しげ的2016年振り返りバイク紹介。

 
今年も残すところあと僅か。 来週の今ごろはもうとっくにニューイヤーを迎えているのですが、まだその実感が湧かず、僕はといえば、年末の伊豆への冒険に向けて地図と睨めっこしながら浮かれているところです。 もちろん遊んでばっかりではございません。 あっという間に過ぎ去ったこの1年を振り返る意味も込めて、たまには色々とやってるんだよっていう証をと、サークルズから今年旅立って行ったバイクの中での個人的なベスト3をご紹介。
 
素晴らしい自転車の数々が、ここ名古屋くんだりできっちりと乗り倒されている!と思うと、嬉しいと同時に誇らしく、そして改めて考えてみるとすごい事だなと驚愕していますが、早速ご紹介していきます。
 

BREAD WINNER CYCLES / Continental
 
飛ぶ鳥を落とす勢いで、そのファンが増えているオレゴン・ポートランドのブレッドウィナー。 そんな彼らの今年のNAHBSでのショーバイクとしてもお披露目させて頂いたコンチネンタルは、ブレッドウィナーが発足するキッカケにもなったバイクであり、SUFFER/苦楽を経験するというロードライドの根源的な部分を楽しむ事に重きを置いたモダンスポルティフ。 フェンダーを取り付ける事も想定した十分なクリアランスを有するロードフレームは、舗装路や多少の未舗装路といった路面状況や、距離の長短を問わずにずっと跨がっていたいと思えるバイク。 ありがたいことに来年のショーバイクのご縁もあり、来期の動きも楽しみなビルダーです。
 
DeSalvo Custom Cycles / Ti Road
 
UBIの教員でもあり、個人事業主でもある、泣く子も黙るティグウェルダー、マイクデサルボの手によって作られるチタンロードバイク。 目一杯乗り込んだ人達が目指す先にはやはりこの金属。 とはいえチタンという素材は適当に考えてしまうと痛い目に遭うので注意が必要です。 そして個人ベースでやっているビルダーな中で、チタンのオーダーを考えているのであれば私は胸を張ってマイクを推薦します。 そんな彼にすべてを託し、より遠くへとペダルを踏み込みたくなるバイクを!というご希望でお願いした一台は、アッセンブルも踏まえて綺麗に組み上がったと自負しています。 待つという最大の辛抱ができる人のみが知る事のできる最上の一台です。
 
Seven Cycles / Axiom SL
 
そして最後は、パイセンにオーダーを入れて頂いたセブンサイクルズの不朽の名作アキシオムSL。 アメリカ文化発祥の地であるボストン生粋の遺伝子を持ち、年間優に2,000本ものオーダーバイクを製作(しかもそのほとんどがフルカスタム)するということをやってのけてしまう彼らの長年の経験で培われた独自のフィッティングメソッドは、あなたの思い描いた通りの走りを実現させるバイクを作る事を可能にします。 バイクとしての重量はもちろん、ハンドリングの落ち着きからくる扱いやすさ、そして踏み込めば気持ちよく応えてくれる走りの軽さで安心・安定以上の満足を得られるドリームバイクです。
 
これ以外にも様々なバイクがお嫁に出て行ったのですが、どのバイクにもそれぞれオーナーさんの想いが詰まっており、どれ1つ同じものはなく、このような色んな自転車と、そして色んな人達と関わりながら毎日仕事ができる事に感謝! そして、軽さや走りの速さといったものは問わずに、とにかくありとあらゆる人が自転車に跨がって、みんなが笑顔になってくれたら良いと思います。 その先に見える世界は人によってさまざまだと思いますが、できるかぎりそのお手伝いをしたいなと思っております!
 
どうぞ皆様お身体にはお気を付けて、素敵な新年をお迎え下さい。 明日は年内最終営業日。 皆様のお越しをお待ちしております!
 
Best wishes for the new year!!
 
