New Doppo Day!!

 
 
新しいバイクを組むとアガる。
 
しかもとびっきりの相棒を手に入れたときた。
 

 
自分の力で信ずる道を進むが如く、まだ見ぬ景色や歓喜を求めてひた走る。 独立独歩、それはまさに自転車に乗る事に通じる。
 
太めのタイヤを履かせてダートへと繰り出すのも良し、オンロードタイヤでよりより遠くへ目指すも良し。
 
 
キャルサーガバーでATBライドを楽しむことを念頭に、RIDEALIVEのようなキャンプツーリングも出来るようにポットラックフロントキャリアとオンザロードリアキャリアは球体ペイントにて思いきって同色ペイント。 あとはキャンプ道具も冒険心も全て積み込んでライドに出掛けるのみ!
 
 

-SPECS-
Frame SimWorks By Shin Doppo ATB / size:M
HeadSet Chris King  1-1/8″ NTS
Main Group Shimano SLX M7000
Shifter microshift MTB 11speed Shifting lever
Rims Velocity NOBS 700c 32H
Tire SimWorks By Panaracer The Homage 700x43c
Handle SimWorks By Nitto Calsaga 540mm
Stem SimWorks By Nitto TomBoy
Seatpost SimWorks By Nitto Beatnik
Front Rack SimWorks By Nitto Potluck
Rear Rack SimWorks By Nitto OnTheRoad
Tops Deeper’s Wear HandsUp Shirt
Pants Deeper’s Wear HighKick Jeans
Shoes QuocPham Derby

 
この素晴らしい相棒を手に入れたのは、明日のBikeTo森、道、市場で岡崎駅からのライドリーダーを務めてくれるノブ君。 きっとこれから色んな景色をこのバイクと一緒に見る事になるのでしょう。 明日の天気が少し心配ですが、雨にも負けずに無事にみんなが辿り着いて乾杯できる事を願っています。
 
SimWorks By Shin / Doppo ATB、このたび欠品していたMサイズも再入荷しております。 また、今回からXLサイズも仲間入り、また追ってXXLサイズもサイズラインナップに加わり、大柄な方にもご案内できるようになりました。 あなたの独り遊びの理想を具現化するバイク、是非サークルズまでご相談下さい。
 

ご購入はこちら

 

LIFE-SPEC Morning ATB Rideのお誘い!

 
無事に日本に帰って参りました。 色々と収穫の多い旅でしたが、何より春がやってきて忙しい時期にお店を守ってくれたスタッフのみんなに感謝。 少しずつみなさんにも今回の旅で得た事をお伝えしていきたいと思います。
 
戻ってきて早々、今日から27日まで、サークルズ3階ファクトリーにて、LIFE SPEC MEETING TOUR “2ND LIFE”を開催致します!
 

 
今まで解放されていなかった3階ファクトリーは今後も定期的に展示会や催しを開く場所として使っていきますので乞うご期待。 早速本日よりディーパーズウェアの既存フルラインアップに加え、2017年秋冬モデルをいち早く手に取ってご覧頂けます。
 

BODAIのラーメンがアリバで食えるのは来週24日の夜。

アーリーバーズ 店主さん(@keita_earlybirds)がシェアした投稿 –


 
また、今晩はHEDGEHOGDINER x 麺の樹 ぼだいの日! 19:00頃からはディーパーズウェアの新作のプレゼンテーションもありますので、是非皆様お誘い合わせの上お越し下さい!
 
で、ここからが本題です。 せっかくディーパースウェアから二人が遊びにきてくれるので、日曜日はみんなでライドしましょう!ということでライドのお誘い。 硬く縛るつもりはありませんが、ドレスコードはライフスペックウェアってことで楽しく行きたいと思います。
 
 

LIFE-SPEC Morning ATB Ride


 
日時:3月26日(日曜日) AM8:00
場所:尾張瀬戸駅前ファミリーマート集合

 
※生憎の雨予報のため、ライドは中止とさせて頂きます。 参加表明を頂いていた皆様には申し訳ありません。 変わりに朝9:00にサークルズに集合してBike To BONBONを開催しますのでご都合付く方は是非お越し下さい。
 
春の陽気を感じながら、瀬戸方面へみんなでライドへ。 お昼前には集合場所へ戻ってくるコンパクトなループを予定しています。 ただし今回はATBライドという事で、オールテラインバイクが調子の良いルートをご案内。
 
人数の都合上、事前にご予約頂く形をとりますので、ご希望の方は店頭にて参加表明もしくはこちらよりご連絡下さい
 
みなさまのお越しをお待ちしております!
 

