Sponsor Yourself

 
良いと思ったものは、それがたとえ高くても手に入れたいと思う質です。 そしてそれは使ってこそなんぼのもの。
 
サークルズテーラードで紹介している良いモノの代名詞、 Assos / アソス のレーサーパンツ。
 
ウェアをエキップメントと捉え、自転車乗りとしてより強くなるための必需品として存在しようとする意志が、作り手はもちろん、モノからもみなぎっている。 その姿勢がブレることなく、しかも常に進化することをやめることはありません。
 

【Assos】 T.milleShorts_s7 ¥18,900(税抜)

 
ご購入はこちら

 
Sponsor Yourself / スポンサーユアセルフ。 彼らは一切スポンサーをしないブランドですが、トップレーサーたちもそのパッドの良さを知っており、オフトレーニングの際に積極的に使っていたり、中にはチームジャージのビブをアソスに送り、パッドだけをアソスのものに縫い変えて欲しいというリペアの相談もあるほどなのです。 もちろん自腹でね。
 
【Assos】 T.neoPro_s7 ¥19,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
一体その良さは何なのか? それは最終的に使ってみないと分からないことかもしれません。
ただひとつ言えるのは、今まで色んなビブを履いてきた私自身、最終的に手元に残っているのはアソスのビブだということ。 これからもそれは変わらないと思います。
  
そして、良いモノをつくる人たちは、同時にそれを使い続ける事をしっかりと想像しているのです。
 
【ASSOS】 Chamois Cream ¥2,200(税抜)

 
ご購入はこちら

 
そう、彼らはただ良いレーサーパンツを作っているだけではないのです。
 
皮膚の擦れや火照りを防ぎ、抗菌作用もあるシャモアクリーム、パッド部分に少し塗ってライドに出掛ければ、かぶれなどの肌のトラブルから守ってくれるすぐれものです。 もちろん、ベタつきや不快感も無く履くことができ、洗い流さずにそのまま洗濯機にかけることもできます。 長年使用して硬化しているパッドをやわらかくほぐす効果もあるので、季節の変わり目にクローゼットにしまう時にも是非使ってみて下さい。
 
もちろん、このクリームはアソスのレーサーパンツ以外にもお使い頂けるもの。 まずはここから始めてみてみましょう。 レーサーパンツはご試着だけでもどうぞお気軽にご来店下さい。
 

グローブにも”至極”のすすめ。

 
持論ですが、値段が高い・安いということはあまり言わない方が良いなと思っています。 なんかこう、言ってる人自身が安っぽい人間になってしまう気がして。 もちろん、値段というものはどんなモノ・コトにもついてまわる1つの価値基準かもしれませんが、高いには高いなりの理由があり、安いには安いなりの理由があるのです。
 
で、サークルズでよく高いと言われるブランド、ASSOS/アソス特にレーサーパンツにおいては個人的にも絶対的な信頼を寄せているブランドです。 常に進化し続けるブランドとしてウェアをエキップメントとして捉え、この厳しい冬も物ともせずに闘い抜けるエキップメントを生み出しています。
 

【Assos/アソス】 bonKa Glove/ボンカグローブ ¥14,800(税抜)

 
ご購入はこちら

 
手がかじかむような寒い冬のライド。 指先の感覚が無くなるほど厳しい状況においても、アソスのラインアップで最も暖かいボンカグローブがあれば乗り切ることができます。 ただ暖かいだけではなく、その防寒性を感じさせないほどしなやかな仕上げとなっており、操作性を損なわずに快適にライドをすることができます。 甲の面には防水性の高い素材を使っているので、多少の雨や雪にも対応。 実際、私自身もこのグローブのおかげで雪が降ろうがライドを楽しめているといっても過言ではありません。
 
【Assos/アソス】 shell Gloves/シェルグローブ ¥8,500(税抜)

 
ご購入はこちら

 
 
真冬用のグローブとしてボンカグローブを選ぶ事は間違い無い選択なのですが、今あるグローブを活かすという方法もあります。 このシェルグローブは、ロングフィンガーグローブの上に重ねる事で防風性を手に入れることができるレイヤリンググローブです。 今お使いのグローブに被せることで急な冷え込みにも対応でき、薄手で生地により操作性を失う事がないだけでなく、不要になったらジャージのポケットにも気軽に収められます。
 


