自然に身を投じる楽しさは、
自転車も山登りも同じ。

 

始まりました〜ridealive photo exhibitin at circles 3rd floor ’factory'

Tanaka Eriさん(@2komat)がシェアした投稿 –


 
いよいよ2週間後に迫ったRIDEALIVE Vol.1 三重 / “Bike To Hike & Bike”。 昨日よりサークルズ3階ではえりつぃんによる写真展も開催されております。 過去3年間、実際に参加しながら彼女が切り取った瞬間をご覧頂き、少しでもその現場の空気を吸って、願わくはライドアライブという僕らの考える生き方に興味を持って頂けたらと思います。
 
そう、コンピューター上であーだこーだ言ってもしょうがない! 僕らはやはり現場主義であって、この目で確かめないと気が済まない!ということで、木曜日にはキョーヘイちゃん、そしてジャスとともに下見ハイクを敢行するべく、竜ヶ岳を登ってきました。
 

 
心配していた天気もなんとかもって、当日のルートを確認しながらゆっくりハイク。 登り方のコツや身体の使い方など、キョーヘイちゃんにレクチャーを受けながら順調にのぼっていきます。 雨こそ降らないものの、生憎頂上付近は霞んでおり、お目当ての絶景は拝む事は出来なさそうだが、それでも前へと進む我々一行。
 
 
頂上付近はまだ少し雪も残っており、残念ながらご覧の通り視界のない中を彷徨う事に。
 

 
ここでの素晴らしい景色は当日までのお預けのようです。
 
実は、自分にとっていわゆるハイキングは初めてだった今回(自転車を担いで山を彷徨ったことなら経験あり)。 自然を相手にするのだから、きっといつ足を運んでも山はその時々で表情を変えるし、ライドアライブ当日もまた違った姿を見せてくれるのだろうと思うと楽しみでならないわけで、だから僕らはこうやって好き好んで自然に身を投じるんだなという事を考えながら山を降りてきたのです。
 
それは自分の足で山を登っていても、自転車に跨がって峠を越えるときも同じことがいえます。
 
 
だからこの日も、特に気張る事なくいつものライドと同じ考えでウェアを選びました。
 
トップス:【Search And State / サーチアンドステイト】 S3-B Base Rayer
 
ベスト:【Search And State / サーチアンドステイト】 S1-V Riding Vest
 
ボトム:【Deeper’s Wear / ディーパーズウェア】FastPass Baker
 
頂上付近は10℃くらいでしたが、この2枚のレイヤードで十分快適に過ごせました。 頂上で少し留まるならウインドブレーカーを持っておくと良いかなというところ。 登っている時に汗をかいても、メリノのベースはすぐに乾いてくれるし、下りで冷える事もなし。 何より1枚でサラッと着れてしまうサーマルスタイルのベースレイヤーなので、ライド以外にも活躍している一着です。
 
ボトムはキョーヘイちゃんとも被ったファストパスベーカーパンツ。 ライド良し、ハイク良しのマルチタレントなパンツは二人ともヘビーユースしている一本。 僕のはそろそろお尻の擦れが気になってきたのでもう一本買い足そうかと思案中。 キョーヘイちゃんは山での酷使に堪えかねて壊れてしまったボタンを修理という名のカスタムをしてまだまだ履き込んでいます。
 
 
ファストパスというだけあって、汗などの水分を素早く吸い込み乾いてくれるので、これからの時期のアクティビティに欠かせないパンツ。 一見カジュアルなチノパンルックなこのパンツに使われている生地の正体はポリエステル100%。 とても軽く、またストレス無く伸びてくれるので、ライドからハイキングやクライミングまで幅広く対応する事ができるのです。
 

ご購入はこちら

  
来たるベストシーズンに向けて、FastPass Bakerが各サイズ揃って再入荷しております。 また、不動の人気を誇るHigh Kick Jeansも揃っています。 まずは是非一度試着してみて下さい。 ジャンルを問わず、外でアクティブに遊びたいという皆様にとって必ずや気に入って頂けるパンツだと思います。
 

LIFE-SPEC Morning ATB Rideのお誘い!

