スチールフォーク+スチールフレームバイクへの最適解。

 

 
シムワークスバイニットーのラインアップ中でも、美しいフィレット仕上げで人気のアナリーステムに、バークランプ径26.0mmバージョンが仲間入り致しました!
 
実はこのステム、アメリカの代表的なシムワークス販売店 ゴールデン サドル サイクリーのカイルが、自分の所有するALL CITY SPACE HORSEにSW60 トゥースマイルバーをよりクールに装着したいという、とってもわがままな希望を答える形で生まれた経緯があります。
 

Space Horse Disc – Loaded Touring from All-City Cycles on Vimeo.

 
細身のトップチュービングを持つスチールバイクには、やはり細身のセンター径をもつSW51コミザルーバー、SW60トゥースマイルバー等、センター径26.0mmのハンドルバーなどと組み合わせることによって、動画のツーリングのような超長距離を安心感とともに適度なしなりをもたせ、ライダーへの負荷を逃してくれます。
  
 
お馴染み、サーリーのペーサーや、
 
 
シエロ バイ クリスキングのスポルティーフ、
 
 
そしてブレッドウィナーのコンチネンタルのようなバイクなど、そのすっきりとした細身のコクピットを実現することによって、クロモリスチール製バイク特有のルックスをより洗練させることができるのです。
 

 
SimWorks by NITTO / ANNA LEE-S STEM
 
Material : CrMo Steel
Angle : 75 deg.
Extension : 90, 100, 110mm
Bar Clamp : 26.0mm
Post Stack Height. : 72mm
Color : Silver, Black
Price : ¥13,000-(税抜)
 
 
個人的にはスチールフォーク+スチールフレームのバイクへの最適解だと思うこのステム。 さぁ、あなたはどんなアッセンブルをしますか?
 

ご購入はこちら

 

Recent Build – BW Continental –

 
遡ること今年の2月。サクラメントで開催されたNAHBS(ナーブズ)BreadWinnerブースで、数あるショーバイクの中でも一際その独特な存在感を放っていた一台のバイク。
 
それこそが、Continental(コンチネンタル)である。
 
BreadWinnerCycles Continental 
トニー・ペレイラとアイラ・ライアンがブレッドウィナーサイクルズとしてのキャリアを始めるきっかけとなったバイクは、ラファのコンチネンタルライドを走り切ることのできるタフでかつ柔軟なフレーム性能を誇るだけでなく、古典的なホリゾンタルフレームの持つ美しいフォームとスチールバイクらしいエレガントな佇まいを併せ持つという、彼らのフィロソフィーが詰まった、彼ら自身はもちろん、僕らも大好きなバイクです。
 
BreadWinnerCycles "Continental" Show Bike of NAHBS2016 
ナーブスを控えた今年の初めにお客様から頂いたオーダー。ブレッドウィナーの彼らからショーバイクとして是非協力してほしいというオファーもあり、SimWorks By Nittoのコクピットや、SimWorks By Honjoのフェンダーをアッセンブルしたバイクを、実際にショーで展示する又とない機会を頂きました。
 
BreadWinnerCycles "Continental" Show Bike of NAHBS2016 
今回採用したのは、コ・ミザルーバーウェンディステムという組み合わせ。 レースユースではなく、サファーライドを想定した場合には、昔から存在する26.0mmクランプという細めのパイプ径のもつしなやかさが、時として剛性感よりも重要とされます。つまりこの組み合わせはコンチネンタルのようなスチールバイクに非常にフィットするのです。
 
BreadWinnerCycles "Continental" Show Bike of NAHBS2016 
ブルべやロングライドを好んでされているオーナー、今回ブルベへの投入を視野にコンチネンタルをオーダーして頂いたのですが、26cと少しボリュームのあるタイヤに、SW Honjoのスムース35フェンダーを奢って雨の日も風の日も力強く進む意志がみなぎったアッセンブル。 足回りもChris KingのR45ハブと、HEDのBelgiumというリムでとにかくノントラブルで走りきれることを心がけました。
 
BreadWinnerCycles "Continental" Show Bike of NAHBS2016 
フェンダーはもちろん、Silcaのインペロフレームポンプもフレームカラーと同色にマッチペイントを施しバイクとしてのトータルバランスも綺麗に整えるのは、コンチネンタルのようなモダンとノスタルジックを併せ持つバイクのアッセンブルにおいての醍醐味だと思います。 こちらのフレームポンプはサークルズでも取り扱っておりますので、ご興味ある方はお気軽にご相談下さい。
 
