スチールフォーク+スチールフレームバイクへの最適解。

 

 
シムワークスバイニットーのラインアップ中でも、美しいフィレット仕上げで人気のアナリーステムに、バークランプ径26.0mmバージョンが仲間入り致しました!
 
実はこのステム、アメリカの代表的なシムワークス販売店 ゴールデン サドル サイクリーのカイルが、自分の所有するALL CITY SPACE HORSEにSW60 トゥースマイルバーをよりクールに装着したいという、とってもわがままな希望を答える形で生まれた経緯があります。
 

Space Horse Disc – Loaded Touring from All-City Cycles on Vimeo.

 
細身のトップチュービングを持つスチールバイクには、やはり細身のセンター径をもつSW51コミザルーバー、SW60トゥースマイルバー等、センター径26.0mmのハンドルバーなどと組み合わせることによって、動画のツーリングのような超長距離を安心感とともに適度なしなりをもたせ、ライダーへの負荷を逃してくれます。
  
 
お馴染み、サーリーのペーサーや、
 
 
シエロ バイ クリスキングのスポルティーフ、
 
 
そしてブレッドウィナーのコンチネンタルのようなバイクなど、そのすっきりとした細身のコクピットを実現することによって、クロモリスチール製バイク特有のルックスをより洗練させることができるのです。
 

 
SimWorks by NITTO / ANNA LEE-S STEM
 
Material : CrMo Steel
Angle : 75 deg.
Extension : 90, 100, 110mm
Bar Clamp : 26.0mm
Post Stack Height. : 72mm
Color : Silver, Black
Price : ¥13,000-(税抜)
 
 
個人的にはスチールフォーク+スチールフレームのバイクへの最適解だと思うこのステム。 さぁ、あなたはどんなアッセンブルをしますか?
 

ご購入はこちら

 

ようやくクリンチャーを組んだのです。

 
年の瀬の伊豆合宿から新年のCRCライドまで、ひたすらにダートを走りまくったこの年末年始。目を閉じて思い返しても頭の中には砂利道と温泉とおいしい食事しか思い浮かびません。
 
 
エビコさんに連れて行ってもらったこんなところや、、、
 

 
前回の伊豆合宿では行けなかった未開の林道を探索したり、、、
 
 
年明け名古屋に帰ってきても、落ち葉のカーペットを滑り落ちるようには走ったり、、、
 
とまぁとにかく未舗装路といわれるところをひたすら走っていたのですが、それには理由がありまして、、、
 
 
普段CXレースでメインとして使っているシエロのクロスレーサーディスクには、今までチューブラーのホイールセットしか履かせていなかったのですが、今回伊豆合宿を目前にようやくクリンチャーのホイールセットを組んだということもあり、ついついその良さを確かめるために未舗装路ばかりを走ってしまったのです。
 
 
H PLUS SONのTHE HYDRAというディスクブレーキ専用のリムに、ハブはクリスキングR45ディスクハブ。 惜しまれつつもディスコンになるという話を聞いてピューターを買ってしまいました。
 
シクロクロスのレースから、普段のライドや通勤に至るまで、とにかく長く使い続けていく中で感じ取る事のできる、使い切る事を前提したものづくりの姿勢や、使い込むほどに馴染んでいき、気持ちよく回り続けてくれるそのスムースなハブは、手に入れたということの満足感以上に、それを使い切りたいとそう思わせてくれるのです。
 
使い手自身にも積極的に手入れをして言って欲しいという願いも込めて、クリスキングのハブはできる限りシンプルな思想を落とし込んで作られています。 もちろんスモールパーツ1つから手配ができるので、万一のことがあっても安心。 まずはその構造や仕組みについてだけでもお話聞きに来て頂ければと思います。 ちなみに、ディスコンとなるピューター・ゴールド・ピンクのハブはまだモデルによってはサークルズ店頭でストックしております。
 
 
そして新調したホイールに選んだタイヤはWTBNANO 700x40c。 本当はオマージュタイヤをとたくらんでいたのですが、残念ながらシエロのクロスレーサーディスクにはクリアランスが足らず、40cのこのタイヤがなんとか収まったのでチョイスしました。 チューブレスにも対応しており、舗装路でも40mmという太さのネガティブな部分を全く感じさせないスムーズな転がりに加え、 ひとたび未舗装路へと飛び込めばその十分なエアボリュームで安心して突っ込めるボリュームで控えめに言ってもすこぶる調子の良いタイヤです。
 

週末は名古屋の平野部でも雪予報となっていますが、以前の雪上ライドでもとても楽しめたタイヤなので、個人的には雪がしっかり降り積もったら良いなと願っております。 とはいっても、無理は禁物。 みなさんくれぐれも足元には気をつけましょうね! 
 