 
無事に日本に帰って参りました。 色々と収穫の多い旅でしたが、何より春がやってきて忙しい時期にお店を守ってくれたスタッフのみんなに感謝。 少しずつみなさんにも今回の旅で得た事をお伝えしていきたいと思います。
 
戻ってきて早々、今日から27日まで、サークルズ3階ファクトリーにて、LIFE SPEC MEETING TOUR “2ND LIFE”を開催致します!
 

 
今まで解放されていなかった3階ファクトリーは今後も定期的に展示会や催しを開く場所として使っていきますので乞うご期待。 早速本日よりディーパーズウェアの既存フルラインアップに加え、2017年秋冬モデルをいち早く手に取ってご覧頂けます。
 

BODAIのラーメンがアリバで食えるのは来週24日の夜。

アーリーバーズ 店主さん(@keita_earlybirds)がシェアした投稿 –


 
また、今晩はHEDGEHOGDINER x 麺の樹 ぼだいの日! 19:00頃からはディーパーズウェアの新作のプレゼンテーションもありますので、是非皆様お誘い合わせの上お越し下さい!
 
で、ここからが本題です。 せっかくディーパースウェアから二人が遊びにきてくれるので、日曜日はみんなでライドしましょう!ということでライドのお誘い。 硬く縛るつもりはありませんが、ドレスコードはライフスペックウェアってことで楽しく行きたいと思います。
 
 

LIFE-SPEC Morning ATB Ride


 
日時:3月26日(日曜日) AM8:00
場所:尾張瀬戸駅前ファミリーマート集合

 
※生憎の雨予報のため、ライドは中止とさせて頂きます。 参加表明を頂いていた皆様には申し訳ありません。 変わりに朝9:00にサークルズに集合してBike To BONBONを開催しますのでご都合付く方は是非お越し下さい。
 
春の陽気を感じながら、瀬戸方面へみんなでライドへ。 お昼前には集合場所へ戻ってくるコンパクトなループを予定しています。 ただし今回はATBライドという事で、オールテラインバイクが調子の良いルートをご案内。
 
人数の都合上、事前にご予約頂く形をとりますので、ご希望の方は店頭にて参加表明もしくはこちらよりご連絡下さい
 
みなさまのお越しをお待ちしております!
 

春にも活躍するDEFENDER SHIRT。

 
 
去年の11月にリリースして以来、多くの人にご好評いただいている RAL By DEEPER’S WEAR / ラルバイディーパーズウェアDEFENDER SHIRT / ディフェンダーシャツ
 
 
保温性のある薄めの綿生地で寒さを防御するという意図を持って作られたのが、DEEPER’S WEARのディフェンダー製品のコンセプトなのですが、自転車をベースとしてアクティブに日々着続けられるよう前身頃にのみ、その生地をキルトしたのがRALブランドとして特注させていただいたこのDEFENDER SHIRTです。
 
この冬は様々なウェアの上に重ねたり、ミッドレイヤーとして着たりとても出番の多かったのですが、春先にもとても使いやすいアイテムなので、改めてご紹介いたします!
 
 
タカはOMMのRotor Vest / ローターベストの上に重ねて着用。 まだ朝晩冷え込むこの時期にはこんな着方が調子良しです。 ついに組み上がったドッポの詳細も気になるところですが、それについては後日アップするブログをお楽しみに。
 
 
SimWorksのおしゃれ番長ヤナックのトレイルライドにおける定番スタイル。 Cafe Du Cycliste / カフェドゥシクリステBerthe / バーサの上から羽織ることで、体温変化の多いライド時にも快適に過ごせます。
 
 
ライフスペック伝道師ことディーパーズウェアのキム兄やんもトレイルライドで調子良さそうでした。 丈夫なヘビーフランネル生地のおかげで、トレイルを走っていて木の枝に引っ掛けてしまったりしても破ける不安が全くないので、個人的にはトレイルライドやダートツーリングのスタイルとしてもとても可能性を感じます。 ローテクな生地だからこそのストレスの無さは、長く使っていくことの秘訣だったりします。
 
 
そして、最小サイズのサイズ3は、女性がボーイッシュにゆったり着ると可愛いんです。 アリバの元気印ニシパンがサイズ3を羽織るとこのような感じ。
 
モデルはみんなエンジで被っていますが、カラーはエンジ・カラシ・アイイロの3色展開です。 あなたのお気に入りの入りを見つけて下さいね! これからの季節は、薄手のカットソーや、メリノウールのベースレイヤーの上から羽織ったり、さらに暖かくなればTシャツの上からレイヤリングしても良いです。 時期的には4月の頭くらいまで、気温でいうと20℃近くまで着続けられるとても息の長い定番アイテム。 皆さんも日常着として、ライドやその他の様々なアクティビティの時に着たりとコーディネートをお楽しみください!
 