BreadWinnerCycles "Continental" Show Bike of NAHBS2016 

-BIKE SPECS-
Frame BreadWinnerCycles Continental
HeadSet Chris King NTS Pewter
Crankset Shimano Ultegra FC-6800(50/34T)
BB Chris King Thread Fit24 Pewter
Brake VeloOrange GrandCru LongReach
Brake Lever Shimano Ultegra ST-6800
FD Shimano Ultegra FD-6800
RD Shimano Ultegra RD-6800 SS
CS Shimano DuraAce CS-9000(12/28T)
Rims HED Belgium Front:24H/Rear:28H
Spoke DT Swiss Champion
HUBS Chris King R45
Tires CompassCycles Cayuse Pass 700x26c
Handle SimWorks By Nitto Co Misirlou 410mm
Stem SimWorks By Nitto Wendy 110mm
Seatpost SimWorks By Nitto Beatnik Post
Seat Brooks Swift
Fender SimWorks By Honjo Smooth35
Frame Pump Silca Impero Ultimate Frame Pump

 
Mr.Nishita with his Continental 
早速、先日600kmのブルベを走られたオーナーさん。 その佇まいとは裏腹に、『しっかり踏みなよ。もっと遠くへ行こう!』まるでバイクがそう訴えかけてくるようにしっかりとグイグイ進んでいくのが第一印象。 「より遠くへ、より楽しく。そのためにシリアスに走るわけではなく、諦め悪く淡々と走るのが自分のライドスタイルなんです。」そう彼は言います。 コンチネンタルはまさにそんなライドスタイルに当てはまるバイクだと思います。
 
次は何処へ、どんな冒険をされるのか、お話を聞かせてくれるのがとても楽しみです。
 

Road to NAHBS2016
– Breadwinner Cycles –

海の向こうではいよいよ来週に迫ったNAHBS2016/ナーブスに向けて各地のビルダーが忙しくなっているところです。BreadWinner Cycles/ブレッドウィナーサイクルズのビルダーであるTony Pereira/トニー・ペレイラとIra Ryan/アイラ・ライアンの二人も毎日手を動かし続けています。

Bustin ass. Road to #nahbs. #nextweek photo by @etharfurning

Breadwinner Cyclesさん(@breadwinnercycles)が投稿した写真 –

今回彼らは会場の中でも一際大きなブースを構え、10台展示する予定となっており、今回のショーに対する意気込みもとても強く感じます。実はSimWorksとCirclesとのスペシャルショーバイクの計画も進んでおりますのでお楽しみに。

さて、少し個人的な話となってしまいますが、
「BreadWinner Cyclesのラインナップで何を選びますか?」と聞かれたら、
Continentalというモデルだと答えます。

Breadwinner Cycles Continental

このContinentalというバイクは、その名の通り、Rapha Continental Ride(ロードライドのルーツであるライド=冒険という本質的な部分を教えてくれるライド)の為に作られたバイクであり、彼ら二人がBreadWinner Cyclesという旗を掲げるキッカケとなったバイクでもあります。(国内では次回のRapha Prestigeについての公募が始まっていますね!)

Breadwinner Cycles Continental

ロングリーチキャリパーに対応したフレームにはフェンダーアイレットが備わっており、雨の日のライドも快適かつ力強く。そして最大で30cまでのタイヤを呑み込み、グラベルにおいてもその力を余すことなく発揮します。ブレーキにはVeloOrange/ヴェロオレンジのロングリーチを用いました。

Breadwinner Cycles Continental

そして、グラベルを追い求めるライドでもトラブルを恐れず安心して走るためには、フレームポンプなんていう便利な道具もあると良いですね。Silca/シリカが作ったImpero Ultimate Frame Pumpというその名の通り究極のフレームポンプをフレームに合わせてマッチペイントにて仕上げました。オーダーの段階でこのようなオプションをお選び頂けるのもBreadWinnerならではのご提案です。

Breadwinner Cycles Continental

-BIKE SPECS-
Frame Breadwinner Cycles Continental
HeadSet Chris King NTS Pewter
Crankset Shimano Ultegra FC-6800 50/34T
BB Thread Fit24 Pewter
Brake VeloOrange GrandCru LongReach
Brake Lever Shimano Ultegra ST-6800
FD Shimano Ultegra FD-6800 BRZ
RD Shimano Ultegra RD-6800 SS
CS Shimano Ultegra CS-6800 11-28T
Rims H PLUS SON AT-25
HUBS Chris King R45
Tires Panaracer Gravelking 700-28c
Handle SimWorks By Nitto WildHoney 430mm
Stem SimWorks By Nitto Rhonda 90mm
Seatpost SimWorks By Nitto Beatnik
Saddle WTB Pure

 

アスファルトの上はもちろん、グラベルの上でも、快適にそして気持ちよく進んでくれる。こいつと一緒ならどこへでも行けると思えるバイクです。

いよいよ来週となったNAHBS2016、サークルズからもシゲ・タカ・ジャスが勉強をしにいきます。何より作り手に実際に会って話をできる貴重な機会なので、沢山吸収して帰ってきたいと思います。渡米中もサークルズは通常通り営業致しますのでご安心下さい!尚、一緒にアリバスタッフも渡米するので、Earlybirdsは2/26〜3/4までお休みとなります。ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

Elements of Road Riding.

