7meshのあれこれ。

7meshPOPUP
先日のRAL COMMUNEの様子や、次回の告知も昨日のブログにてご案内させて頂きましたが、そのRAL COMMUNEでのコンテンツのメインであった、7mesh POP UP でメーカーさんから聞いたタメになるお話です。
 

_MG_5958
 7mesh / セブンメッシュというメーカーについては、以前Shigeブログにてご紹介させて頂いておりましたので詳細はそちらでご確認して頂くとして、生地についてなるほど!っと思った事がメーカーさんのお話しの中で幾つかありました。
 

多くのサイクルジャージやビブショーツに使用される伸縮性の高い生地には、一般的に数パーセントのエラスタンと呼ばれる、いわゆるポリウレタンの繊維が混紡されております。 しかしながらこのエラスタンは、高い吸水性というウィークポイントを持っているのです。 高い吸水性とだけ聞けば、とても聞こえが良いのですが、それは素早く乾くというわけではないのです。 もちろん多くのそれらの生地は、エラスタンを用いたうえで、組み合わせる素材と生地の編み方で水分を外へと放出する仕組みとなっているのですが、7meshで使用する生地には、はじめからエラスタンを使用していないのです。

その為、7meshのウェアは、より高い速乾性を備えた、いつでもサラサラとした快適な着心地を実現したウェアとして仕上がっているのです。
 

DSC_9830
しかし、高い伸縮性を備える為に必要なエラスタンを使用しないということは、もちろんその分の伸縮性を失う事となります。 それを補う為に、通常よりも強く練られた糸を使用し、それを特殊な編み方で生地にする事により、伸縮性を備えるのです。 さらに、ライド時にストレスが掛かる事のない適した着心地が得られるよう、細かなステッチを施し立体的な作りとなっています。
 

_MG_5863
ちなみに、顕微鏡のようなもので生地をじっくりと眺めておりますが、これは生地にエラステンが使用されていない事を確認しているところです。エラステンは色が白いとの事です。 (これを使って、その他の生地も同様に拡大して見ると、それはそれは面白いのでご興味ある方はお声掛け下さいませ。)

あれこれと、製品に対する拘りがたくさん伺うことができ、大変興味をそそられます。
 

IMG_1214
スタッフやお客様も、その高い快適性とシンプルなルックスで7meshの虜となっている人も多数です。

気になっていらしゃる方、どうぞお試し下さいませ。

春の装いのオススメです。

気がつけば3月ももう半ば、もうすぐ春ですね!と言いたいところではありますが、気温を見ればまだまだ冬真っただ中、昨日なんか季節外れの雪。それでもここ最近は、日中外へ飛び出せばあたたかな陽射しから春の訪れを少しずつ感じられるようになってきたのではないでしょうか。


dantoko_1200365_1200
 
先日のブログにもアップされておりましたが、6月6日に開催が決定したグルメセンチュリーライドのため、ここ最近は三州足助の町を起点として豊田の山の中を探検探検。どういったルートを取っても登るか下るかしかできない地形ですが、深い緑に囲まれた中を走るのはとても気持ちが良いのです。そんな山間部を走るにはまだまだそれなりの装備が必要なので、この冬に投入したCafe du CyclisteHeidi Jacketが大活躍しています。

Cafe_shige(画像はShige、僕は色違いのグレーをヘビーローテーションしております。)
 

しかし、気分的にはそろそろ春ものを着てライドにでかけたい今日この頃なのであります。
そんな季節のかわり目に毎シーズン活躍しているのはこちらのロングスリーブジャージ。


Cfae_y_y_1x1

エルボーパッチや襟の形状、カラーリングなど少しカジュアルめのルックスがお気に入りなのではありますが、一番のポイントはその快適性。メリノウールとポリエステルなどの化学繊維のミックスされたその生地は、汗の吸収性や乾きも速く、程よい保温性と通気性が春から夏、また秋口から冬まで一年を通して長いシーズン使用する事ができるのです。
僕が着ているのは3年前のカラー(画像もその頃のもの、古い!)ですが、現在はレッドとグリーン、2色の展開となっております。
 

DSC_00591Cafe du Cycliste
Yolande Merino Jersey
¥25,000(税抜)
カラー : Red, Green


5440d01f-af88-4b7c-b189-1b73559fd477
543bde77-4fd4-48f0-a580-436c559fd477
 

ベストやウインドブレーカーなどを着て風をシャットアウトすれば暖かく、シェルを着ない状態であれば、23、4度あたりまでは快適に着てもらえるはずです。通気性の良さに快適な肌触りも加わって長袖ながら割と暖かい季節での使用もお勧めです。もちろんどちらのカラーもレディースモデルもラインナップされています。
 