 

感謝と未来と俺たちパリピポ。 #buildersdofuji2016

 

グルメセンチュリーライド足助が終わり、3日が過ぎようとしている今でもSNSのタイムラインにはあの時の素敵な景色や、食事、笑顔がどんどん流れてきます。

現実に戻った今も参加された皆さんは、あの日は夢じゃなかったんだと何度も何度も自分の携帯電話の中をのぞいている事でしょう。

 

DSC_0594

IMG_8895

 

そんな僕らにとっての夢の時間はあれよあれよと言う間に過ぎていき、いよいよ終わりを迎えようとしています。

先日のブログでもお伝えましたが、彼らは現在、富士山の麓でバイクパッキングを楽しんでいて、箱根、伊豆へとトリップし6月9日に名古屋に戻ってくる予定です。

 

 

そこで、今回来日していただいた彼らに感謝の気持ちと、「次はどんな楽しい事を一緒にしようか?」
なんてプランをクリスキングやビルダー達とお酒をかわしながらディスカッションするパーティーをアリーバーズで開催しようと思います。

日時 : 2016 06 10(金) PM 7:00~
場所 : EarlyBirdsBreakfast

キャッシュオンでドリンクと簡単ですがアリバのケータとヘジホの松田がおつまみをご用意してお待ちしております。

 

_MG_6395

 

これはお別れパーティーじゃありませんよ!
次の作戦会議です。
僕らの「次」は始まっていますから。

どなたでもご参加いただけますので6月10日の金曜日、みんなで乾杯しましょう!!
お待ちしております。

Road to NAHBS2016
– DeSalvo Custom Cycles –

Mike Desalvo/マイク デサルボ。泣く子も黙るTig溶接の名手は、UBI(マコさんも通っていたオレゴンにあるビルダー養成学校)でTig溶接のクラスを教えながらビルダーの卵を育て、その傍らでは常に20本のバックオーダーを抱え、年間100本近いオーダーフレームを作っている。そしてたまにOEMでの製作もこなしてしまうような確かな腕と確固たる信頼の置ける男である。

何やら今年は大きな変化がみられるようです。個人的にシンプルなスクリプトのロゴは大好きでしたが、変化を恐れない気持ちも大切だなと気付かされる。

New head badges just in time for NAHBS.#nahbs2016

Mike DeSalvoさん(@mike.desalvo)が投稿した写真 –

Pretty excited about this first bike with the new graphics. Come see me at NAHBS to see more of this one.#nahbs2016

Mike DeSalvoさん(@mike.desalvo)が投稿した写真 –

とは言っても、それはあくまでペイントという見栄えの部分での話であり、極めてシンプルなデサルボが作るバイクに変わりはありません。綺麗な溶接痕を残すフレームは、バイクとして完成させるとそれはもう驚くほどよく走るのです。

そんな彼が、ショーの準備で忙しくなる前に送ってくれたフレームは、デサルボらしい、シンプルながらにしっかりと彼らしさを感じ取ることのできるバイクとなって完成しました。

Desalvo Ti Road

Desalvo Ti Road

44mmのヘッドチューブが増えてきた中で、オーバーサイズのヘッドチューブを用いたチタンのフレームは、ロードバイクが本来持つ、遠くへと走りに出かけることの楽しさを純粋に感じさせてくれます。

Desalvo Ti Road

レコードにおける「名盤」と言われるものを自転車のリムで例えるならば、マヴィックのオープンプロが名盤だという声は少なくないのではないでしょうか。32Hでしっかりと丈夫に組んだホイールは程よく軽さも持ち合わせ、どこへでもペダルを漕いでいけるという気持ちにさせてくれます。

Desalvo Ti Road

一つの価値にとらわれず、「速くても遅くても」自転車を道具として使いこなす人々が考える思いをしっかりと理解し、その身体に対するフィッティング、そしてタイヤサイズに始まりその人が求める乗り方のイメージや、色目やデザインに至るまでを丁寧に足し算して作られるものは、いわゆるトレンドと呼ばれるような、商売っ気のある思惑とは別次元のもとに成り立つものであり、そういった自転車というものを通じて生まれた人と人との繋がりは、時として性能という概念を超越した存在になり得るのです。