古都奈良 輪行の旅

 
先日の木曜、絶好の自転車日和。日中の気温は14度まで上がり、空は快晴。
こんな日は遊ばなくては損だ。
 
 
この日は奈良の古道を巡るツアー。 アテンドは僕らのマスターヨーダのような存在ジンさん。 もうかれこれ5、6年は一緒にライドに行きたいと切望していたけど、タイミングが合わずで機会を逃していた。 三重の松坂をベースに様々な土地を遊び尽くしてきた自転車歴45年の大先輩。
 
奈良に行くのも僕自身10年ぶり?くらい。 自転車では初めてだ。
 
 
今回は輪行での旅。車で行くよりもずっと楽で、ワンマン電車で田舎風景を見ながら行くのも悪くない。 ちゃんと輪行する際のマナーを守れば誰でもできるし、オススメだ。 みんな基本はマウンテンバイク。 かといってずっとトレイルの中に入っているわけではなく、オンロードとオフロードの繰り返し。 気持ちの良いシングルトラックもあれば、民家を抜けたり、神社の脇を通ったり、東大寺を通ったりなど、奈良の古道を繋いでいく遊び。 まさにオールテラインという言葉がピッタリだった。
 

 
とにかく行く道を急ぐこともなければ、競うこともない。 疲れたら休むし、美味しいご飯はマストだ。 ちょっとしたバイクトラブルが起きても休憩といってみんなで助け合う。 道中数々出てくる無人売店ではお土産に野菜を買ったりなど、なんとものんびりとしたライド。
 

 
民家を抜けた先に突如出てくるトレイルの中に入っては気持ち良くすり抜けていく。 竹林を抜ける時は、光も綺麗に差し本当に綺麗だった。
 
 
古道を進むと、道中ではいくつもの石仏を見ることができた。
 

 
日本最古の神社と言われる「石上神社」にも寄りお参り。 あの聖徳太子もお墨付きのパワースポット。 鶏が30羽ほど放たれていて、アーリーバーズ店主としてはなんとも縁起の良い場所だ。 しっかりご利益をゲットしてきたつもり。
 

 
お昼はジンさんのオススメのお店で「にしんそば」を頂く。 値段も安いし、近くの山で採れた山菜も格別だった。 田舎のこういうお店に行けるのも、数々のライドを通して美味そうなお店を見分ける嗅覚が大事だと思う。
 

 
古都奈良だからこそできる日本の歴史や文化を感じれるとても面白いルートだった今回のライド。 何年もかけて通い、何度もルートを引き直し、自分たちだけのライドルートを作るっていう楽しみを、たった1日のライドではあったが強く感じ取ることができた。
 

 
また今度はジンさんにホームの松坂を案内してもらいたい。 今から待ち遠しい。
 
この日は、ブレーキ破損、パンク、ボトル忘れ、輪行袋破損など各自トラブルがあったが、それでもみんなで助け合い、笑いながらまた進んだ。 そんな仲間と行くライドの醍醐味を感じた1日。
 

 
さぁ、次の休みはどこ行く?
 
EarlyBirds ケイタ
 

ATB RIDE&WELLDONE 熊本進出

 
先日のお休みも山に行ってきました。 今回はWELLDONEイノッチとサクッと午前中に乗りに行こうよってことで、車でアクセス40分、自転車で遊ぶのが2時間くらいの軽めのライドを選択。 朝8時集合でも昼頃には終わり、午後からはまだまだ遊べるっていうプラン。
 
 
今回のルートはまだまだ下手な僕にも優しい場所。 基本ゆるやかな登りと下りの繰り返し。 テクニカルなところもさほどなく初心者にはとっても良いコースです。 上手い人ならシクロクロスバイクでも難なく行けるのかと思います。 僕は自転車に乗るのはとても好きなんですが、ダウンヒルが得意なわけでもなく、ヒルクライムが速いわけでもありません。 ただ自転車に乗って森の中でのんびりと過ごすことが好きなんだなと最近は常々思っています。
 