Circles Tailored / サークルズテーラード

 
今日は新城で東海シクロクロスが開幕。早速ナベタクやCRCのみんながレースを楽しんでいますね!
 
 
ここのところはっきりしない天気が続いていましたが、ようやくすっきりとした晴れの日曜日。台風や雨の日が続いた今週の間に、実は店内のレイアウトを変更しておりました。
 
 
1階のGrocery/グロッサリーは皆さんにとってより見やすく楽しめる空間となっております。今日は改めてサークルズの2階、Tailored/テーラードについてのお話を。
 
 
サークルズ1階の正面エントランスを向かって左手へ、階段を上がって頂くと入口となります。ビンディングシュースで来られる際には、くれぐれも足元にお気をつけ下さい。
 
扉を開ければ、そこではテーラードというコンセプトのもと、洋の東西を問わない良質なサイクリングウェアや、アメリカンビルダーによるハンドメイドバイクのご紹介をしています。
  
 
ハンドメイドバイク。
 
もちろん、人の手の加わらない自転車など世の中に存在しません。
 
ですが、たとえ素晴らしい生産管理のもとで作られたものだとしても、それが不特定多数の人の為に作られるものであれば決して相成れません。重要なのは、0から10まで全ての行程において、人の目や手の届く所で、もちろん人の手によって、ある特定の人のためだけに作り上げていく自転車であるということです。
 
誰が・誰の為に・どんな目的で作るのかを明確にすればするほど、一生モノという言葉が現実味を帯びてきます。僕らは自転車のそういった部分に価値を感じてしまいます。そして、その価値を少しでも感じて欲しいというのが、テーラードの基本コンセプトなのです。
 
そんなテーラードより、今後定期的にご提案させて頂くオリジナルのコンプリートバイク。その第一弾として今日は話題の一台をご紹介します。このバイクはセミカスタムといって既に用途やサイジングが決まっているものですが、これから出会う事になるあなたにとっての一生モノになることを願って組み立てました。
 
 Cielo By Chris King BaseRacer

Cielo By Chris King BaseRacer Cielo By Chris King BaseRacer Cielo By Chris King BaseRacer

【Cielo By Chris King】

Base Racer Original Complete(size:M) ¥680,000(税抜)

 
シエロ・バイ・クリスキングより今年新たにリリースされたベースレーサーは、近年大きなムーブメントとなっているグラベル・ロードに対して、クリス・キングが40年前から持ち続けていたシエロの世界観とともに、現状における最高を提案するためのスペックを丁寧に織り込んだバイク。
 
 
新規格がふんだんに採用されているバイクは、舗装路や未舗装路を問わず、より遠くへ、今までに走ったことのない道へと足を伸ばしてみようという気持ちにさせてくれ、初めて走るフィールドにおいても安心できる高い走破性を持ち合わせています。
 
アルテグラをベースに、ベロシティーのA23をハンドスパン。コクピット回りはシムワークスバイニットーでしっかりと堅実なアッセンブルを心がけました。
 
とまぁ、スペック云々は置いておいて、とにかくライドの楽しさを教えてくれ、冒険心旺盛なあなたにとって最良のバイクだと自信を持っておすすめします。このベースレーサーはその他にXSサイズとSサイズもストックフレームとしてご用意しており、順次入荷予定です。同じアッセンブルでのご提案も可能ですので、是非ご相談下さい。
 
 
その他にも、秋冬のウェアも徐々に入荷が始まっており、これからライドに適した季節に向けて、みなさんの自転車生活をより良いものにするためのアイテムをご用意してお待ちしております。模様替えした店内を色々ご紹介したい所ですが、続きは店頭で。是非足を運んで頂けたらと思います。
 
サークルズテーラードのインスタグラムでも随時発信していますので、是非ともチェックお願い致します。
 
Photo By (Hao Moda / .Hyakkei)
 
こうやって書いてしまうと少し敷居を高く感じてしまうかもしれませんが、このブログを書いている私自身、シクロクロスのレースに出たりするものの、普段は純粋に楽しいを求めてライドしたり、使い慣れた自転車で毎日通勤している中から自転車の楽しみ方を見出すことが多いです。
 
とびきりのライドルートや、ライドで立ち寄るのにおすすめなお店など、僕らが知っている自転車の楽しさを少しでもお伝えでき、楽しい時間を過ごして頂けたらと思います。もちろん堅苦しくはせず、気軽に自転車以外にも色んなお話をしましょう。
 
初めてのサイクリングウェアをお探しの方、ヘルメットを被りたいけどどういったものを選べば良い?という方、ビンディングシューズにチャレンジしてみようという方も是非お気軽にご相談下さい!