そしてもう一つ、Cafe du Cyclsiteの春の一枚にオススメのジャージがこちら。
今までのCafe du Cyclisteのウェアの中で、もっともパフォーマンスに優れるアップテンポなライドやハードなトレーニングを想定したロングスリーブジャージです。


DSC_0070Cafe du Cycliste
Pierrette Windbreaker Merino Jersey
¥27,000(税抜)
 

こちらもYolande Merino Jerseyと同様にメリノウールがミックスされた生地を使用しておりますが、それと比べるとより軽く、より伸縮性の高さを感じる事のできるパフォーマンスの高い生地を使用しています。激しい動きにも対応し、また多くの汗をかいたときの発汗性の高さにも注目です。そして前面の備えられたナイロン生地は長い下りや厳しい向かい風の中でも体温の低下を最小限に抑えてくれるでしょう。その快適性とタイトなシルエットはミッドレイヤーとしての使用も可能となっております。


543bdcb1-0800-4033-8aad-4213559fd4775440e78c-7b68-48c5-bb1c-299a559fd477

春の装いを考えだすと半袖ジャージやウインドブレーカーを気にされる方も多いとは思いますが、長袖ジャージも侮るなかれ、ぜひお試し下さい。

という事でかなり久しぶりのCirclesブログに登場させて頂きました。
 

さて、きっと雪が残っている明日の足助探査ライドはどうなることやら、楽しみ楽しみ。

Cafe du Cycliste / Madeleine GiIet

さて、続けてになりますが今回もCafe du Cyclisteのウェアのご紹介。

今回はベスト!
実は先日のMadeleineWindproofJacketよりも前からリリースされている人気モデルです。
YolandaJersey同様、僕がちょいと走りに出かけるための、ワードローブに無くてはならないものであります。

寒い時期には、ウインドブレーカーと重ねて使うなんて荒技?(僕やシゲはよくするのですが。)で、また、これからの暖かい時期には長袖や半袖ジャージとのいろいろな組み合わせができ、真夏以外であれば何かと使える本当によくできたウェアです。

という事で、あらためてCafe du Cycliste”MadeleineWindproofGilet”についてみてみましょう。

20140311-195407.jpgCafe du Cycliste / MadeleineWindproofGilet / ¥15,400_(税抜)

MedeleineWindproofJacket同様のグレンチェックが、その他のパフォーマンスウェアにはない落ち着いた雰囲気を醸し出してくれています

20140311-195434.jpg背中には大きなメッシュ生地。通気性が高いのはもちろん、ジップを全開にすれば風が吹き抜けていくのでバタつきが少なく着たままの走行でもストレスが少ないです。

20140311-195447.jpgまた、余分なものはそぎ落としてあるので、ジャケットにあったバックポケットは排除、そのかわりメッシュ生地下部分は大きな口があり、その下に着ているジャージのバックポケットが着たまま使用できるようになっています。

もう少しすればこんなスタイルでライドに出かけれる季節がくるのか、なんて思いながら明日の定休日は雨ですね。笑

20140311-195555.jpg

Cafe du Cycliste / MadeleineJacket

あそこやここで、幾度かご紹介しているCafe du Cyclisteの新入荷アイテム。
もうちょっと詳しく紹介させて頂こうかと思います。
Chaqueta-cortavientos-CafeduCycliste-Madeleine-4
今回は念願でもあった、人気アイテムMadeleineGiletの長袖版、MadeleineWindproofJacketのご紹介!

20140307-191745.jpgCafe du Cycliste / Madeleine WindproofJacket / ¥18,000_(税抜)

見た目がかっこいいってのはあえて言うまでもないウインドブレーカー。
ってことでちょっと簡単ですがどんな仕様になっているか見てみましょう。

まずは脇、横パネル部分。

20140307-191800.jpg篭った熱を外へ吐き出すため、脇部分がメッシュ生地になっています。
走行中にも風が抜けて行くのが確認できるはず。
その下、脇腹上部にはゴムが入れてあるので、タイトになり過ぎずて苦しくなる事もなく、適度にフィットし風の影響を受け難くいよう工夫しています。

20140307-191812.jpgサイクルウェアには無くてはならないバックポケットはもちろん、裾にはリフレクターが付いています。

20140307-191823.jpgリフレクターは裾だけでなくこんなとこにも。
特別な事はしていないのになんだか良い雰囲気です。
その下の切り込みはもちろんベンチレーションです。
MadeleineGiletにくらべれば、その機能は落ちますが、ちゃんと透湿性のあるウインドブレーカーなんです。

