梅雨ですね。

IMG_1503
この時期の生暖かい、どんよりとした空気は外へ出かける気分を少し重たくさてしまいますが、いざ走り出し山間部が近づけば、気分は軽くなってくるものです。 少しずつ標高を重ねていけば、空気は冷たく気持ち良いものとなってきます。 峠の頂上まで着いた時には大量の水分を消費し、疲れも現れますが、それ以上の満足感も得ることができます。
 

IMG_1509
こんな日が1年の間ずっと続くとたまったものではありませんが、1年の中のほんの一部の時期だと考えると、それもまた楽しめるものになるってものです。 もちろん、雨に降られる事も多くなりますが、それもまた気持ち良く楽しいものだと思えてしまったりもするのです。 (あまりにも強いとげんなりしてしまいますけどね。逆にテンションが上がりすぎてしまう人もひょっとしたらいるかもしれませんが…)
 

だからと言ってなんの装備も無しに出かけてしまうとそれはあまり楽しいものでは無くなってしまうので、そんな時は高い耐水性を持ったベストを備えて出かける事をオススメします。
 

IMG_1501
走り方にはよりますが、サイクルジャージとレーサーパンツスタイルでしっかりと走る際、通常の長袖のレインジャケットでは体温が上昇してきた時、ジャケットの中はサウナ状態で暑くて着ていられたものじゃありません。 かといって何も着ていないと体はどんどん冷えていってしまいます。 そんな時には体の中心部分を守ってくれるベストが丁度良いです。 もちろん腕は濡れますし、時間が経つにつれて体の中心部も濡れてきてしまいますが、それぐらいが程よかったりするのです。
 

そんなこの時期に僕が頻繁に使用しているのはSerach and State / サーチ アンド ステイトS1-V Riding Vestです。
13405572_799082923527131_51256736_oSearch and State
S1-V Riding Vest

¥29,500(税抜)

 

このライディングベストは高い防水性と透湿性を備えた生地を使用したベストです。 ダブルジップを採用しているところも大きなポイントで、ベンチレーションの無いこのベストの換気を効率良くしてくれるとともに、ジャージのバックポケットへのアクセスをスムーズにしてくれます。 もちろん、このベストのみ止水ジップを使用したポケットも備えられておりそれは大変役立つのですが、雨足が強くなってくると雨が侵入してくるので、サイクルジャージのポケットに必需品を移すのをオススメします。
 

もう一つ、オススメのベストがこちらです。
13410579_799082940193796_1271629716_o7mesh
Resistant Vest

¥27,000(税抜)

Color : Ember(オレンジ), 2 Ball Blue(ブルー)
 

GoreTex®Windstopper®を採用したこのベストは、実は高い耐水性を持っています。もちろん完全防水ではありませんが、この梅雨時期や真夏の雨の日のライドには大いに活躍してくれるベストです。背面には透湿性と伸縮性を持った生地が配されているので、その箇所からは雨は侵入してきますが熱くなった体をほど良く冷やしてくれます。
 

どちらも高い耐水性を持って入るのですが、その形状は完全防水というわけではありません。でもこのくらいの時期からの雨の日のライドにはとても活躍するアイテムです。

梅雨のライドを楽しみたい方はぜひこのスタイルをお試し下さい。

Giro New Road

先日紹介したGiroの新作ヘルメット“ASPECT”

なんだかんだと非常に評判がよろしいです。
やはり、そのシンプルで秀逸なデザインと、”AEON””AIR ATTACK”と同様のスペック、そして軽さや被りやすさやで、シティライドからロングライドまで、多くのサイクリストが使用できる懐の深さもその理由かと思われます。

ま、皆さん口を揃えて『かっこいい。』って言ってくれるのでそれが一番の理由かも。

そして、NewRoadというカテゴリーで、Giroとして新たな一歩となるのがアパレルライン。アメリカ本国では昨年よりリリースされていましたが、国内ではようやくこの春スタートとなります。