 
なので、いわゆるMTB(マウンテンバイク)っていう括りにすると、それはそれは攻めたライドに思われがちなのですが、僕の好きな山遊びはもっとユルいです。笑 疲れたら一休みして、コーヒーブレイクしたい。 景色のいいところでは写真も撮りたい。 一緒に行った仲間と喋りながら楽しみたい。 たまには少し挑戦して下ってみたい。 そんなのが好きです。 ハイキングするような感じで自転車に乗っています。
 
 
オンロードもオフロードも良いし、ヒルクライムもダウンヒルも好きだし、そもそも山の大自然の中に身を委ねることが好きだってことで、こんな遊び方を僕的にATB(オールテラインバイク)ってことにしようと思います(自己流解釈です)。 どんな場所もどんな地形でも楽しめれば自転車遊びの幅が広がるなって思います。
 
ずっとシングルスピードで乗ってきたCIELOですが、最近変速ギアをつけました。 今までとはまた乗り方が変わって全く違う乗り味です。 今までいけなかったきつめの登りが難なく行けるようになりました。
 
「ギアすげーわ!」と山の中で叫んでます。笑 
 
山の中で自転車で遊んでみたいっていう初めての方にもこんな楽しみ方があるということを是非感じて欲しいです。
 
 
そして、今回一緒にライドしたWELLDONEイノッチの出店情報です。 CIRCLES界隈の仲間はもちろん、最近では全国各方面にもその名が知れ渡り、WELLDONEユーザー増殖中なWELLDONEですが、今回、九州は熊本に上陸。 そのあと博多、神戸と遠征する模様です。
 
  
熊本での展示会の詳細です。
 
Form Follows Field._02 @くまもと
 
日時:2017年1月27日〜29日 
場所:でんでん舎
 
出展者:
アトリエブルーボトル
EYL
オカタオカ
TORAYA equipment
ripa
WELLDONE
  
様々なアウトドアフィールドからインスピレーションを受けた6つのブランドが集まった合同展となっております。 それぞれ個性のあるブランドばかり集まっておりますが、我らがWELLDONEもその個性に負けず劣らず、当日ご用意するカバンやキャップを目下製作中であります。 個人的にはTORAYA equipmentさんのタイパンツ、ブルーボトルさんのバックパックが気になる。。。 是非各リンク先からチェックしてみてくださいね。
 
これを読んでくれた九州近隣の方々にはぜひ足を運んで欲しいです。 そしてわざわざ東海圏から熊本に足を運んで行ってくれた方にはイノッチから「何か」プレゼントがもらえるかもねっ(今勝手に決めました)。 熊本は本当に面白いヒト、モノ、コトがたくさんあるって色んな方から聞きます。 僕も行ってみたいな。
 
 
寒さが厳しくなる1月ですが、体調には気をつけてお外でいっぱい遊びましょう。
 
では。
 
PS.アーリーバーズに新しいスタッフが加入しました。「あっちゃん」です。 バスケを10年以上ずっとやっていた経歴を持つスポーツ女子です。 まだまだ慣れない事ばかりですが、とても熱意があり一生懸命な子なのでこれからよろしくお願いいたします。 成長が楽しみです。
 
 

Ride Mie

 
 
すっかり冬が来て寒いなと思っていたら、なんだかまた暖かい気候に戻ったりという日々が続いています。 最近なかなか時間が合わなかったり、体調崩していたりしたからライドにいける時間を作れていませんでした。
 
もう我慢できない。 天気予報は雨。 それでも僕らは遊びにいきたい。 ということで、今回は「三重」にスポットを当てたツアーを企てたのです。
 
 
 
クルーはサークルズしげ・ウェルダンいのっち・僕アリバけいたの3人チーム。
 
 
朝集合した僕らは目的地のいつもの山へ。 ずっとシングルスピードで乗っていたマウンテンバイクに変速機をつけた僕は早く乗りたくてウズウズしていたのです。 雨予報ということもあり、天気にあわせたウエアを選ぶところから面白い。 山はスリッピーなところもあり、難しいところは降りて、自転車を引いて歩くのも良し。気持ちの良い道では思いっきり楽しめればそれで良いのです。
 
がしかし、この日の僕は調子に乗って吹っ飛んでしまいました。笑  軽い怪我でホッと安心。 スポーツ全てにおいてだと思いますが、自転車遊びにも怪我のリスクはいつも隣合わせです。安全に楽しめるように気をつけましょう。 今回は身を挺して感じてきました。笑
 