そしてその事実こそが、長い年月をかけてカスタムバイクと出会うことの最も重要なポイントなのだと強く思います。

私たちは既に出会ってしまっているのです。

Desalvo Ti Road

-BIKE SPECS-
Frame Desalvo Custom Cycles Ti Road
HeadSet Chris King NTS Silver
Crankset Shimano Duraace FC-9000 50/34T
BB Thread Fit24 Silver
Brake Shimano Ultegra BR-6800
Brake Lever Shimano Ultegra ST-6800
FD Shimano Ultegra FD-6800 BRZ
RD Shimano Ultegra RD-6800 SS
CS Shimano Ultegra CS-6800 12-27T
Rims Mavic Open Pro 32H
HUBS Chris King R45
Tires Continental Grandprix 4Season 700-25c
Handle SimWorks By Nitto Misirlou 410mm
Stem SimWorks By Nitto Rhonda 110mm
Seatpost Thomson Elite
Saddle Brooks Cambium C15
Bar Tape Brooks Leather

 

7 Bikes for 7 Wonders : Crater Lake

Mt.Hood、The Oregon Coast、The Columbia River Gorge、Painted Hills、Smith Rock、The Wallowas、Crater Lake。これらは全てオレゴン州を代表する土地です。

Travel OregonのThe Seven Wonders of Oregonという企画の中で、7 Bikes for 7 Wondersと題して7人のビルダーにそれぞれの地に合わせてバイクを製作依頼をしました。

そこに名を連ねたのが我らがMike Desalvo先生です。

Crater Lakeのような澄んだ青にペイントされたバイクは、ディスクブレーキとワイドレンジなギアを備えたロードバイク。湖の回りを速く走り抜けるのではなく、その辺りを走っていると見られる素晴らしい景色や瞬間を体験する事を楽しめるようにと作られたバイクは、まさにそこでの夢のような時間を体験させてくれるに違いありません。

7BikewayBuilders_CraterLake_647x471

Desalvoとはサークルズの開店当初からの付き合い。うちのボスが初めてアメリカにオーダーを入れたビルダーです。

カスタムオーダーという事に対して、割と何でもできると思ってしまい、つい斬新なものを求めてしまいがちですが(ヒトとモノを適切に繋ぐ事ができるのがカスタムオーダーの本質だと思っています)、彼の作るモノは極めて普通であり、でもそれを極めて当たり前に、そして極めて丁寧に作っています。複雑なカラースキームやひねりの利いたロゴ等はなくシンプルに作られるのですが、美しい溶接痕を残し、バイクとして完成すると本当に良いモノだとダイレクトに伝わってくるのは、彼の人柄、そしてモノ作りに対する真摯な姿勢といった全てが魂として宿っているからなのです。

自身の製作の傍らで、UBIで先生としても活躍している彼は日々忙しくしているのですが、そんな彼から現在製作中のバイクの写真が送られてきました。

Desalvo building process

丁寧に、そして的確に、日々手を動かしていることを実感するとともに、完成がとても楽しみです。有り難い事に、現在この他にも2本オーダーを頂いており、それらも順番に製作にとりかかっていくとのこと。こちらもお楽しみにしていてください。

福袋は残り僅か!NEW YEAR SALEはまだまだ続きます!