With Bicycle…

 
人馬一体という言葉があるように、自転車はその乗り手である人を写し出す鏡のようなものであり、その人が普段どんな形で自転車と関わっているかを表現してくれます。そんな自転車のある暮らしを営む人にフォーカスを当てた、サークルズ的スタイルアーカイブWith Bicycle
 
今回ご紹介するのは、シエロのロードレーサーに乗って週末のライドを楽しむ杉浦さん。今年のグルメセンチュリーライドにもシエロで参加してくれた彼女にとっての、自転車のある暮らしについて、お話を伺いました。
 
With Bicycle Cielo Road Racer Disc 
・自転車に出会って変わった事は?
 
とにかく行動範囲が広がりました。「今度はどこへ行こう?」、「私でも走れる場所かな?」と普段から考えるようになりました。車を運転していても、「ここを走ったら楽しいかも!」とついつい考えてしまいます。転んだり、足をぶつけたりして生傷が増えましたが。。。(笑) なにより、自転車を通してこんなにたくさんの方と知り合えるとは思っていませんでした。
 
・どんなライドを楽しんでいますか?
 
美味しい食事を求めて、海や湖へと走りに行く事が多いです。坂が苦手なので、克服したら林道も走りたい!
 
With Bicycle Cielo Road Racer Disc
・あなたにとって自転車とは?
 
体を動かし五感を使って、気分転換をさせてくれる。私にとって世界を広げてくれる大切なものです。自転車に乗る時間は1人になれる場所であり、大切な出会いの場所でもあります。
 
With Bicycle Cielo Road Racer Disc 
爽やかなスカイブルーにピンクのクリスキングパーツという彼女らしいアッセンブルのロードレーサーは、握力に不安があったこともあり、下りで安心してブレーキングができるようディスクブレーキモデルをチョイスしています。このバイクに跨がり、彼女はまた新しい出会いやまだ知らない世界を求めてライドに出掛けるのでしょう。是非、色んな所でライドを楽しんでほしいですね。

感謝と未来と俺たちパリピポ。 #buildersdofuji2016

 

グルメセンチュリーライド足助が終わり、3日が過ぎようとしている今でもSNSのタイムラインにはあの時の素敵な景色や、食事、笑顔がどんどん流れてきます。

現実に戻った今も参加された皆さんは、あの日は夢じゃなかったんだと何度も何度も自分の携帯電話の中をのぞいている事でしょう。

 

DSC_0594

IMG_8895

 

そんな僕らにとっての夢の時間はあれよあれよと言う間に過ぎていき、いよいよ終わりを迎えようとしています。

先日のブログでもお伝えましたが、彼らは現在、富士山の麓でバイクパッキングを楽しんでいて、箱根、伊豆へとトリップし6月9日に名古屋に戻ってくる予定です。

 

 

そこで、今回来日していただいた彼らに感謝の気持ちと、「次はどんな楽しい事を一緒にしようか?」
なんてプランをクリスキングやビルダー達とお酒をかわしながらディスカッションするパーティーをアリーバーズで開催しようと思います。

日時 : 2016 06 10(金) PM 7:00~
場所 : EarlyBirdsBreakfast

キャッシュオンでドリンクと簡単ですがアリバのケータとヘジホの松田がおつまみをご用意してお待ちしております。

 

_MG_6395

 

これはお別れパーティーじゃありませんよ!
次の作戦会議です。
僕らの「次」は始まっていますから。

どなたでもご参加いただけますので6月10日の金曜日、みんなで乾杯しましょう!!
お待ちしております。

ナベタクの相棒 その1

 

Cielo MTB 2016 MODEL

 

シエロのファクトリーレーサーJosh Kelley(ジョシュ・ケリー)。

彼のMTBがSimWorksのブログにUPされているのを見て、

MTBを買うなら絶対にシエロ!と心に決めていました。

 