 
それにしてもシングルスピードからギアードへの変化は、また全然乗り方が違うのでとても新鮮で楽しかったです。 いつも登りきれなかった斜度のキツい坂も気持ち良く乗り切って進むことができるのが快感でした。笑 もっと乗り込んで練習したいです。
 
 
3時間ほどで山遊びをサクッと終わらせ、次はお昼ご飯を目指し上木食堂へ。
三重県いなべ市に11月にできたばかりのお店です。 僕らも日頃よりお世話になっている松本くんの新しいチャレンジの場所。 以前は旅館だった古い建物を改装して作ったお店です。
 
一番の魅力は、そこで使う野菜やお肉などもいなべ市やその近郊で育てた食材がほとんどだということ。 アーリーバーズの食材もお願いしている八風農園の風くんをはじめ若い世代で農家を志して始めた方が何人もいる。 その味も愛情もしっかり込められた食材を、店主松本くんの料理の技術により一層味わい深い料理が楽しめる最高のお店です。
 
 
松本くん自身もピストに乗っていて、バイクスタンドもお店の前に置かれているバイクフレンドリーなお店です。 三重では有名な二ノ瀬峠からも好アクセス。 サイクリストの方も、是非お近くにお寄りの際は行ってみてほしいです。
 
そんなお店で美味しいカレーを頂き、次に向かうは四日市に新しくできたADAPT SUZUKAへ。
 
 
三重の名店モデラートさんで働いていた山遊びの天才キョーヘイ君が新しく始めたのは、彼が普段から遊び尽くしている鈴鹿山系をベースに、そこに集まるモノやコト、生活と遊びをシームレスに繋げ、提案していくコンセプトショップ。 ハイキングやランニングだけでなく、自転車も楽しむ彼は、同世代の中でも遊び尽くしているまさにシーンの重要人物。 そんな彼の新しいチャレンジは、三重のアウトドアアクティビティの情報交流の拠点になること間違いなし。
 
遊びの話は尽きる事なく、次なる悪巧みの作戦会議も終えた頃にはすっかり外は暗くなり、僕らは名古屋に帰りました。
 

 
近いけど、なかなか深く足を運ぶことができていなかった三重。 今回行った上木食堂ADAPT SUZUKAのような新たなお店ができたことによって遊びに行く機会が増えていきそうです。 まだ知らないことばかりの三重の魅力もどんどん掘り下げていきたいですね。 どうぞいろんなオススメスポット教えてください。 むしろ一緒に遊びましょう!
 
1日しっかり遊んで、食べて、よく笑い、そしてちょっと痛い思いをしたナイスな三重ツアーでした。
 
さぁ、次はどこへ行こう。
 

伊豆の魅力 – 山伏トレイルツアー –

 
 
イベント続きだった週末も過ぎ去り、久々にみんな揃って自転車に乗れる日がやってきた。 周年に合わせて来日してくれたリックもバイクを持ってきていることだし、みんなでトレイルを走ろうじゃないかと、プランを立てた我々。
  

向かうは伊豆半島の南西部に位置する松崎町。 名古屋から車で約5時間のドライブ。 新東名の開通により、今まで以上にアクセスしやすくなったことは確かだが、それでも伊豆縦貫道を降りてからは下道を走り、たどり着くにはそれなりの時間を要します。 でもこの精神的な距離感を越えられた者こそがたどり着くことができる秘境のような、そんな魅力がこの伊豆にはあるのではないか? そんなことを思いながら、ジャスにハンドルを託し、我々は一路伊豆へと向かったのでした。
 
YamabushiTrailTour 

自走で登ってみよう – 山伏トレイルツアー

世界の中心、松崎港へと降り立った我々は、山伏トレイルツアーの皆さんと再会を果たし、快晴の中、トレイルへと繰り出した。 普段はトレイルヘッドまでバンにバイクを積んで搬送してくれるのだが、せっかくなんだからと、半数以上が自走で頂上へ。 アプローチの段階から素晴らしい眺望をのぞむことができ、この先の冒険に胸が高鳴る一同。 ちなみに搬送なしでもツアー料金は変わりませんので悪しからず。
 
YamabushiTrailTour

YamabushiTrailTour

YamabushiTrailTour 
乗って行くのもしんどいような急坂は、自転車から降りてゆっくり休みながら、川のせせらぎや小鳥のさえずりに耳を傾けます。 疲れたら一度立ち止まって、ウエストポーチに入れておいたパンを頬張りましょう。
 