昨日より新年の営業をスタートしております!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

営業初日は開店待ちの方々もちらほらと。有り難いことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさんほとんどの方のお目当ては福袋だったわけですが、初日でほとんどが売れてしまい、残りはあと僅かとなっております。残り物には福があるとかないとかっていうことなので、よろしくお願い致します。

そして、店内在庫品についても、お取り寄せの品についてもほとんどがSALE対象となります。
※ただし、カスタムフレームのオーダーについては対象外となりますのでご了承ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とはいっても、DeSalvoやBlackCat、BreadWinnerといったハンドメイドのフレームや、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA(このCX Racer Discは誰も買わないなら私が乗りたいくらい、、、)

Cieloなどなど、もちろんストックのハンドメイドフレームについては10%offとなりますので、お探しの車種でサイズが合う方は是非ともこの機会にお買い求め下さい!パーツアッセンブルも含めてご相談頂くと、総額でかなりお求めやすくなると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年末にジャスが組んでくれた手組みホイールたちもお得なプライスでご用意しております。

組みつけ等、一からじっくりと相談したいという方は、平日の昼間が狙い目です。皆様のお越しをお待ちしております!

行くべき所に嫁いでいってくれました。

15528302357_5b0b854ece_b

何年前だったか忘れてしまいましたが、アシュランドからこのフレームが届いた時には、それはもうズキュンとハートを射抜かれた気分でした。Mike Desalvoらしい綺麗な溶接痕を残したTiフレーム。しかもSSCXときたからびっくりです。こんなフレームをストックフレームとしてオーダーしたKyutaiボスの男気を感じたと同時に、頭の中に確かに浮かんでいた何人かのオーナー像。SSCXという時点で特殊なバイクですし、ましてやTiですからねぇ。

15715053362_359b930b70_b

あれから時は経ち、晴れてオーナーのもとに嫁いでいきました。もちろんあの時僕の頭に浮かんだ一人のもとへ。行くべき所へ嫁いでいってくれたという感じです。

なんだか組み立てていて、とても嬉しい気持ちになりました。

15093550944_ec6e2b13d5_b

 

-BIKE SPECS-
Frame DeSalvo Custom Cycles Ti SSCX
Fork Wound Up Team X
HeadSet Chris King NTS Black
Crankset Shimano 105 FC-5700 with Wolf Tooth
Brake Paul Component Neo-Retro&Touring Canti
Brake Lever SRAM Single Speed Lever(Al)
CS Chris King Single Speed Cog
Rims DT RR440(Rear:Asymmetric)
HUBS Chris King Front:Classic/Rear:Single Speed Hub
Spokes DT Swiss Champion -Black-
Tires Continental Gatorskin 700x32c
Handle SimWorks Misirlou 390mm
Stem Nitto UI-25 90mm
Seatpost Thomson Elite
Saddle Avocet O2

 

DeSalvoがつくるバイクは、見た目としてはいたって普通ですが、その普通というのがとても大事なのです。塗装もシンプルでいいのです。彼は変に自分を売り込もうということはしないですが、自分ができることをやろうと決めたらしっかりとやってくれる男です(UBIの講師も然り)。きっと、組み立てて乗ってみるとわかります。「普通じゃない」ってことが。

流行り廃りに囚われずに、自分にとって何が必要か、一生自分が使っていきたいと思えるものを探し出すことがとても大切だと思います。しっかりとした自分基準を持って、自転していきましょう。

Desalvo “Steel Road Racer” in stock!!

7086678649_b8a7ac3d77_b

Desalvo Custom Cycles。
OregonのAshlandにてMike Desalvoにより作られています。
彼は西海岸を代表するTIG溶接の名手で、NAHBS初期の頃から多くの賞を受賞していることもあり彼の技術を信用する者は多く、ポートランドを中心に多くのファンがいます。

9469365627_353b943221_b

また、UBI(United Bicycle Institute)におけるTIG溶接の講師として後世へのエデュケーションにも力を入れている彼は、SpeedVagenのお手伝いもしているというのは周知の事実です。
そんな中でしっかりと手を動かして作られるのがDesalvoのフレームです。チタンフレームをメインとしながらも、スチールフレームも製作しており、本当に綺麗なTIG溶接により作られるフレームは、皆さんが想像するカスタムメイドのフレームとはちょっと違った極めてシンプルなロゴやカラースキームのものであり、綺麗な溶接痕を持つフレームを実際に手に取ってみると、彼の丁寧な仕事をうかがえます。