ご購入はこちら

 

Ride into the snow…

 
寒波の到来により、ここ名古屋でもこの冬初めての雪が降った週末、昨日開催される予定だった東海シクロクロスのレースがキャンセルになるという発表がされたのは土曜日のこと。 普段中々雪が降る事のないこの地域ですからノージンジャー。 安全を最優先し素早い発表をされたオーガナイザーに敬意を表しながらも、でも心の中では、せっかくの雪だからこのチャンスを逃さないぞという思いもあり、特に打ち合わせをしたわけでもないのですが、日曜日の朝、僕らは尾張瀬戸駅に集まりました。
 
 
いつも走り慣れている瀬戸のあたりは一面真っ白。 本当はレースに出るつもりだったみんなもCXバイクに跨がり、新雪が降り積もったグラベルへと舵をとりました。 そこには先客らしい動物の足跡があるのみで、フカフカのパウダースノーが僕らを待っていたのです。
 

 
道路脇の温度計は-1°という数字を示すなか、必死にペダルを漕ぎ進め山の中へと入っていった頃には、寒さに震えながら家を出たことが嘘のように、身体中が暖まり、寒さを忘れて楽しんでいる自分たちがいました。
 

 
踏みしめる雪の音や、風の音、キンと冷たい空気に全ての神経を集中しながら、己の信じるラインをトレース。 うまく進まなくてバイクを担いで進んでいく僕らはさながら雪中行軍のようだったでしょう。
 
 
今回のライドの発起人。 前の日に雪の積もり具合をわざわざ写真で送ってくれた彼は、カフェドゥシクリステの冬の定番ハイディウインタージャケットに、サーチアンドステイトS1-J ライディングジャケットで完全防寒。 足元にはクオックファムアーバナイトミッドにゴアテックスのソックスをミックスしています。
 
 
そしてそんな彼の誘いにまんまと釣られた人。 同じくハイディウインタージャケットの中には、パタゴニアサーマルスピードワークジップネックをベースレイヤーとして。 上に羽織ったベストは下るときの保険ですが、2枚のレイアリングで十分に対応できました。 やはり冬はベースレイヤーで決まります。 そして、2人ともボトムにはビブタイツの上からディーパーズウェアファストパスベイカーを重ねるというコーデが偶然の一致。
 
 
時間にして2時間にも満たないライドでしたが、レース以上に楽しめたスノーライド。 なんで僕がシクロクロスバイクに乗っているかというと、こうやって冬のライドが楽しめるからなんだっていうことを再確認した昨日のライドでした。 勇気を出して布団から飛び出せば、レースでなくてもこんなに楽しめる世界があるのです。
 
街での日々のライドや、今回のような冒険ライドまで、この寒い冬を楽しく乗り切るためのプラスαのアイテムたちを色々取り揃えてお待ちしております。
 

寒い冬を乗り切るために!

 
来週末の野辺山は寒くなりそうですね。 ここ名古屋も来週から冷え込むようですが、きっとあちらは比べものにならない寒さなのでしょう。
 
まぁ、ひとたびレースを走り出してしまえば、身体は一気にヒートアップするので心配ないですが、レース前のウォーミングアップや待機している時はさすがにレーサーパンツでは寒いですよね。 ましてやレースに出る方を応援するご家族やご友人の方々はさらに寒い思いをするのだから、防寒対策はとても大切。 そこで、野辺山対策(?)じゃないですが、クロスレースの現場はもちろん、冬のアクティビティや普段使いにも活用できる温かいボトムのご紹介です。
 
Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS【Deeper’s Wear/ディーパーズウェア】 DEFENDER RIB PANTS/ディフェンダーリブパンツ ¥20,000(税抜)
 