 

前年度仕様からの変更点

・全モデルで全カラーパターンから選択可能

・シートポスト径が27.2mmから30.9mmへ大径化

・シャドウドロッパーポスト用のケーブル穴がBB上に装備

・142x12mmスルーアスクルのエンドが選択可能

・フレーム同色塗装のENVE製リジットフォークがセットオーダー可能

 

レーサーレッドにゴールドのクリスキングは乗る前からレースに出る自分を奮い立たせてくれます。

 

_MG_6313

 

サイズは華奢な自分でも振り回せるようにに27.5inchのタイヤとなるXSサイズ。

リムは27.5inchで396gと軽量なVelocity BLUNT SS

CHRISKING ISO DISCが極上のアングリービーサウンドを奏でてくれます。

 

 

タイヤは転がり抵抗を意識してWTBのNANOをチョイス。

トレイルに行くときはもっとノブが高く、太いタイヤに変更しますが、王滝のようなハードパックメインではこのタイヤの特性が活きました。

今はチューブド仕様となっていますが、今後はチューブレスでの使用も考えています。

ちなみに、このNANOには700x40cのラインナップもあるので、シクロクロスバイクをアドベンチャーバイクにしたい!という方にオススメです。

 

_MG_6317

 

シクロクロスでもフロントシングルを使う自分にはピッタリだと思い、メインコンポにはShimano 8000系XTを選びました。最近では7000系SLXも11速化されてフロントシングル仕様が登場しましたね。

 

_MG_6319

 

ひとたび山へ出掛ければ、色々とトラブルがついてまわるので、安心して使い切れるグレードをチョイスするのが良いと思うのは、メッセンジャー時代から変わらない僕の考え方です。

 

 

チェーンリングはケイデンス重視でフロントに30Tをチョイス。
11−42Tのワイドレシオのスプロケットのお陰で王滝の坂でも登ることができます。

レースやツーリング、トレイル探検など、幅広く使いたい方には、少しだけバイクの重量は増えてしまいますがフロントダブルをオススメします。

 

 

走り終わった後、自転車を眺めていたらとてもカッコよく見えたので

王滝を走ったままの姿でお店まで持って帰ってきました。

クリスキング氏にぜひこの姿を見てもらいたので、6月1日のPBSまで洗わずに残しておこうと思います。

 

 

 

さあ、次はどこを一緒に走ろうか!

 

-BIKE SPECS-
Frame Cielo By Chris King MTB(size:XS)
Folk ROCK SHOX REBA
HeadSet Chris King Inset7 GOLD
BB Chris King ThredFit 24 BB
Crankset Shimano XT 170mm 30T
Brake Shimano XT F/R 160mm
Brake Lever Shimano XT
RD Shimano XT
CS Shimano XT 11-42T
Rims Velocity BLUNT SS 32H
HUBS Chris King ISO DISC
Spokes DT Swiss Champion Black
Tires WTB NANO 27.5×2.1
Handle Simworks PROTOTYPE
Stem Simworks by Nitto RHONDA 100mm
Seatpost THOMSON ELITE 30.9mm
Saddle WTB High Tail PRO

Personal Bike Show!!

 

GCR-ASUKE
 
いよいよ開催まで2週間をきりましたグルメセンチュリーライド足助
 
サイクリストとして一番気になることとして、ルートや当日サーブされる食事はもちろんなのですが、やはりバイク自体も関心の一つではないかと思います。
 
グルメセンチュリーライド足助(以下GCR足助)において、さまざまなサイクリストがいろんな場所から新たな出会いを求めてやって来てもらえることになりましたが、なんといっても今回のゲストの目玉はアメリカン・フレームビルダーとその仲間たち。
 
そうなんです。錚々たるメンバーが今回、来日するのです!
こんな贅沢な時間は早々ないのではということで、このような機会をわたしたちなりに設けさせて頂きました。
 
PBS-LOGO

 
正式名称は PERSONAL BIKE SHOW(パーソナル・バイク・ショウ) 略して PBS
 
今回来日するビルダーやサイクリストの彼らが実際にカリフォルニアやオレゴンの大地にて、日常的にライドで使用しているバイクを日本でのグルメセンチュリーに持ち込んでもらい、日本からの参加者とともに張り切って1日を満喫して貰うわけなのですが、この豪華な面々を見て、ふと浮かび上がってきたのが今回のPBS開催の経緯でもあります。
 
