「水辺の夏休み」RIDEALIVE2017 in 静岡

  
今年は新たなフィールド、僕たちのまだ知らない土地へと挑戦しようと決め、年4回開催することになったRIDEALIVE2017。 4月に一発目のRIDEALIVEとして開催された三重編である「BIKE TO HIKE,AND BIKE」も当日は最高の天気となり、20数名の参加者と共に過ごした2日間は大成功となりました。
  

  
そして、7月22日、23日は2回目となる静岡編の開催です。
 
静岡の中でも今回のフィールドは浜松。 サイクリストにとって浜松と言えば浜名湖一周、通称「ハマイチ」が思い浮かぶかもしれません。 もちろんそれだけではない、浜松の良さを自転車と共に感じることのできる2日間になると思います。
 
僕たちのまだ知らない浜松を、GREEN COG/グリーンコグRAL/ラルと共に探しに行きませんか?
  

  

  

水辺の夏休み

 
今回の静岡編は、浜松に自転車屋を構えるGREEN COG 山本 雄一郎CIRCLES 加茂 響EARLYBIRDS 大平 恵太が提案する、静岡の夏の新しい遊び方。
 
海も山も湖も自然が溢れ、遊び方がいくらでも見つかる浜松の土地を舞台とし、浜松育ちのアンバサダーGREEN COG 山本とともにこの土地の魅力を発見しにいきたい。 そして今年の4月にオープンしたばかりの自転車屋「HAPPY SLAPPYのハッピーも全面的に協力してくれ、一層楽しい現場になるはずだ。
 
全4回あるRIDEALIVE2017の中でも最も緩く、キャンプライド初心者にも安心して参加できる内容である。 浜名湖沿岸の旧村櫛村に今年オープンしたばかりのキャンプ場タリカーナを1日目のゴールとし、各自アンバサダーの推奨ルートを楽しみ、好きなペースでゴール。 キャンプ場ではEARLYBIRDSスタッフが用意した食事をみんなで楽しむ。 そして海辺で夏の夜をゆっくりと過ごし、テントで眠ろう。
  

  
2日目はGREEN COG界隈でもおなじみのホットサンドブレックファーストにチャレンジしたら、浜松の魅力をたくさん詰め込んだチェックポイントマップとにらめっこしながら点と点を繋ぐようにライド。 自分たちだけの浜松ルートを作りながらゴールのnaru蕎麦を目指す。 浜松の中でも異彩を放つ蕎麦屋を貸し切って、その日だけの特別な食事が楽しめる。
    

  

  

  

   
詳細な内容はコチラでお伝えしています。 是非参加してみたいっていう方はとにかくエントリーしてくださいっ。 エントリーは6月4日(日)19時スタートとなります。
  
2日間の特別な夏休みが終わった後、今までの浜松がまた違って見えて大好きになれば幸いです。
さあ、夏のド真ん中に水辺の美しい場所で忘れられない2日間を楽しみましょう!
 


 

RIDEALIVE2017

Vol.3 岐阜と、SP01 八ヶ岳の情報もアップデートされています。こちらもお見逃しなく!

RIDEALIVE2017 ホームページ
http://ral.life/ridealive2017

 
 

BIKE to 森、道、市場 2017 参加者&参加希望者ミーティングを開催します


 
さあ、アーティストラインナップやタイムテーブルも発表されて近づいてまいりました、森、道、市場2017!ライドやキャンプに参加する皆さんもそろそろ準備が佳境に入ってきた頃かと思います。
不安や迷いは事前に解消しておきましょーという事で、ライド参加者と、まだどうしようか迷っている参加希望者で、集まって情報交換してみましょう。
 
ちょうど、以下の2日間にお店でパーティーがあるので、それに合わせてミーティングを開催します。もちろん、参加必須では無いので、都合の合う人は是非!という感じです。
 
4月28日(金)18:00〜 ヘッジホッグダイナー
https://www.instagram.com/hedgehogdiner/
 
5月3日(祝)姉妹店パインフィールズマーケットのピザパーティー!
http://pfm.nagoya/info/pfm-pizzapartynight
 
28日は、美味しいゴハンとお酒でも飲みながら、道具やライド、会場での遊びについて話しましょう。担当のもんじゃが時間いっぱいいますので、森道参加ですと声をかけて下さい。
 
3日祝日は、13時〜から、試してみたいキャンプ道具などを持って、カルチャークラブに来て下さい。自転車に積んでみたり、隣の公園でテントの試し張りや寝袋のチェックなどをしてみましょう。
 