ご存知ディーパーズウェアからリリースされたディフェンダーリブパンツは、おかげさまでご好評頂いているRAL/ラルのディフェンダーシャツと同様に、保温性の高い中綿をキルティングしたイージーパンツ。 最近履く機会が多いですが、とにかく温かく朝晩の通勤ライドでとても重宝しています。
 
Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS

Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS 
ウエストはベルトではなく紐で締めるタイプで、このパンツを初めて見た時に、「シクロクロスレースの会場で、レーサーパンツの上から履くのが調子良さそうだ!」と思ったのですが、実際に履いてみるとそのイメージの通り、イージーパンツのような感覚で気軽に履けるパンツなのですが、そこはさすがのディーパーズウェア。 ストンと落ちる形ではなく、気持ちテーパードがかかった細身のリブパンツに仕上げているので、日常的にも使いやすい一本に仕上がっています。
 
Deeper's Wear DEFENDER RIB PANTS 
ご覧のように女性が履いてもかわいいシルエット。 これで寒いレース観戦も安心ですね。 程よい細身なシルエットと、リブのおかげで、チェーンリングへの巻き込みの心配もありませんし、このリブは体温を逃がさないという役目も担っています。 カラーはカーキとネイビーの2色展開。 女性サイズも揃っていますので是非お試し下さい。
 
Houdini Sleepwalker【Houdini/フーディニ】 Sleepwalker/スリープウォーカー ¥16,000(税抜)
 
変わってこちらは、スウェーデン生まれのアウトドアウェアブランド、フーディニのスリープウォーカーと呼ばれるインサレーションスカート。 フーディニが独自に開発した、速乾性と撥水性に優れるEco Sphere™というリサイクル素材を中綿に使用し、どんなときでも保温性を保つアイテムは、冬のキャンプでは寝袋に重ねて使用したり、そして寒い日のタウンユースとしても便利なアイテムです。
 
Houdini Sleepwalker

Houdini Sleepwalker 
フルジップのおかげで、足を通さずとも脱着がしやすく、またボタンで留める事でポンチョのように羽織ったり、膝掛けのように使う事もできます。 また、リバーシブルになっており、その日の服装に合わせて使い分ける事ができるだけでなく、片面は耐久性の高いSwitch Woven™、もう片面は軽量なSpinner Ripstop™の素材を用いているという抜かりのないつくり。
 
Houdini Sleepwalker 
ビブタイツを履いた上からも気軽に脱着ができるので、レース前の待機中やウォーミングアップ前にも気軽に履くことができます。 ウエスト・裾ともにドローコードで調整が可能となっており、裾のドローコードを絞って広がりを抑えて外気を抑えることができたりと、とても幅広い使い方ができるインサレーションスカート。
 
Houdini Sleepwalker 
勘の良い人はお気づきだと思いますが、このスリープウォーカー、厳しい寒さにおいては、先に紹介したディフェンダーリブパンツと合わせて頂く事で、より高い防寒性能を発揮します。 野辺山観戦対策としては隙がない組み合わせですね。
 
本日紹介した2着のボトムスは、レース観戦以外にも冬のライドや日常生活においての様々なアクティビティで役に立つアイテムです。 どうぞお気軽に店頭でお試し下さい! 寒い冬こそ自転車を楽しむために。 快適なウェアでこの冬を乗り切りましょう!

– Restock!! – RAL / Defender Shirt

 
名古屋でも気温が15度を下回るようになり、特に朝晩はかなり冷え込みがきつくなってきました。 一歩一歩着実に冬が近づいてきているといったところですが、こんな寒い時こそ体を動かして、寒さに負けずに快適な冬を過ごしたいものですね。
 
さて、先日ご紹介したRAL By Deepr’s Wearのニュープロダクト、DEFENDER SHIRT / ディフェンダーシャツ。 おかげさまでご好評いただいており、一部のサイズやカラーの在庫が欠けてしまっていましたが、本日再入荷し、全カラー全サイズが再び揃い踏みしました。
 
14881631_1378249588859426_1544304162_o 
寒い寒いと言っても、ひとたび自転車に跨り、10分も走れば身体は自然と温まってきます。 もちろん冬のウェアにおいて暖かさは重要な部分ですが、あまりにも暖かすぎるウェアというのも禁物です。 その点でこのディフェンダーシャツは、裏側がうっすらと起毛しているヘビーフランネル生地のおかげで、ちょうど良い暖かさを実現。 そしてライド時に直面する冷たい風を防ぐために、前身頃にだけ裏地が貼られており、さらにその内側には薄い保温シートがキルティングされているので、走っている最中に冷えやすい前面を寒さからしっかりと防御/DEFENDERするのです。
 