フレームビルダーが自身のためにバイク制作を行い、日常で使用をしているバイクをPBSでは展示をするとともに、ありとあらゆる疑問、質問を直接、フレームビルダーである彼らに投げかけることができるという、まさに奇跡とも言える一瞬ではないかと。
 
今回のGCR足助への参加、およびPBSでのバイク展示が決まっている参加者を下記に表記いたします。
 

-PBS EXHIBITORS LIST-
(順不同、敬称略)

 
8510598241_6def5c3cf5_o
CHRIS KING (CHRISKING, CIELO CYCLES)
クリスキング社・ファウンダーおよびシエロ・ファウンダー

 
curtis-1
CURTIS INGLIS (RETROTEC & INGLIS CYCLES)
レトロテック&イングリス・サイクルズ オーナー・ビルダー

 
4651971030_16916394c5_o
JAY SYCIP (CIELO CYCLES,SYCIP DESIGNS)
シエロ・サイクルズ デザイナー および シシップ・デザインズ デザイナー

 
IMG_5365
JEREMY SYCIP (SYCIP DESIGNS)
シシップ・デザインズ オーナー・ビルダー

 
IMG_6663
MIKE DESALVO (DESALVO CYCLES)
デサルボ・サイクルズ オーナー・ビルダー

 
24691892636_12babf9c7c_h
JOHN WATSON (THE RADAVIST)
ジョン・プローリー(A.K.A) 現ラダビスト・ファウンダーおよびサイクリスト

 
IMG_7008
OSCAR CAMARENA (CIELO CYCLES, SIMPLE BICYCLE, ARCTOS JIG)
シエロ・サイクルズ チーフ・ビルダーおよびシンプル・バイク & アルクトス・ジグ オーナー・ビルダー

 
saiba-1
斉場 孝由 (DOBBAT’S RHINO HOUSE)
ドバッツ・ライノハウス オーナー・ビルダー

 
shin-1
服部 普也 (SHIN・服部製作所)
シン・服部製作所 オーナー・ビルダー

 
5096583716_bc54d12d6a_o
田中 慎也 (Circles / SimWorks)
サークルズ&シムワークス ファウンダー

 
PBS (PERSONAL BIKE SHOW)
日時 : 2016 06 01(水) PM 3:00~
場所 : Circles & EarlyBirdsBreakfast
料金 : ¥1000- with 1 DRINK & 来場記念品
 
概要 : グルメセンチュリー足助に向けた前夜祭的な小さなバイシクル・ショウです。 カリフォルニアやオレゴンからやってくるフレームビルダー、もちろん東海圏のフレームビルダーやモニター越しでみることのできる著名サイクリストたちが、実際に日常で使用している自転車を展示しながら、みなさまと有意義な時間を過ごし、かつサイクリストのみなさまが持つさまざまな疑問、質問をその場で即答、即解決いたします。
 
※Photo By onyourmark
 
またグルメセンチュリーのメインシェフであるクリス・デミーノ、サポート・シェフであるニック・デメレストがポートランドとカリフォルニアから持ち寄った粋な食材を用いて、アリバ店主とともにみなさまの基本中枢を満足させてくれることでしょう。グルメセンチュリー当日もコーヒーの提供でご協力していただくMitts Coffee Standさんにも出張コーヒースタンドをご用意して頂きます。
 
平日のさなかではありますが、多くの遊び好きなみなさまのご来場を心よりお待ちしております!

時代にフィットしたオールテライン。

2014年のNAHBSがシャーロットで開かれた際に訪れた、MOMBAT(Museum Of Mountain Bike Art & Technology)。そこには80年代のMTBを中心に、ありとあらゆる往年の名車が展示されていました。

今ではなかなか見られなくなったフレームや、当時だからこそのアッセンブルなど、時代は大きく変わっていった現在というポイントから見ても、先人達が色々と知恵を絞って山遊びを楽しんでいたということを強く実感したことを覚えています。そして、どのバイクもスキンサイドのタイヤを履いている事が多く、やはりそういった雰囲気は今でも大切にしたいなと思ったのです。

Maxxis Ardent Skinwall

それから時は経ち、今の時代にフィットしているけど、どこか懐かしさを感じてしまう、待ち望んでいた人も多いのでは?というタイヤが入荷してきました。

Maxxis Ardent Skinwall【MAXXIS】Ardent Skinwall 29×2.25″ ¥6,800(税抜)