YamabushiTrailTour 
1200年以上前からこの地に存在し、古くは炭焼き(木炭作り)のために使われていた古道を自分たちの手で再生し、また使われていなかった道同様に、放置されていた広葉樹を伐採し、薪ストーブ用の燃料や地元の伝統食材・伊豆田子節(かつお節)を燻すための薪として販売をするなど、地元の人々と寄り添いながら、この素晴らしいフィールドを維持しています。
 
YamabushiTrailTour

YamabushiTrailTour 
レベルに合わせたコース設定に加え、レンタルバイクも充実しているので、これからATB/オールテラインバイクの世界を楽しみたいという人にとっても気軽にチャレンジできる環境が整っている山伏トレイルツアー。 久々のATBライドに彼女達もご満悦の様子です。
 
YamabushiTrailTour

YamabushiTrailTour 
炭を運ぶためのソリを曵くために作られたハーフパイプ状の道や、岩盤の切通し道など、変化に富んだトレイルには広葉樹が多く茂っており、ちょうど冬に備えて落ちた葉が、落葉のカーペットのように敷かれており、そんなふかふかの山道を滑り落ちるように、僕らは時間を忘れて駆け回ったのでした。
 
YamabushiTrailTour 
気がつけばあっという間に日没が迫り、最後に極上の一本を下って景色の開ける高台へ。 眼下には、駿河湾に沈みゆく夕日と、背中には奥深い山々。 西伊豆・松崎町を象徴するこのすばらしい景色で〆。 大変美味しゅうございました。
 
もちろんライドのあとには、海を眺めながらの極上の温泉で疲れた身体を癒し、またお風呂上がりには新鮮な海の幸に舌鼓を打つこともできるのが、伊豆の魅力でもあります。 むしろそれだけを目当てに来たって良いくらいですね。 西伊豆は、夕日が沈んでいくのを眺めながらの海岸線ライドも最高です。 うむ、伊豆を楽しむには1日だけでは時間が足りませんな。
 

トレイルツアーに参加してみたい

温かい伊豆は、年中走れますし、山伏トレイルツアーのガイドのみなさんは、ライドにまつわる技術的な事から、おすすめの温泉や食事処といったところまで、親切に教えてくれます。 参加してみたいなって方は、サークルズやカルチャークラブのATB部隊がアクセス方法から機材まで、色々とアレンジしますので、どうぞお気軽にお尋ね下さい!

What about SHIN FAB’s ATB?

  
ジャっす! ジャスです。
先に言っておくと、今日はボケないです。
おふざけしません。
フリじゃないです。
 
先日、山伏トレイルに行ってきましたブログを書いた所、トレイルを思いっきり走ってみたいと言うお客様のご来店が多かった先週末。
ですので今日は、山バイク初心者の方から、数々のバイクを乗りこなしてきた方まで、満足して頂けるハンドメイドフレームのオールテラインバイク(ATB=全地形対応型自転車)のご紹介。
 

20161022-29SHIN 650B ATB size S ¥315,000(税抜)

 
最近サークルズブログで登場回数の多いShin・服部製作所のフレームをベースにおすすめパーツで組み上げたコンプリートオールテラインバイク。
登って、下れるハードテイル。里山ライドからパークライドまで、この1台で楽しめます。
 
20161022-32
足回りはSRAM NX 1×11
フロントシングル、リア11速のパイオニアであるSRAMより、今年発売されたコンポーネント NX。
 
自分も7月に参加したOMMバイクではこのコンポーネントを搭載したバイクで白馬の山々を駆け巡りましたが、シフティングの軽さとワイドレシオな11速の安心感で、登りが苦手な僕でもスキー場の登り斜面をぐんぐん登って行けました。
 
20161022-36
フォークはX-FUSION VELVET。
FOX、ROCKSHOX、に続くサスペンションフォークメーカーX-FUSION、コストパフォーマンスの良さと、お値段以上の仕事をしてくれる性能で上位メーカに負けず劣らず人気のサスペンションフォーク。
130mmストロークで下り、ガレ場のセクションでしっかりとライダーを支えます。
 