20140307-191840.jpg肘はライディングポジションがとりやすいように立体的なカッティングになっています。

20140307-191851.jpgそしてこのジップ裏の後ろ立てもポイントです。
幅が広いのでジップからの風の侵入を最小限に抑え、縦に2本ステッチを入れる事により、このような生地でありがちなジップが噛んでしまうという事が無くなります。
僕が一番グッときたのがここだったりします。

と、ざっくりとご紹介させて頂きましたCafe du Cycliste”WindproofJacket”、春の一着にいかがでしょうか。

Cafe Du Cycliste

昨日の名古屋は最高気温16℃と春の陽気。
まだまだ寒い地域がたくさんありますが、すぐそこには春が待っているのを感じます。


先日の休みに、岐阜の祖母に会いに行って来ました。
その日もとても暖かく、Cafe Du Cyclisteの長袖Woolジャージに防風のジレで心地よいライドとなりました。
実は先日のYanakku氏と同じ格好で。笑(道中に鏡がなかったので自分の写真がありませんが…)
20140201-150006.jpgこのメリノウール素材のジャージは、通気性がとても良く吸水速乾性にすぐれ、防風のモノを上に羽織れば暖かく快適にからだを保ってくれます。

機能性はもちろんですが、個人的に気に入ってるのは、やはりデザイン。
単純にカッコイイ服着て自転車に乗りたいし、カッコイイって言われたい。
山や海を走れば街も走ります。
カッコ良くそして楽しくライド出来るのもウエアーあっての事だと思います。

そんな願いを叶えてくれるCafe Du Cyclisteです。
earlyspring2014ブランド立ち上げから3年弱の「Cafe du Cycliste」は1人のトライアスリートと1人の元カヌー世界チャンピオンが立ち上げたフランス発のブランド。
ウェアブランドとしてだけでなく、カフェも展開しており、サイクリストのためにコミュニティースペースも提供しています。

そんな「Cafe du Cycliste」からリリースされるアイテムは、デザイン性の高さとサイクルウェアとしてのパフォーマンスをもった、今までに無い、新しい感覚のサイクルウェアばかりです。

そんなCafe Du Cyclisteから、他のメーカーよりも一足先に春物が届きました。
Chaqueta-cortavientos-CafeduCycliste-Madeleine-4Men’s Medeleine Jacket ¥18000_(税抜き)52950024-f680-4e17-b356-40f853aa4421Men’s Medeleine Vest ¥15400_(税抜き)
Women’s Medeleine Vest ¥15400_(税抜き)
いわゆるウインドブレーカーですが、ありそうで無かったグレンチェック。
ただデザイン性があるのでは無く、背中のヨークや脇にはベンチレーションを持たせてムレを軽減し、フィット感を高める為にウエストのサイドにはゴムを入れています。
またバックポケット(ベストにはありません。)やリフレクターがあるので、とても充実した春のジャケットとして使えます。

52b36413-4a80-435b-adcf-532e53aa4421Men’s Colette Rain Jacket ¥32000_(税抜き)
52b36350-fb88-4ffa-b3ad-532e53aa4421Women’s Colette Rain Jacket ¥32000_(税抜き)
イタリアの”ZeroWind社”の生地を使用したこのレインジャケットは、高い防水性と驚きの伸縮性があります。
52a71a05-6fcc-4d89-8916-79ab53aa4421一度手に取って引っ張って頂きたいぐらい。
正直、レインジャケットでこんなに伸縮性があるものを見たのは初めてです。

また、背中のベンチレーションを下部にし、直接中に着たジャージのポケットにアクセス出来ます。

52757d2c-73a0-47a6-b831-077b53aa4421Men’s Yolande Jersey ¥25000_(税抜き)5294cdaa-f904-4187-a2bd-2fb853aa4421Women’s Yolande Jersey ¥25000_(税抜き)

冒頭でもお伝えしたジャージ、Yolande Jerseyはカラーバリエーションも増えて色違いで欲しいぐらいです。
お気に入りポイントは、スウェード調のエルボーパッチ。
機能性はありませんが、あることによってグッとカジュアルさを増すポイントでもあります。
これからの時期にメインでしっかり使ってもらえる注目のジャージです。

 

機能的かつカジュアルさを兼ね備えたウエアーですので、もちろん色んなコーディネイトの仕方が出来ます。
そんなCafe Du Cyclisteを使って、カジュアルなスタイル提案を“Good News Mail”(メルマガ)の方で、お得な特典や情報と共にお伝えしようと目論み中ですので、ぜひご期待下さい!
DSC_6569

 

※”Good News Mail”のご登録の仕方はこちら

Swrve and Narifuri !!

