未来へのイメージは膨らむばかりです。

 
 

from 中日春秋。 みらいはいま。 #circlesjapan

circlesさん(@circles_jp)がシェアした投稿 –

本日の中日新聞朝刊、中日春秋より。

 
 
まったくもってその通り。 未来は今。

サイクリストとして、今この時をどうやって生きていくかが未来の自転車環境を決めると言っても過言ではありません。
   
あなたにとって、自転車に乗るという行為は、週末に足を伸ばしてライドに出掛ける事であったり、日々の通勤や通学の事を意味する場合もあるでしょう。 今日は後者の日常的な乗り方について考えてみます。
 
自転車に乗る時に、「どうやってモノを運ぶか?」というのは、いつもついてまわる永遠のテーマのようなものです。
 
バッグを背負ったり、キャリアやパニアバッグを付けたり、もしくは持ち物を最小限に済ますという考え方もあります。とはいっても、日常的に使うバイクではモノを運ぶということは切っても切れない関連性がある故に、引き算をしていくわけにもいきませんよね。
 
 
SOMA/ソーマのカーゴバイク、TRADESMAN / トレードマン。 前後異径ホイールでフロントに荷物を積んだときに重心が低くなるように設計されたバイクは、ロングテールバイクとは違いミニマムな作りながらも十二分にその積載力を発揮してくれるカーゴバイクです。
 
市場への仕入れに、もしくは家族で公園までピクニック。
やりたいっていうそのイメージを、自転車で実現できるなんて素晴らしいですよね。
 
家から少し離れた公園まで愛犬を連れて行って、そこで散歩やピクニックをする休日。 今回は、そんな希望を現実にするお手伝い。
 
目的に応じた木箱やテーブルを計画し、実際の製作はお店づくりにおいて日頃からお世話になっているStore In Factoryさんにお願いをし、フロントテーブルにちょうどフィットする木箱とリアラックにあわせたテーブルをご用意しました。
 
 
フロントには愛犬を乗せられるよう深めのボックスを。
 

 
リアラックには折り畳めるテーブルをボルトオンで取り付け、公園でテーブルを広げば、どこでも気軽にコーヒーを淹れて一休み。
  
 
自転車には、大切な家族や、思い、夢をのせることだってできるのです。 あなたは何をのせますか?
  
もちろん、この他にもお使いのフロントラックや、リアキャリアにフィットするようなサイズでオーダーも承っております。 働く自転車が、街にもっと増えていくことを願って、いつでもそのお手伝いを致します。 是非お気軽にサークルズまでご相談下さいませ。
 
 

お花を一輪、自転車は二輪。お花屋さんは三輪。のお話

 
実は、お花というものにそんなに今まで興味はなかった。 綺麗だなって思うようになったのもここ数年かもしれない。
アーリーバーズにもお花を置きたいな、とはずっと思っていたけども、なんだかうまく日々の生活の中に溶け込ませようと考えると億劫になることもあったし、無理してやりたくもなかった。
 
でも去年から少しづつだけど、仲良しのお花屋さんのお友達の元にお花を買いに行くことが習慣になっていた。 そして、気づいたらどんどんお花がないと物足りないと思うようになっていた。
 
 
僕らは、「綺麗なお花を自転車に目一杯詰め込んで、たくさんの人の元に届けたい」という気持ちにあまりにも共鳴してしまったので、日曜日の朝からお店の軒先でお花を提供してもらうことにした。お店は僕らと同じ地区の千代田にあるお花屋さんin bloom
 
 
鶴舞駅からほど近い場所にある、ロック好きのオーナーさんがやっている一風変わった面白いお花屋さんだ。
まず自転車がやばい。 しかも、見せ方やビジュアルも出来上がっていたから言うことがなかった。 お花で飾られているのはカーゴバイクと呼ばれる、大きな荷物を乗せて走ることの出来る自転車。 安定感のある三輪の自転車だから女性でも安心して操作できる。
 
 
この三輪カーゴバイクでお店から15分ほどのところから、元気で可愛いお姉さんが自転車に乗ってくる。 当たり前だけど、当たり前じゃないから言っておくが、「自転車に乗って売りに来る」のだ。
 
花市場で仕入れた新鮮なお花が、カーゴバイクいっぱいに詰まっている姿はもう本当に素晴らしい。 お花って欲しいなって思っても、一輪だけ買いに行こうと思うとちょっとお店に申し訳ないなって思ったりしちゃうから、こうしてお店の軒先で売っていたりすると嬉しい。
 