20161022-30
ヘッドセットは「いつかはキング」を「いきなりキング」でCHRIS KING。
コックピットはSimWorks by NITTO RHONDAにハンドルはHUNTER SMOOTH MOVE、グリップはWTB MOTO で文句無しの組み合わせ。
ブレーキは万が一のトラブルにも修理、そしてメンテナンスが容易であるようにと安心設計されている、SHIMANOのDEOREで間違い無し、問題無し。
 
20161022-31
リムはVelocity BLUNT SS、タイヤはMAXXIS ARDENT
こちらは僕の鉄板組み合わせ。 ちなみに自分がいつもダートジャンプで使っているATBのリムもVelocity BLUNTシリーズ。 体重90キロの僕が飛んでも転けてもビクともしない強度ばっちりなスーパーリム。
MAXXIS ARDENTは大きくデザインされたブロックパターンでコーナリング時のハイグリップを約束し、間隔の開いたトレッドセンターはブレーキング力のアップと泥詰まりの軽減に貢献します。
 
SHIN 650B ATB 自信を持ってオススメできる1台です。
ちなみにこのATBは165cm~175cmぐらいの方が適応身長となります。
 
20161022-37
現在同じ使用のフレームでMサイズもストックしております。 (トップチューブ長水平換算:605mm / シートチューブ長:450mm)
こちらは170cm-180cmぐらいの方まで適応します。
是非ご相談お待ちしております!
そして一緒にトレイルで遊びましょう!!
 

ちなみにこちら、先日シェイクダウンを果たした僕のNEW BIKEのSHIN。
下りを中心に考えた650Bハードテイル・ATBを簡単にご紹介! (余談ですがATBのメッカ、ベイエリア的にはファンデューロなんて呼ばれています。)
 
20161022-13

-BIKE SPECS-
Frame SHIN・服部製作所 ATB
Folk ROCK SHOX PIKE 160mm
HeadSet Chris King inset7 GOLD
Crankset RACE FACE AEFFECT 32T
Brake SHIMANO SAINT
Brake Lever SHIMANO SAINT
RD SHIMANO SAINT
CS SHIMANO SAINT 11-32
Rims Stan’s NOTUBES FLOW EX 32H
HUBS Chris King ISO GOLD
Spokes DT Swiss Champion
Tires WTB BREAKOUT 2.5
Handle RACE FACE SIXC35 20mm RISE
Stem RACE FACE CHESTER 50mm
Seatpost ROCK SHOX REVERB
Saddle WTB HIGH TRIL PRO

ちょうど1年ぐらい前に晋君に「フレームを作ってもらいたいなー」と話をしてから構想と妄想を繰り返し、「こんなイメージで作りたい。」と伝えたのが今年の5月。 それから2人でイメージを伝え合い、図面を引いてもらい完成したこのバイク。
 
どんなトレイルも走破できるようなドリームバイクが出来ました。
後は僕のテクニック次第ですね???
 
若干寝かせたスラックなヘッドアングルに、160mmストロークのサスペンションフォークと2.5inchのタイヤを履かせ、下る事をメインに設計しましたが意外や意外、下りはもちろん登りもしっかりと進んで行くのには正直びっくりしました。
これから始まるトレイルシーズン、どんどん乗り込んで行こうと思います。
 
20161022-1
こんなスペシャルオーダーATBのご相談も是非おまかせ下さい。
どんな地形も走破できるオールテラインバイク。
自転車の楽しみ方がまた1つ、増えますよ!
 

JUSでした。
  

コレを待っていました!

 
先日、我らシムワークスが取扱を開始し、日本国内に流通を開始したマイクロシフト社によるMTB用の10速・11速用バーエンドコントローとサムシフター。
 
doppo x micro shift_01_2000 
シマノの現行マウンテンバイク用ドライブトレインにバーエンドコントローラーやサムシフターが使用できるようになり、アレやコレやと想像力が広がります。 現在ラピッドファイヤーシステム一択しかなかった選択肢に幅が生まれたのです。
 
 

バーエンド・シフター
・BS-M10 Rear 10speed Bar End Shifter For MTB ¥14,000(税抜)
・BS-M11 Rear 11speed Bar End Shifter For MTB ¥14,500(税抜)

シマノ社の10速・11速マウンテンバイク用ディレーラーと完全な互換性を持つバーエンド・シフター。
  
・BS-A11 Rear 11speed Bar End Shifter For Road ¥13,000(税抜)