ジャンル問わず様々なタイヤを生み出すMAXXIS/マキシス。サークルズはそのラインナップ中でも土の上を走るタイヤに大きな信頼を置いているわけですが、マキシスのMTBタイヤの中でも、最もオールマイティに使う事ができるARDENT/アーデントというモデルに、サイドスキンのカラーが仲間入りしました。

Surly/サーリーのカラテモンキーやオーガ、Salsa/サルサのエルマリアッチなどにおすすめです。もちろん、Cielo/シエロのマウンテンバイクもSサイズ以上は29インチなので、問題なくフィットします。

Maxxis Ardent Skinwall【MAXXIS】Ardent Skinwall 27.5×2.25″ ¥6,800(税抜)

実は29インチは以前にも作っていたのですが、今回から27.5インチサイズもラインナップ。27.5インチのMTBタイヤでサイドスキンのものは今までなかったので、待ち望んでいた方には朗報です。また、こちらのサイズのみ、チューブレスレディになっているので、より軽くして走りの質を高める事もできます。

Maxxis Ardent Skinwall Santacruz superlight

Santacruz/サンタクルズスーパーライト29″もスキンサイドに変えるとこの通り。バイクの表情がガラリと変わりますよね。そしてこのスーパーライトはサークルズオリジナルコンプリートで280,000円(税抜)で販売中。リアのシングルピポットサスペンションのおかげもあってクセがなく扱いやすい仕上がり。山遊びを始めたい人におすすめな一台です。

Maxxis Ardent Cielo

こちらはお馴染み(?)#mycielo。何を隠そう私も27.5″タイヤのスキンサイドを待ちわびていた中の一人です。撮影の為にフレームバッグやサドルバッグを外していますが、今年はこのバイクパッキング仕様で積極的に野山を駆け回りたいと思います。

単純にカラーの特徴で選んでも良しですが、オールマイティなパターンなので、どんな状況でも安心して走ることができます。当時のATBのようなアッセンブルを今という時代に見合ったパーツチョイスでチャレンジしてみるのも良いでしょう。ピュアなマウンテンバイクからバイクパッキング向けのバイクまで、トレイルやダートを駆け抜けるのが楽しくなるタイヤです。

Schwalbe SV19【Schwalbe】SV19インナーチューブ (27.5×2.00-2.35″ & 29×1.50-2.40″) ¥700(税抜)

また、27.5インチと29インチに対応したインナーチューブもご用意しております。
Webshopでもお買い求め頂けますので、どうぞよろしくお願いします!

40周年を迎えたChrisKingより愛を込めて。

1970代初頭、まだマウンテンバイクという言葉がこの世界に生まれていなかった時代、カルフォルニア州サンタバーバラの機械工であり、フレームビルダーでもあったクリス・キングは、粗悪で壊れやすいヘッドセットの多かった当時としては画期的な、耐久性のある高品質なヘッドセットを作り上げました。そしてそれがリアル・サイクリスト達からの評判を呼び、ついには1976年に高性能なヘッドセットを製造するビジネスをスタートさせ、Chris King Precision Components が誕生しました。

Cielo By Chris King

それからちょうど40年目のアニバーサリーイヤーとなる今年、自社の40周年という節目を記念すると同時に、Cielo By Chris King/シエロバイクリスキング の最大の理解国でもある日本のサイクリストのために感謝に気持ちを込めて作られた、スペシャルフレームを数量限定にて販売する事となりました。

ラインナップはクロス・レーサー、スポルティーフ・クラシック、そしてクロス・クラシックの過去から現在のシエロの歴史を表すことができる3モデルをピックアップ。

すべてのモデルが一度限りの完全限定生産であり、加えて世界で日本のみの発売となっております。 また価格においても、これまでの日本のシエロユーザーのご支援に対して、クリスキング自身がとても感謝を表しており、現行モデルよりもかなりお値打ちに設定させて頂くことができました。

 