そして、ただの防風グローブでは済まないのがアソス。 防水性の高い生地(縫い目の処理はしていないので完全防水ではありませんが)を使っているので、雨の日のレイヤリンググローブとしてもその力を発揮します。 サイジングの目安としては、S-Mサイズのグローブをお使いの方は サイズ:Ⅰ を、Lサイズをお使いの方は サイズ:Ⅱ をお選び頂くことをおすすめします。
 
思いきって買い替えるのもおすすめですが、今あるものを活かしつつ、冬を快適に過ごす事という選択もあるのです。 ウェアに手を出すのは勇気が要るかもしれませんが、デイリーライドからシリアスなライドまで、冬のライドにおけるグローブはどんなライダーにとっても欠かす事の出来ないものだけに、こういったアイテムからアソスの信念を感じてみてはいかがでしょうか?
 

冬を快適に過ごすために。

 
気温が低くなった今日この頃。今朝も肌寒さを感じ、天気予報の気温を見れば、最高気温は20℃を下回り、いよいよ寒い時期がやってくるなと思いながら通勤してきました。
 
もし私が、夏か冬どちらが好きかと問われると、迷わず冬と答えます。
 
それは私自身が根っからの暑がりだというのもあるのですが、澄んだ空気が素晴らしい景色を見せてくれたり、なにより寒い中で自転車を走らせると次第に身体が温まり、血の巡りを感じると同時に、生きていることを強く実感できることができるから。
 
冬こそ自転車乗りにとって素晴らしい季節。 だから冬のライドが好きなのです。
 
そんな冬を過ごす上で大切なのもの。 それは温かいジャケットだったり、グローブだったり様々ですが、実は一番大事だなと思うのが、肌の上に着るベースレイヤー
 
DSC_2521 
最初の10分は寒くても、走り出すと身体は温まってくる。 加えて気候条件の変化や、登っているか下っているかでもライド中の体温は変化が大きいです。 そんな中で快適に過ごすためのベースレイヤーを、人力リコメンドにてまとめています。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-22-43-26 
メリノウールや、特殊な化学繊維を用いたものなど、用途や対応気温によって様々ですが、
 
・汗をかいてもすぐ乾いてくれる
・肌にピタッとまとわりつくようなストレスがない
・保温性を備えている
・汗冷えしにくい
・着心地が良い
・匂いが気にならない
 
など、それぞれに特徴があるベースレイヤーを厳選しました。 サイクリングジャージのベースとして機能的に作られたものから、普段着のベースとしても気軽に使えるものまで、あなたの使い方に合う一着が見つかるはずです。 サイクリングジャージなどその他のウェアと比べて気軽にお試し頂けるものが多いので、冬支度で迷っている方は、快適な冬を過ごすためにまずベースレイヤーから試してみませんか?

紛れもない本物。

 

もうずいぶん前の話。

 
自転車に真剣に乗り始め(もちろん今でも真剣なのは変わらないですよ)、迎えた初めての冬。
 
Assos Circles Tailored 
とりあえずで持っていた夏用のレーサーパンツではさすがに限界を感じ、頑張ってバイトをして買ったビブタイツがある。それこそまさに今から紹介するスイスのウェアブランドのものなのだが、その時からの付き合いである師匠(別の名をパイセン)に、「冬はウェアにお金をかけた方が良い」と言われた事がとても印象強く、実際に毎年冬のライドが楽しみだったりするのは、快適に過ごせる本物のウェアというものを早い段階で知る事ができたからなのかなと思うのです。
 
Assos Tiburu Shorts【Assos/アソス】 T.tiburuShorts_s7 ¥29,600(税抜) 適応気温:12度〜22度
 
今では様々なサイクリングウェアブランドが誕生し、果たして何が良いのか選択する事が難しいとすら思ってしまう昨今のシーンのなかでもその考えがブレることなく、ウェアエキップメントとしてとらえて、より強くなるための必需品として存在しようとする意志にみなぎっています。
 
Assos Tiburu knickers【Assos/アソス】 TK.tiburuKnickers_s7 ¥32,600(税抜) 適応気温:12度〜22度
 
常に一歩先、二歩先をいき、更に良いものを生み出そうとする姿勢。
彼らの十八番ともいえるバッドですら、常に進化し続けているのが何よりその証です。
 
新たに創り出して、でもまたそれを壊して、またさらに新しい価値を創造し続ける。
 
紛れもない本物。
 
Assos LL Mille【Assos/アソス】LL.milleTights_s7 ¥29,600(税抜) 適応気温:-4度〜8度
 
高いとか安いとか、そういう基準でものを見るのはとうの昔にやめました。
安さの意味や、高さの意味。それって実は一緒だったりする。
 
S7世代のパッドは最高の快適性を約束。そして表面には防水処理も施され、秋冬の冷たい雨もものともしません。
 
是非とも、レーサーパンツのご試着に来て下さいね。
 

買わなくても構いません。高いので。
 
とにかく言えるのは、冬の過ごし方が変わるよっていうこと。

Spring has come!!!

