴったりフィットする機能=ライフスペックを備えたウェアは、ある種の道具として末長く使っていけるものとなっています。自転車は乗っていないけど、アクティブな日常着として、もしくは作業やお仕事用に!という方にもお勧めできるものとなっております。ぜひ期間中足をお運びいただき、お気に入りの一着を見つけてくださいね。イベントは今日から10日(月・祝)まで。皆様のお越しをお待ちしております!
 
そして初日となる今晩は、ヘッジホッグダイナーにて居酒屋おーるゆあーずを開店。
 
ケイタとマッツンによるお酒の肴や、お腹を満たすがっつりご飯がサーブされるだけでなく、Deeper’s Wearの実店舗でしか展開されていないセカンドライフシリーズ(古着にライフスペックの機能をプラスしたリプロダクトウェア)も販売いたします。今晩名古屋にいらっしゃる方は是非ヘッジホッグダイナーで夜食をいかがでしょうか?
 
そして期間中は他にも以下のような企画もご用意しております。
 

・10/8〜10/10:Welldone meets Allyours

 
以前メッシュキャップのオーダー会を開催したのも記憶に新しいですが、Welldoneイノッチディーパースの生地を使った限定キャップをその場で縫ってくれます!明日から3日間、ライフスペックミーティング会場にて同時開催致します。
 

・10/10(月・祝):CRC RIDE with LIFE-SPEC

 
10/10(月・祝) AM7:30尾張瀬戸駅前ファミリーマート集合
 
最終日の朝は、CRC RIDEにディーパースのお二人が遊びに来てくれます。ここのところ不安定な天気が続きましたが、月曜日はみんなで走りましょう!三国山をゆっくり登る予定なので、ロードかクロスが好ましいです!
 
トヨロックも開催される怒涛の週末ですが、皆さんで楽しめたらと思います!ライドには久々に私も参加するのでどうぞみなさまお手柔らかに!

Who build your bike?

 
 
4年前、一人の青年にクロスチェックを紹介しました。
 
初めての来店でしたが、色々とお話をしながら、彼がこれからどうやって自転車生活を送っていけると良いだろうという事を考えた結果、予算を少し頑張ってもらい、最終的にクロスチェックに決めたのです。もちろんそれで良かったと思っています。
 
その青年は私と同じ歳で、休みが会う日には一緒にライドをしたり、ライドがてら釣りに行ったり、キャンプへ行ったりと、多くの時間を一緒にサドルの上で過ごす仲になりました。
 
通勤から、休みのライドや、ツーリングそして冬になればクロスレースを走ったりと、とにかくクロスチェックという自転車を使い切ってくれている彼が、オーダーバイクというものを意識し始めたのは1年半くらい前のこと。
 
もちろん、すぐに決めれるようなことではありません。
お店に足を運んでくれたり、一緒にライドをという時間を重ねて行くなかで、少しずつ答えを出していきました。
 
オーダーメイドのバイクといっても、今では本当に多くの作り手が存在します。それを選ぶ人からすれば、その本質というものを見失ってしまいそうな時すらあるかもしれません。
 
大切なのは、「誰が誰にどんな目的でオーダーするか」ということであり、私はその「誰に頼むか」という点において、自らの意志で乗って、自らの手を動かし、時には壊し、時には直す。常にそんなリアルがあるビルダーが作るものに心を奪われます。
 
それはテーラードで扱っているカリフォルニアやオレゴンのビルダーしかり。そしてこの日本でも、私が個人的に一番その感覚に近いと思う男がいて、彼にオーダーをお願いしようと提案したのです。
 
そのビルダーこそ、名古屋の程近く、大口町に拠点を置くShin・服部製作所でビルダーを務める服部 晋也氏です。
 

Shin 服部製作所 from Ryota Kemmochi on Vimeo.

 
彼に初めて会ったのは、2011年だったと記憶しています。ある機会に一緒に雨沢〜戸越のロードライドをしたのが彼との初対面でした。それから海を渡ってUBIマイクデサルボロックロブスターのポールから溶接を学び、サムライサイクルワークス案浦さんのところで修行をしていた2012年のNAHBSで再会。帰国したらビルダーとして動き出すんだという明確な意志を持っていたことをよく覚えています。
 
帰国後、地元の大口町でフレームビルディングを始めた彼。私と歳も近いのですが、とにかく自転車と向き合ってきたキャリアは長く、真摯にフレームづくりに向かう姿勢には、私自身世代の近い人間としてとても刺激を受けています。
 
そんな彼に今回お願いしたバイクは、グラベルライドやロングライド、そしてシクロクロスのレースを楽しむための一台。もちろんテーラードにてしっかりと採寸をさせて頂き、ジオメトリーを確認しながら製作のお話を進めていきました。できあがったフレームは球体ペイントにてしっかりと仕上げをさせて頂き、先日晴れてご納車となったわけです。
 

 
高いとか安いという尺度でお話しをするわけではないですが、フルカスタムのオーダーフレームとしては、本当に良心的な価格設定だと思います。もし長く付き合って行くバイクを探していらっしゃる方は、是非Shinのフレームをオーダーするという選択も考えてみてはいかがでしょうか?
 
 
ここ名古屋に、こうやって自ら手を動かして自転車を生み出している環境があることは、私たちのコミュニティにとってとても大きな財産であり、実際、彼が常に忙しそうに手を動かし続けていることはとても喜ばしい事です。
 
サークルズでは、Shin・服部製作所のパートナーショップとして、オーダーを承っております。どうぞお気軽にご相談下さい。
 
 

-SPECS-
Frame Shin・服部製作所 Steel Disc Cross
HeadSet Chris King
BB Chris King Thread Fit24
Brake TRP Spyre
Rims HED Belgium 28H
Handle SimWorks By Nitto Wonderer 390mm
Stem Thomson X4 90mm
Seatpost Thomson Elite
Seat WTB Silverado
SeatBag PorcelainRocket TESS
Helmet POC Octal
Vest Search And State S1-V Riding Vest
Shorts RAL by Deeper’s Wear Fast Pass Short
Shoes QuocPham Tourer