“ASPECT”がそうであるように、アパレルラインもデザインと機能が上手くミックスされたものとなっております。

DSC_7986

DSC_7946Giro New Road
Wind Jacket 3-1 ¥19,000_(税抜)

いろいろと言い出すと毎度のごとく長くなるのでかいつまんで、
DSC_7951軽量リップストップの耐久性、そして撥水性高い生地を使用。
見てもらうとわかるように、ベンチレーションあり。しかもこのジップは裾まで繋がっており、ハンドポケットの間口ともなっています。ジップはもちろん片開きのではないのでベンチレーション、ポケットは別々で開閉可能です。
また、背中のセンターパネルはメッシュ地で体温調節がのハイパフォーマンスのウインドブレーカーとなっています。
DSC_7970Giro New Road
Ride Over Short ¥15,500_(税抜)
もう動きやすいのなんのって。レーサーパンツの上に履いてもストレスのない快適性、カジュアルパンツとしてもキレイなシルエットで、オールシーズンで活躍するショートパンツです。

 
DSC_7911

DSC_7918Giro New Road
Wind Vest ¥12,500_(税抜)ウインドブレーカーと同生地、同デザインのベスト。

DSC_8006開閉式のベンチレーションやポケットはないですが背中はメッシュ地、こちらも容易に体温調節が可能です。薄く、軽い生地なので持ち運びスマートです。

DSC_7930Giro New Road
L/S Mobility Shirt ¥15,500_(税抜)
雰囲気抜群のロングスリーブシャツ。
シルエットは細すぎず、広すぎずない、旬なスタイル。そのシルエットと高い伸縮性を持った生地で、激しい動きにもストレスを感じることのない、動きやすい洒落たシャツとなっています。
ボタンは前立てで隠れているので、見た目もスッキリと、またバッグのストラップ等、何かに引っ掛けてしまう事もありません。
DSC_7923Giro New Road
Mobility Trouser ¥15,500_(税抜)
Quoc Pham / Tourer ¥24,800_(税抜)
こちらはシンプルなデザインの普遍的なチノパンツ。
いやぁ、個人的にはこういうの大好きです。
DSC_7940もちろん生地はストレッチ、ロールアップするとサイドにリフレクターのパイピングが施されているのがわかります。
QuocPhamのシューズと合わせると左右、後方にリフレクターを装備する事になりますね。笑
でも、夜間、実際にこのようなパンツやシューズを履いている人の後ろを走ると車のライトが反射するのがよくわかります。そう、”動くいているもの”というのは認識しやすいのです。

 
どうです?Giroの新たな挑戦です。
暖かくなり、春の訪れを感じられる今日この頃、そろそろ自転車に跨がって新しい道を探しにでかけてみませんか?

BibTight

紅葉はまだかな、なんて言ってたらいつの間にかどんどん空が冬の色にかわり、そろそろ本格的な真冬の装備を考えなくてはならなくなってきましたね。
先日紹介した、Pearl Izumi USAのトップス達はまさにこれから大活躍する事なしのアイテムです。

その他、Pissei、Rapha、ASSOSからもたくさんのアイテムが入荷しておりますが、今回はビブタイツのご紹介です。
下半身は寒さを我慢しやすいのでついつい後回しになりがち?ですが、自転車に乗るに際には一番運動が大きい部分、寒いの我慢して膝を痛めるなんてのはナンセンス、防寒対策をしっかりして快適な冬のライドを楽しみましょう!
(僕の見苦しいボディをご覧頂く事となりますがお許し下さいませ。)

まずは先日トップスを紹介したPearl Izumi USA。
ビブタイツもコストパフォーマンス抜群なアイテムがラインナップ、初めて冬を越す人から、買い替えを考えている方まで幅広いサイクリストの方にオススメです。

20131125-212903.jpg
Pearl Izumi USA
Elite Thermal Barrier Cicling BibTight ¥15,750_
Elite Thermal Barrier BibTight (without Pad) ¥13,440_