 
実家に帰るから母親に、とか。
友達がちょうど今日誕生日だから、とか。
子供が生まれた家に今から行くから、とか。
小さい子がママに買って帰りたい、とパパにお願いしたり。
彼女に買って行ってみようかな? それ、なんもないけどなんか怪しまれるんじゃない?笑、みたいな。
家に一輪飾るなんてしたことないけど、買ってみようかな? 一人暮らしだけど。とか。
 

 

 
 
こうしてお店の前でお花を提供してみると、思ってた以上にたくさんの方が利用してくれて家に一輪だったり、花束だったりを持って帰る風景が毎週のように起こっている。 いろんなエピソードがとても微笑ましいものばかり。
 
そしてアーリーバーズの店内のお花も毎週入れ替わり、テーブルを彩ってくれる。 枯れてしまう儚さもまた良い。 キッチンから見える外の風景もとてもカラフルで、嬉しそうなお客さんの顔を見る楽しみも増えた。
大げさではないが、日常の風景が豊かになったと思っている。
 
僕らの日常には「花」が当たり前になってきたことが嬉しい。
これからまだまだ良い景色が見れると思うと楽しみだ。
 
 
カーゴバイクといえば、姉妹店であるPINE FIELDS MARKETは早朝に花問屋へコッペパンを販売しに行っている。
 
 
名古屋が誇るメッセンジャーであるDAISY MESSENGERはカーゴバイクで出張自転車修理をやっている。
 
 
アーリーバーズ号としてはBEER BIKEと言うふざけたスタイルで、イベントでビールを売りに行ったりすることもある。
 
この名古屋の土地でも僕らの生き方として自転車を活用したスタイルは僕らの周辺で少しづつ定着してきた。
 
 
そして、今までなかなか交わることのなかったin bloomさんのようなお花屋さんがこうしてカーゴバイクで販売しようという動きはとても嬉しく思った。 名古屋の自転車文化がまた深くなってきたなーって思う。
 
自転車が繋ぐ新たな一つの輪がこれから楽しみだ。 ぜひご利用ください。
 

 
 
※イベント出店などがない限り、毎週日曜日に来てくれます。 次は26日。 あっ、アリバは毎日元気に朝7時からやってるのでそこんとこよろしく。
 

運ぶ。

自転車に乗る時に、いつもついてまわるのが、
「どうやってモノを運ぶか?」という永遠のテーマ。

バッグを背負ったり、キャリアやパニアバッグを付けたり、もしくは持ち物を最小限に済ますという考え方もあります。とはいっても、日常的に使うバイクではモノを運ぶということはとても重要な事案であるが故に、引き算をしていくわけにもいきません。

ここに一台の優秀なカーゴバイクがあります。

civia-halsted

CiviaHalstedはフロントテーブルタイプのカーゴバイク。
前後異径ホイールでフロントに荷物を積んだときに重心が低くなるように設計されたバイクは、ミニマムながらも十二分にその積載力を発揮してくれるカーゴバイクです。また、フレームセットではなくコンプリートで展開してくれているサイクリストフレンドリーなモデルでもあります。

市場への仕入れに、もしくは家族で公園までピクニック。
自転車でやろうと思えばなんだってできるのです。

そんな夢の広がるバイクのフロントテーブルをうまく活用できないかという問いに対する1つの解答がこちら。

Civia halsted

Civia halsted

【RAL By Store In Factory】Original Wooden Box
¥ASK〜(サイズや仕上げにより異なります)

お店づくりにおいて日頃からお世話になっているStore In Factoryさんにお願いをして、フロントテーブルにちょうどフィットする木箱をご用意しました。雨にも負けないように、しっかりとニスを塗って仕上げております。

もちろん、この他にもお使いのフロントラックや、リアキャリアにフィットするようなサイズでオーダーも承っておりますので、是非お気軽にご相談下さいませ。

Civia halsted

こちらのオーナーさんは、この木箱で愛犬の散歩ライドを楽しんでいらっしゃいます。

自転車で、思いを運ぶ事だってできるのです。
あなたが運びたいものは何ですか?

