Blind Chic./ブラインドチック

 
どんなものでも、おろしたてピカピカなものよりも使い込んだものに魅力を感じます。 それは自転車にも身につけるものにもいえること。
 
先日ご来店頂いたあるお客様は、サークルズがまだ吹上から千代田に移店して間もない頃にお買い上げ頂いた FredrikPackers/フレドリックパッカーズ のメッセンジャーバッグの寿命がきていて、買い換えたいと相談をしに来られました。 そのバッグはまさに使い切ったという言葉がしっくりくらい、バックルが破損しコーデュラナイロン生地なんて元の色が分からないくらいまでに色褪せていたのです。 そして、新しいものを探すのではなく同じ形のものが欲しいとのご相談で、とても感激したのを覚えています。 しかしながら当ブランドの扱いをやめてしまっていたので、やはりそこは WELLDONE/ウェルダンのイノッチ の出番で、ハンドメイドで同じ大きさフォルムを再現してもらい、ウェルダンらしいエッセンスを足して作ってもらいました。
 
自分もそうですが、色んなモノに溢れている昨今、新しいもの新しいものに目がいってしまって、なかなか使い切ることが難しいと思うのです。
ちょっとやそっとでは壊れずに丈夫でいて飽きずに長く愛着が持てるもの。 なんというか、体の一部と言ったら良いのでしょうか、近くに無くては落ち着かなくなるくらい。 そんなイメージにピッタリだと思うのが Blind Chic./ブラインドチック というハンガリーのブランドです。
 
 

ファッションデザイナーでありサイクリストの Julia とグラフィックデザイナーの Neza が、スロベニアのリュブリャナからハンガリーのブダペストまでのロードトリップの途中で出会い、2011年の夏にハンガリーのブダペストで始まったバッグブランド。 そんな彼女たちブラインドチックは、ブダペストにある ART QUARTER BUDAPEST(AQB) という、様々なアーティストの表現の場として提供しているアートスタジオの建物の一角に拠点を構えています。
 

 
彼女たちはハンドメイドを愛し、自分たちが住む町に自分たちが作るバッグを通してバイシクルコミュニティを広めたいという想いを込めて日々製作しています。 女性の手によってキレイに縫製されたバッグは、どちらかというとローテクな作りをしていますが、撥水処理を施した暖かみのあるコットンキャンバス生地、丁寧に鞣されたレザー、そして相反する止水ジップをあえて使う事で今まで僕自身が使ってきたバッグとは異なるユニークなデザインとなっています。
 
そして今回は異なる大きさのバックパックが2種類とヒップバッグ、ショルダーバッグとしても使用することのできるハンドルバーバッグが届いております。

 

Dookie / ドゥーキー

ご購入はこちら

 
ドゥーキーは容量30Lと大きめなロールトップ型バックパック。 機能面も充実しており、外側に上下異なる形のポケットが計3つも備えられています。 上側のポケットはマチがあり少々厚みのあるもの、下側のポケットはカバンを降ろす事無くすぐに出したい、サイフやカギなどの貴重品を入れるのに適しています。 そしてチェスト部分のストラップでしっかりホールド出来る事から、ロングライドやハイキングなどにも容易にお使い頂けるのです。

 

Bub / バブ

ご購入はこちら

 
バブは容量12Lと女の子でも普段から気軽に使えるラインナップの中で最もコンパクトなサイズです。 そしてサイクリングやライトハイキングも色々したい!! と思っているアクティブなあなたをも満足してくれるはず。 外側に備えられたマチ付きポケットは、サイフや携帯などの貴重品を入れるのに最適。 アクセントとなる止水ジップも表情豊かにしてくれています。

 

Goliath / ゴリアテ

ご購入はこちら

 
ゴリアテはロールトップ型のボリューミーなウエストバッグ。 もちろんメッセンジャーバッグの様にななめ掛けしても良いですし、大胆にウエストに纏っても良し。 しっかりとフィットします。 そして手軽に持ち運びができるよう、手持ちのストラップも備えられています。
 

Handee Bear / ハンディ ベア

ご購入はこちら

 
ハンディー ベアはワックスド・キャンバスを使用したハンドルバー・バッグ。 カメラや携帯などの貴重品や細かなアイテムを収納するのにとても便利です。 付属のレザーストラップを使用すればショルダーバッグとして使用することも可能なのでそのまま持ち運ぶことができます。
  
1点ずつ想いを込めてハンドメイドで製作されるブラインドチックのバック達。
ぜひ実際に手にとり背負ってみて頂けると嬉しいです。

 


 

ブラインドチックのアイテム一覧

Gorilla Jacket

 
先日BLOGにてご紹介し、多くの反響を頂きましたハンガリーのブタペストで始まったバッグブランド BLIND CHIC.(ブラインド チック)。 デザイナーでありサイクリストの Julia が製作するバッグ達は、彼女の想いとセンスが1つ1つに込められ、海を渡ってやってきます。
 