サドルの上でも、サドルから降りても気軽に羽織っておける、僕らが考えるベーシックな日常着としてのネルシャツ。 早速お買い上げ頂いたお客様や、既に日々の生活で大活躍しているスタッフのスタイルをチェックしてみましょう。
 
RAL DEFENDER SHIRT 
Tops : Defender Shirt / size5 (身長:182cm/体重:81kg)
Bottoms : Deeper’s Wear / High Kick Jeans
 
カラシを選んでくれたジャスミン。 最近仲良くさせてもらっている彼は、ポートランドで開催されるSSCXWC(シングルスピードシクロクロス世界戦)に向けてフレームを手に入れ、これからカルチャークラブで自分の手を動かして組み付ける予定です。 ディフェンダーシャツと一緒に購入してくれたハイキックジーンズで、シティライディングスタイルのお手本のようなスタイルで着てくれています。
 
RAL DEFENDER SHIRT 
Tops : Defender Shirt / サイズ3 (身長:163cm/体重:55kg)
Inner : Ibex / Woolies1
Bottoms : Deeper’s Wear / Fast Pass Baker
Shoes : QuocPham / Urbanite Classic-Low
 
そして私はアイイロをチョイス。チェックが苦手な方でもこの色なら抵抗なく着ていただけるので、オススメです。 中にメリノウールの暖かいベースレイヤーを1枚着た上から羽織っていますが、全く問題なし。 もう少し朝晩の冷え込みが強くなってきたら、通勤時はナイロンのウインドシェルを羽織ろうかなと思っています。
 
RAL DEFENDER SHIRT

RAL DEFENDER SHIRT 
Tops : Defender Shirt / サイズ4 (身長:170cm/体重:63kg)
Inner : Cafe Du Cycliste / BeThe Merino Hooded Top
Bottoms : Deeper’s Wear / High Kick Jeans 
 
赤がトレードマーク(?)のヤナックはやっぱりエンジをチョイス。 注目すべきはそのレイヤード術。 カフェドゥシクリステのビーザメリノフーデッドトップを中に着込み、上から羽織るスタイル。これによってベースレイヤーとしての機能に加え、フードがあるおかげで朝晩冷え込んだ時に快適にライドができるのです。
 
まだまだ冬本番はこれからですが、皆さんもそれぞれのライドスタイルに合わせて、このDEFENDER SHIRT / ディフェンダーシャツを上手く着込んで下さいね! 店頭在庫・Webshopともに全カラー全サイズ揃っています! 冬支度にお乗り遅れのないように!
 

RAL by DEEPER’S WEAR
DEFENDER SHIRT

 
14881631_1378249588859426_1544304162_o 
冷たい風に、ようやく秋の訪れを感じらえるようになってきた今日この頃、ちょっと暖かいウェアに袖を通したくなってきましたね。
 
毎日、自由気ままなカジュアルなスタイルで過ごす僕たちが、何気なく手にして羽織ることができるもの。 T-シャツの上からでもよくて、ボタンダウンシャツやシェンブレーシャツの上からでも、もちろん寒さが増してくればちょっと厚手のカットソーや冬用の温かいウェアの上にも羽織ることができるもの。
 
また、サーリーやサルサといった自転車を毎日の生活に落とし込み使用している僕らが好むウェアは、やはり自然と、どこかアメリカの無骨な匂いがほんのり香るもの。 伝統的なアメリカのハンティングジャケットなんかでも使用されていた大きな格子柄が特徴のバッファローチェック、今ではカジュアルウェアの定番の柄としても長く愛されており、もちろん僕らの大好物でもあります。
 
そんなシャツとしてもアウターとしても気軽に使え、ちょっと土臭さの感じるウェアが欲しいという思いを、夏のFAST PASS SHORT / ファストパスショーツでもお世話になった、盟友DEEPER’S WEAR / ディーパーズウェアさんに伝え、カタチとなったのがこのDEFENDER SHIRT / ディフェンンダーシャツ
 