日に日に寒くなるのが感じられる様になりました。
私はと言えば既に真冬用のグローブをタンスから引っぱり出し、ライドで使っています。
そう、サークルズでも1,2を争う程の寒がりです。

「とうとう来たか冬っ!」って感じですね。

寒さに人一倍気を使っている私から、Circlesで大評判のあったかいアウターをご紹介します。
DSC_4702Swrve Milwaukee Hoodie ¥18900_
今年の色はブラック、グレイ、オレンジ、ブルーと、どれも欲しくなる色ばかり。
防風、撥水、ストレッチ性のあるソフトシェル素材を使用し、機能面でも申し分の無い素材です。
もちろんSwrveらしさも。
DSC_4711のコピー自転車に乗った際に何かと便利なバックポケットを完備し、脇のベンチレーション、袖からの風の侵入も防いでくれます。
フードタイプも良いのですが、襟タイプもいかがでしょうか?
DSC_5043Swrve Deck Jacket ¥18900_
素材や機能はMilwaukeeHoodieと同じ、DeckJacket(N-1)と呼ばれるアメリカ海軍の船上防寒着として使用されていたジャケットの形を、カジュアルにSwrveらしく落とし込んでいます。
DSC_5037風の強い日には、襟を立ててボタンを外し、この様に固定すればより風の侵入を防ぐ事が出来ます。
何より2着とも機能的ですが自転車ウエアーに見えない所、コストパフォーマンスに優れている所が毎年”愛され続けている”アウターとなった理由なのではないでしょうか。

そして、”愛され続けている”と言えばこのキャラクターですよね。
もちろん当店にも入荷しております。
DSC_4762“narifuri Disney Collection”
Vintage Mechanic Mickey Cyclejersey ¥18900_

Narifuriとディズニーから冬の贈り物。
今回はディズニークリスマスコレクションです。

DSC_4764のコピーヴィンテージ調なボディーにNarifuriオリジナルアート”メカニックミッキー”をプリントした長袖ジャージは、色んなスタイルにマッチします。
また、通年着れる素材ですので”愛し続けれる”ジャージになるはずです。

最高の相棒を胸に風を切って走りませんか。

それでは皆様、よろしくどうぞっ!

※次回はクリスマスプレゼントにオススメなアイテムをご紹介致しますのでご期待下さいっ!
写真Circles2F Instagram

Pearl Izumi USA

いや、本当に寒いです!
いきなりこんなに寒いと何を着ればいいか分からなくなっちゃうかもしれませんが、そんな迷える人への一つの回答がこちらのPearl Izumi USAのあったかアイテムです。

Pearl Izumiは皆さんご存知の歴史あるサイクルウェアブランドですが僕らのチョイスするのはUSA企画のアイテム。
USAも本家に負けず劣らず良いアイテムが揃っています。
ちなみに僕らがなんでUSA企画をやっているかっていうと単にアメカジ好きだからってこと。と加えてサイズ感も大きめなので着て頂ける方の幅も広いってところも理由の一つかも。

今回はトップスメインでご紹介!

20131112-182244.jpgPearl Izumi USA
P.R.O Softshell Jacket ¥22,570_
裏起毛のあったかソフトシェル素材。
保温性、防風性に富んだ真冬用のジャージです。
もちろん透湿性もあったり、伸縮性の高い柔か素材なのでハードなライドにも対応してくれます。

20131112-182255.jpg

20131112-182309.jpgジップからの風の侵入防ぐ処理ははもちろん、開閉時には噛みやすい箇所なのでちょっとしたコーティングが施されているのは大変ありがたいです。
ちなみにPeral Izumi USAのアイテムはだいたいのものが同じ様な処理になっています。

20131112-182323.jpg脇にはベンチレーションが付いてますが、またこの処理の仕方がおもしろい!
裏に見えるオレンジ生地も表面と同じ処理がされていて、それがわざと重ならないようにしてあるので風の侵入を最低限に抑えます。

20131112-182337.jpg襟にはドローコードが通してあり首もともきゅっと締まります。

20131112-182345.jpgもちろんバックポケットも十分なスペースがあります。
本当に寒くなったら間違いなくこいつです。
20131112-182458.jpgPearl Izumi USA
P.R.O Softshell 180 Jacket ¥19,950_
こちらはちょっとライトなモデル。
といっても厚さは違えどこちらもソフトシェルできっちり冬のライドに対応しています。
20131112-182515.jpgちょうど青い生地の部分は透湿性を高めるため、ソフトシェルではなく薄手のフリース生地になっています。
20131112-182528.jpgこちらもPeral Izumi USAアイテムの特徴。
サムホールがあるリブ部分は指で指している部分から独立しているので、グローブをした時ある程度ボリュームがあるものでもジャージ袖口とグローブがストレスなく重ね合わせる事ができるのです。気が利いてますね〜。

20131112-182539.jpgPearl Izumi USA
Thermal LS Baselayer ¥7,560_
最後にご紹介のこちらは裏起毛のあったかベースレイヤー。
寒さに耐えられなくなったらライドから普段使いまでいつでも着ちゃって下さいな!