EarlyBirds joint City(s) & Park(s)

-EarlyBirds joint City(s) & Park(s)-

 

4/29水-5/6水のゴールデンウィーク期間中
名古屋パルコ東館西口横に
我らアリバの盟友KAKUOZAN LARDERの二店舗目

 

=================
CITY(S)&PARK(S)
KIOSK BY
KAKUOZAN LARDER
=================
が期間限定でオープンしています。
 

オーナーの丹羽君いわく、

欧米をはじめとした海外の街には

人々が行きかう交差点に、

親子連れが憩う公園の入口に、

ビジネスマンが足早に駆け上がる地下鉄の出入口に、

店名もない小さな新聞屋またはよろず屋、

オシャレに言えばニューススタンド、

またはキオスクと呼ばれるお店があります。

 

そんな街の風景と人々の生活に溶け込むお店こそが、ガイドブックには載らない一番の「海外の風景」なのかもしれないと。

スクリーンショット 2015-05-02 12.25.37

今回は第1回目「パーク」編として、敷地内に芝生を敷き詰め、STORE IN FACTORYによるビンテージベンチを併設、期間中は日替わりにてCOMPASSunlike.DAISY MESSENGERCLOVERizauraアトリエみちくさLIEB BOOKS(出店順)による雑貨、ビンテージ家具、古着、自転車リペア、本屋などのガレージセールも日替わり開催されるそうです。

 

15601372942_4c071cea60_k

5/4昼頃には名古屋のバンド「ハートカクテル」のライブ演奏、
そしてEARLY BIRDS BREAKFASTのビアバイクも登場して、名古屋の中心地、栄の街を盛り上げたいと思っていますので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

11193241_464060433749237_3146378117765248768_n

 

Soma “Tradesman”

Cargo Bikeといえば、Surlyの”Bigdummy”やKonaの”Ute”のようなロングテール系に加えて、以前紹介したAhearne Cyclesの”Cycle Truck”のようなフロントラック系のバイク等いまや様々なものがあります。今日ご紹介するのは後者の方です。

DSC_2848Soma fabrication “Tradesman”

Somaのカーゴバイク”Tradesman”を球体ペイントにてペイントし、組み付けました。
フレームとラックで色を塗り分けたのがオーナー様のこだわりポイントです。

DSC_2847

この手のバイクは持ち合わせのパーツで組むのがリアリティがあって良いですが、今回はお手持ちのものを使いつつ、やはりホイールは内装ハブで行っておきたい所なので、Alfine11sをチョイス。ワイヤー式ですが、電動アルフィネでいくぞという猛者がいらっしゃいましたら是非。内蔵バッテリーも使えますしね。Digi-Beatnikなんかで組むといいですね。

DSC_2823

そしてフロントハブにはSONのダイナモハブを使い、ライトはSupernovaのE3。完全無欠なパーツセレクトです。カーゴバイクでなくても、コミューターバイクやお持ちのバイクを通勤仕様にしたいという方にはダイナモハブの導入をオススメします。SONの他にもシマノやbeamなどのハブもありますので、ダイナモ検討中の方は是非ご相談下さい。

Soma Tradesmanはフレームセットのみでの販売になるので、色々とパーツを考えていく必要がありますが、今すぐにでもカーゴバイクを使いたいという方にはこちらもおすすめです。

IMG_4561Civia “Halsted” ¥168,000

店頭に展示してありますので是非。Earlybirds号もあるのでカーゴバイクがどんな走りをするのかも確かめて頂けますよ!

僕が言うのもなんですが、自転車は速く走るだけがすべてではないです。自転車野郎にとっては通勤や買い物で自転車に跨がる時間もとても大事な時間です。どうせならすべて自転車でやってしまいたい。そんなあなたの自転車生活のお手伝いをさせて下さい。いやぁほんとにこんなバイクが名古屋の街中に溢れたらなぁと想像してワクワクした三連休最終日でした。

Cargobike

このところ速そうなバイクと山バイクのご紹介が続いたので、今回は街の中でこそ活きるカーゴバイクをご紹介させて下さい。

AHEARNE CYCLES cycle truck

DSC_2052

DSC_2063

DSC_2061のコピー

こちらのフレームは、持ち込みで組立てのご依頼だったのですが、世界中の色々なバイクが触れるので、持ち込みもCirclesは、大歓迎です。

さて肝心の自転車の方は、フレームはAHEARNE CYCLES (エイハーンと読みます)と言うポートランドのハンドメイドビルダーさんのものを使い、コンポはShimano Alfine 11speedを使っています。
お客様のお許し得て少し乗せさせていただいたのですが、これほどの大きなカゴと天板が付いているにもかかわらず、あまりに普通に走ります。
いえ、普通というよりはむしろよく走ります。
静かに安定感高く。
数々、カーゴバイクに乗ってきましたが一番と言ってよいほど普通の自転車に近い乗り味です。

