きました!!SALSAのNEW BOTTLE CAGE!!

 
お久しぶりです。JUSです。
 

僕が心待ちにしていボトルケージがきました!!

SALSA CYCLES/サルサ サイクルズのSIDE ENTRY WATER BOTTLE CAGE/サイドエントリーウォーターボトルケージ¥1,500(税抜)

 

アドベンチャーバイクの皇帝、サルサ サイクルズから発売されたこのボトルケージ。
パッと見はよくあるボトルケージですが、なるほどなるほど!!JUS的に涙腺崩壊かつ即購入な素敵なギミックを兼ね備えております!!
 

早速ボトルを装着してみましたよ。
うん、素晴らしく良いホールド感!
 

そして何と言ってもこのボトルケージの特徴はサイドオープンの片側持ち式と言う事。
そう、つまりサイズが小さいフレームや、フレームバッグを装着していてもボトルの出し入れがしやすいように考えられているのです!!
 

最近のJUSスタイルはロードバイクでサクっと走る時には、サドルバックやフロントバックは付けずに、フレームバックのみ。
フレームバッグはポーセリンロケットのユニバーサル・フレーム・パック。
これが本当に調子が良い。
 
財布やスマホをフレームバッグにイン。
ついでに、携帯工具や携帯ポンプ、スペアチューブなんかもイン。
そしてさらにはコンデジもイン。
1つのフレームバッグで全部まとめられます。
 
しかしネックだったのは、ウォーターボトルの出し入れのしにくさでした。
それを解消してくれたサイドエントリーウォーターボトルケージ。
僕のようにフレームバッグ愛用家にはナイスでマストなアイテムなのです。(もちろん自分用に1ペア仕入れました。)
 
このボトルケージ、実はココからすごい!!
 

ジャン!!
ホールドする部分がセパレートします!!
 

ココで分かった人!!さすがです!!
 

答えはクルッと180°ひっくり返してホールドパーツの向きを変えて取り付ければ、ボトルを出し入れする向きを左から右に変える事ができます!!
 

今までこの手のサイドオープン型のボトルケージはだいたい左側でしかボトルの出し入れができませんでした。
右手でボトル取り出し派の僕にはものすごく使いにくかったのです。
フレームバッグを装備していても取り出しやすいサイドオープンだけじゃなく、右手でも左手でも出し入れできるようになるサイド エントリー ウォーターボトルケージ!!
と言う事でコレ、オススメです!!
 
JUSでした!
バーイ、サンキュー!!
 

待ってましたよ、ロンさん!!

 
夏の日差しにも負けない輝きを持った、待望の大人気ボトルケージたちが再入荷しました!
 

KING CAGE!!

DSC_0814

 
KING CAGEはコロラド州デュランゴにある小さな工房で、溶接職人 ロン・アンドリューの手によって丁寧にひとつひとつ作られています。
 
DSC_4549Stainless & Iris

KING CAGE Stainless ¥2,500+Tax
 
KING CAGE Iris ¥2,500+Tax


 
どちらもステンレス製で、アルミ製のボトルケージと比べるとしなりが強く、オフロードのような凸凹道でもボトルをしっかりとホールドしてくれます。もちろん、軽量で錆びにくいのも嬉しいですよね。
手作りのため入荷のタイミングが異なることもあったチタン製のボトルケージ Titanium も、今回は同時に入荷しています。
 

そして、あなたの愛車の可能性を広げるアイテムも大量入荷しました。

101982573KING CAGE Manything Cage ¥8,000+Tax
SIZE : H210 x W63 x D80mm

 
ボトルケージの枠を取り払い、スチール製のバックルが付いたストラップを2本備え付けたメニーシング ケージは、いつ何が起きるか分からないツーリングに必要な輪行袋やキャンプでの着替えを詰め込んだ中型のドライバック、大好きなジュースが入った40オンス・サイズの大きなウォータ・ボトルなどの円形のアイテムをがっちりと固定してくれます。
 