20131125-212913.jpg
伸縮性の高いサマール素材を使ったオーソドックスなビブタイツ。
しかしながら、冷たい風の影響を受けやすく、自転車を漕ぐにあたり一番冷やしたくない膝部分には風を通し難い素材に変更。
腹部、尻部分は更に防風性、また耐摩擦性の高いソフトシェル素材を使用しており長い冬を越すのに十分な機能を持ったビブタイツです。
20131125-215007.jpg
足首は風の侵入を出来るかぎり妨げれるよう、甲側が長めにカッティングされています。
このようなちょっとしたアイデアがPearl Izumi USAの特徴でもあります。

また、このビブタイツにはパッド付きと無しの2モデル用意されており、他のショーツとの組み合わせの選択も可能となっております。

こちらは今まで使っていたビブタイツじゃ、寒い!もっと暖かいものを!とお探しの方にオススメです。

20131125-212745.jpgPearl Izumi USA
Elite AmFIB Cycling BibTight ¥16,800_
Elite AmFIB BibTight (without Pad) ¥14,490_

足裏のパネルは先に紹介したサーマル素材を使用、それ以外は防風性、保温性の高いソフトシェル素材を使用し真冬のライドでも寒さ知らず、快適なライドを約束してくれます。
僕自身、数年使用しておりますが、0℃近くの真冬の峠の下りでも寒さに凍えることなく大変重宝しているアイテムです。気温が5℃近くの時には迷わずこれです。

20131125-212815.jpg

20131125-212828.jpg
(↓これポイントです!)

20131125-212848.jpg

少しばかりですが生地が厚くなる為、多少動き辛くはなりますが、そこは暖かさを優先。
真冬のライドではいかに寒さを軽減するかが重要ですからね。
そうすれば冷たい空気も心地良く感じられるってものです。

でも、暖かいのはもちろん、それでいてストレスのないペダリングが可能な動きやすいビブタイツが欲しい、なんて言う贅沢な方にはこちらがオススメです。

20131125-212615.jpgASSOS
ビブタイツLL.ボンカ FI.ミレ_S5 ¥37,800_

腿から膝の前面には防風性の非常に高い”ストラタゴン ライト”を使用し、暖かいうえストレスのないペダリングが可能となっています。
また、その他のパネルもアソスオリジナルの2種類のフリース素材を配置する事により防風性、機動性、保温性、そして透湿性を高いレベルで実現しています。

20131125-212639.jpg

20131125-212703.jpg

20131125-212727.jpg裏返してみるとパネルの多さと生地の配置の仕方が良くわかります。
ま、これを持っていれば真冬のライドはまず間違いないです。
(ちなみにメーカーからの推奨使用気温は0〜8℃)

とんでもなく良いビブタイツなのです。

そしてこちらはちょっと軽めのビブタイツ。

20131125-212423.jpgASSOS
ビブタイツLL.ハブ FI.ミレ_S5 ¥31,290_

推奨使用気温が6〜12℃と冬のシーズン中、一番使用頻度が高いビブタイツ。
先のボンカのような防風素材は使用していませんが、ボンカと同様の2種類のフリース素材をパネル毎に適した箇所に使用しています。

20131125-212449.jpg

20131125-212535.jpg

20131125-212550.jpg

僕自身、昨年よりこのハブを使用し始めましたが非常に良いです。
適度な暖かさとなによりその動きやすさが快適なビブタイツです。

ショーツも2本使用していますがやはりASSOSのビブは間違いないです。

今回はビブタイツ4種類の紹介でしたがその他にも冬ものアイテム続々入荷しておりますので今後のチェックもお忘れなく!

衣替え

20131001-184048.jpg

先日のライドは、とても澄んだ空気で空が高く感じられました。
ようやく秋だなぁ、なんて思いながら、涼しくなってきたところですが、ピリっと冷えた空気の寒い冬が恋しくなったりもしました。

本日は10月1日、みなさま衣替えは済まされましたか?
Circlesの店頭もようやく秋冬ものがいろいろ並び出しました。

季節の変わり目になるとこれから何がいりますか?なんて質問もよくうけますが、その人が何を持っているかとか、どんなふうに自転車に乗りたいかとか、言ってしまうとその人がどれだけ寒がりか、なんかでその答えも変わってきます。

僕らも100%正解の答えを提案出来る訳ではないですが、お話しながら限りなく100%に近い答えを提案できればなぁなんて思ってます。

て言ってもあれもこれも欲しくなってくるんですけどね。

という事でいろいろなアイテムが入荷してきていますので是非遊びにいらして下さい!