RaphaのFestive500。今日から始まりました。厳しいこの時期だからこそ、しっかりと乗り込んで、一年を祝い締めくくりをする最高の方法です。今日ご紹介するバイクのオーナーさんも、きっと寒さに負けずにライドをしていることでしょう。

オーダーのきっかけは僕自身も出たRapha Gentlemen’s Race Kyoto。そのRGRが開催された後に公開されたコースをご自身でトレースされた方で、あの独特の空気を持つコースをライドする中で、ロードライドのルーツ、サイクルコンピューターやパワーメーターに気をとられてしまいがちですがライドが本来持つ冒険的な側面に触れ、もっと純粋にロードライディングを楽しめるようなバイクを求めてのオーダーでした。

選んで頂いたのはBreadWinnerの”Continental”。
名前の通り、RaphaのContinental Rideのために作られたバイクが原型になっており、その原型のバイクはIraとTonyによる合作であり、今日のBreadWinnerが出来たきっかけともいえるバイクです。

DSC_0119

フェンダーアイレットが付属し、ロングリーチのキャリパーブレーキで30cまでのクリアランスをもつバイクは、シーズン問わずより遠くへ。ライドする楽しさを教えてくれることを約束します。

DSC_0121

従来まで1インチのヘッドチューブを採用していましたが、より厳しい条件下でのライドに対応するように、1-1/8ヘッドチューブにリニューアル。現在出回っているアヘッドステムをシムを使わずに確実にクランプする事にも繋がりました。

DSC_0125

タイヤはやはり間違い無いセレクトだろう、PanaracerのGravelking 700x28c。32Hで頑丈にハンドスパンされたホイールは走りに絶対的な安心感をもたらします。ちなみに、VeloOrangeのロングリーチキャリパーを使っていますが、ここだけの話、Gravelkingの700x32cも呑み込みました。

DSC_0111

レーサーバイクのようなストイックな走りは必要ない。けれど、より長くより遠くへトラブルを恐れる事なく”強く走りきれる”バイクは、乗り手に「明日は何処へ走りに行こうか」という気持ちにさせてくれます。

 

-BIKE SPECS-
Frame Breadwinner Cycles Continental
HeadSet Chris King NTS Pewter
Crankset Shimano Ultegra FC-6800 50/34T
Brake VeloOrange Grand Cru Long Reach
Brake Lever Shimano ST-6800
FD Shimano Ultegra FD-6800
RD Shimano Ultegra RD-6800 SS
CS Shimano Ultegra CS-6800(11-28T)
Rims DT Swiss RR440(Rear:Asymmetric) 32H
HUBS Chris King R45 32H
Spokes Philwood 14G Silver
Tires Panaracer GravelKing 28c
Handle SimWorks Misirlou 390mm
Stem Thomson X2 90mm
Seatpost Thomson Elite
Saddle WTB Silverado

 

Continental

この週末も天気が良さそうなので、みなさんライドの計画を色々と立てている事でしょう。
そのタイミングに合わせて、長らく欠品していたコンチネンタルのロードタイヤが入荷してきました。

IMG_7151Continental “Gatorskin” 700-23c,25c,28c ¥4090

コンチを使うのが初めての方で、とりあえず迷ったらまずはこれというのがGatorskin。
耐久性、転がり、とにかくバランスのとれた一本です。

IMG_4326Continental “Grandprix 4Season” 700-23c,25c,28c ¥5770

さらに質の良い走りを求める方にはこちら。耐久性、転がりの良さに加えて4Seasonはとてもしなやかなケーシングを兼ね備えています。ケーシングがしなやかということは、路面に触れた瞬間にその形に合わせてタイヤケーシングが変化するということ。つまりしっかりとグリップするということです。良いタイヤですので是非試してみて下さい。

IMG_3356Continental “Grandprix 4000S” 700-23c ¥5560

クリンチャーのフラッグシップモデルである4000Sはレースでも十分に戦える性能ながら、トレーニング等普段のライドで十分に使える耐久性を誇ります。本当にタイヤ1つで走りは変わりますからね!

今お使いのタイヤ、消耗してきていませんか?タイヤは変えやすい部品かつ走りにも大きく影響するパーツなので、是非この機会に。ご相談お待ちしております。