泥の中に差す一筋の青い光。

Cielo By Chris King CX Racer Teal Blue

Cielo By Chris King CX Racer Teal Blue

Cross Racer – Teal Blue –
¥270,000(税抜) Frame / ENVE CX Folk / Inset7

Size : Small,Medium,Large

「鴨の羽色」を表す青緑色の一種であるティール・ブルーをまとったレーサーバイクは、泥のコースの中でも鮮やかなに映え、そして凛とした姿を見せてくれるでしょう。無限の想像が広がるパーツカラーの選択はオーナーの腕の見せどころ。さてヘッドパーツはクリスキングの9色から何色を選びましょう?今回はカンチ、ディスクブレーキの両モデルをご用意いたしました。特にカンチブレーキ・モデルは今期で製造終了のため、皆様の手に入るのはこれがラストチャンスとなります。乗せかえを前提としたご相談も大歓迎。まだシーズンは終わっていませんが、来季のCXシーズンへ向けてご検討頂きたいフレームセットです。

 

女性サイクリストにとっての最高の1台を。

次にご紹介する2つのモデルのサイズ展開はおもに女性や、小柄なお客様をターゲットにご用意させていただきました。150cm台の身長でも無理なく700Cのバイクに乗れるように、的確に設計されたシエロ・オリジナルのフレーム・ジオメトリーを採用しているということを、まずは理解していただきたいと思います。そしてその未来は、老若男女を問わず、すべての人々が平等に自転車を楽しんでもらいたい、そして存在する全てのサイクリストのサポートを積極的にしていきたいという、クリス・キング、彼自身の思いへと繋がっているのです。

Cielo By Chris King Sportif Classic Cielo Blue

Cielo By Chris King Sportif Classic Cielo Blue

Sportif Classic – Cielo Blue –
¥230,000(税抜) Frame / Sportif Folk

Size : W43,W47,W49,50,51

「Cielo」はイタリア語で「空」を意味します。それを象徴するのはさんさんと太陽が降り注ぐ、南カリフォルニアの青い空。クリスキング社誕生の地である、サンタバーバラの青空からネーミングをいただいたシエロ。そのシエロの再始動が8年前にポートランドにて始まり、その当時にラインアップしていた中で一番人気だったカラー、その名もシエロ・ブルーを限定復刻いたしました。モデルはすでに製造が終了していたスポルティーフ・クラシックを、時代が追いついてきた今だからこそ、その価値を見出してもらえるはずだと信じ、あえての限定復刻生産。ゆとりのあるタイヤクリアランスを筆頭に、リアのドロップアウトは現行のスポルティフ・モデルとは違う逆ツメのスライド式。チェーンの張り調整が可能となり、シングル・スピードという使い方などにも対応できるということです。

少し太めなスリックタイヤを履かせて、いつもより少し遠くへペダルを漕いでみたり、フェンダーを付けて日常生活をより楽しいものにする相棒として使いきったり。是非貴女の自由な発想を形にしてみませんか?

Cielo By Chris King Cross Classic Night Blue

Cielo By Chris King Cross Classic Night Blue

Cross Classic – Night Blue –
¥230,000(税抜) Frame / Canti Folk

Size : W43,W47,W49

素敵な女性に乗ってもらいたいフレームとは?それはどんな色だろうか?そこから導き出された答え。「限りなくブラックに近いブルー」というシムワークスのワガママなオーダーに、シエロ・ペイントチームは見事に応えてくれたのです。暗闇に蒼く浮かび上がる光、このナイト・ブルーはとても気品溢れる仕上がりとなりました。コンセプトは先に述べたように淑女。違いの分かる大人の女性にシエロを選んでもらえたなら、そしてしっかりと付き合って(乗って)もらえたら、まだまだこの世界も悪くないなという思い(勘違い?)から、レディース・サイズ限定での特別生産。選択したモデルも、去年惜しまれつつ生産が終了したクロス・クラシック。なぜこのモデルを選んだかはきっとシエロ(自転車)に向き合ってもらったことのあるサイクリストにはきっと分かってもらえるはず。

スポルティーフよりもさらに余裕のあるタイヤクリアランスに加え、逆爪のエンド、アイレットを備え、デイリーコミューティングからライトツーリングまで。このバイクがどれだけサイクリングの楽しさを教えてくれるかを知っているからこそ、淑女に強くお勧めしたい一台なのです。

Cielo By Chris King Sportif Classic Cielo Blue
※一部未入荷のモデル・サイズもございますが、お気軽にお問い合わせ下さいませ。尚、今回ご紹介したモデルは全て一度きりの完全限定生産となります。万一完売しましても追加生産の予定はありませんのでご了承下さい。