もちろん僕たちがリクエストしたからには、自転車が毎日の相棒となっている人に好んで着てもらえるようなものになっていて、ガシガシに着込んで、生地がクタクタになってきたってそれでも迷わず袖を通せる質感のものに仕上げてもらいました。
 
dsc_6799

– RAL by DEEPER’S WEAR – 
DEFENDER SHIRT

¥16,000(税抜)

カラー : カラシ, エンジ, アイイロ
サイズ :  3,  4,  5,  6
(※サイズ感についてはWebshopのサイズ表記をご参照ください)


 
dsc_6886
自転車に乗る人達が、これからの時期に着るウェアにはもちろん暖かさが必要だけれども、常に体を動かし自ら発熱しているのでそれがすぎてしまうのは禁物。 今回使用している生地は、裏側がうっすらと起毛されたヘビーフランネル生地。この生地が適度な暖かさを提供してくれます。 また、冬場自転車に乗る時の最大の敵となってくるのが冷たい風。 それを防ぐためこのシャツには前身頃にだけ裏地が貼られ、更にその内側には薄い保温シートが備えらえているので、前身頃にはプラスαの暖かさを与えてくれます。
 
dsc_6883
ハンドウォーマーポケットは、自転車に乗っている時に使うシチュエーションはあまりないですが、冷たい空の下では何かと手を温めたくなるもの。 あるとやはり重宝するのです。
 
dsc_6865dsc_6836
自転車に乗る時はもちろんですが、それ以外の日常でも気軽に使えるのがこのディフェンダーシャツ。 ぜひ、秋から冬が去る頃までの皆様のワードローブに加えて下さいね。
 

お買い求めはWebshopから!

– RAL by DEEPER’S WEAR – DEFENDER SHIRT

ライフスペックミーティング、本日より開催しております!

 
  
本日より始まりましたディーパーズウェアライフスペックミーティング。
 
サークルズ2Fテーラードの特設会場にて、全ラインナップに加え、秋冬の新作が実際にお買い求めいただけます。さらに!来年の春夏の新作の展示もされるまたとない4日間となっております。
 
自転車に乗るときももちろんですが、皆さんの日常にきっとぴったりフィットする機能=ライフスペックを備えたウェアは、ある種の道具として末長く使っていけるものとなっています。自転車は乗っていないけど、アクティブな日常着として、もしくは作業やお仕事用に!という方にもお勧めできるものとなっております。ぜひ期間中足をお運びいただき、お気に入りの一着を見つけてくださいね。イベントは今日から10日(月・祝)まで。皆様のお越しをお待ちしております!
 
そして初日となる今晩は、ヘッジホッグダイナーにて居酒屋おーるゆあーずを開店。
 
ケイタとマッツンによるお酒の肴や、お腹を満たすがっつりご飯がサーブされるだけでなく、Deeper’s Wearの実店舗でしか展開されていないセカンドライフシリーズ(古着にライフスペックの機能をプラスしたリプロダクトウェア)も販売いたします。今晩名古屋にいらっしゃる方は是非ヘッジホッグダイナーで夜食をいかがでしょうか?
 
そして期間中は他にも以下のような企画もご用意しております。
 

・10/8〜10/10:Welldone meets Allyours

 
以前メッシュキャップのオーダー会を開催したのも記憶に新しいですが、Welldoneイノッチディーパースの生地を使った限定キャップをその場で縫ってくれます!明日から3日間、ライフスペックミーティング会場にて同時開催致します。
 

・10/10(月・祝):CRC RIDE with LIFE-SPEC

 
10/10(月・祝) AM7:30尾張瀬戸駅前ファミリーマート集合
 
最終日の朝は、CRC RIDEにディーパースのお二人が遊びに来てくれます。ここのところ不安定な天気が続きましたが、月曜日はみんなで走りましょう!三国山をゆっくり登る予定なので、ロードかクロスが好ましいです!
 
トヨロックも開催される怒涛の週末ですが、皆さんで楽しめたらと思います!ライドには久々に私も参加するのでどうぞみなさまお手柔らかに!

今週末と来週末も催し物が目白押し!

 

・週末はライフスペックミーティング!