シマノ社製造のロード用の11速に対応するバーエンド・シフターです。
  
サム・シフター
・SL-M10 Rear 10speed MTB Shifting Lever ¥15,000(税抜)
・SL-M11 Rear 11speed MTB Shifting Lever ¥15,500(税抜)

シマノ社が製造する変速機、ラピッドファイヤー以外での選択肢となる、フラット・ハンドル対応のサム・シフターレバーです。
 
例えば、「マウンテンフレームを使用したツーリングバイクを組みたい、でもハンドルはドロップハンドルで!!」
 
そんな時、今までであればドライブトレイン一式をロードコンポーネントに変え、デュアルコントロールレバーで動かすしかなかったのです。 しかし!今ならマイクロシフトのMTB用バーエンドコントローラーを使えば、最大42TのリアスプロケットをもつシマノMTBコンポーネントも使えるようになります。 互換性という大きく立ちはばかっていた壁を取っ払ったのです!
 
42Tあれば、フロントシングルでもいいかも。
そうすれば、ハンドル周りはすっきりするし、ハンドルバックが付けれるかも。
ハンドルバックが付けられれば、背中の荷物が減る。
そんな恩恵も受けられるのです。
 
例えば、家にあるMTBをもっとのんびり乗れるコミューターバイクに仕上げたい。 そんな時もマイクロシフトのサムシフターを使うと、レバー1本で変速操作ができるのんびり仕様に。 そして、ラピッドファイヤーと異なり、ハンドル上側にマウントされるので、ハンドル下側にスペースを作ることが出来ます。 ハンドル下側にスペースが有れば、フロントバスケットやハンドルバーバッグなどの取付けも邪魔にならずに行えることもあるはずです。
 
doppo x micro shift_02_2000 
僕はツーリングバイクにサムシフターを使用しています。
そしてドライブトレインは、フロントシングルのシマノSLXリア42Tを使っているのですが、コレなら登れない山もなく、オフロードに入ってもスタビライザーの効いたリアディレーラーは、チェーン外れ防止に大活躍です。
 
さあ、皆さんも想像力をめぐらし。
最高の愛車を組み上げましょう。

Full Line up “The Homage Tire”.

 
発売以来、多くのサイクリストの冒険心を刺激しているSimWorks By Panaracer/シムワークスバイパナレーサーThe Homage/ジ・オマージュ
 
まだかまだかと残りの2カラーの登場を待ち望んでいた方も多いとおもいますが、遂に全カラーラインナップが揃い、Webshopにもアップ致しました。
 
SimWorks By Homage
 
SimWorks By Homage
 
SimWorks By HomageSimWorks by Panaracer The HOMAGE
Green x Skin Side

 
Wheel Size : 700c (622) & 650b (584)
Tire Width : 43mm
Bead : Aramid
Compound : ZSG Natural Compound
Weight : 560g (700c) / 520g (650b)
Price : ¥6,200(税抜)
 
一度見たら忘れる事のない強烈な印象のグリーン x スキンサイドは、どこか懐かしい感じがするカラーです。派手になりがちなカラーですが、色味にはこだわり、幅広いバイクにマッチするようシムワークス流の遊び心が伺い知れます。
 

 
SimWorks By HomageSimWorks by Panaracer The HOMAGE
Black x Brown

 
Wheel Size : 700c (622) & 650b (584)
Tire Width : 43mm
Bead : Aramid
Compound : ZSG Natural Compound
Weight : 550g (700c) / 520g (650b)
Casing : Anti Flat Casing
Price : ¥6,800(税抜)
 
パナレーサーでは定番カラーとなっているブラウンサイドカラーをオマージュにもラインナップ。グラベルキング譲りのアンチフラット・ケーシングを採用した耐パンク仕様。サイドカットやリム打ちによるパンクのリスクを抑え、よりタフなライドにマッチします。
 
さぁ、あなたはどんなバイクにアッセンブルしますか?
 