先日のブログでは、僕の最近のライドの様子を少しばかり紹介しましたが、お楽しみ頂けましたでしょうか?あの時はまだ冬の装備でのライドでしたが、今週あたりはそろそろ春の装いでライドに出掛けたいところではあります。
と、週間天気予報を確認してみると、明日からは随分と暖かくなるようです。春です、嬉しい限りです。とは言え朝晩の寒暖差は激しそうなので、ベストやウインドブレーカー等、それ相応の準備が必要となりそうです。

という事で…
FullSizeRender 2instagram / @circles_tailoredをフォローされている方はご覧頂いているものもあるとは思いますが、今から使える新入荷アイテムをサラッとご紹介させて頂きます。

 

IMG_0674長年、本格的なアウトドアウェアのデザイン、生産に関わっていたクルーが立ち上げたカナダ発のサイクルウェアブランド7-mesh/セブンメッシュからも、多くのアイテムが入荷しています。高い機能面だけでなく、シンプルなルックスとそのカラーリングがとても魅力的です。
IMG_0706個人的に気になるのはGORE-TEX®社のWindStopperを採用したResistantJacket / レジスタントジャケットResistant Vest / レジスタントベストです。両者ともウインドストッパーを採用しながらもとても軽い仕上がりです。また、快適なライディングポジションを実現するため、機能性に富んだ生地をそれぞれ最適な場所に、立体的に配置しています。そしてポケット、ベンチレーションもとても考えられた構造となっています。
 

IMG_0707カルフォルニア発、Team Dreamのショーンと、バイクショップ、ゴールデンサドルサイクリーのカイルが、自らの経験と感覚をウェアとしてカタチとしたRingTail / リングテイルからは先日ご紹介したウインドブレーカー、ベストに続き、メリノウールを使用したショートスリーブジャージが新しくラインナップに加わりました。シンプルな、2色の生地を組みあわせた物で、その色の組み合わせはウインドブレーカー同様心惹かれてしまいます。

IMG_0711ベストとの組み合わせも抜群です。
 

IMG_0677パールイズミUSAからはショートスリーブジャージ、ベストやウンイドブレーカー、写真にはありませんが、既にビブショーツ、夏生地のビブニッカー、グローブ等多くのアイテムが入荷しています。パールイズミUSAのアイテムは非常にコストパフォーマンスに優れたアイテムで、サークルズでも毎シーズン好評のブランドです。今回は、その色あわせが秀逸なショートスリーブジャージが個人的にはオススメです。
 

FullSizeRender 5まだまだ必要になるのは先の話、と思っていると気付いた頃にはサイズが切れている事も毎シーズンのようにあるASSOS/ アソスのビブショーツもneo_Pro_S7を中心に入荷しております。機能性に富んだビブショーツはどれ?と聞かれれば迷わずオススメします。間違いありません。もちろんレディースモデルも入荷しています。
 

FullSizeRender 6カジュアルウェアでは、首を長くして待っていたDEEPER’S WEAR / ディーパーズウェアのハイキックジーンズのブラックが入荷。そして本日、ワンウォッシュのブルーデニムが入荷する予定です。約4ヶ月履いていて言えるのは、今まで履いたジーンズの中で一番快適なものだと言う事。加えて生地の耐久性も高く、型崩れも起きにくものとなっています。

 

IMG_0675先日のナベタクのブログでも上がっていたカルフォルニア発Team Dream / チームドリームのソックス、ウォーターボトル、T-シャツ類はやはりそのルックスに惹かれ、お店に訪れる人達が皆気にかけてくれています。

 

もちろん、こちらもそれは同じ。

FullSizeRender 4The Athletic / ジ アスレチックのソックス達。完売していたモデル、サイズに加えて新しい柄も入荷していますのでお見逃しのないように。そして今回はソックスやキャップだけじゃなく、ランニングショーツも入荷しています。
 