浜松からのライドツアーは、Green Cogさんが30日に説明会を開催してくれるようですので、直接お問合せ下さい。
 

 

BIKE to 森、道、市場持ち物リスト

去年のキャンプライドイベントRIDEALIVEの持ち物リストを参考に、必要なものをリストアップしてみました。これをベースに独自に工夫してみて下さいね。
サークルズにもアウトドアアイテムが多数あるので、調達できますよ。
 

  • 自転車
  • ヘルメット
  • サンダル
  • 着替え
  • お風呂セット
  • 日焼け止め
  • ボトル
  • 輪行袋
  • パンク修理キット
  • 携帯電話
  • カメラ
  • サングラス
  • テント
  • 寝袋
  • マットレス
  • ライト(ヘッドライト)
  • 補給食
  • 財布
  • チケット

 
 

All photos by Eri Tanaka

 
 
BIKE to 森、道、市場の告知の時に、森道は主催者が面白いという話しを書いたのですが、主催者の岩瀬さんに取材している記事が出ていました。
森道のお洒落なイメージとはちょっと違う記事ですが、岩瀬さん自身はこんな感じです(笑)
 
人気フェス「森、道、市場」の裏側には主催者の「熱狂」があった
http://www.e-aidem.com/ch/jimocoro/entry/dango05

 
色々な人の情熱に支えられているイベント。私達も存分に楽しみましょう!
参加者ミーティングもお気軽にご参加下さい!
 
 
BIKE to 森、道、市場
http://mori-michi-ichiba.info/biketo1/

BIKE to 森、道、市場、開催決定!

 
ジャっす!

あ、すんません間違えましたナベタクです。

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
 

書き初めを数年ぶりにしました。ライドはみんなを幸せにするということで、今年もたくさん自転車に乗って遊ぼうと思います!
 
そして新年ということで、手帳を買いました。手帳に楽しい予定がたくさん書き込んであるとワクワクしますよね。というわけで今からお伝えする予定を、手帳に書き込んでおいてください。
 

 5/12-5/14は「森道市場2017-行き交う色と、ふたつの場所-」
 
そして去年に引き続きやります。
 

 

5月13日(土)は「Bike to 森道市場」です!

 
去年の5月のこと、覚えてますか?
 
「自転車で行くと、ただの移動が大冒険に!?」
を合言葉に、会場のラグーナ蒲郡までグループライドをしよう!という去年から始まったこのイベント。
 

 
70kmほどを走るサークルズ発のルート、20kmと短い岡崎駅発のルート、さらに今年は海外や県外から来るお客さん向けにセントレア発のライドツアーも行います!

昨年同様、ツアー参加者向けのキャンプサイトをご用意していただいたので、BIKE to CAMPもできます。

さらにテントを用意しなくても泊まることができる「キャンバステントキャンプ券」も用意したのでキャンプのハードルがグッと下がりました。2日間あるフェスはフルで楽しんでなんぼだと思うのです。
 

このイベントは自転車を始めてみたい人、買ったはいいけれど使い切れてないな、サークルズのイベントって楽しそうだけど、まだ行く自信がない、と思う人にぜひ参加してもらいたいイベントです。

当日までに参加者希望者向けに相談会や自転車のワークショップを開催します。
公道の走り方、ロングライドの持ち物、服装、キャンプライドをされる方向けの持ち物講座etc…

さらにライド当日もルートを設定し、サークルズスタッフがアテンドに付くので自転車やご自身にもしものことがあっても安心です。
 

去年、ある人はこのライドのために自転車を組んだり、わざわざ東京からこのイベントのために駆けつけてくれた人もいました。さらにお子様を含めた家族で20kmを走りきった方も。このイベントで仲良くなった仲間でライドに行ったグループもあったり。
 
そんなあなたのチャレンジを、サークルズは応援します。僕たちはあなたと一緒に遊びたいのです!
 
先ずはチケットの販売をスタートします。詳細は追ってまとめさせていただきますが、定員がありますのでビビッときた方はお早めにお申し込みください。
 
イベント詳細やライド,キャンプのチケット購入はこちらから。

 

去年大好評だったスニークスはもちろん、ツアーに参加されない方でも自転車で来れるようにサイクルクロークもご用意いたします。こちらも詳細は追ってお伝えします。
 

 
2017年もサークルズはみなさんと自転車を通じて、共に楽しめるよう様々なイベントを開催いたしますので、ぜひご参加ください!
 
それではまたー!