 

20131001-183729.jpg

20131001-183736.jpg

20131001-183745.jpg

20131001-183807.jpg

20131001-184008.jpg

20131001-183953.jpg

GoreBikeWearはじめました!

誰もがその名を聞けば、疑う事無く信頼してしまう”GoreTex”

そんな”GoreTex”のドイツ社からリリースされているGoreBikeWearが正式に日本でも販売される事となりました。

使用される素材はもちろんGoreTex社製のものがメインとなるのでそのクオリティは折り紙付き。
しかも自社の素材をそのまま使用できてしまうのので、他のブランドがリリースする同レベルのアイテムよりも弱冠お値段がお求めやすくなっております。
てことは、コストパフォーマンスは最高です。

20130927-174955.jpgGoreBikeWear
ALP-X 2.0 GT AS Jacket
¥33,600_

ジャケットは、自転車用となっているので普通のアウトドアウェアよりスッキリとしたシルエットとなっております。

20130927-183523.jpgGoreBikeWear
FUSION 2.0 GT AS Jacket
¥29,400_

20130927-183532.jpgGoreBikeWear
FUSION TOOL SO Jacket
¥21,000_
  
そしてGoerBikeWear、アクセサリー関連も要注目なのであります。

20130927-175002.jpgGoer Bike Wear
左:UNIVERSAL City Overshoe
¥9,450_

右:ROAD THERMO Overshoe
¥9,450_
ロードモデルはインナーに薄く綿が入り防風性、防水性、加えて保温性まで持ち合わせた優れもの。

そしてもう一方の”UNIVERSAL CITY Overshoes”はその名の通りシティライドやMTB用として使用してもらえるタイプ。

冬場になると通勤時でも寒いからという事でこの手のシューズカバーはとても評判が良いです。
しかもこの”UNIVERSAL CITY Overshoes”は雨の日用としても使用可能なマルチアイテムなのです。
本当に寒くなったときは普通のシューズカバーの上に更にこれを、なんてできないかなぁなんて考えたりもしてますが、ちょっと無理があるかもしれませんね。
   
そしてこれから必要になってくるもので、忘れちゃいけないのがグローブ。
こちらのラインナップも充実しています。

20130927-175011.jpgGoerBikeWear左から
MISTRAL Gloves
¥6,300_

COUNTDOWN Gloves
¥7,350_

ROAD THERMO Gloves
¥8,400_

GoerBikeWear、とくにアクセサリー関連なんかはシーズン本番になると探す人が続出するんじゃないかと思っています。
気になる人は早めにチェックです!

Biciclista

時期はずれ!?
なんて言うなかれ、9月も後半となってまいりましたが、Biciclistaより半袖サイクルジャージが入荷です!

久しぶりのご紹介となりますBiciclistaはイタリア北部、クレモナ発のサイクルウェアブランドで、機能性重視のウェアではなく、ロード、MTB、ツーリングなんてカテゴライズなんて抜きにした、より自転車を楽しむためのサイクルジャージをリリースしてくれています。

そのデザインはポップでキャッチー、初めてサイクルジャージを着てみようかななんて人にもオススメですし、逆にカッチリサイクルジャージを着る事が多い人が、ちょっと気持ちをリラックスして自転車に乗りたいときになんかに着て欲しい素敵なジャージです。

ではでは今回のラインナップのご紹介。
DSC_2298-EditBiciclista
935 MELA JERSEY
¥9,970_

DSC_2300-EditBiciclista
935 RACING JERSEY
¥9,970_

 
さてこちら、”935″のナンバーとこのカラーリングでお気づきの方もいるのでは?
そう、あの誰もが憧れる?ポルシェ935を使用したレーシングカーの中でも代表的なカラーリングをモチーフにしたものです。

バックポケットにはルーバーがプリントされてるところもアクセントになっていますが、とにかくサイクルジャージとして普通にかっこいいです!
  