 
今週末はトヨロックが開催され、キッズロアBike To トヨロックも開催されますが、明後日10月7日(金)〜10月10日(月・祝)は、ディーパースウェアライフスペックミーティングも開催されます!
 
 
日常生活(LIFE)において衣服に求められる機能(SPEC)を追求して生み出された日常着(WEAR) = LIFE-SPEC WEAR/ライフスペックウェア生み出す彼らが、全ラインナップを携えて、名古屋にやってきます!
 
普段は、数あるラインナップの中からサークルズが自転車をベースとしてみなさんの生活にフィットするモデルをセレクトしてご提案させて頂いておりますが、この4日間は全てのラインナップが手に取ってご覧頂け、もちろんお買い求め頂けるチャンスです!
 
・現行の商品の販売会
・秋冬物新作の展示/販売会
・2017年春夏商品の展示会
 
そして、初日の7日夜には、ヘッジホッグダイナーの全面協力のもと、居酒屋おーるゆあーずを開店!
 
 
ケイタやまっつんによる、お酒の進むメニューや、しっかりとお腹を満たす事のできるメニューまでご用意して皆様のお越しをおまちしております!
 

DEEPER’S WEAR
LIFE-SPEC MEETING TOUR “1ST STEP”
Nagoya


 
日時:10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
場所:サークルズ 2Fテーラードにて
※イベント詳細ページはこちら。

 
少しずつ秋めいてきて、店頭では汗や水分の染みが目立たないハンズアップシャツや、とにかく驚きの動きやすさをもったハイキックジーンズといったアイテムの動きが出てきています。是非この機会にみなさまの日常生活に活用できるライフスペックウェアを手に入れてみてはいかがでしょうか?
 
 
・来週末は新城のハングアウトに出展!

 

そして、来週末もイベントが続きます。10月15日(土)、16日(日)に新城市の愛知県民の森にて開催されるHANGOUT/ハングアウトにサークルズとして出展致します!
 
 
東海地方では初めてとなる、トレイルランニングやバックパッキングを初めとした国内外の名だたるブランドが集結する展示体験型のイベント。また、日曜日には同じ会場にてダモンデトレイルというトレイルランニングイベントも開催。こちらは既にエントリーが締め切られておりますが、様々なジャンルの垣根を越えて楽しめる2日間、サークルズでは、アウトドアライフに自転車をプラスする事で広がる楽しさをお伝えできればと思い、出展致します!
 
・オリジナル商品の販売

・OMM BIKEを実際に走ったスタッフバイクの展示・試乗

・ALLCITY・KONA・SALSA・SURLYといったメーカーのバイクの乗り比べ

・自転車に興味があるけど、乗った事がないという方や、バイクパッキングやツーリングに興味があるという方へ向けて、上記の試乗車による会場内のショートライドツアーを開催

 
山までのアプローチは自転車で、そして山に着いたらバイクを停めて靴を履き替えてトレイルに繰り出したりと、トレイルランニングや、ハイキング、キャンプやフィッシングなど、様々なアウトドアアクティビティを楽しむ上で、自転車があると今まで以上に色んな遊び方が広がっていきます。
 
この二日間は、ハングアウト会場にてそんなライフスタイルのご提案をしたいと思います。
試乗車の情報や、詳細については追ってご案内致しますので、乞うご期待下さい!

Life-Spec Meeting!!

 
日常生活(LIFE)において衣服に求められる機能(SPEC)を追求して生み出された日常着(WEAR) = LIFE-SPEC WEAR/ライフスペックウェアというコンセプトのもとに「あたりまえを、あたりまえにしない」という信念を持って作られているのが、ディーパーズウェアのアイテムたち。
 
Deepers Wear High Kick 
用途に応じて伸縮性・撥水性などの機能を持たせたもので、天候や地理、はたまたそれを着る人の年齢といった枠組に囚われることなく、その人それぞれの環境に順応する日常着として作られています。
 
そんなディーパーズウェアのアイテムは、自転車を一つのツールとして通勤やお買い物、休日のちょっとしたお出かけまで、生活に結びつかせて使用している僕らにとっても、とても使い易い日常着・作業着なのです。
 
今回は数あるラインナップの中でも、僕らサークルズが彼らと繋がるキッカケになったといっても過言ではない、定番のHIGH KICK JEANS/ハイキックジーンズが、過ごしやすくなってきたこの季節に合わせて入荷しました。
 