寒い冬こそ自転車の楽しさを身をもって実感する事ができる季節。そしてこの季節に自転車と出会った人ほど、素晴らしい生活を送ってくれているというとても喜ばしいこの世界を少しでも多くの女性に知って頂きたいと思います。パーツセレクトについてや、アッセンブルについてなどあまり難しく考えずに、どんな所に走りにいきたいか、もしくはこの自転車と出会う事でどんな景色が見えるかといった事からお話ししましょう。皆様が最良の自転車生活を送れるためのお手伝いができる事を楽しみにお待ちしております。

Cielo Sportif Rules & 大事なお知らせ。

ロードライドと言ってもそこには色んな楽しみ方があります。

テンポよくファストライドをしたり、淡々とロングライドをこなしたり、もしくは未舗装路を好んで探索したり。人と争うというよりは自然や自分自身との会話を楽しみながらペダルを進めるようなライドスタイルをもし一台で楽しもうと言うのなら、スポルティーフという選択はいかがでしょうか?

Cielo By Chris King Sportif

最近スタッフのバイクばかり紹介していましたが、今日はCielo By Chris KingSportifをご紹介します。

Chris King Precision Componentsが、創業以来30年以上積み上げてきたモノ作りに対する姿勢の一つの形として生み出されるのがCielo By Chris Kingのフレームたちです。

Cielo By Chris King Sportif

ヘッドチューブリング、リアブレーキのアンカーインサート、シートステイプラグ、ブレーキブリッジのロゴビード、フォーククラウン、フォークドロップアウト、バーティカルリアドロップアウト。これらはすべて自社で作られたもので、Cieloフレームにだけある特徴的なもの。少量生産の効率性を活かしながら、フルカスタムバイクを作るのと同じように一本一本丁寧に作られるバイクは、スチールという素材の特徴を最大限引き出し、乗り手がより長く寄り添って付き合っていく事のできるバイクです。

Cielo By Chris King Sportif

Cieloのラインナップの中でも、特にこのSportifという車種は、自転車の楽しさやその本質を教えてくれるものだと思います。

Cielo By Chris King Sportif

タイヤは32cまで呑み込み、グラベルライドも得意とするだけでなく、フェンダーを装着した状態でも28cを履かす事ができるので、雨の日のライドやデイリーライドでもその力を発揮します。今回はベーシックなコンポで揃えながらも、コクピット周りや足回りは長く使い込んでいくという意思の現れたアッセンブル。VelocityFusionはA23の軽さとDeep-Vのタフさを名前の通りうまくフュージョンさせた優秀なリム。それをChris KingR45 Hubでしっかりとハンドスパン。ハンドル、ステム、シートポストはSimWorks By Nittoで整えました。

普段走り慣れた峠道はもちろん、そこから脇道に逸れて未舗装路が現れたって何も心配はいらない。このバイクに跨がってライドに出掛ければ、今までとはまた違う景色を見せてくれることでしょう。

そして、初代カラーからラインナップされているOrangeカラーはやはり良いバイクになるなと確信した一台に仕上がりました。

Cielo By Chris King Sportif

-BIKE SPECS-
Frame Cielo Sportif color:Orange
HeadSet Chris King NTS Black
Crankset Shimano 105 FC-5700 50/34T
Brake Shimano BR-R451
Brake Lever Shimano 105 ST-5700
FD Shimano 105 FD-5700 BSM
RD Shimano 105 RD-5700 SS
CS Shimano 105 CS-5700 11-28T
Rims Velocity Fusion 32H
HUBS Chris King R45 32H
Spokes Philwood 14G Black
Tires Continental Gatorskin 700-28c
Handle SimWorks By Nitto Misirlou 410mm
Stem SimWorks By Nitto Rhonda 90mm
Seatpost SimWorks By Nitto Beatnik
Saddle WTB Valcon

 

そして、Chris King製品について大切なご案内です。

この度、ChrisKing製品価格の改定来年2016年1月1日より実施させて頂くこととなりました。

アメリカ本国における原材料および人件費の高騰などによる大幅なコストアップをうけ、クリスキング社からのアメリカ国内での上代再設定をする運びとなり、日本国内でもクリスキング社製品すべての価格の改定をさせて頂く次第となりました。

ヘッドセット・ボトムブラケットが10%、ハブが20%前後の値上げとなります。アメリカ国内の上代設定も同日より値上げとなります。

12月28日までのご注文(バックオーダー含む)は全て現行価格にてご提供させて頂きますので、ご検討されていた方はぜひお早めにご注文ください!