スチールフォーク+スチールフレームバイクへの最適解。

 

 
シムワークスバイニットーのラインアップ中でも、美しいフィレット仕上げで人気のアナリーステムに、バークランプ径26.0mmバージョンが仲間入り致しました!
 
実はこのステム、アメリカの代表的なシムワークス販売店 ゴールデン サドル サイクリーのカイルが、自分の所有するALL CITY SPACE HORSEにSW60 トゥースマイルバーをよりクールに装着したいという、とってもわがままな希望を答える形で生まれた経緯があります。
 

Space Horse Disc – Loaded Touring from All-City Cycles on Vimeo.

 
細身のトップチュービングを持つスチールバイクには、やはり細身のセンター径をもつSW51コミザルーバー、SW60トゥースマイルバー等、センター径26.0mmのハンドルバーなどと組み合わせることによって、動画のツーリングのような超長距離を安心感とともに適度なしなりをもたせ、ライダーへの負荷を逃してくれます。
  
 
お馴染み、サーリーのペーサーや、
 
 
シエロ バイ クリスキングのスポルティーフ、
 
 
そしてブレッドウィナーのコンチネンタルのようなバイクなど、そのすっきりとした細身のコクピットを実現することによって、クロモリスチール製バイク特有のルックスをより洗練させることができるのです。
 

 
SimWorks by NITTO / ANNA LEE-S STEM
 
Material : CrMo Steel
Angle : 75 deg.
Extension : 90, 100, 110mm
Bar Clamp : 26.0mm
Post Stack Height. : 72mm
Color : Silver, Black
Price : ¥13,000-(税抜)
 
 
個人的にはスチールフォーク+スチールフレームのバイクへの最適解だと思うこのステム。 さぁ、あなたはどんなアッセンブルをしますか?
 

ご購入はこちら

 

Brand New AnnaLee Stem!!

SimWorksのプロダクトページに”Coming Soon”と書かれていたのをご存知だった方もいらっしゃると思いますが、ついにAnnaLeeがリニューアルして入荷して参りました!

84938221_o2SimWorks by Nitto “Anna Lee Stem” ¥13,000(税抜)

1ボルトのクローズクランプ、72mmのスタックハイトを持ったAnnaLee、その完璧な造形美と仕上がりに死角はありません。SimWorksとNittoによるの努力の賜物といえるほど、度重なるテストを経て、十分な耐久性と固定トルクを確保しています。そのために何度も何度も試験をしたり、ブラッシュアップを重ねて来ました。美しさはもちろんですが、しっかり安全性を確保する。ここは彼らが最も重要にしているポイントです(実際、Cieloからリリース予定でしたClassic Stemはテストをパスする事ができず、残念ながらディスコンとなってしまいました。ご検討頂いていた方にはご迷惑おかけしました)。 このAnnaLeeこそ、まさに唯一無二のモダンクロモリステムだと言えます。

15870092627_ccb4d08079_k-1028x682

既存のステムからの取り替えの場合にはバーテープとレバーを外すという手間がかかりますが、その手間があるからこそ、あなたのコクピットが美しく収まるのです。もちろん交換作業も喜んで承ります。思いきってフレームとのマッチペイントというのもいいですね。

75度と90度の2つの角度設定に加え、突き出しは80mm〜120mmまでラインナップ。

Material : CrMo Steel
Angle : 75 & 90 deg.
Bar Clamp : 31.8mm
Post diam. : 28.6mm
Post Clamp Height : 72mm
Color : Chrome Plated & Black

※安全のためにオンロードおよびクロスフィールドのみでの使用をお願いいたします。

450-and-470-01

そして、同じくSimWorks定番のロードバー“Misirlou”に新たに450mmと470mm幅のラインナップが加わりました!先日来日していたRickHunterや、RetrotecのCurtisのような背の高いライダーの熱いご要望に応える形での登場です。470mmは現存するロードハンドルバーの中でも最大級のサイズとなります。

450mmは既に販売されていますが、470mmは1月中旬頃を予定しております。
CXバイクはじめ、ダートロードやグラベルグラインダーなど、長身ライダーの皆様は、ひとつの選択肢として以後お見知り置き下さいませ。