20131112-182612.jpg

ちなみ今週末、僕らはお店を休んで野辺山シクロクロスを楽しみに行ってきますので今週末のライドにあれやこれやが必要だ!って方はなんとか時間作って頂いて平日にご来店下さいませ!

今週末、11/16(土)〜17(日)は野辺山シクロクロスに参加する為、CirclesとEarlybirds Breakfastともにお休みを頂きますのでご了承下さい。

Biciclista

時期はずれ!?
なんて言うなかれ、9月も後半となってまいりましたが、Biciclistaより半袖サイクルジャージが入荷です!

久しぶりのご紹介となりますBiciclistaはイタリア北部、クレモナ発のサイクルウェアブランドで、機能性重視のウェアではなく、ロード、MTB、ツーリングなんてカテゴライズなんて抜きにした、より自転車を楽しむためのサイクルジャージをリリースしてくれています。

そのデザインはポップでキャッチー、初めてサイクルジャージを着てみようかななんて人にもオススメですし、逆にカッチリサイクルジャージを着る事が多い人が、ちょっと気持ちをリラックスして自転車に乗りたいときになんかに着て欲しい素敵なジャージです。

ではでは今回のラインナップのご紹介。
DSC_2298-EditBiciclista
935 MELA JERSEY
¥9,970_

DSC_2300-EditBiciclista
935 RACING JERSEY
¥9,970_

 
さてこちら、”935″のナンバーとこのカラーリングでお気づきの方もいるのでは?
そう、あの誰もが憧れる?ポルシェ935を使用したレーシングカーの中でも代表的なカラーリングをモチーフにしたものです。

バックポケットにはルーバーがプリントされてるところもアクセントになっていますが、とにかくサイクルジャージとして普通にかっこいいです!
  
DSC_2302-EditBiciclista
COLOR CUBES JERSEY
¥9,970_

レインボーカラー、かと思いきや使われているカラーは7色以上のキレイなグラデーション。ストライプにすれば素直にキレイなものになりそうなところをキューブ状にしてしまうのがちょっとひねくれた感じがあって好印象なジャージです。
  

DSC_2359Biciclista
SSWC 2013 JERSEY
¥9,970_

そしてこちらはつい先日、イタリアで行われた、
SingleSpeedWorldChampionShipのオフィシャルジャージ。

よく見ると仕立てがダブルになっていたり胸ポケットのチーフが山になってたり洒落たデザインになっております。
ついでに言うと、ストライプはチェーン、ボタンはコグです。
DSC_2297-Editそして背中にはお約束のビールが!
   
DSC_2287-EditBiciclista
YODA@DIVIDE JERSEY
¥9,970_

DSC_2290-Edit
こちらはBiciclistaがサポートするマウンテンバイカー”Marco Yodone Nicoretti”がSalsaファーゴに乗り”Tour Divived”へ参加した際のサポートジャージ。
(彼は残念ながら結途中リタイヤとなってしまいました。詳しくはこちらから)

このジャージには“Tour Divived”の全行程のカナダBanffからニューメキシコ州Antelopewellsまでの”GreateDivideMountainBikeRoute”が記されています。

いやぁ、リスペクトです。

という事で今回もとっても濃いラインナップとなっております!

Q36.5

来春から国内でも正式にリリースされるイタリア発のサイクルウェアブランド。
Q36.5(キューサーティシックスポイントファイブ)長い!

いや、もうすごいのなんのって、来て見て触って着てみれば誰もが納得のハイスペックサイクルアパレルです!

お値段はそれなりになってしますが、一度着たら病み付きになっちゃいそうで怖いです。

20130918-190614.jpg

20130918-190624.jpg

20130918-190712.jpg

20130918-191000.jpg

20130918-191013.jpg
来春の入荷をお楽しみに!

PISSEI2013F/W

PISSEI2013F/Wの発注用新作サンプルが明日Circlesに届きます。
今回は「受注会」というカタチで店頭で陳列等はしませんが、言ってもらえればお見せする事は可能です。
8日の土曜日の午前中までであれば間に合うはず、ご覧になりたい方はぜひ!

チラ見せ。
camuinverno[1]camuinverno[1]-2