そして、それは実際にアッセンブルをして走らせてみるとより鮮明に感じる事ができるでしょう。

今回はDesalvoのストックフレームとして、セミカスタムのジオメトリーをもとに日本人向けのサイジングに落とし込んだプロダクションモデルのSteel Road Racerが入荷しました。

14633696215_5635db19c2_bDesalvo “Steel Road Racer” Frame & Fork ¥280,000(税抜) size:52,54,56

シンプルなカラースキームと、同色にペイントされたEnve 2.0カーボンフォーク。
Mike Desalvoという男が真摯に自転車作りと向き合って製作されたフレームです。
ぜひこのDesalvoを組み上げて走らせてみてください。そしてそれをあなた自身で感じ取って頂きたいです。ペダルを踏んだ瞬間にすべてわかると思います。

Steel Frame with Enve Carbon Fork
2 Color Wet Paint.
Compact Road Geometry (4~5° Sloping)

[size 52]
Seat Tube: 520mm(effective) 48.5mm(C-C)
Top Tube: 535mm(effective)
Head Tube: 115mm
Head Angle: 72.5 deg.
Seat Angle: 74.0 deg.
Chain Stay: 408mm
BB Drop: 70mm
Stand over: 759mm(mid point of top tube)
Weight: 1.64kg(Frame only)

[size 54]
Seat Tube: 540mm(effective) 50.5mm(C-C)
Top Tube: 545mm(effective)
Head Tube: 135mm
Head Angle: 72.5 deg.
Seat Angle: 73.5 deg.
Chain Stay: 408mm
BB Drop: 70mm
Stand over: 777mm(mid point of top tube)
Weight: 1.67kg(Frame only)

[size 56]
Seat Tube: 560mm(effective) 52.5mm(C-C)
Top Tube: 565mm(effective)
Head Tube: 150mm
Head Angle: 73.0 deg.
Seat Angle: 73.0 deg.
Chain Stay: 408mm
BB Drop: 70mm
Stand over: 795mm(mid point of top tube)
Weight: 1.73kg(Frame only)

その他にも、今年のNAHBSのショーバイクや、チタンのフレームも現在ストックとして保有していますので、気になる方はお問い合わせお待ちしております。

IMG_4034

先週末の一コマ。日本でも、彼の作るフレームに魅了されたサイクリストが少しずつ増えています!

関西シクロクロス第1戦 マキノ。

シクロクロッサーの皆様、シーズン明けましておめでとうございます。
すでに各地方でシーズンインをしていますが、関西シクロクロスも昨日第一戦が開幕。
いよいよ我々Circles Racing Club,Hunter/SimWorks CX Teamも本格的始動であります。

というわけで、第一戦に行ってきました。場所は滋賀県の高島市にあるマキノ高原。
スキー場を利用したコースは広い芝生がメインのパワーコースであり、スキー場の高低差を上手く使ったレイアウトで、タフなコースでした。12月に開催される全日本CX選手権がこの地で開催される事になり(当初は違う所での開催予定でしたが)、その下見も兼ねてというのが口実で、3シーズン目のカテゴリー1に残留できるか不安な所なので少しでも場数を踏みたいというのが本音なところ。

DSC_0291

今年から関西シクロクロスには新しくカテゴリー4が設定され、今までのカテゴリー3ですら、残留条件があります。昇格とか残留とか降格と、色々大変です。とはいえ、みんなそれぞれの目標に向かって頑張っちゃうものです。


階段が大小含め3つあるのですが、これがかなりキツかったです。写真のゴウさんのC3のレースでは雨風が強くなり、スリッピーな芝がまた厳しいコンディションでしたね。


僕にとってのマスターヨーダのような存在のジンさんは先日できたDesalvoで楽しんでいました。Disc SSCXでしかもベルトという何とも男前なバイクです。


そして今季大活躍間違い無しの林さんはC2での出走。隣には大阪のショップムーブメントさんのシンゴ氏の姿も。林さんはあえて前列でスタートしようとせず、後方からスタートし、レース終盤グイグイとジャンプアップして7位でフィニッシュ。これで次戦のシード権を得て正々堂々と勝負できます。その男気が素敵です。