DSC_4543
 
そのフィット感と搭載能力は正に秀逸の一言。バイクパッキングのキャパシティが更に広がります。そしてチタンという素材は、軽量かつ圧倒的な耐久性能も兼ね備えいる以上に魅力的です。
 
  
水分補給が欠かせない夏、ダウンチューブとシートチューブのアイレット・ダボがボトルケージで満員・・・でもまだボトルが欲しい!メニーシング ケージを付けたい!という欲張りさんにピッタリなガジェットがこちら。
 
101982847KING CAGE U S B(Unversal Support Bolt) ¥1,000+Tax(1Band)

 
多くの車種がU S B (Unversal Support Bolt)による新たなアイレット・ダボで今まで以上の搭載量を手に入れ、可能性を大きく広げることができます。
バンドのサイズは27mm、44.45mm、50.8mmの3つ(いずれも最大径)が用意されています。
 
101982847_o1

 
また、バンドはボルトで絞め込むため凸凹道なオフロードや未知なる長い旅でも簡単には緩まない仕組みになっています。
 
101982847_o2

 
 
いよいよ来週末の8月27日、28日に迫ったRIDEALIVE2016
参加されるみなさんはそろそろ荷物の準備を始めている頃だと思います。(僕はパニアバッグが付かなくて頭を抱えています…)
また、夏休みや土日休みを利用してツーリングの計画を立てているみなさんも、愛車の可能性を広げて一緒に夏の冒険へ出掛けましょう!!

雨の夜だから。

雨の夜が来ます。

しとしと降る雨を夜に見ていると、一人静かにワインでも飲みたくなります。
ただ家にワインのストックは無く、買って帰ろうにもカバンも無い、ああ一生に一度しかない夜がこのまま終わっていくなんてどうしたら良いのでしょう。

そんなときは、こんなボトルゲージがあれば解決です。

20150717-184257.jpg

20150717-184308.jpgARUNDEL LooneyBin ¥3,000-(税抜き)

フロントのダイヤル部分を左右に回してあげる事でホールドする筒状物体のサイズに合わせる事が出来ます。
この機能であれば、ワインボトルやシャンパン、はてはビール瓶までホールド出来ます。

コレから先夏の熱中症対策に大きな水筒の出番もあるかと思いますが、
運びにくい水筒も筒であれば、ほらこの通り

20150717-184329.jpg

20150717-184340.jpgここまで大げさなものは重量的にも厳しいでしょうが、ボトルのサイズに合わせてアジャスト出来る機能は、とても便利ですね。

暑さ対策で、水の量が増えてくるこの時期には、何かと役に立つと思います。

20150717-184921.jpgほら、雨とはいえ水分補給を怠ると、妖精さんが見えてしまいます。
台風がすぎれば、灼熱の夏です。
水分補給は、忘れずに!!

Nitto Bottle Cage

夏には欠かせない、ボトルホルダー。(もちろんボトルが一番欠かせないですが)
サークルズの一番人気はKing Cage!前回入荷した分は瞬く間に無くなってしまいました。

King Cageの影に隠れてしまってますが日東のケージもおすすめです。

IMG_5265Nitto Bottle Cage 左からR(レーシング用)、T(ツーリング用)ともに¥4620

シンプルなステンレスのケージは軽くて丈夫。ロードライディングにはレーシング用がおすすめで、ツーリングやデイリーライドにはツーリング用がばっちりです。

IMG_8807

さりげないNITTOの刻印が男心をくすぐります。

IMG_5569

ちなみに、Klean Kanteenのワイドインスレートが入ります。(どちらも入りましたが、ツーリング用の方が調子良いです)
このあたりはバイクトゥワーカーには嬉しいですね。この手のマグがあれば、To Goのドリンクも気軽にオーダーできます。(EarlybirdsでもTo Goでご用意できますので是非ご活用下さい)

本当に綺麗なケージですが、なんといっても、

IMG_1894

これにやられました。