もちろん、これ以外にも多くのアイテムが入荷してきております。
 

春が訪れ、これからは最高のコンディションでのライドとなるでしょう。それをより快適なものとするためのアイテムを是非見つけに来てください。

お持ちのアイテムとの相性を考えた最適なアドバイスもさせて頂きます。

WINTER ITEM SALE

 
今年は暖冬と言う事もあり、 やっとこさ例年通りの冬を感じる事が出来るようになった今日この頃。 もしかしたら、 冬物のウエアーやアクセサリーを買いそびれた方もたくさんいるのではないでしょうか。 僕自身、 今になって冬物のアイテムが無性に欲しくなるのです。 きっと同じように感じている方も多いはずです。 そこで皆様に、 耳寄りな情報です!! 急遽明日より冬物セールを開催致します!!!
 


 
その名の通り、 冬物のウエアーやアクセサリーがどどーんっと、

20~50%OFF!!

GIRO CYCLING(ジロサイクリング)RAPHA(ラファ)PEARL IZUMI USA(パールイズミ)やASSOS(アソス)などのサイクリングウエアーをメインに、 アウトドアウエアーやカジュアルウエアーなども一部ございます。(一部除外あり。) 場所は2階フロア、 WEBSHOPでも一部対象となりますので要チェック!※WEBSHOPも10:00~となりますのでお間違いなく。
 
DSC_4064DSC_4065DSC_4068DSC_4066DSC_4067
 
そして先日ご紹介し、 とても反響の多かったSMITH(スミス)のヘルメットやGIROの国内未販売モデルなども継続してスペシャルプライスにてご用意していますのでお早めにどうぞ!!
 
DSC_4046
 
まだまだ続く厳しい寒さ。
ライドが楽しみかつ楽しみになるウエアーをぜひ見に来て下さい!
それではみなさま、 明日もあいにくの雨予報ですがサークルズ2階でお待ちしています!!!

風は冷たくとも冬の山は気持ちの良いものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAぐっと冷え込のだ昨日、久しぶりに三国山を登ってまいりました。やはり冬の風は冷たくサイクリストには厳しいものなのですが、それでも澄んだ空気は気持ち良く、空はその他の季節より青く美しいものです。
 

IMG_1898昨日はちょうど今シーズンリリースとなったカフェドゥシクリステシャーロットジャケットと今シーズンよりパッドが備えられたマルティーヌビブタイツを使用してのライド。気温帯、おそらく6度〜10度あたりのライドだったのではないでしょうか。どちらのアイテムも、まだまだなる寒くなるこれからの時期に活躍してくれる事は間違いないでしょう。
 

そんな冬のライドを快適にするためのアイテムがCirclesでは多く見てもらう事ができますが、そんな中でも今回はビブタイツをご紹介。そろそろショーツとレッグウォーマーでは限界なシーズンがやってまいりました。
  
cafeduCafe du Cycliste
Martine Winter BibTights / ¥27,500(税抜)
Martine Winter BibTights with Chamois / ¥31,000(税抜)

 
_MG_0537柔らかく肌触りの心地良いフリース生地を使用し保温性が高く、機能的なパターンはスムーズなペダリングを充分に考慮されており、さらにそのシンプルなルックスに印象的な表情を与えています。ペダリングによって起こりうる生地のズレを防ぐためのストラップが裾部分に設けられ、見えない部分でありながら三色のストライプがアクセントになっています。また、採用されるパッドは多くのサイクルウェアブランドが信頼を寄せるCytec社製のものを使用しており、長時間のライドを快適なものとします。腹部から肩に伸びたストラップも同じくサーマル素材を使用しているので腰まわりも安心できる暖かさを提供します。

_MG_0532ちなみにパッド付きのものは腹部のジップのカラーが黒、パッド無しのものはグリーンとモデルによって違いがあります。そしてそのジップ、他ブランドのものに比べ下方まで下がるので男性のお手洗いの際にはとても役立つものとなっております。
 
 

そして、毎シーズンCirclesで好評なのがパールイズミUSAのアイテム。
価格、パフォーマンス、ルックスとバランスのとれたものとなっています。

peal-1PEARL IZUMI USA
ELITE Thermal Barrier Cycle Bib Tight / ¥19,600(税抜)
 

幾つかのレンジに区別されるパールイズミのラインナップ、Circlesでチョイスしているのは、トレーニングからツーリングまであらゆるシーンで長く使用して頂くことのできるエリートシリーズのアイテムです。もちろん、このサーマルビブタイツも快適性、耐久性の高いものとなっており、多くの方に使用し続けて頂いております。
 