そして僕とギシ君、オッチーさんはC1で出走。昼から陽が出てきて芝もドライになって走りやすかったです。濡れたままだったら多分ミスしまくりだったと思います。どうやら僕はウェットな芝生に弱いようです。

DSC_0822

DSC_0766

DSC_0850

3人ともなんとか残留切符1枚目をゲット。シーズン初戦に1枚ゲットできたのでかなり気持ち的にはホッとしております。
僕の次回のレース予定は11/16,17の野辺山でのUCIレース。もちろん他のレースでもCircles Racing ClubやHunter/SimWorks CX Teamのジャージを見かける機会があれば、是非とも応援宜しくお願いします!!

その他の写真はこちらから。

DesalvoCustomCycle

最近はありがたいことに納車ラッシュです。季節も良くなりこれからの数ヶ月がライドにおける一般的なベストシーズンだからでしょうか。(個人的には冬から自転車に乗り始めることが長期的な趣味にする為には最適であると思っています。より詳しくは店頭で。)そして遅れながらも何とかベストシーズンにこちらを持ち主に会わせることができ今はほっとしておりますが、お客様には出来るだけ丁寧に切り取った為にかかった時間がそこにはあることをご理解していただけましたことがそれ以上に嬉しかったのです。
Desalvo Ti Road -cockpit view-

フレームはDesalvoCustomCycleが最も得意とする 3/2.5 チタンのベリースタンダードなロードレーサーです。Desalvo本人はUBIの出身者でもあり、現在そこで先生として未来の自転車産業に対しての教育を行いつつ、自身の工房をオレゴン、アシュランドにて主催する自他共に認める腕利きのフレームビルダーです。私が初めてアメリカのセルフエンプロイドビルダーにオーダーしたのも実は彼でした。

Desalvo Ti Road -color scheme-

今回のバイクはSRAMのREDやENVEを使用したカーボンホイールを使用出来たということも在り、ペダルとケージを含めての総重量も7.2kgとなかなかの優等生っぷり。塗装はお客様自身で考え抜いていただいたスキームをアメリカが誇るカスタムペイントショップ”SPECTRUM”にてパウダーコートにて仕上げています。また末永いチタンバイクとの付き合いを前提としたジオメトリーは相応に適正化され、いわゆる一般的なトレンドバイクとは一線を引いたまさに世界に一台のドリームバイクといえるのではないでしょうか。

Desalvo Ti Road -side view-

組み手の考えも様々であると思いますが、僕らはあくまでも素材を活かすコックに近い存在だと思っています。多くの物事をもっともっとと欲しがることが世間では多く見受けられますが、理解することに努力を惜しまぬ人が、良い素材たちにしっかりと耳を傾けて、手を丁寧に動かす。これが一番の方法だと信じて止みません。ぜひあなたの思いや感覚と同調出来るバイクを必要になったのなら一度Circlesに足を向けていただければ嬉しいと思います。自転車のみならず何かが変わるきっかけの1つになれれば幸いです。
 

-BIKE SPECS-
Frame DesalvoCustomCycle Ti Road
Component SRAM RED – 2012 –
Fork ENVE 1.0 – 11/4 –
HeadSet ChrisKing Inset8 – Pewter –
Rims ENVE SMART SYSTEM – 3.4 –
HUBS ChrisKing R45 – Black –
Spokes DT AERO Light – Black –
Tires CONTINENTAL GR4000 – Black –
Handle ENVE COMPACT – 420mm –
Stem ENVE STEM – 100mm –
Saddle Fizi;k Alione R1 – White –
SeatPost ENVE ZERO OffSetPost
Pedal SpeedPlay ZERO Stainless – White –