Deepers Wear High Kick

【ディーパーズウェア】 ハイキックジーンズ HK150009 ¥15,000(税抜)

このジーンズは、リーバイズ501のような定番のシルエットをベースに、膝下から裾にかけてラインを少し細めにしたシルエット。
 
何よりその一番の特徴は生地にあります。コットンがメインの生地ではありますが、ハイキックという名がつく通り、その伸縮性が他のストレッチジーンズを遥かに上回ります。自転車に乗る時はもちろん、日常生活の中で、立ったり座ったりという何気ない動作の中にストレスを感じる事なく過ごす事ができます。
 
Deepers Wear High Kick 
実際、初めてこのジーンズを履いて自転車に乗った時にはその快適さに思わず声を出してしまうほど驚きました。去年の秋から履きつづけていますが、膝が出てくるなどの型崩れが現れる気配はありません。
 
見た目や質感はまるでコットン100%のジーンズかのように、履き込み、洗濯を繰り返すととても良い表情が現れてきます。また、履き込んでいった際のちょっとした緩み、そして洗濯すると元の張り感に戻るという、ジーンズ本来の醍醐味も味わえるものとなっています。
 
そして、ストレスにならない理由として、実は腰回りの作りにもポイントがあります。
 
Deepers Wear High Kick 
後ろ側の中心にセルビッジ、耳と呼ばれるものが見えますが、実はこの部分こそ、ハイキックジーンズがその他のジーンズよりも快適なものとなる隠れたポイントとなってきます。これは見た目を考慮したものではなく、ウエスト自体に少しでも伸縮性を持たせるためのもの。
 
伸縮性のある生地と言っても、それには伸び縮みする方向があるので、それを考慮した上でのカタチとなっているのです。また、ウエストサイズは28インチから2インチ刻みですが、ウエストボタンが2個配置されているので、シルエットを崩さぬまま、1インチサイズダウンで履く事もできます。
 
Deepers Wear High Kick 
そして、これは私も実は最近まで気付いていなかったのですが、バックポケットにはディーパーズのDの形をしたタブと、意外と知らない人も多いのですが、ポケットの内側にはウェアのWという文字がチェーンステッチされており、履き込んで当たりが出てくると浮き上がるようにちょっとした遊び心も落としこんでいるところは彼ららしいですね。サークルズではワンウォッシュとブラックウォッシュの2カラー展開となります。
 
Deepers Wear High Kick 
先にもお伝えした通り、ディーパーズウェアは自転車に特化したウェアではなく、みなさんの日常生活においても必ず活躍してくれるポテンシャルを持ったウェアです。通勤や通学等、日常的に自転車を活用されている方から、アクティブに活動される方、または作業着として、とにかく多くの方々のライフスタイルにフィットしてくれることでしょう。
 
そして、そろそろ本格的に秋の装いとなってきましたが、気になるライフスペックというものを実際に体感できる機会を設けさせて頂きました!
 

 

DEEPER’S WEAR
LIFE-SPEC MEETING TOUR “1ST STEP”
Nagoya


 
日時:10月7日(金)〜10月10日(月・祝)
場所:サークルズ 2Fテーラードにて
※イベント詳細ページはこちら。

 
10月7日から10日までの4日間、サークルズにてディーパーズウェアの全ラインナップ来年の春夏の新作が勢揃いする展示販売会を開催致します。
 
(Photo By .Hyakkei / Hao Moda)
 
お馴染みライフスペック伝道師こと木村氏と、大型ルーキー大林君をお迎えして、様々なライフスペックや、ディーパーズウェアのものづくりについて解説をしながら実際にご試着いただけます。
 
 
初日の7日(金)の夜には、アーリバーズの夜の顔ヘッジホッグダイナーもライフスペック特別営業!
 
この夜限定で、居酒屋おーるゆあーずを開店します。ケイタによるお酒の進むメニューやがっつりご飯メニューをご用意してお待ちしております。同時開催で、通常展示会期間中に店頭には並ばないセカンドライフシリーズ(古着に様々なライフスペックの要素を付け加えたもリメイクウェア)の販売も行いますので、どうぞみなさまお誘い合わせのうえお越し下さい!