彼女がそのプロダクトを携えサークルズを訪ねてくれて以来、僕の心を掴んで離さない ブラインド チック 、実はバッグだけではなくサイクリストにぴったりなジャケットも作っているのです。 そして何よりそのジャケットにつけられたネーミングがユニーク。
 
20161001blindchic-3

Gorilla Jacket(ゴリラジャケット)
 
このゴリラジャケットは、コンクリートジャングルを征服するアーバンサイクリストのニーズに応えるソフトシェルジャケット。 雨風を凌ぎ、熱を排出するという機能面は損なわず自分たちのスタイルに妥協はしないというコンセプトのもとデザインされています。
 
20161001blindchic-4※モデルは173cm/61kgでサイズSを着用しています。
 
品の良いソフトシェル素材の裏地にはフリースを用い、秋口から真冬の厳しい環境時にも快適にお使い頂けます。 地元ブタペストのFIXIEガールズからのフィードバックをもとに、細部の至る所までこだわり尽くしたジャケットはライディング中もとても快適です。
 
20161001blindchic-620161001blindchic-720161001blindchic-820161001blindchic-11
 
そして、とてもユニークなのが、その生産方法です。
ブラインド チックが理想とするジャケットを、パターン作成から縫製までを行ってくれる場所が彼女たちの地元ブダペストに存在するのです。
EMMAROZ MODA という、そのショップ兼アトリエは、豊富な経験と女性によるクオリティの高い仕立てと美意識で、ブダペストの若手デザイナー達を支えています。 街にそういう機能を持つ場所があるのはとてもうらやましいですね。

 
blindchic10blindchic11 
昨今、ソフトシェルジャケットの分野において数多くのブランドから独自の考えの元で生み出されており、選ぶのにも迷ってしまいます。 価格やブランドネームで選ばれがちですが、この ブラインド チック のような想いを込めたバッグやジャケットを僕はオススメしていきたいと強く思うのです。
 
20161002gori-6※モデルは155cmでサイズXSを着用しています。
 
そしてもちろん、このゴリラジャケットにはレディースサイズがあります。
かわいいあの子にも、これを着て自転車に乗ってもらいたいものです。
メンズ・レディース共に、袖丈や着丈のバランス感は、我々日本人でもフィットしやすいタイト目なサイジングとなっています。 参考までに、168cm/59kgのTAKAでSサイズ、176cm/63kgのウノちゃんでMサイズでインナーとシャツを着てピッタリなサイズ感となります。
 
20161002gori-5 
ゴリラを表現してくれたアリバのニューカマーのニシパンも似合ってるね!
独特の落ち着いた色使いも、女性が作り手ということをうかがえるキュートなジャケットです。
 
ちょっと前の夏の動画ですが、彼女たちのライドや遊び、ハンガリー南部の美しい景色と、そこから生まれる色合いや機能がとても良く表現されていると思うので、ぜひご覧ください。
 

 

Blind Chic.

 
元々アパレル出身という事もあり、洋服はもちろんですが特にバッグが好きで、給料のほとんどを注ぎ込んでいた時期もありました。 それは古着やアウトドア系のものから、FreightBaggage(フレイトバゲージ)の様なハンドメイドバッグまで幅広く様々。 そして今では、身軽になればより遠くへ行けるという考え方のUL系(ウルトラライト)が自転車にも適してるんだなと実感し、軽量でハイテクな素材を使用したバッグに惹かれ始めていたところでした。
 
しかし、このブランドを知ってから、またその考えをがらっと変えられてしまったのです。
 

blindchic01Blind Chic.(ブラインド チック)

 
ファッションデザイナーでありサイクリストの Julia とグラフィックデザイナーの Neza が、スロベニアのリュブリャナからハンガリーのブダペストまでのロードトリップの途中で出会い、2011年の夏にハンガリーのブダペストで始まったバッグブランドです。 そんな彼女らブラインドチックは、ブダペストにあるART QUARTER BUDAPEST(AQB)という、様々なアーティストの表現の場として提供しているアートスタジオの建物の一角に拠点を構えています。
 
dsc_5647
 
彼女らはハンドメイドを愛し、自分たちが住む町に自分たちが作るバッグを通してバイシクルコミュニティを広めたいという想いを込めて製作しています。 女性の手によってキレイに縫製されたバッグは、どちらかというとローテクな作りをしていますが、撥水処理を施した暖かみのあるコットンキャンバス生地、丁寧に鞣されたレザー、そして相反する止水ジップをあえて使う事で今まで僕自身が使ってきたバッグとは異なるユニークなデザインとなっています。
 
dsc_5663dsc_5654dsc_5672dsc_5642
 
そして、彼女らのバイシクルコミュニティーに対する想いが海を越え日本にも届けられたと僕は信じていています。 それは実際にJuliaがサークルズに遊びに来てくれたことがきっかけで取り扱いをはじめたというヒストリーがその何よりの事実。 その想いが込められたバッグは、確かにヒトからヒトへと渡り、その地のバイシクルコミュニティーへと広まっていくのだと感じています。
 

 
その想い、ぜひ実際に手にとり、背負ってみて下さい。

 
Blind Chic.(ブラインド チック)