SimWorks By Panaracer The Homage 
先日もご紹介させて頂いた通り、オンロード・オフロードとその路面状況を問わず、幅広く使う事のできる万能型オールテラインタイヤ。先日のBuilders Do Fuji2016でも、とにかくこのタイヤの持つ特徴を最大限に引き出してライドを楽しむことができました。
 
 
スーサイド・フォレストからヴォルケーノまで、一口にオフロードといっても様々な表情を持つ路面に対して、対応できる路面を問わない、すなわち、僕らの行き先を限定しないということは、行った事の無い未開の地やまだ見ぬ景色を求めて走り回る、そんな自転車で遊ぶ事の本来の楽しさに、僕らを立ち返らせてくれます。
 
SimWorks By Panaracer The Homage 
そして、みなさんが気になっているであろう、「自分のバイクには果たしてオマージュを履かせることが出来るのか?」という疑問に対して、店頭ではフィッティング確認用のサンプルをご用意しております。ご検討頂いていた方は是非お気軽にスタッフにお尋ね下さい。
 
これから控えているビックツーリングシーズンにむけて、オマージュを装着して多くの方々が素晴らしい冒険を楽しまれることを願っております!

その名も、The Homage。

さかのぼること、26インチタイヤが全盛だった当時、セミスリックタイヤの代表格とも言われていたパナレーサーMach SS/マッハSSというタイヤがあります。

時は流れ、今では27.5インチや29インチという様々なタイヤサイズが生まれ、自転車の乗り方・遊び方の多様化が進んでいます。そんな中、シムワークスが自転車文化の歴史をオマージュし、現在・未来のユーザーのニーズを想像していった結果として、マッハSSをグラベルライドやオールテライン用にリファインし、この度オリジナルタイヤが完成しました!

SimWorks By Panaracer The Homage

SimWorks By Panaracer Homage SimWorks By Panaracer Homage SimWorks By Panaracer Homage

 

【SimWorks By Panaracer】The Homage Tire ¥6,200(税抜)

SIZE : 700c (622) & 650b (584)
Width : 43mm
PATTERN : SEMI SLICK
WEIGHT : 700c – AVE.560g / 650b – AVE.520g
BEAD : ARAMID
Color : BLACK & BLACK

日本が世界に誇るタイヤメーカー・パナレーサー社との共同開発により、グラベルキングなどにも採用されている最新のケーシングとコンパウンドを用い、従来のマッハSSの比べ物にならないほどのハイパフォーマンスタイヤとして仕上がったオマージュ。

SimWorks By Panaracer The Homage

皆さんにとって大切な日々のデイリーライドや週末のライドなど、アスファルトの上でも快適に走る事ができ、そしてつい脇道にそれてしまったり、新しい道を発見してしまったとき、たとえその道が未舗装路であっても臆する事なく突き進むことが出来る、まさにオールテラインな楽しみ方を約束してくれるタイヤです。

SimWorks By Panaracer The Homage

サイズは、700x43Cと650x43Bというラインナップ。つまり、サーリークロスチェックストラグラーをはじめとした多くのシクロクロスバイク・ツーリングバイク・コミューターにフィットするのです。

まずは定番色としてブラックトレッドxブラックサイドウォールのカラーからリリース。
今後、ブラックxブラウンサイド、ライトグリーンxスキンサイドとラインナップしていく予定ですのでそちらもお楽しみに!

SimWorks By Panaracer The Homage

昨今、チューブレスタイヤが多く誕生しておりますが、このThe Homageがチューブレスに対応しているかどうかについて、気になる人もいらっしゃることと思います。

ピュアなチューブレスとチューブレス・レディという2つの規格が存在している現状で、例えば定番のヴェロシティやチューブレスリムの代表格スタンズなどのリムを使用すれば、おそらくチューブレスとして使う事ができると思いますが、それをチューブレス・レディであると言い切ることができない状況をご理解頂き、我こそはという方は是非チャレンジしてみて下さい。

それよりもこのタイヤボリュームを活かして、できるならどんなところでも行ってしまおうというあなたの好奇心に対して、その背中を押すのは最終的にチューブドで使うということが最良の選択なのかもしれませんね。

実は、今年のNAHBSではリリースに先立って、SYCIP/シシップRETROTEC/レトロテックのバイクに装着しておりました。

SimWorks By Panaracer The Homage  Sycip

SimWorks By Panaracer The Homage Retrotec

シシップのバイクは、オールテラインツアラー、そしてレトロテックのバイクは万能コミューター。どちらも特徴的なバイクですが、そのコンセプトにしっかりと呼応できるタイヤである事を感じて頂けると思います。

あなたのバイクに付けられるのかどうか、まずはお気軽にご相談下さい。
装着できた暁には、壮大な冒険へと出掛けようじゃありませんか!!