積載量は、『Carry up to five full bags of groceries!』と書いてあります。
いかにもアメリカな感じです。
そしてアメリカでの日用品いっぱいの5袋と言えば



結構すごい事になると思います。

こんなバイク達が日常的に走る海外、日本ではまだまだ少ないですが、ドンドン増えていくと面白い街になっていくと思います。
だって、こんなのとか

20130911-181110.jpg
こんなんとか、

20130911-181139.jpg
こんなのが、

20130911-181122.jpg

街中を、普通にリンリン走ってたらそれだけでワクワクしませんか?
僕は、すっごくします。

ご興味のある方は、何台かはお店にもございますので、是非一度ご来店ください!

ケッタと私(運搬編)

ケッタと私(運搬編)
9236541383_01afce0856_b
最近のわたしのお気に入りな一台です。 
モノを運ぶという自転車にとっての最大の課題を克服する為にお願いしたHunterのCargoBike。
フロントを出来るだけ低床にするために前が20インチ、リアは26インチのホイールを使用し走行性能もできるだけ落とす事無く、またハンドリングも出来る限りニュートラルな設計をしているのでどなたでもサイズが合えば簡単に運転することができます。
またカーゴスペースをしっかりと確保する為にロッドを使用してのフロントホイールの動作は男心を擽ります。

個人的に最近はBowlingを真剣に始めたせいで15ポンドのマイボウルをしっかりと運ぶ時に威力をぞんぶんに発揮しています。(現在2個目の購入を検討中。。。やっぱ剣玉よりボウリングかな。)
9239317928_9e3a8079b6_b#campvibes
9236537471_8d55895390_b#hurricane
フロントのカーゴスペースにはこのPolerStuffの一番大きなダッフルも余裕で搭載できますし、
外枠をオプションで付ければ(現在計画中)さらに積載量が増やすことも可能。スタンドも大きめでとても安定し使い勝手が良く、走行時にはすっきりとフレームに沿って格納されます。リアにはもちろんSimWorksOnTheRoad RearRackとJANDDのハリケーンパニアでフル装備完了です。
今年の夏休みには2泊くらいこのバイクでキャンプに行こうと計画中。

そしてこの手のバイクが街に走り出してくれると非常に活気づくと思いますので、ぜひ商売をしている方などは車を買うよりお値打ちで、また見せ方によってはかなりのインパクトを市場に与える事は間違いありませんので、気になりました僕らにご相談いただけましたらとても嬉しいです。

また私の友達のRandi Joは子供と山に行って遊ぶ為にこの自転車を使っているそうです。多少の未舗装路なども特に不自由無く乗っていける優れものカーゴバイクはさすがはRickHunter製という感じです。
1016594_562905433755410_1933607362_n via Randi Jo’s Flickr
 

僕のはパーツはとにかく取り外し品を中心に組んでいますが、あえて強調するのならAlfineの内装ハブはチェーンも暴れる事無く、初期不良だと思われる2度のアッシー交換を乗り越えてからはすこぶる調子がいいです、そしてSuperNovaのAirstream 充電式ライトは明る過ぎて街行く人に怒られるくらいに良い!点滅から4段階で点灯の明るさを調整出来ますし、一度の充電で7h~24H(使用ルーメンによって違います。)という長時間の使用ができますので24Hレースなどにもおすすめしたいです!

あとはやはりFreightBaggageRoadSodaはこの手のアップライドなバイクには外せません。
 

-BIKE SPECS-
Frame HunterCycles CargoBike
Headset Canecreek 40
Hubs SHIMANO F:Deore XT R:Alfine 8S
Rims Velocity AERO F&R:32H
Saddle WTB SST COMP feels not too bad…
SeatPost Kalloy SuspensionPost
Brake AVID F:BB5 R:SingleDigit SL
RearRack SimWorks OnTheRoad CP
PannierBag JANDD HurricanePannier