 

そしてパールイズミUSAのタイツ、こちらのモデルも毎シーズン好評を得ているモデルです。
peal-2PEARL IZUMI USA
ELITE AMFIB CYC Bib Tight / ¥21,000(税抜)
 

ビブタイツ、なかなか画像では違いの確認が難しいですが、こちらはソフトシェル素材を使用したモデルとなっております。通常のサーマル素材より地厚になりますが、防風性と保温性が非常に高いです。厳冬期、気温0度近辺の山間部でも安心して使用する事が可能です。僕自身、このビブタイツをかれこれ5年ほど使用しておりますが、毎シーズン頼りにしているアイテムの一つです。
_MG_0517_MG_0516現在のモデルは僕が使用するものと比べ、生地の伸縮性も高く、足首部分の形状や踵のストラップが備えられるなど同モデルとは思えないほど使用時の快適性が向上されています。買い換えたいという気持ちもありながら、まだまだ付き合っていこうと思っております。ちなみに、カフェドゥシクリステマルティーヌビブタイツとは別の形状でお手洗いの助けがございます。
 
 

twinsixTwinSix
Black Thermal Bib Tights / ¥17,600(税抜)

 
個性的なアートワークが魅力のミネアポリス発のサイクルウェアブランドのツインシックスからもビブタイツが入荷しております。個性的なサイクルジャージやプリントT-シャツとは違い落ち着いたルックスとなっております。やはりラインナップするトップスと組み合わせることを考えるとこのような雰囲気となるのでしょう。もちろんツインシックスだけでなく、その他のブランドとの組み合わせもオススメの一本です。やはりこの辺りの価格帯のものは生地の質感が大変心地良いです。細かなパターンや生地の切り替えがなくとも十分なパフォーマンスを持っています。太もも横のブランドロゴと裾のジップは反射材がプリントされています。

  

今回ご紹介できませんでしたが、その他にもASSOSQ36.5など、さらに高いパフォーマンスを持ったビブタイツもございます。それらにはそれぞれの拘りがあり、良さがあります。
 

是非一度、各ブランドのビブタイツお試し下さいませ。
 

何を着るか迷う時期の選択肢。

冷え込んできたかなぁと思えば、いざ外へ出掛けると日中はかなり暖かかったりと、着ていくウェアも悩んでしまうこの時期。昨日も昨日で三国山に行ってきたのですが、思いきってシンプルに軽装で行ってみようと。こんなウェアを選びました。

Cafe Du Cycliste Pierrette

昼間は22°Cくらいまで上がりましたが、朝は13〜15°Cくらい。
ウインドベストやジャケットは持たずに、半袖のインナーと、Cafe Du CyclisteのPierrette Jerseyでちょうど良く過ごせた一日です。

Cafe Du Cycliste Pierrette【Cafe Du Cycliste】Pierrette Jersey ¥27,000(税抜)

ご覧のようにPierrette Jerseyは名前の通りジャージなのですが、メリノウールブレンドの生地を用いた薄手のロングスリーブジャージとベストがハイブリットになったアイテムだと思って頂くと良いでしょう。まず目を引くのが、前面のウインドプルーフ素材。この生地がしっかりと風を防ぎ、下りでも肌寒く感じません。そしてメリノウールブレンドの生地は肌触りも良く、吸湿速乾に優れています。

Cafe Du Cycliste Pierrette

袖と背面に配置された黒い生地はストレッチ性に富み、熱も効率よく逃がしてくれるので、登りやハイテンポなライドの時も快適です。

Cafe Du Cycliste Pierrette

袖口にはそのまま縫い付けられた指ぬきリブが配され、ノーグローブで肌寒く感じたときに役立つだけでなく、冬はこの上からグローブを装着して頂くと良いでしょう。

薄手のジャージと聞くと、使える期間がすごく短く感じてしまいますが、このPierretteは真冬のハイテンポライドにも対応するパフォーマンスを持ったジャージであると同時に、そのタイトなシルエットを逆手にとって、真冬のミッドレイヤリングにも活用する事ができるアイテムです。この冬はこのアイテムにお世話になります。

そして、それに合わせてこの時期にあると嬉しいのが、ニッカータイプ(膝下丈)のビブ。ショーツにレッグウォーマーを組み合わせるのもいいですが、かさばるのが苦手な人にとってはこの時期のみならず、春先や初冬まで意外に幅広く使えるアイテムです。