DSC_2302-EditBiciclista
COLOR CUBES JERSEY
¥9,970_

レインボーカラー、かと思いきや使われているカラーは7色以上のキレイなグラデーション。ストライプにすれば素直にキレイなものになりそうなところをキューブ状にしてしまうのがちょっとひねくれた感じがあって好印象なジャージです。
  

DSC_2359Biciclista
SSWC 2013 JERSEY
¥9,970_

そしてこちらはつい先日、イタリアで行われた、
SingleSpeedWorldChampionShipのオフィシャルジャージ。

よく見ると仕立てがダブルになっていたり胸ポケットのチーフが山になってたり洒落たデザインになっております。
ついでに言うと、ストライプはチェーン、ボタンはコグです。
DSC_2297-Editそして背中にはお約束のビールが!
   
DSC_2287-EditBiciclista
YODA@DIVIDE JERSEY
¥9,970_

DSC_2290-Edit
こちらはBiciclistaがサポートするマウンテンバイカー”Marco Yodone Nicoretti”がSalsaファーゴに乗り”Tour Divived”へ参加した際のサポートジャージ。
(彼は残念ながら結途中リタイヤとなってしまいました。詳しくはこちらから)

このジャージには“Tour Divived”の全行程のカナダBanffからニューメキシコ州Antelopewellsまでの”GreateDivideMountainBikeRoute”が記されています。

いやぁ、リスペクトです。

という事で今回もとっても濃いラインナップとなっております!

CCP

続々入荷中の秋冬新作もの、CCPからも見逃し厳禁なアイテムが入荷しております。

20130921-133903.jpgCCP
フルフェイスパーカー
¥13,650_

毎年恒例のCCPのフルフェイスパーカー。
今シーズンも入荷と同時にパラパラと動き出している人気アイテムです。

カラーによってはXLも入荷しています。

そして、こちらもCCPのパンツのラインナップとしては既に定番となったアコーディオンパンツ。

20130921-133624.jpgCCP
アコーディオンパンツ
¥18,900_

シルエットは相も変わらず美しく、腰の蛇腹はライディングポジションをとった時にストレスのない、自然なフィット感を実現しています。
そして今回、僕がこのパンツで一番気に入っているのが生地。
ポリエステル63%コットン34%のディッキーズを感じさせるその質感は抜群!
ディッキーズに比べると多少薄めで軽く、加えてポリウレタン3%でストレッチ素材ときたもんです。
うん、そそります!
そして、どことなく高級感ある色目も秀逸。

更に!
今までCCPのパンツはちっちゃいんだよなぁ〜って思っていた方に朗報です。
こちらはサイズXXL、ウエスト101cmまでご用意ございます。

最後はこちら!

20130921-205505.jpgCCP
ホボレーパン
¥17,850_

そう、その名の通りほぼレーパン。
レーパンにほぼ近いストレスフリーな動きやすさ、レーパンにほぼ近いタイトさ、こんなの探していた人は多いのでは?

20130921-164125.jpg
ジャージと合わせるのヨシ!カジュアルウェアと合わせるのもヨシ!
レーパンはやだけど、兎に角自転車漕ぎやすパンツが欲しい人は迷わずこれで決まりです!

という事で、今シーズンもCCPさんからは目が離せませんよ!

Q36.5

来春から国内でも正式にリリースされるイタリア発のサイクルウェアブランド。
Q36.5(キューサーティシックスポイントファイブ)長い!

いや、もうすごいのなんのって、来て見て触って着てみれば誰もが納得のハイスペックサイクルアパレルです!

お値段はそれなりになってしますが、一度着たら病み付きになっちゃいそうで怖いです。

20130918-190614.jpg

20130918-190624.jpg

20130918-190712.jpg

20130918-191000.jpg

20130918-191013.jpg
来春の入荷をお楽しみに!