Assos TK.tiburuknickers【Assos】TK.tiburu knickers_s7 ¥32,600(税抜)

この春夏に、第7世代(S7)と呼ばれる新規格のパッドを採用したAssosのビブショーツ同様に、秋冬物にも新規格を採用しています。

goldenGate.img_assist_custom-367x275

このS7の一番の特徴はGolden Gateと呼ばれる、バッドを全周縫い付けず一部を半中空状にする事で、サドルと表生地のこすれに関係なく常に肌をパッドに密着させることができ、ペダリング時のストレスがより軽減しています。もちろん中空なことで通気性もアップ。ロングライドも快適にこなせます。

ついついパッドのことについて述べてしまいました。このTiburu KnickersはメインファブリックにRX Mediumというフリース素材を用いているのですが、この表生地は撥水加工もされているので雨の日のライドでもストレスを減らすことができます。下腹部はダブルレイヤーでしっかりと寒さを守るようにできています。対応気温は12°C〜22°C。春、秋のライドはもちろん、初冬まで幅広くカバーできるアイテムです。

是非、この時期のウェア選びのご参考にして下さい!

夏になると。

サークルズでは夏ともなれば、灼熱のピットが僕らにとって大きな問題になります。
扇風機などで凌ぎますが、気がつけば汗だくです。ご来店されて方にとっては暑苦しいかもしれませんが、スタッフみんな暑さに負けずに頑張ってます!

そんなことを書いている私は2階でこのブログを書いているのですが、どうぞみなさんご安心下さい。2階のフロアは一番冷房が効いていて快適です。

えーっと、今の発言で他のスタッフを全員敵に回しました。。。

ということで、先週末から始まったクリアランスセールの一押し商品をご紹介します。

Assos superLeggeraAssos nS.superLeggera ¥19,000 → 30%OFF

Assos superLeggera

この暑さに抗うべく、究極の涼しさを手に入れましょう。
軽くて、速乾性に優れた生地、パターンを用いたタイトフィットなノースリーブジャージ。
真夏のライドはもちろん、インドアトレーニングにも便利な一着。

Assos superLeggera LadyAssos nS.superLeggera Lady ¥19,000 → 30%OFF

女性用もあり〼。
なかなか抵抗があるかもしれませんが、個人的にはこんなジャージをさらりと着てライドを楽しんむ女性が現れてほしいです。半袖ジャージだと逆に日焼けのラインが気になったりする方には、ノースリーブという手もありますよ!

Twinsix Women JerseyTwinSix Women’s Jersey → 30%OFF

女性用つながりで、TwinSixもお求めやすくなっています。
とにかく夏用に一着をお探しの方には是非試してみてほしいです。Tシャツ感覚で気軽に着られる独特のコンフォートなフィット感とポップなデザイン。きっとお気に入りの一着が見つかると思います。

DSC_7302

せっかくの機会なので、色々と整理したいというのが本心。この他にも、随時セールアイテムが増えたりしているというのはここだけの話です。

自転車で来て汗をかいても、まずはアリバでゆっくりお茶しながら汗を乾かして、その後は涼しい2階で暑さを気にせず色々なウェアをご試着下さいね。

Mikuni Early Morning…

今朝は久々にみなさんとライドに行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何気に新年初の三国山です。今年もどうぞよろしくお願いします。
凍結はほとんどありませんが、ごく一部の陽が当たりにくい所は気をつけて下さいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今朝は山頂でも5度くらいあり、陽が出ていたおかげもあってか、とても走りやすい天気でした。久々におニューのジャージをおろそうと思って、先日ケンポロが紹介してくれたCafe Du CyclisteのHeidi Winter Jacketに袖を通してのライド。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストレッチがしっかり効いてストレス知らずですし、前面はしっかり風をシャットアウトしながらも、登りで身体が暖まったときに背面から熱を逃がすので、オーバーヒートすることもありません。登って下ってというライドが多い僕にとってはファスナーが開け閉めする際に噛み込むことが無いのもストレスが無くて気に入っています。今朝はメリノウールのインナーとこのジャケットの2枚のセットで十分にライドに集中できました。

ちなみに下はAssosのLL.bonKaに、昔のAssosのWinter Plus Overshoe、グローブはAssosのfuguGlove。もう3シーズンくらいこのセットですが、真冬の極寒ライドもへっちゃらです。